スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両片思いに首ったけ(図書館戦争実写版のあれこれ)



公開してからしばらく経ちますが、さくっと見てきたよ図書館戦争実写版。
いつものように、さくっと感想を残しておきます。
偏見に塗れてるし、いいことばかり書くわけではないのでご注意を。
これから見る方もいらっしゃるかもしれないので、右下に小部屋を準備しました。

探偵はBarにいる2と藁の楯も見たいのですが、某レビューの平均点が微妙で様子見中。
勿論レビューが全てではないけど、星が少ないと多少覚悟が必要だし。
あとは好きなサイトの素敵管理人様の感想もよく見てます。
次に見るのは何だろう、そういえばジブリの新作が七月に出るみたいだったな。
新海誠作品も映画館で見たことがないので、ちょっと気になってます。
奇跡のリンゴも、中村監督作品だし阿部サダヲも菅野美穂も好きだから見ちゃうかも。
そういえばサダヲ繋がりで、夢売るふたりがDVD化されたのにまだ見てないわ。
桐島、部活やめるってよも早く見たいし、欲深いな自分。

そして昨日の話になりますが、拍手コメントお返事させていただきました。
ありがとうございます!
皆様のぱちぽちに支えられて潜水する日々です。
ようこそ、図書館戦争実写版ネタバレの小部屋へ。
感じたことをちらっと書き残していきます、気になる方はこのままどうぞ。

まず、原作もアニメもアニメ映画?も知らない自分。
唯一知っていたのは紀伊国屋に貼ってあったポスターだけ。
「好きから、逃げない」かな…そんな感じのキャッチコピーのみ覚えてる状態。
でもかなり面白かったよ、安心して見ていられました。
細かいストーリーはやほーなレビューにお任せします。
簡単に説明すると、本を守るため戦う人達の話。(そのまますぎる…)
そもそも元号が平成じゃなかったからね、しかし妙にリアルな世界だったわ。
一言で言うと、大衆向けで人に薦めやすい映画でした。
戦闘シーンが思ったより長かったけど、比較的誰とでも見に行けそう。
原作を知らない自分もあっさり理解できたし、面白いし、感動するし。
ここでもまた正義が云々言われていて、最近正義が流行りなのか…と思ったり。
笠原と堂上の両片思い風味な展開にニヤニヤしっぱなしです。
これも全て、堂上教官演じる岡田准一が格好良すぎるせいかと。
安定のアクションは勿論、笠原に対する微妙な男心によだれが止まらない。
彼は歳を重ねるほど、悶えたくなるオーラが滲み出てきてるね。
脇役の面々もいい味出してたよ、個人的には小牧さん好きだ。
欲を言えば、図書館戦争の「図書館」部分がもう少しあってほしかったかな。
(多分間延びするし時間ないしで無理だろうけど…)
本に対する思い入れみたいなエピソードが若干少なかったような気がします。
しかしそんなことはどうでもいいくらい、見やすい映画だったわ。
中学生や高校生にも見てほしいし、大人にも勧められる。
皆様もぜひ、機会があれば見てみてください。
鬼教官がダメな部下をほっとけない、むずがゆい気持ちに叫びたくなるよきっと。
余談ですが、この鬼教官を土方さんに置き換えたらおいしいと思うんだ。
部下のことを叱って遠ざけて、けど見捨てられなくて心配して助けに行っちゃって…。
そんな土方さんであってほしい、変な願望剥き出しにして申し訳ない。

これ以上気持ち悪いことを口走る前に、こっそり浮上!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。