スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆さdeメガネ(よりぬき銀魂さんオンシアター2Dのあれこれ・その弐)



今更感がだんだん強くなってきたけど、やり遂げようじゃないか。
まずは真選組動乱篇からです。
多分大したことは喋れないと思うけど、色々興奮してます。
しかもうろ覚えなので、間違ってることを言ってたらすんまっせーん!
おそらく誰も自分の話に信憑性は求めていないと思うけど、念のため。
今まで散々ご案内ならぬ誤案内してきたしね。
右下に小部屋を作りましたので、興味のあるお客様はどうぞ。
ようこそ、よりぬき銀魂さんオンシアター2D真選組動乱篇の部屋へ。
ちょっとしたところからどうでもいいところまで、幅広くお話させていただきます。
あくまで個人的な感想なので、気分を害されないようご注意ください。

まず、既にご存知だと思いますが流れは以下の通り。
本篇→万事屋中のひとのトーク→真選組の中のひとのビデオレター→重大発表です。
ゲームの話は本篇始まる前に、ちらっとCMしてたね。
「ぬるぬるするのはピー(多分ベッド)の上で十分なんだよ!」
みたいなことを銀さんが言ってたような…うろ覚えでごめん。
銀八先生の上映中の注意みたいな映像も、ゆるくて好き。

で、唐突に本篇。
真選組動乱篇、実はアニメで見るのは初めてな自分。
原作で知ってはいたけど、多分一回読んだだけになってるはず。
夢を書く関係で部分的に読み直したりはしたけど。
感想を書き出すと夏休みの読書感想文五冊分くらいになってしまいそうですよ、ええ。
特に思ったことだけ書いておきます。
これはアニメで何回かに分けたりCM入ってたりとは違う感動があるだろうね。
映画の良さって、途中で邪魔が入らないってのが結構な割合を占めてると思う。
あとはスクリーンが大きくて、音響がいいところ。
真選組動乱篇は、休憩なしでけ抜けてこそだなって感じがした。
アニメで動乱篇を見たことがあるお客様は、真選組動乱篇のどのあたりが好きですか?
自分は正直、土方さんは予想通りというか…。
いや、文句なく格好よかったよ?
土方十四郎だぁぁぁって叫びつつ刀抜くとこで鼻血出ないか心配だったさ。
ヲタクな一面も可愛くてよかったし。
ただ、度胆を抜かれた感はないかな。
いやでも格好良かったよ、大切なことなので二回言っておきます。
あと、笑いどころすら真剣に見すぎていてうまく笑えなかったのが悔しい。
映画館では結構皆笑ってたよ、「プー助ェェェ!」のシーンやトモエ5000とか。
予想以上に格好良かったのは沖田さんかな?
意外と大人っぽかった、胆をごっそり抜かれました。
そして近藤さんの泣き顔、感動するところなんだろう。
しかし自分は、大スクリーンに映る彼の鼻水のデカさに息をのみました。
そういうふうにして所々で息抜きしてかないと、とても最後まで辿り着けなかったYO!
ジミーも地味にかっこよく、ラストでおいしいところを持っていくのは相変わらず。
高杉は…うーん難しい。
キャラの深みとか読めない部分がありすぎて、無駄に裏を模索してしまう。
高杉ファンのお客様って、やっぱり愛が深いんだろうな。
そして彼はとんでもなく肌が綺麗でした。
あんな大画面で毛穴一つ見えないなんてずるすぎる。

本篇終了後、新宿のバルト9の様子が映り、万事屋三人の中のひとが登場。
杉田さんは2D眼鏡を逆さにかけたまま、ゆる~く現れてくれました。
実は声優さんに関して全くの素人な自分。
お顔を拝見するのは初めてだったけど、全然違和感なくてびっくり。
阪口さんなんて、普通に好青年風味じゃないか。
釘宮さんも山盛りポップコーン片手でキュート。
三人とも真選組動乱篇のTシャツを着てます。
2D眼鏡に関する話をぐだぐだっとして、ビデオレターに突入。
このぐだぐだっとした話、(いい意味で)あまりに普通すぎて覚えてない。
万事屋でお茶すすりながらだらっとしている感じそのままなんだもの、素敵すぎる。
ビデオレターは真選組の四人でした。
鈴村さん(沖田)、千葉さん(近藤)、中井さん(土方)、太田さん(山崎)
…と、左から並んで座ってお話。
勿論Tシャツと2Dメガネを着用済です。
最初は四人の物凄いドアップだったので、正直びっくりして喜べなかった小心者の自分。
しかし数分後には慣れてほほえましく見てました。
真選組動乱篇の見どころは、と聞かれてそれぞれがそれぞれのキャラを全力で押したり。
収録時はシリアスな話だと知らず、中井さんがかなり真面目土方を演じちゃったとか。
(ギャグに転じたときとの差を出すように、かな…忘れちゃったよすんまっせーん!)

「茶番でしたね」的な杉田さんの発言でビデオレターは終わり、重大発表へ。
十月からよりぬき銀魂さん放送決定。
半分くらいは新作エピソードと発表し、三人は退場。
一番最後に文字だけで、来年映画化と発表されたときの歓声と拍手に感動。
映画化も嬉しいんだけど、ああ皆こんなに銀魂が好きなんだなって思ったら泣けたわ。
歳を取ったな自分、気持ち悪いヤツですんまっせーん!
気味悪いのは顔だけで十分だというのに。

というわけで、かぶき町四天王篇へと続きます。
ここでどさくさに紛れて図鑑更新を図った自分、間違いなく鼻息がひどかったね。

長々とお付き合いくださりありがとうございました、一旦浮上!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。