スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自ら一流と名乗り出た時点で大体三流(WJネタバレ)



タイトルを「いい奴と言われる男は大概モテない」と迷ったのは内緒。
ジミーを思い浮かべてしまったなんて知ったら本人涙目だな。
WJはここ数か月が一つの山場なのかな、色んな連載が終わりそうだね。
先週めだかボックスが終わったけど、スケットダンスも山場近いみたいじゃないか。
また新連載ラッシュの時期か…季節の移り変わりを感じずにはいられない。
暗殺教室は烏間先生がツボ過ぎてどうしたらいいかわからず、壁に頭を打ちつけ隊。
こち亀は安定のどうしようもなさにニヤニヤ。
あと、カラーで一番くじとか凸凹本、前夜祭のあれこれが載ってたな。
一番くじのラスワン賞、仔銀のフィギュアはちょっとよだれ出ちゃった。
というわけで、そろそろネタバレします。
書き抜きとか解釈とか下ネタ全開まで、色々適当ですんまっせーん!

ぺたり。



ビルの屋上に佇むマダオ、今週は一話完結型のマダオ祭りです。
「最後位はあの地べたから遠く…あの青空にむかって高く飛ぼう そう思っていた」
そんなマダオの心の声を察して現れたのがサングラスをかけたリーゼント男子。
「よしておけ(中略)命を粗末にするな」
そう言いながら構える彼はどう見てもスナイパーや殺し屋の類。
殺し屋が仕事の片手間、命を粗末にするなとかマダオに言っちゃう話です。
しかし本当に台詞が多すぎる銀魂、落ち着いて読んだら結構時間かかってしまったYO!
折角だから楽に殺してくれと懇願するマダオの頼みを断る殺し屋、一星(イーシン)。
「獲物を殺る時も女を愛する時もただの一発 瞬く間に終える」が一星の流儀らしい。
いいじゃん、覚えやすいしいいキャッチコピーだ。
落下するマダオと標的を一発で仕留める方法を提案する一星。
あくまで一発にこだわるあたり、早漏魂がたぎってるわ。
殺されるためにマダオが向かった先のビルの屋上には別の殺し屋がいるし。
「獲物も女性もカタギには一切手を出さない」という「先走り一龍」(イーロン)。
キノコっぽい髪型で若干神楽ちゃん風味のサングラスっ子。
死のうとしてもうまく死ねないマダオ、殺し屋の片棒を担ぐことになったマダオ。
一星をおびき出せば楽に死ねると思いきや、一星が結構アツい人で失敗したり。
一龍がひっくり返ってたりとか、二人は兄と妹の関係だったとか。
諸事情に振り回されてビルの階段を何度も走るマダオの健気さに涙。
一龍こと一子を人質にされた一星は躊躇いなく敵を狙う。
「一発の弾に全てをこめる事さ」
一子の背後から飛び立つマダオ、一子を抱えてビルからダイブ。
なんかめちゃくちゃ格好いいな、マダオの胸板結構がっしりしてるし。
一星がマダオの服に一発撃ちこみ、ビルの壁に引っかかって生き残った二人。
「やっぱり死ねなかったぞぉぉォォォ」
こだまするのはマダオの叫び。
本当にコイツいい奴だよ、いい奴って大概友達止まりだけど。
「フン 生えてたじゃねーか 翼」
最後は一星の決め台詞で新生マダオの話はおしまい。
来週も一話完結型なのかな?
銀さん不在が何週間か続いてるので、流石にそろそろ恋しくなってきたよ。



結論。

本屋で小学生に王道とか邪道とか切られる、それでこそ銀魂。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。