スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛いときこそ歌え(レ・ミゼラブルのあれこれ)



あまりの評判の良さに負けて観ちゃったよ、「レ・ミゼラブル」。
これから観る方もいらっしゃると思うので、右下にネタバレの小部屋を準備します。
映画は興味ないので、というお客様はこっそりスルーで。

それにしても三連休中日の映画館は混んでるね。
自分はいつも日曜や平日のレイトショー派なので、こういう日に行くとびっくりする。
客層もばらばらだし、皆がどんな映画を見に来たのか気になったわ。
あと、ドラゴンボールの映画(アニメ)があるらしい。
自分はその予告ポスターに釘付けでした。
見たことないポケモンのキャラみたいな生物がラスボスっぽくて吹いたし。
銀幕銀魂が春映画だったら、ドラゴンボールに並んでたのかもしれないな。
ようこそ、「レ・ミゼラブル」の小部屋へ。
ちょっとしたあれこれを呟きますので、気になる方はどうぞ。
あと、いいことばかりを書くわけではないのでご注意を。

文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国で上映されたミュージカルの映画化。
しかもやほーで結構な高評価。
「オペラ座の怪人」で喘いだ自分としては観ておかないと…と思い鑑賞しました。
詳しいあらすじはレビューにお任せします。
簡単に言うと、仮釈放された囚人が改心して激動の人生を生き抜く、みたいな話です。
かなりいいかげんな説明ですんまっせーん!
お話自体は古典の王道だと思うよ、根っからの悪人も殆どいないし。
変な意味で時代を恨んで卑屈になる登場人物もいない。
見終わった後もいい話だと思ったけど、あえて言いたいこともちらほら。
この作品は、覚悟してたけど本当にミュージカルだったね。
普段ミュージカルを見慣れていないせいかもしれないけど、三時間すっと歌いっぱなし。
なので、盛り上がる場面も小休止みたいなシーンも全て気が抜けなかったのが辛かった。
三時間ずっと山場、しかも歌唱力もあるから余計にしんどい。
どの場面が観客に一番見せたかったシーンなのかわからないまま終わってしまったYO!
(多分ラストシーンだろうけど、歌のせいでずっとラストばりに盛り上がってる…)
この映画は原作もミュージカルも知ってたほうが楽しいのかも。
「映画」だと思って見ると、ちょっと息切れしちゃうかもしれない。
特に自分は普段まったり系の邦画を観ることが多いので、尚更そう感じたのかも。
作品としての完成度は高く、合う・合わないが結構強く分かれそうだと思います。
自分の知る限り、オペラ座の怪人+マイウェイ(某戦争映画)な話でした。
それにしてもヒュー・ジャックマンやアン・ハサウェイの熱演が半端なかったな。
子役も皆、見事でした。
登場人物の歌声と存在感を拝みに行ったと思えば大満足な作品です。

長くなりましたが、指先も冷たいのでそろそろ浮上!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。