スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低の映画を最高の結末で(ARGOのあれこれ)



今年はもう映画は見ない。
年末年始のばたばたで、見てる暇もない。
そう信じていたのに、あっさり見ることになっちゃったよ。
「ARGO」、自分にしては珍しく洋画です。
さらっとネタバレしておくので、気になるお客様は右下へどうぞ。

今年は映画館に通った年だった…。
後で何を見たか、メモ代わりに書き込んでおく予定。
皆様は今年おすすめの映画は何かありましたか?
興味ないかもしれないけど、自分のおすすめも後で語りますのでどうぞよろしく。
ようこそ、「ARGO(アルゴ)」の部屋へ。
簡単にネタバレと感想を書いておきます。

お話はざっとこんな感じ。
79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件がベース。
実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口実に使った救出作戦の話でした。
ポリティカルサスペンスなんて言うと格好良すぎるかな?
古くささはある、でもテンポは今風な(?)映画です。
「人質を映画撮影のスタッフと偽って助け出そう!」
そんな軽いノリじゃないけどね、結構じりじりさせられたし。

ツェッペリンやボンジョヴィとかを使ってるのかな。
古い撮り方なのに話はさくさく進んでいく感じ。
グロくはないけど決して明るい話じゃないし、残酷なシーンもある。
何より政治・宗教色がある程度感じられるから、気軽にお勧めはできないかも。
でも、唸りたくなるほどバランスが取れてて面白かったよ。
「全員助かる」ってオチが見えているのに、ちゃんとはらはらする。
丁寧な描写を入れても、話のテンポは保ったまま。
登場人物の感情が自然に想像できるところもよかったよ。
今年の最後を締めくくるに相応しい、いい作品でした。
主人公のトニーを演じたベン・アフレックって監督兼任なのか…。
変な色気と妙に影が薄く感じられるところが、地味に好きだ。
この監督の他の作品も見てみたいです。

ちょっと真面目な感想になっちゃったけど、この作品は真面目だったんだYO!
そして映画公開から約二ヶ月経過した今、三連休中日の某映画館はかなり混んでたわ。

あんまり気の利いたことが言えないまま、こっそり浮上!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。