スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親父にもぶたれたことないのに!(PSYCHO-PASS第二十一話ネタバレ)



※これを打ちこんでるのは、先行上映初日(H25.3.9)の夜になります※

タイトルはガンダムから、ネタバレと全く関係ないのでご了承ください。
ガンダム知らなくてもこの台詞だけ知ってる!という方もいらっしゃるかと。

PSYCHO-PASS第二十一話を見てきました。
右下にネタバレの小部屋(文字数的には大部屋…)を準備します。
ネタバレ大丈夫な方、もう見たよという方はぜひどうぞ。

いよいよ次回(第二十二話)が最終回。
流石にラストは先行しないと思ってたのに、まさかの先行上映開催決定。
それでいいのかノイタミナ、商売っ気が強すぎないか。
しかもカフェに収まりきらなかったら、フジテレビのシアターも使うと。
最後の先行上映回は祭りになりそうな予感と悪寒が止まらない。
今日ですら、朝九時の時点で待機列二百人とか言われてたのに…!
来週の今頃、自分がどうなっているか想像しただけで泣けてくるわ。
ようこそ、PSYCHO-PASS第二十一話ネタバレの部屋へ。
誰にもネタバレできず悶々としているので、ここでくわっと吐き出します。
シリアス展開に水を差すような発言もあるかもしれませんのでご注意を。
(というか、真剣に見てたら耐えられないからさ…)

まずはあらすじ、続いて感想を。
あらすじはかなりざっくりかつうろ覚えなので、嘘書いてたらごめん。
特に台詞は殆ど覚えていないので、雰囲気で読み飛ばしてください。
あと、今回は結構グロいことを書いてしまうと思います。
箇条書きみたいな書き方になるけど、どうぞよろしく。

ドミネーターをパラライザーで固定するようにシビュラと交渉する常守
(説明上ここで書いちゃいますが、このシーンは物語の途中で出てきます)
シビュラが折れて常守のドミネーターをパラライザーに固定することを約束
麦畑に狡噛到着するものの、セキュリティーが邪魔で侵入できず
そこに遅れて一係の四人が到着
(オスプレイみたいな乗り物に乗ってきたため、狡噛に追いつく)
狡噛の犯罪係数が300を越えた場合は自分に任せろと呟く常守
(シビュラと契約してるからか相当強気)
そんなとき、狡噛から公安の権限で施設の電源を落とせと常守の元に連絡が入る
セキュリティーを落とすことが狙いか、あなたの思い通りにはさせないと常守
しかし諸事情で狡噛の言うとおりに結局電源を落とす流れに(ここで狡噛も施設に侵入)
電源が落ちたのを確認し、「やってくれるな公安」という感じで笑う槙島
槙島が非常電源を入れに行くと判断した常守、一係を狡噛と槙島確保のためチーム分け
常守と弥生は中央制御室へ槙島の確保に、とっつぁんと宜野座は狡噛の確保に向かう
しかし中央制御室は無人、槙島の策だと常守が気づくもギノととっつぁんピンチ
ここで場面が変わり、コンテナ倉庫のような場所を歩くギノととっつぁん
とっつぁんが狡噛の逃亡に荷担したことを責めるギノ
あんたは狡噛ばかり信用して俺のことを頼らない!ととっつぁんにキレるギノ
「おまえは監視官だからな」的な台詞でギノを宥めようとするとっつぁん
そんなとき、とっつぁんが罠に気づきギノを制止したが間に合わず
ギノが罠にはまり、コンテナの下敷きになる(この時点でギノの左腕は潰れてるっぽい)
下敷きになったギノを助けようとするとっつぁんに槙島が襲いかかる
互角に戦う二人、とっつぁんがリードし槙島に寝技?をかける
逃げられないと踏んだ槙島がダイナマイト?みたいなものを取り出す
「自爆でもするつもりか」
「そんなつまらない真似はしないさ」
笑う槙島の狙いはコンテナの下敷きのギノ
「槙島を離すな!あんたは刑事だ、役目を果たせ!」ととっつぁんに叫ぶギノ
それでも槙島がダイナマイトを投げると槙島を放してギノを助けに走るとっつぁん
しかし若干間に合わず、とっつぁんは爆発に巻き込まれる
潰れた腕を無理矢理引きちぎってコンテナから這い出すギノ(メガネなし)
瀕死のとっつぁんのもとに駆け寄り、最期の親子の会話を交わす
「目元が俺そっくりだ…」
「親父…っ」
そんな二人を尻目に槙島を追う狡噛、槙島に追いつくも銃を蹴られナイフで応戦
(ここで二人の会話有、槙島を叩く狡噛と厨二病的な槙島のやりとりが…)
槙島も剃刀を取り出し試合開始する寸前、常守は間に合うのか、で最終回へ

あらすじ長くなっちゃったね、それではくだらない感想を。

・やっぱり槙島と狡噛が何を考えているのか以下略
・チーム分けはフラグなんですねわかります
・とっつぁんの死は覚悟してても苦しいし、ギノの境遇はもっと辛い
・弥生もフラグか…?(常守を褒める描写有)
・常守が逞しすぎる上に、意外と狡噛の影が薄い今回の話

槙島と狡噛の今回ラストの罵り合い?もそうなんだけど、ゴールが迷子。
(自分の読解力が足りないのはわかってるけど、考えるほど深みにはまる…)
二人は相打ちするしかないんじゃないかな、どちらが生き残ってもマズそう。
槙島を殺した狡噛を常守が殺す、って流れならなんとなくわからなくもないかな。
それなら三人それぞれの正義が貫かれる感じもするし(槙島はごめん)
もしくは常守がシビュラになる代わりに狡噛を見逃してもらうとか?
でもそれじゃ狡噛が単なるヘタレになっちゃうのか…難しい。
チーム分けの時点でああもうこりゃダメだって覚悟したけど、いざ見ると想像以上だ。
とっつぁんがフラグ回収してしまったのはまだいい。
親子と発覚してから、いつかこうなるってずっと想像してたし。
でもギノは今までが遅れて来た反抗期だった上に、今回生かしてもらっちゃったもんね。
腕の件もショックだけど、ギノの泣き顔ととっつぁんの穏やかな死に顔は一層辛い。
ギノはまだ腕の痛みとか(多分)わかってなくて、親父のことで頭いっぱいだもの。
回を踏むごとに人間らしい感情を見せてくれたギノの集大成がここに…!
いや、まだ生きてるから今後どうなるかわからないけどさ。
弥生はここまで見せ場らしい見せ場がないので、最終回に期待。
このままだと志恩との百合描写のための存在になってしまう…。
常守は言うことないよ、一番逞しくて最強なんじゃないかと。
おまけに犯罪係数も低いし、シビュラになるしかないんじゃないのか。
狡噛の影は薄かったな…でも最終回はきっと何かパーンしてくれると信じてる。
どうでもいいけど、二係の失踪した執行官はまだ出てこないし伏線じゃないのかな?
とりあえず今夜はこの辺にしておこう、何だか全然眠くならないあら不思議。
不思議というかちょっと怖い、夢にギノの泣き顔が出てきたらどうすればいいんだ。
あれは可愛すぎる、あの泣き顔が可愛すぎて呆然として泣けなかった自分。
あと、23日の声優さんのイベント開催のタイミングがちょっと気になる。
単純に「放送お疲れ様でした」なのか、まさかの映画化か。
(銀魂の2Dシアターを髣髴とさせる流れだよね…)

情けないほどふらつきながら、よろよろ浮上!

【H25.3.15 追記】

槙島ってギノととっつぁんが親子だって知っててあんなことしたのかな?
だとしたら本当に意地悪だね(←そういうレベルじゃない)
あと、小説のPSYCHO-PASS第二話の狡噛の台詞は来週活かされるのだろうか。
アニメではなかった台詞で、寝たきり狡噛が常守に言った言葉があってさ。
「被害者の女の犯罪係数が下がってきてるのは、あんたの説得のおかげだ」
「一度上がった犯罪係数を下げるなんてなかなかできない、誇っていい」
みたいなことが書いてあるんだよね。
そして、先行上映で本放送までに作画を直すって言ってたけど、直ったか不明…。
あと、ギノの腕はちぎれてなかったかも。
よく見えなかったけど、先行と本放送の腕のぷらぷら加減が違う…?
また見直せってことですかそうですか。

【H25.3.16 追記】

タイトルは「血の褒賞」でした…すっかり忘れてた。
とっつぁんはいつもギノを見守ってたし、ギノも父親を気にしてたよね。
じゃなければ、わざわざ監視官にならないだろうし。
褒賞の対価は大きいけど、せめてとっつぁんが父親として最期を迎えられて安心したよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。