スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その一冊で、過去を網羅する(PSYCHO-PASS小説「名前のない怪物」のあれこれ)



ようやく読み終えました、PSYCHO-PASS小説「名前のない怪物」。
実はアニメ沿いの上下巻はまだ全然なんだよね。
アレを執筆する関係上、必要な部分から読むので、上巻も下巻も交互に見る始末。
この「名前のない怪物」は、とにかく佐々山のことを知りたくて読みました。
アニメだととんでもなく軽いイメージの彼がどんなことになってるのか。
ネタバレを気にしない、もうとっくに読んでるしというお客様は右下の小部屋へどうぞ。

しかしPSYCHO-PASS小説はデカいし分厚いし、とにかく持ち歩きに向かない。
もう章ごとに分解して(破って)持ち歩けばいいのかな。
赤本とか参考書もそういうことをして、当時何冊も本のバラバラ死体を作った自分。
いい加減、物を大切にできる大人になりたいです。
ようこそ、PSYCHO-PASS小説「名前のない怪物」の小部屋へ。
ちょっとした感想をあれこれ思いつくままに呟きます。
いいことばかり書くわけじゃないので、ファンの方はご注意を。

あらすじは皆様ご存じの通り、三年前の標本事件についてです。
ひたすら狡噛と佐々山がじわじわと関係を築きつつ、事件解決へ向けて粘る話。
感想を一言で言うなら、「ようやく狡噛を理解できた…っ!」という感じです。
PSYCHO-PASS本編だけ見てると、とにかく狡噛の性格がわからなかった自分。
いや、わかるけど納得いかないというか…。
どうしてそうなる狡噛慎也?ってことが多かったんだ。
確かに本編の狡噛はシャープなところと激情家な部分のギャップも魅力だった。
そういう意味で、性格とか多少謎めいてても問題なく楽しめたよ。
でも、三年前の詳細を把握して、彼の心理にちょっぴり近づけた気がする。
そして近づけば近づくほど、妄想魂が加速して以下略。
話が長くなる予感と悪寒が止まらないので、色々と箇条書きにしてみます。

・飄々としてるのに熱くて、意外とメンタルは弱く、人間味がある佐々山
・真面目で悶々としている狡噛、佐々山に憧れすぎ
・とっつぁんや神月、脇役の皆が愛しくて堪らない
・ギノ先生の未来を知っているだけに、要所要所で既視感が…
・藤間が本編でどうしてああなのかよくわかる流れ

佐々山はアニメの印象から180度変わったな…でも凄く好き。
「俺は、女好きが高じて潜在犯落ちした男だぞ」
この決まり文句も、今となっては可愛く思えて仕方ない。
妹を守ろうとして潜在犯になっちゃったなんて、泥臭いじゃないですか。
狡噛はひたすら佐々山のケツを追いかけてたな、言い方がアレでごめんよ。
「気に入らなければ俺を撃て。それがお前の仕事だ」
これは元々佐々山の台詞で、本編狡噛の名台詞は大体佐々山のコピーだからね。
佐々山を理解しようと四苦八苦して、徐々に信じ合えるようになって。
やっとそこまで辿り着いたのに、別離が待ち受けてるのが辛いところだ。
狡噛の佐々山愛(変な意味じゃないよ!変な意味でもいいけど)が半端ない。
あの思いを見せつけられると、槙島は恨まれて当然…ってすんなり頷けます。
とっつぁんがいなかったら色んなところで話が成り立たないし。
神月も密かに本編へ伏線張ってくれるし。
ギノ先生も「飼育の作法を忘れるなよ、狡噛」なんて格好つけちゃって!
ギノは狡噛が佐々山っぽくなっていくのも、常守が狡噛っぽくなるのも見てる。
他人の変化を間近で目撃している彼も、あれこれ思うところはあるだろうな。
藤間に関するくだりもきちんと説明されてて面白かったよ。
意外だったのが、狡噛は佐々山の死の直後に犯罪係数が上昇したんじゃないんだね。
きちんと葬儀も見届けて、その数日後?のサイコパス定期検診で引っかかったっぽい。
佐々山の遺体を見た瞬間にフォー!!(係数オーバー)したのかと思ってたわ。
高羽彩さんの作品は初めて拝見したけど、何だかやけに生々しかった…。
本編のそつない雰囲気は控えめで、情けなくて青い男子が踏ん張ってたよ。
そういう作風なのか、単純に三年前だからそうなのかは不明。
どちらにせよ、キャラの根っこがチラ見できて、やっと気持ちが落ち着きました。

最終的に、PSYCHO-PASSファンはぜひ読んでみて!という宣伝レベルの話になる自分。
ちなみにこれを読み終えた自分は、中原中也の詩を読み始めました。
だって何だかどうしようもない寂しがり屋の佐々山っぽいんだもの。
「汚れっちまった悲しみに」なんて一行で佐々山を表してるよ。
「骨」という詩も佐々山っぽくてニヤニヤしちゃいます。
あとはB'zの曲を聴きまくってるな、ちょっとクサいくらいが佐々山らしい。
「HOME」とか「今夜月の見える丘で」をがんがん聞きながらあれこれしてみたり。

とにかく佐々山祭りだというオチになってしまって申し訳ない。
また何か思いついたら追記するので、そろそろ浮上!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。