スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳首niメガネ(よりぬき銀魂さんオンシアター2Dのあれこれ・その参)



さて、お次はかぶき町四天王篇です。
ますます記憶が怪しくなってきているので、正確さを求めるお客様はお気をつけて。
ツイッターとかのほうが、声優さんのお話の内容がきちんと書いてあるからさ。
自分の記憶は相当いい加減なので、全くアテには以下略。
右下に小部屋を準備しますので、気になるorトイレで暇を弄ばれているお客様はどうぞ。

そういえば、トイレに携帯を持ち込むひとって少ないのかな?
自分はお尻のポケットに携帯を入れっぱなしなので、必ず持ち込む羽目になる。
そして、トイレに携帯を流したこともある。
なのに懲りないんだよね、もう少し学習能力が欲しいです。
ようこそ、よりぬき銀魂さんオンシアター2Dかぶき町四天王篇の部屋へ。
引き続きぐだぐだと語らせていただきます。
個人的な感想がメインなので、くれぐれもお気を悪くされないように。
下ネタはなるべく抑えて我慢する、デート篇で物凄い下ネタ祭りになる予定だから。

真選組動乱篇と同じ流れですが、流れは以下の通り。
本篇→万事屋中のひとのトーク→真選組の中のひとのビデオレター→重大発表です。
最初のゲームの話や上映中の銀八マナーも一緒。

そして、ここから唐突にかぶき町四天王篇スタート。
これは自分も一度アニメで見たので、少し落ち着いて鑑賞。
でも結構遠い日の記憶と化している…ような気がする。
ポップコーンを食べる心の余裕も出てきました。
丁度夕飯時だったせいか、完食しちゃった。
お話は皆様ご存じのとおり、特に印象に残ったところをちらほら書き留めます。
終始ほぼずっとシリアスなので、歓声が沸くところは殆どなし。
もし真選組動乱篇かかぶき町四天王篇のどちらかしか見られなかったらどうするか。
個人的には前者を取りますが(未知なる世界なので)、後者も相当捨てがたいよ。
まず、銀さんと次郎長の墓場バトルシーン。
銀さんの顔が「くわっ!」となるところ(目を見開くモノクロのコマ)。
あれをスクリーンで見るために千円払っても惜しくない。
というか、墓場バトルシーンで魂を全部持っていかれてしまって呆然。
あーもう、ああいうシーンこそ映画にすべきだよ空知んたま!
新八の「僕らは死なない!」のくだりでぽろりおおっとほろりとしました。
何気にこの話って新八がおいしいところを攫ってくよね。
お登勢の店を守る戦いで神楽を庇う新八とか、爽やかな少年すぎてたまらん。
最初のほうの、カフェ(?)でピラ子に気を遣いまくる新八も可愛かったし。
ラストのR18タイムのバトルは、言うまでもなく壮絶でした。
真選組動乱篇もそうなんだけど、血ががしがし飛び散っていて、もう!
頭から流血してる銀さんなんてセクシーすぎて、スクリーンに飛びつきたくなる。
極めつけは最後の次郎長とピラ子の花畑シーン。
あれはスクリーン向けだ、絶対そうだ。
あの二人に思い入れがなくても、無条件で「よかったねぇ…!」って言いたくなる。
この話は途中で色んなひとが銀さんを助けてくれるけど、そのくだりも好きだし。
銀さんの物語が全部つながっていくところがいい。
そして、一国傾城篇を読んでしまった今、痺れる言葉がある。
銀さんの口から零れた「約束」という単語。
約束は破りたくない、みたいなことを病院かどこかで言うよね?
そのときの彼の気持ちを考えると、過去話が二つ三つ書けそうなくらい辛い。
かぶき町四天王篇を最初に読んだときは、まだその重みがよくわかってなかったからさ。
うーん、かぶき町四天王篇、奥が深いです。

そうこうしているうちに、本篇終了。
真選組動乱篇と同じく、万事屋の中のひとたちが出てきます。
出てくる前に、夕飯食べたいだとかるろ剣見たいとか、そういうことを喋ってたかな?
あと、皆はもう俺らのことを忘れて黒子のバスケに夢中だよ、みたいな。
このへんのちょっとした小ネタは、どのタイミングで話されたかあやふやです。
毎回適当ですんまっせーん!
ちなみに、かぶき町四天王篇のTシャツ(赤かな?)と2Dメガネ着用で登場。
杉田さんは乳首のあたりにテープでメガネをくっつけてました。
阪口さんはメガネonメガネ、2Dメガネを重ねてたよ。
これ、全然わからなくて吹いた。
ビデオレターはお登勢さん、次郎長、ぴら子からです。
といっても、最初にビデオレターが流れたときに見えたのは真選組メンバーだったし。
「また真選組かよ~」的な笑いが起こったし。
その後で、くじらさん(お登勢)が真選組メンバーを追い出してました。
野中さん(ぴら子)、菅生さん(次郎長)、くじらさん(お登勢)の並び順です。
この三人も本当に親子みたいだね、お登勢はちょっと違うけど。
菅生さんの貫禄とチャーミングな発言は特に好き。
2Dメガネをつけたり外したり、ちょっとした仕草が愛らしい。
わりと真面目な発言をなさっていたのか、細かい記憶がない…。
いや本当に申し訳ないです、介錯はエロ方さんに頼もうか。
ビデオレター終了後、再びバルト9の万事屋三人組の話へ。
ゲームの声を録ったときのお話とかかな。
釘宮さんが、「一人だと万事屋のテンポがわかりにくい」発言をしてた。
もう少し違う言い方とニュアンスだったかな?
一人で収録する仕事は、テンポをつかみにくいと。
今こうして三人で話していると、ああ万事屋ってこうだったな…と思うらしいよ。
わかりにくくてすんまっせーん!
最後に真選組動乱篇と同じく、よりぬきアニメと映画化の情報を流して終了。
どちらも皆知ってるのか、動乱篇のときより歓声が少なかったYO!

さて、長くなりましたがここで浮上!
ここまでお付き合いいただいたお客様には、近藤さんばりの愛を。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。