スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行の夜の男子部屋はくだらなさ100%(WJネタバレ)



ぼさっとしていて2Dシアターの動乱篇DVDをまだ購入していない管理人です。
PSYCHO-PASSは密林から着々と届いているというのに。
沖田さんと近藤さんを拝みたいから買おうかな、いやその前にTVを以下略。
できるだけさらっといけるように頑張るよWJネタバレ。
今回の話も台詞がかなり多いので、うまく抜き出せなかったらごめんよ。
ロボノのOPを聞きつつ打ちます。
主人公(海翔)のスカシっぷりが堪らないんだよこのアニメ。
そういえば、最近WJで始まったいかがわしい料理漫画のノリも好き。
唐突に皆全裸になるところとか。

ぺたり。



今回は幾松のお話です、最初は一杯のかけそばベースのエピソード。
ところで、皆様は一杯のかけそばの元ネタはご存じですか?
自分もうろ覚えだったのでググってみたけど、1988年くらいにヒットしたお話らしいね。
(出典がアレなので間違ってたらすんまっせーん!)
しかも舞台は札幌だと、だからネタにしたのかな空知んたま。
元ネタは貧しい母子(母一人、子二人)が大晦日に一杯のかけそばを分けて食べる話。
店主の機転でそばをこっそりサービスし、それがその母子と店主の恒例行事になる。
けれど、あるときを境にしばらく母子は来なくなってしまう…。
やがて母と成長した子が十数年後に店を訪れ、そのときは人数分のかけそばを頼んだと。
そんな感じの話です、結構適当なので気になる方はググってみてください。
前置きがやたら長くなりましたが、今回は一杯のラーメンです。
大晦日の度に北斗心軒に現れた男が頼んだラーメンの思い出を語る幾松。
そしてあるときから急に男は姿を見せなくなった…まさに一杯のかけそばじゃないか。
「幾松 これがウチの店の年を締めくくる毎年恒例の行事だ」
「俺に何かあった時はオメーさんがキッチリやり遂げるんだぜ」
そう呟いた幾松の旦那さん、いいひとなんだろうなぁ。
幾松の美人っぷりによだれ出そう。
そんな彼女の思い出話の傍らで、三人で一杯のラーメンを奪い合うチーム☆万事屋。
ラーメンの男のその後を案じる幾松に、ヅラが格好よく励ましてみたり。
今回は全体的にヅラがいい男っぽい。
店を出てからのヅラと銀さんのやりとりが攘夷時代を思わせるのは何故なのか。
「銀時 幾松殿が待つ男…正直どうなったと思う」
「宿もなし家族もなし おまけに年もいってたんだろう いいトコのたれ死にだろうな」
残された頭巾を手がかりに男を探そうという話にまとまるんだけどさ…。
ここまではいいんだよ、ここからが問題なんだよ。
「(男の行方が)気にならんか」
「ならんね」
「それより俺が気になるのは、ヅラお前ひょっとして幾松と○○○までいった?」
このノリが明らかに攘夷というか修学旅行の夜の男子部屋じゃないか。
「てっきりラーメンすするどころか別のもんすすってんのかと思ってたよ」
「俺と幾松殿が○○○とか○○○○○とか」
「挙げ句の果てに○○○○○○○○とかするわけがあるまい!!」
○の数は忠実に抜き出しました、さあ、シンキングターイム!
○の中に当てはまる言葉を考えてみようか。
「そうか そっちはお前昔から奥手だもんな」
「キューピッドなら格安でうけ負うのによ~」
この台詞を言うときのドヤ顔の銀さんが可愛すぎて、もう!
攘夷時代のくだらない恋バナとかそういう話を書きたくなっちゃう。
誰に惚れただのフラレただの脱がしただの脱がされただの…おいしすぎる。
「昔っから人妻好きだもんなお前」
これって史実か何かなのかな?
「そういやガキの頃最初に惚れたのも近所の未亡じ…」
「俺が好きなのは人妻などではない NTR(ねとられ)だ!!」
決め台詞っぽく刀を振りかざしてるけどとんでもないなヅラよ。
ヤバい、ヅラの性癖を抜き出してたら感想が大変な長さになってる。
でもヅラは幾松の目には(亡くなった)旦那しか映ってないって言ってるね。
意外とセンチメンタルな展開。
で、桂クズ太郎とクズ田がホームレスになりきって段ボール業界に潜入。
男を探そうと張り切っていると、コミックス7巻第55訓の男が登場。
このへんは覚えてないので皆様の記憶とお手元のコミックスにお任せします。
頭巾の男の正体を知っていると言い出す7巻の男。
その一方で神楽と新八は反物屋にリサーチ。
頭巾もとい手ぬぐいの持ち主は、反物屋の旦那様もとい幾松の亡きパパン。
7巻の男は段ボール業界に幾松パパンを殺しに来たらしいし、反物屋に幾松が現れるし。
ここで次週に続くと。
NTRに興奮しすぎてパーンしてますが、内容も細かくてうまく読み取れてないかも。
色々と申し訳ない。



結論。

NTRって単語が頭から離れない上にヅラのアハーンまで想像してしまう自分は末期。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。