スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮根の穴の数は九つと決まっているらしい(WJ微ネタバレ)

気がついたら五月半ばなんだぜ、恐るべし月日の流れ。
台風にも負けない嵐な展開で、WJ微ネタバレをこっそり投下。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。

さらば真選組篇(仮)、色んな意味で辛すぎる。
相変わらず全体の流れはさっぱりなんだけどね。
さぶちゃんとのぶたすの過去がK点超えの勢いで自分のツボ…!
さぶちゃんの妻子をちびのぶたすが殺していたなんて。
そんなちびのぶたすを殺せなかった、過去のさぶちゃん。
さぶちゃんの全てを奪いながら、命だけ奪わなかったのぶたす。
何もかもに決着がついたら、さぶちゃんをこの手で殺める。
彼の終わりをそう語るのぶたすの目には、熱のない涙が…。
二人はやっぱり色恋どころじゃない繋がりを持ってたんだね。
沖田とのぶたすの戦いに割って入ったのは、強気な神楽。
ここで次回に続くと、とにかく見廻組の過去ヤバスだと。
のぶたすと戦う沖田がいつもより幼く見えるのは気のせいかな。
もし沖田とのぶたすが同い年位だったら、幼くても妥当かも。
戦闘やら仲間に対する情の質は、沖田のほうが大人というか。
何というか、沖田は罪を背負ってないんですよ。
(個人的な見解なので、さっくりと読み飛ばしてくださいませ!)
命を殺める、命を背負うことがあっても、どろどろしてない。
彼は死ぬ覚悟をしてない人間は斬らない気がする。
悪事をする人間って、多少なりとリスクを背負うじゃないですか。
殺されると思ってはいなくても、何事かはあるかもしれない。
意識せずとも、悪人の本能というか体はそう察してそうだな…と。
で、沖田は心or体が腹くくってる奴しか斬らないタイプっぽい。
一般市民に刃物向けられても、向け返さずにかわす系。
強いからできる技だけど、斬り捨てるほうが簡単なのに。
自分の妄想は容易いことほど避けるキャラがつくづく多杉だわ。
一方でのぶたすは、死ぬ覚悟をしてない人間も斬れる。
多分、自分自身の命にも大して重みを感じられてない。
沖田と違って、一番大切な人への咎を背負って刀を振るう。
このへんが沖田とのぶたすの最も異なるところでしょうか。
それでも生きるのは、佐々木の末路を決めてやるため。
信女が佐々木を殺すまで、彼は他の誰にも殺されてはならない。
まさに「あなたは死なないわ、私が殺すもの」みたいな!
エヴァ一気見とかしたい、その前にクマなくなるまで寝たい。

沖田とのぶたすについて語って気が済んだのでドロンします。
   

次のWJ発売日が迷子(WJ微ネタバレ)

連休挟むと発売日が変則的になって、地味に辛いんだぜ。
あっという間に四月も終わりそうですWJ微ネタバレ。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
WJ以外だと、暗殺教室がいい感じの盛り上がり具合だね。
しかし正直なところ、最近読みたい作品が迷子なんだよな…。
バレー部にでも入部すればいいんだろうか。

さらば真選組篇、なかなかオチまで辿り着けない状態です。
実は内容をほぼ全て忘れてるので、何も言えねぇ…!
さぶちゃんと土方がガチンコバトルしてたような。
チンコって言いたいだけじゃねーのか管理人とか以下略。
さぶちゃんとのぶたすの過去が徐々に見えてきて、かなり切ない。
さぶちゃんも最初はそれなりに熱血好青年?だったみたいだし。
ラストのさぶちゃんのメール画面、送信できませんでしたの文字。
あれが何を意味するか、うっすら想像できるからこそやるせない。

そろそろアニ銀見なくてはと思いつつ、サラダを作ります。
   

そうだ、妄想しよう

混雑覚悟でこっそり行ってきました、桜の京都。
一人旅の醍醐味でもある妄想全開で、レポートをお届けします。
銀魂ネタがちらほらするチラ裏ですが、どうぞよろしく。

今回は土日を跨いでいたので、あまりアクティブには動けず。
初めて行った二条城が、桜観光としては強かったです。
ライトアップで池に映る桜は、幻想的で見事でした。
面白かったのは、平安神宮のおみくじを結ぶスペース。
ここのおみくじの紙は、柔らかなピンク色です。
沢山結ぶと桜の木みたいになるよ!というコンセプトらしい。
あとはひたすら食べてる…花より団子のテンプレを行く自分。
移動の合間にちまちまと妄想もしてました。

坂田は青空の下で堂々と咲く桜が似合うな、とか。




沖田が見廻りをサボるならこれを食べながらかな、とか。




土方が敵の足止めになって一人戦うなら、多分ここ。




高杉と密会するならこういう場所だろうね。




山崎と一緒に潜入捜査してみたり。




ちょっとリッチなモーニングをさぶちゃんと食べるのもいい。




酔っ払い辰馬が見上げた桜はきっとこれ。




ありがちなイメージを積み重ねては、一人ニヤニヤしてました。
カップルが多いとか女子旅楽しそうとか、そんなこと以下略。

皆様の妄想も、桜と一緒にこの春満開を迎えますように。
自分が盛り上がりすぎて散ったら、笑って拾ってやってください。
   

さらばスープジャー(WJ微ネタバレ)

冬になるまでしばしのお別れ、今後はしばらくジャーごはん。
終電続きのeveryday、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
仕事自体は大して忙しくもないのに、何故か飲み会ラッシュ。
ここが二次元なら文句ないんだけど…とぼやきつつ。
ざっくりとした微ネタバレ、何でもアリなお客様はぜひどうぞ。

さらば真選組篇(仮)もそろそろ佳境なのかな?
毎週山場ばかりで、テンションの戻し方が迷子な自分。
土方が格好いいのなんて、今に始まった話じゃないし。
決め台詞と決めポーズ連発してたことはかろうじて覚えてる。
しかしあとは…とにかく反撃始まったな位しか覚えてない。
感想のレベルが低すぎて爆発したいですが、その前に一つだけ。
さぶちゃんに対するのぶたすの思いって何なんだろうな。
ぼんやりとわかっているものの、ぱっと表現しにくいかも。
どうして異三郎ばかり、みたいなのぶたすの発言が意味深。
忠誠心、色恋沙汰、そういう単語で片付けられそうにもなくて。
二人の出会いが真面目に気になるよファッキン!
回想を見る限り、のぶたすは十才位かな…さぶちゃんは二十五才?
現在はのぶたす十八才、さぶちゃん三十五才と仮定したい。
いや、もう少しさぶちゃんが歳上でもいいかも。
さぶちゃんと近藤さんの年齢差も五才程度はあると嬉しい。
話がそれたものの、見廻組のあれこれも楽しみなんだぜ。

海老担々麺を食べ過ぎたので、少し走ってこようか。
   

ショートケーキの苺は最後に食べる派(WJネタバレ)

遂に始まりました、アニ銀再開皆が待ってたよおめでとう!!
という祝辞を掲げながら、未だにアニメ未チェックな管理人です。
いや…書籍や漫画発売ラッシュが続き、ついつい後回しに。
好物を最後まで残しておくいやらしい性格だから仕方ないか。
進撃最新巻は面白かったし、監視官狡噛も色々思うところはある。
ただ、コパス2の漫画はやはり無理…ノベライズ化しないかな。
劇場版のためにも、世界観やら設定やらは叩き込んでおかないと。
今回のWJはハイファイクラスタが連載中で、懐かしさ半端ない。
今年一月のネタバレとかバレも何もありませんがぶっちゃけます。
BGMは銀魂゜OP、カラオケで歌いにくそうな曲で一人震えてる。
OP自体は全員勢揃いで、だけどどこか寂しくもあり…考え杉かな。
もうこういう日常には戻れない気がする、って余計な心配ですか。

表紙は銀魂、巻頭Cでばっちり銀魂、新シリーズ放送スタート。
終わる終わる詐欺とか言いながらも帰ってきてくれて嬉しいよ。
そして巻頭カラーがガチで格好いい、真選組VS見廻組と朧。
真ん中にどーんな坂田の勇ましい顔は勿論、斉藤や監察もいるし。
のぶたすはクールビューティを極めたね、早く白葬書きたいわ。
ところでWJの応募者プレゼントを企画してる人のセンスが迷子。
壁ドンついでに時間もチェック!(腕時計)とか銀魂もびっくり。
肝心の本篇は茂々の葬儀からスタート、そよちゃんの横顔が重い。
坂田の顔も暗いし、二次創作が介入できる雰囲気じゃないYO!
将ちゃんはかつての友の手で殺されたこと、天導衆絡みなこと。
そのあたりを服部と百地が語るけど、正直見てられない。
「友すら護れなかった奴が 友(そいつ)を語る資格はねェ」
「何一つ護れなかった 何一つ変えられなかった」
「残ったのは奴等の血で身を染めたこの 罪人だけだ」
ああ、ダークで救いようのない服部の話を読みたい…。
がっつり原作沿いの作品はどこで買えますか。
自分の勝手な妄想ですが、唐突にぶっちゃけます。
さっちゃん位一途な女子じゃないと、服部は上手くいかない予感。
何というか、猿飛には服部を無理矢理引っ張り上げてほしいです。
静かな屯所でぼっち素振りな近藤の元を訪れる、手負いの坂田。
「伝説の攘夷志士と真選組局長がサシで飲む機会なんざねェだろ」
「一杯つき合えよ 白夜叉」と誘う近藤、無言で誘いに乗る坂田。
坂田って肝心なときほど無言というか、死んだ魚の目をするね。
言いたいことは沢山あるのに、聞き役に徹するとき特有の表情で。
「一度決めたら煙草の銘柄も 主君もポイポイ変えねェ主義でな」
一橋の新将軍に毒針を仕込もうとする松平の忠心さが堪らない。
そんなとっつぁんの背後に立つ、相変わらずなさぶちゃん。
「残念ながら元長官 あなた達の時代はもう終わったんですよ」
というわけでさぶちゃんは警察庁長官です、念願叶ったり…?
未だにさぶちゃんの狙いが見えてこない、つくづく間抜けな自分。
一方で坂田と近藤は屯所の道場、縁側?で二人酒。
「…普通怪我人を酒に誘うか」
「生まれた時から頭に大怪我負ったお前は一生飲めないだろ」
「てめェはジャングルで腐った果実の汁でもすすってろゴリラ」
しかし笑いのパートはここだけで、徐々に迫る不穏な流れが…!
「勝っても負けても得る物より失う物の方が多い」
「お前は そんな思いを戦で何度もしてきたのか」
遠い目で今回の戦を思い出す近藤とは対照的な坂田の物言い。
「何を護ろうが何を失おうが戦に意味なんてねェ」
それでも坂田が戦うのは、戦のない時代を目指した人達のため。
坂田と近藤は三つ目の盃に酒を注ぎ、近藤はそれを空へと撒く。
「ならば俺達には 葬式も別れの言葉もいらねェな」
「交わすのはこの盃だけで充分だ」
「トシ達に伝えておいてくれ バカなマネはするなと」
近藤が進む先には見廻組が、のぶたすが彼に手錠をかける。
「最後に三人で飲めて楽しかった」
「もっと早くに飲んどきゃ良かったな」
振り向き様の近藤は清々しく穏やかで、悟った目をしていたよ。
最後は場面違いの喜々の声がリンクして、波乱の幕開けな次回へ。
「松平片栗虎ならびにその部下真選組局長近藤勲は 斬首」
「真選組は本日をもって解散とする」…来るときが来たというか。
覚悟はできたから、どうか何があっても最後まで見届けさせて。
さらば真選組篇(仮)、息つく暇もなく転がる準備はいい?

結論。

今年のお正月はゆっくり過ごせてよかったね、頑張れ空知んたま。
   
プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。