スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凸の真の意味を知る(銀魂キャラクターズブック凸本のあれこれ)



今、美の巨人たちというTV番組を見ながらこれを打ち込んでます。
NHKの日曜美術館も好きだったな、小さい頃よく見てたわ。
技術的なことはよくわからないけど、沢山見てると自分に合う作品ってわかるよね。
漫画とか音楽とかもそうだし、食べ物なんかもっとそうじゃないかな。
自分なんか毎日生わかめとアボカドとトマトと納豆を食べてるYO!
本当はニンニクも常に食べたいけど匂いが以下略。

段々脱線してしまったので本題へ。
今更ですが、五月上旬?に発売された銀魂キャラクターズブック凸本の感想です。
ざっとしか目を通してないから、色々間違ってたらごめんよ。
微ネタバレ程度の内容をささっと書いておきます。
内容が気になるお客様は、このまま下へどうぞ。

全54ページ、単行本より少し大きい?くらいの大きさ。
お手頃な凸本の前半は、所謂普通のキャラガイドです。
個人的に後半がたまらなかった…!
前半は「銀魂男子の魅力に迫れ」「銀魂男子の生態調査」という感じで凸連発。
今気がついたけど、凸本って男子本ってことなのか…。
もうすぐ発売される凹本は女子組のあれこれだと信じてます。
高杉が「ひとりだけ異質な世界のお方」とか言われてて吹いた。
そんな公式ぼっち発言したら可哀想じゃないか。
むしろそれが彼の個性なのか。
後半は、大江戸凸メンコンテストとやらで男子一人ずつをクローズアップ。
えんじ色?の着流し姿の銀さんがとんでもなくイケメン。
着流し姿の土方さん、横顔が堪らないわ。
そして沖田さんの紹介文がちょっとおかしい。
「溺れたいならこの男。極上の調教テクで心も体も大洪水」
…いや、むしろこれが平常運転ですかそうですか。
他の男子は「坂田銀時クン」とかクン付けで紹介されてるのに、近藤さんだけゴリ付け。
「近藤勲ゴリ」と書かれながらキメ顔を見せてくれる君が好き。
しかもタキシードで蝶ネクタイ、カクテル作ってるし。
「この圧倒的なゴリラ感。漂う漢臭に酔いしれろ」
キャッチコピーも凄いよゴリ、しかも結構イケメン風味だよゴリ。
ちなみにたまのタマネーター、自分はCのかなりダメな銀さんでした。
(二択を進めていくと解答に辿り着く心理テストみたいなやつです)
とりあえず今夜は着流しの銀さんと土方さんを見てニヤニヤしよう。
そんな気分になれる一冊です。

長々と申し訳ない、そろそろ浮上!
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。