スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金魂を抱いて翔べ(黄金を抱いて翔べのあれこれ)



にも読めなくはない。
「黄金を抱いて翔べ」を、先週日曜にレイトショーで見てきました。
この一週間で三本も映画見てる、何があったんだ自分。
最近やけにテレビ見なくなったな…と思ってたら映画の見過ぎが原因だったYO!
ネタバレの小部屋は右下に用意しておきます。

今年は映画館に通い詰めたな、と思って振り返ったら、何と二十本近く見てました。
一人で行ったり、付き合いで行ったり。
で、一回行き始めると予告で「あーアレ見たい」とか言って、また行っちゃう。
そういう悪循環?にどっぷりはまっております。
もう映画専用のカテゴリでも設置すべきかもしれない。
…と思い、さっき作ってみました。
漫画専用のカテゴリも作るべきなのかな。

銀魂の話じゃなくてすんまっせーん!
ようこそ、「黄金を抱いて翔べ」の部屋へ。
思ったことをさらっと書いておきます。
決して役立つ話ではないので、真面目な評価はやほーなレビューでも以下略。
あと、偏見に塗れてるからご注意を。

妻夫木見たさに映画館へ走る自分。
ここ一、二年の妻夫木さんはああいう役増えたね。
ドラマ「オレンジデイズ」とかの爽やかさはどこへ?みたいな役。
「悪人」「マイバックページ」「スマグラー」、今回もそっち系の役どころでした。
それぞれ訳ありな男が集まって金塊を奪いに行く話です。
でも、決して頭脳戦ではなかったよ。
原作を読んだことがないからわからないけど、結構体当たりな展開だった。
井筒監督のイメージそのままでした。
まさに「セックスと暴力と男と男」…あれ、男と男だとおかしいか。
なので、頭脳戦みたいな話を期待されるとがっかりかもしれません。
個人的には、台詞が所々シュールで自分好み。
「世界一幸せなテキーラ」なんてありがちな言葉でよだれ出ちゃうし。
あとは西田さんの演技が相変わらず凄かった。
そして、今回も誰に勧めたらいいかよくわからない話です。
少なくともグロいのが駄目な方は見ない方がいいかもしれません。
「アウトレイジビヨンド」のグロさよりは軽いかな?
でも「アウトレイジビヨンド」のほうが撮り方が綺麗な分、グロくなかった気がする。

何が言いたいのかわからないけど、自分の中で主題が迷子なので仕方ないか。
諦めて、これにて浮上!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。