スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微ネタバレが全然「微」にならない(WJ微ネタバレ)



今日も朝から興奮させていただきました。
WJ、期待を裏切らない展開だよ。
しかし、今週末に用事があるんだよね…。
それまでにネタバレ打てるかな?(ポケモン言えるかな的なノリで)
右下に小部屋を準備しましたので、鼻息荒くなりたいお客様はどうぞ。
下ネタがひどいのでご注意ください。

十度も気温上がらなかったね。
ここで間違った情報を流すことには慣れてますが、未だに恥ずかしいです。
どうやら自分にも、まだ羞恥心が僅かに残っているらしい。
ようこそ、微ネタバレの部屋へ。
伏せたり伏せなかったり、通常運転させていただきます。
二分くらいで読んだので、色々勘違いしてたらごめんなさい。
お付き合いいただけるお客様は、下へどうぞ。

今回は新八の回、そう断言できる。
新八が尾美一と対峙し、その現場にお妙も居合わせて、今がまさに決着のとき。
もう一兄は帰ってこないのだと、山崎から聞いたと話す新八。
えっ、沖田さんから聞いたんじゃないの?
そんな自分の残念な気持ちをよそに、追い打ちをかけていく眼鏡。
ここからの台詞はうろ覚えなので、ニュアンスとして読み飛ばしてください。
「銀さん、アンタまで僕たちの前からいなくならないでくれよ」
あっちのほうは新坊なままの新八が、一皮むけた発言をしまくってます。
もういいから、ここは自分が決着をつけたいと申し出る新八。
「何で来ちまうかなー…俺が何とかするから、」
ぼろぼろの銀さんは、そんな感じのことを呟く。
まだこの手で何とかできる、そう信じている銀さんの姿を見るのがしんどい。
一国傾城篇で、手が届かなかった彼の過去を知って間もないから尚更。
銀さんと松陽先生の過去を明かしてからこの話を書くって決まってたんだろうな。
かつてその手で救えなかった過去と今を照らし合わせてるのか。
それとも、自分の辛い経験(大切な人を失う過程)を新八に味わってほしくないのか。
…はっ、感傷に浸ってしまった。
「ちくしょう、」
そんな言葉を連呼する銀さん、きっと彼が一番悔しいはずだ。
尾美一は、一兄はまだ動いてるのにどうにもできない。
それでもどうにかしたいと、ぎりぎりまで足掻きたいだろうね。
そんな銀さんから洞爺湖の刀?木刀?を受け取る新八。
万事屋の新八として、尾美一に勝負を挑む。
お妙は審判として、二人の行く末を見届ける。
刀と刀がぶつかり合う瞬間、一瞬帰ってきたのは一兄の笑顔。
互いの一太刀が交錯して、結果は次週。
とにかく新八がかっこいいよ、アンタはやればできる子だ。
新八は第一話でへっぽこな姿を見せているだけに、この成長には目を見張るものがある。
頑張れ眼鏡、今は新坊でも将来は立派なマグナムを以下略。
その一方で、銀さんはどんどん見てられない状態になってるよ。
失わせたくない、その一心でここまで動いてしまう彼の凄さに脱帽した。
これ来週で終わるかな…再来週になったりするのかな。
お盆は合併号なんだっけ?
そのあたりでまとまるようにするのかもしれないね。

下ネタ交えちゃってすんまっせーん!
でも、これくらいふざけた書き方しないと洒落にならない。
長々と申し訳ない、これにて浮上!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。