スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白衣は正義(サイコパス2第3話ネタバレ)

そろそろ時効かな、サイコパス2第3話のネタバレです。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
いいことも悪いことも遠慮なく書くのでご了承ください。
というか、はっきり言ってあまり感じのいいことが書けない予感。
(特定のキャラがお好きな方は不快に思われるかも…)
久しぶりにノイタミナカフェに行き、メニューに泣かされたね。
油っぽいか甘すぎるかみたいなメニューしかないって地獄だわ。
フォンダンショコラもどろどろで、おいしいけど色相濁ったよ。
生クリーム抜きのコミッサコーヒー(アイス)が限界です。

正当な解釈や今後の予想は、他の皆様にお任せしようかと。
最初の鹿矛井のシーンが、何というか変に面白くない…。
「君をクリアにしてあげる、君の目のお詫びに」
「思い出すんだ、忘れてしまった本当の自分を」
「君とこの世界をクリアにしたい、限りなく透明に」
この人が2のラスボスだと思われるけど、どうも頭を抱えちゃう。
何をしたいのかぼんやりわかるけど、どこか薄っぺらいというか。
背景が見えないのは槙島も同じはずなんだけど…重みが違うよね?
常守も霜月も苛々してて可哀想だな、というか霜月は一体何なの?
カリカリしててもサイコパスがクリア女子、ある意味適性か。
「執行官は監視官を信じるべきだ」の東金もいかにもすぎて…。
いや、おそらく実際格好いいんだよ?性格も見た目も。
ただいかにも格好いいと逆に構える、見た目も性格もブスな自分。
「私は正気に見えますか?」からの「悪魔の証明だな」か。
ようやく雑賀教授が出てきてくれたので浮かれてます。
霜月って百合故のおっさん(雑賀)苦手なんじゃないかな。
(勿論雑賀が潜在犯だからって言うのが大前提だろうけどね)
それにしても常守は自分のサイコパスを過信しすぎじゃないのか。
事ある事に「サイコパスを確かめてください」って、芸がない。
そういう社会なんだとわかっていても、何だかもやっと…。
他の人はともかく常守や宜野座は槙島(例外)を知ってるんだよ?
もう少し、一期の事件を元に推理できてもいいんじゃないのか。
(一期を見た自分でも、見解や予測は難しいですが)
青柳と宜野座のやりとりはそこはかとなくフラグ立ってますね。
白タンクトップはギノザーに好評butちょっとあざとくない?
征陸の名残を見せたいのはわかるけどここまで露骨だと…うーん。
ダイムが一緒に暮らしてたのは純粋に安心しました。
「どこで道、踏み外したんだろ…」
「あるいは彼を撃ったとき…?」
青柳は墓まで神月の件を口外しないと勝手に思ってた自分。
そっか、このタイミングでちらつかせちゃうのか…残念。
「もっと早く、一緒に飲めたらよかったのにね」
「昔の俺なら、酒など飲まなかったさ」
突然大人になってしまった宜野座が憎い。
「常守監視官なら大丈夫 この程度で色相が濁る人じゃない」
この場面の東金は単純に常守を過大評価してるだけに見えないな。
宜野座に対する嫌味も多少なりと入っているんだろうか…。
「私はね、救世主になりたいんだ(中略)鹿矛囲のように」
そう言い切った老人の表情が変に不気味でモヤモヤ。
「面白かった!次回が楽しみ!」と話せない自分爆発してくれ。

暗い感想ですが、最後まで見る覚悟はあるのでどうぞよろしく。
   



   

遠くの金棒より近くの粗棒(サイコパス2第2話ネタバレ)

最初から下ネタぶちこんで申し訳ない、自分は金棒派です。
そろそろ頃合いかと思うので、サイコパス2第2話ネタバレです。
言いたい放題話すので、どんな内容でも大丈夫な方はどうぞ。
自分は早くも先行上映から離脱してしまいました…もう歳だな。
ノイタミナカフェメニューも甘々orギトギトらしいし。
一度は足を運ぼうと思っていますが、第何話にしようか迷うわ。

二係の執行官が死亡、監視官は行方不明、WC?の文字の謎。
今回の話は伏線が露骨な雰囲気ぷんぷんしますね…。
OPは相変わらず紫と黄色の彼らが交わるシーンに頭抱えてる。
何でこんなにモヤモヤしちゃうのか、自分自身本気で不思議。
それにしても霜月は只の嫌な子になってしまって可哀想だな。
WCの推理は完全にギノザー向けでしたね、おいしかった!
「行けばいいじゃん」「俺に言うな」って可愛いぞ宜野座。
霜月は「宜野座さん」って呼ぶのか、一応メモしとこう。
この時代(鎖国?というか、海外と交流しない)にWCか。
現在と同じようにワールドカップって存在するの?
オリンピックとかワールドカップとかないのかと思ってたよ。
そして東金のことがどうも好きになりきれないんだ…。
というか、正直なところ興味があんまり湧かないというか。
ジムとか煙草とか、狡噛と露骨にリンクしすぎているからか。
初期の狡噛にも感じたことだけど、生と性の匂いが全然しない。
もっとも、狡噛の匂いも感じられたのは途中からだしな…。
(勿論まだ二話しか見てないので、今後の東金次第ですが)
あとは2の音楽の使い方ってあんまり好きになれない予感。
煙草の匂い云々で思ったんだけど、宜野座は気づかないの?
あんなに狡噛と一緒にいた宜野座が匂いに気づかないとは…。
嗅覚って一番記憶に残るって言われてるよ、ギノしっかり!
(こういう間の抜けたところは「ギノ」だなって思います)
犯人のサイコパスが下がったとか、諸々の考察はお任せで。
ああ、「監視官、発砲許可を」とか言っちゃうんだ東金よ。
個人的には言わないでほしかった…これじゃ本当に飼い犬だ。
青柳監視官は神月の件もあるし、これから闇落ちしそうな予感。
ちなみにこの回で一番気になったのが、最後の鹿矛囲の台詞。
「常守朱…君ならわかると期待したのに」と涙する彼。
うまく言えないし比べちゃいけないけど、なんとなく思った。
サイコパス2は狡噛と槙島を超えられない話なんだな…と。
狡噛と槙島はどこまでもお互いをわかり合ってたんだよね。
常守と鹿矛囲はわかり合えていない、それが決定的に違う。
違和感の正体が自分の中で腑に落ちたところで、EDです。
雑賀教授!!もう雑賀教授が拝めれば何でもいい!!
WC?の意味も早々にわかってしまって大丈夫なんだろうか。
とりあえず毎週金曜早朝は荒れ狂いそうな自分が恐い。
そして二係と三係の執行官の顔面偏差値が凄まじいことに…。
作画がアレなだけかと思ってたけど、そうじゃないらしい。
(今公式見て気づきました、一係はイケメンしかいないね)

まとまりはありませんが、いつものことなのでお許しを。
次回からは宜野座を愛でつつ穏やかに見守りたいです。
   

昔の男が忘れられない(サイコパス2第1話ネタバレ)

開き直って新編集版のネタバレと同時進行で進みます。
サイコパス2第1話ネタバレ、お付き合いいただける方はどうぞ。
いいことも悪いことも言いたい放題だからご注意を。
特に特定のキャラがお好きな方はご注意ください。

作品の考察は、きちんと見てらっしゃる皆様にお任せで。
OPまではキャラや立ち位置が違えど、所謂1期のリプレイ。
常守は霜月の先輩だけど、年数の差は約半年位だよね?
実際はそれ以上違って見えるのは、年齢と経験値なのか。
この時点で宜野座と東金は素直に色っぽいと思うよ(意味深)
1期はギノ、2期は宜野座って呼びたくなったな。
OPは数回見ました、そんなに狡噛ちらつかせなくてもいいから!
黄色の彼と紫の彼が重なるところで謎の拒否反応が出た不思議。
紫の補色は黄色だとかさ…考えすぎかもしれないけど。
狡噛の脳みそが東金に移植?されてないか心配。
OPで2話の内容が一部ネタバレされてしまってるのも残念。
(今回のOPは伏線を結構露骨に表現している気がします)
とはいえ芸術作品めいた格好いいOPだよ、常守どろどろだし。
緊縛狡噛を見て、彼を痛めつけたくて仕方ない衝動が以下略。
しかし霜月はあんなに苛々して、よく色相濁らないね。
弥生と霜月の百合は…うーん、弥生と志恩のほうが好みかな?
「大した自信だな」の宜野座の苦笑といい、彼の色気半端ない。
それにしても朱様は朱様で、内容にテロル臭がするのは気のせい?
大手動画サイトの予告、社会への報復…テロルちっくだ。
まだ一話だから何とも言えないけど、微妙に不安が煽られるわ。
「だ、大丈夫?」の雛河が常守にスルーされたのも朱様故か。
「しばらくあいつの愚かさを、見逃してやってくれないか」
「目を逸らして否定するだけじゃ、いつか後悔することになる」
「それが大人になる近道だよ、お嬢さん」
宜野座は禅寺にでも行ってきたのかって位悟ったね、大丈夫か?
朱様の語りと東金のフォローが何だか腑に落ちない自分。
「先輩、あなたは間違ってます…」でED突入、うーん悩ましい。
面白いと思う反面、説明的な台詞が多くて疾走感が変に不足気味。
よくわからないけど面白いぞ!でなく理屈を並べて初めて面白い。
好きって結果は一緒なのに、過程が違うと素直に楽しめないよ。
何だかそんな風にモヤモヤしてしまった…。
(これは自分の性格の問題なので、気分を害されたら申し訳ない)

とりあえずあれこれ喚きつつ、最後まで見届ける所存。
この感想が茶番だったと言えるよう祈りつつ。
ここまでお付き合いくださり、有難うございました。
   

何度でも言いますが、中の人ではありません(浅野恭司さんの原画展のあれこれ/後日談)

※フォロワーの皆様は呟きと内容重複になります、ご注意を※

約二週間行われていた浅野恭司さんの原画展が無事終了しました。
初日以外に二日目と先週末に再訪したので、ちょっと追記します。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。

まずは二日目、水曜どうでしょうのトークショーに当選した自分。
いそいそと浅野さんのビール混じりトークを聞いてきました。
ここで市のキャラクターである桃香ちゃんの裏話がちらり。
浅野さんデザインの桃香ちゃんは一度ボツになったよう。
それが大人の事情で復活したのか、今では立派な市の顔です。
うーん、市の中の人よ…お主もワルよのう。
水どうは何度か見た程度ですが、円盤のOPアニメが強い。
銀魂ファンが頷きそうな、際どいパロも散りばめられてました。

進撃の原画はジャンが八枚位あったよ…気のせいではなかった。
どういうわけか兵長より全然多いです、よかったねジャン勢。
進撃の原画に書かれた指示?が面白かったな。
「あっさりと描くの厳禁です!もっと濃ゆく熱く描いて」とか。
サイコパスは一部原画に韓国語?が書かれてたような…。

物販脇でキーホルダーとかが若干売られてたのですが…。
マドレーヌのストラップ?キーホルダー?が意味深でした。
来年は普通にマドレーヌと紅茶を味わいたいです安西先生。

で、初日の抽選には外れたものの、先週の抽選には見事当選。
昨年に引き続き、サイン会に参加させていただきました…!
倍率は約二十二倍、来年の運まで使い切った感が半端ない。
ちなみに今年も狡噛です、今回は凛々しく正面からのカットで。
個人的には、浅野さんの描き方を拝見するのが大好きです。
(浅野さんに限らず、描き手様の技を見てるのが好きです)
浅野さんは眉→目→髪→口や煙草→輪郭の順で描かれる様子。
(見落としもあるし手法に正解はないと思いますが、参考までに)
眉で顔が決まるのか…化粧大切だな!と無駄に再確認したよね。
狡噛が大きすぎて「サインが入らない」とおっしゃる浅野さん。
徹夜明けとは思えないにこやかさで、頭が下がりっぱなしです。

そんなわけで翌日額を買いに行き、二枚を並べて飾ってみました。
色紙用の額売り場で悩むこと数分、青(実際は紺)の額縁です。
シャープな黒を選びかけた矢先、遺影っぽいと気づいたのは内緒。
今年も盛況だったようなので、来年も開催されると嬉しいです。
関係者の皆様と来場してくださった皆様、有難うございました!
   



   

塩谷監督の手術成功を祝して(サイコパス新編集版第五話と第六話のあれこれ)

明日はサイコパス2放送か、時の流れって本当に早い。
リアルタイムで見たいけど、夜中まで起きてられるかな…。
最近は寝落ちからの早朝活動が鉄板になってしまいました。
新編集版第五話、第六話のあれこれを語ります。
主に追加シーン中心、言いたい放題なのでご注意を。

【五話目(旧九話・十話)のあれこれ】

追加シーンが雑賀教授と監視官狡噛・宜野座だと…ごちそうさま!
「個人主義の公用は暴力を助長する~」の雑賀教授の見解が素敵。
雑賀教授の視線は、誰を見てるって感じでもないところがツボ。
「先導者の出現が絶対条件であるように思えたのですが」の若噛!
監視官時代の純粋さと賢さは堪らない…この頃の話も書きたいわ。
雑賀教授と狡噛は監視官時代に知り合ったのかな?
そうだとしたらPP連載は色々捏造が酷くなるけど気にしない。
ちなみに原画展には今回の追加シーンの原画が飾ってありました。
狡噛の槙島に対する見解は相当買い被ってるよ…当たってるけど。
もう一つの追加シーンはインカム?槙島の比喩独白か。
「昔から、一人遊びが苦手だった」「君はどの程度なんだ?」
「手伝ってくれるんだろう?公安局執行官」
言ってることがかなり自由だなマキシマム。
自分の位置と強さを試すために、幸か不幸か選ばれた狡噛…。
槙島と狡噛の因果って、本当に誰にも邪魔できない。
連載書いてても、色んな場面でそう思います。

【六話目(旧十一話・十二話)のあれこれ】

追加シーンって最初の槙島のディストピア語りで間違いない?
「間違った社会に生まれた、それでも歩む道は間違えなかった」
槙島のこの台詞、確かサイコフィルムでも使われていたような…。
「一度は殺し合ったけど、はい、握手で仲直り」って可愛い槙島。
槙島が時々見せるあどけなさやシュールさは個人的に好きです。
狡噛を心配する縢も幼くて、スピンオフ読んだ後だと一層いいね。
もう一つの追加シーンは槙島から空へ引いていくシーンの直前?
彼の歩き方がタツノコっぽい動き方をしていた気が…。
「どういうレベルのトラブルなんだ?どれ位のカオスなんだ?」
ああ、槙島ってこんなに狡噛狡噛してたのね…その逆も然り。
「君達には、僕が無害に見えるだろう」の見上げ槙島も奥が深い。
「僕のやり方に気づいたときには、もう、遅い」とか槙島よ。
こんなに槙島祭りで一体どうしちゃったの新編集版は…!
余談ですが狡噛って人たらしだね、誰に対しても。
人の使い方を知ってるというか、それが無意識っぽくて憎い。
そして二期EDって何故あんなに半裸ドーンなのか。
槙島とかギノの細さに恐れおののいたのは自分だけじゃないはず。

ざっくりとですが、今日はこのへんで切り上げます。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
   
プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。