スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカサがエレンを助けるのに、論理的思考は存在しねぇだろ(進撃の巨人第十一話ネタバレ)

タイトルは名探偵コナンから。
「理由なんてねぇよ、人が人を助けるのに論理的思考は存在しねぇだろ」ってやつです。
昔は服部派だったなー、懐かしい。
個人的に今期ぶっちぎりで大好きなアニメ、進撃の巨人。
銀魂もサイコパスも好きだけど、第三者に勧めるなら進撃の巨人かな。
厨二秒でグロい、色々アレな部分を差し引いても好き。
立体機動装置14秒に400枚の絵コンテとか、都市伝説もびっくりじゃないか。
微ネタバレ程度に打ち込むので、もう見たよというお客様はご一緒に。

先週のあらすじの時点で心震える西野カナ状態。
あれ、心震えるのは西野カナだよね?
OPの立体機動装置に悶えながら本編へ。
「偶像」…このタイトル好きだな、妙に現実的でいい。
あ、今週ミカサがちょっと男顔に以下略。
もしかして絵が荒ぶっている回なのかも、全体的に安定しないな。
エレンのやる気を認め、早速穴を塞ごう作戦を企てるピクシス司令。
混乱する兵士達の中で、ちょいちょい顔を見せてくれるジャンが愛しい。
「ここを去って、どこに行くんですか?」
ジャンの普通の感覚って大切だよね、彼が一番共感しやすい考え方をしてる。
そしていつも驚いた顔してる。
ピクシス司令とエレンの二人語りは書き抜きたいくらいお気に入りだけど割愛します。
でも、これだけは言わせてほしい…!
ピクシスが歩きながらお酒を飲み、それをエレンに勧めるシーン。
「おぬしもやるか?」
「頂戴します!」
この直後のエレンがお酒をぶはーって吐くところが、もう!
司令のドヤ顔が決まりすぎてて半端ない、本気でこんな上司の下で働きたいわ。
第二次世界大戦とかに、こういう少佐とかいたんじゃないのかな。
むしろいてほしいって願望なだけです、変なこと言い出してごめんよ。
皆の前でエレンを紹介し、作戦の説明をする司令。
コニーと仲間の馬鹿がどうこうってくだりにもニヤニヤしちゃった!
「人が恐怖を原動力にして進むには、限界があるわ」
司令の側近女子?の決め台詞が格好良すぎる。
さらに追い打ちをかけるような司令の演説が神。
「今この場から去る者の罪を免除する!」
「巨人の恐ろしさを自分の親や姉弟、愛する者に味わせたい者もここから去るがいい!」
もう司令が好きすぎて、うっかりしてると司令の話とか書いちゃいそうです。
そんなの誰得なんだとか自問自答しながら感想打つのも忘れて見入る始末。
次の壁が突破されれば、残りの領土で今の人類(の人数)は養えない。
司令の演説がわかりやすくて妙な説得力があって…ああもうとにかく好き。
「我々はこれより奥の壁では死んではならん…どうかここで、死んでくれ!!」
ぐぁぁあああ司令好きだー!!
「俺はならなきゃならないんだ、皆の、希望に…!」
あれ、ここでようやく半分なの?これヤバくない?
「わしは巨人に勝ちたい…ならば彼に賭けるしかなかろう」
ごめん、今回のネタバレは司令が好きってことで終わらせてしまいたい。
エレンについていくと言い張るミカサの顔が乙女過ぎて吹いた。
作戦開始時のメガネ女子の走り語りがいい話でよだれ出ちゃう。
「あんたには、彼等の死を犬死ににさせてはいけない責任がある」
「そのことを甘えた心に刻め、そして死ぬ気で責任を果たせ」
こんな台詞、とても走りながらなんて言えないYO!
エレンは「やってやる!!」って気迫だけは物凄いんだよね。
エレンの立体機動シーン&巨人変身シーンは今、十回ほど見ました。
でもまだ飽きない、飽きるまで見ていたい。
「きっとエレンには私達を導く強い力がある」
ミカサのエレン崇拝っぷりは最早偶像レベルじゃないね。
この直後、ミカサに攻撃した?エヴァエレンのカットで次回に続く。
というか次回予告を聞いただけで鼻血出そうなんだけど。
一番最後の毎回違うイラストが密かに楽しみ。
今回は中村光先生(聖☆おにいさん)が描いたリヴァイだと。
リヴァイはなかなか出てこないけど存在感あるな。

アホみたいに長い感想になってしまったので、オチもないままさっさと浮上!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。