スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立て、立つんだエレーーーーーン!!!!(進撃の巨人第三話ネタバレ)



タイトルは言わずもがな、「クララが立った」と迷ったのは内緒。
図鑑のタイトルを考えるのは好きだったりします。

ようやく見ました、進撃の巨人第三話。
この厨二病OPのDVDが本気で欲しいわ、それくらい中毒になってる。
サビで巨人の首をパーンするところの動きは何なんだろうね。
何回見ても惚れ惚れしちゃう。
ネタバレは抜き出し少なめ、あっさり行くのでどうぞよろしく。

さて、本編です。
「絶望の中で鈍く光る」、このタイトルが物凄く好き。
最初の教官の罵声、軍隊ってまさにあんなイメージだわ。
今回も絵が半端なく綺麗だね、そしてミカサはちょっと美人すぎないか。
原作は結構おどろおどろしい女子なのに…エレンもイケメンすぎるし。
全体的に美形と美女の集まりになっていて、おぞましさが薄れて見やすいかも。
もう合宿の話なのか、個人的にはサシャもお気に入り。
あの芋のくだりに彼女の逞しさを感じるわ。
この話のいいところは、エレンが口ばっかり威勢ばっかりなところだよね。
ミカサの横顔があまりにも綺麗で驚いた。
男子がミカサにお熱なシーンとか、原作で全く記憶にない。
やっぱり読み直すしかないんだろうか。
サシャの獣感が尋常じゃない、何だあの動き。
ちょっとギャグっぽい部分が見え隠れしてて面白いかも。
「神様ですか!!あなたが!!神ぃーっ!!」
ああ、やっぱりサシャが好きだ。
こういう穏やかな展開もあと何話くらいなんだろうね…。
立体機動でゆらゆらしてるミカサの無表情さ加減が若干怖い。
エレンはいつも目を見開いてるなぁ。
「そのときは私も一緒に行くから」
ここでサシャが出てきちゃうとか、今回は何たるサシャ回なんだ。
若い男子が集まってあれこれ不安を語るどうしようもなさが愛しくて堪らない。
真選組とかもそうだけど、ごちゃごちゃしてて悩む男子集団はいいよね。
「俺は…(巨人を)殺さなきゃならないと思った」
エレンといい狡噛さんといい、殺す殺すってアニメを見過ぎだ自分。
「これが、俺の武器だっ!」
立体機動装置で一瞬立てただけのエレンに、周囲が「おおーっ!」って言ってて吹いた。
エレンはようやくここでスタートラインに立っただけなのに…。
「これで私と離れずに済んだと思って…(エレンは)安心してる」
改めて聞いてると、ミカサも結構爆弾発言してるな。

まだ第三話だからか、軽めの展開で夜中でもすんなり見ちゃいました。
引き続き様子見が続くけど、とにかくOPが頭から離れない。
立体機動装置でびゅんびゅんするまで全裸待機です。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。