スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けしからん日(オマケ付)



今日はキスの日らしいです。
何だか自分から縁遠い日だったので、悔し紛れに整体に行ったんだ。
腰が硬いと連呼され、がっつり揉まれたよ。
物凄い硬さだと言われたけど、それって一体どうすればいいの?
おっさんががんがんツボを突いてくれたけど、柔らかくはならないよ?
ますますキスの日から離れていく、このやるせなさ。

なので、一発やらかします。
銀さんのけしからん話を即興で。
生暖かい目で見守ってくださるお客様は右下へどうぞ。
ようこそ、キスの日の部屋へ。
現代パロ、スーツ銀さんのお話です。
一緒に住んでる二人のあれこれ。
推敲なし、ぶっつけ本番だけど許してください。
十五分クオリティです。

土方さんも書こうかと思ったけど、単なるエロになってしまったので中止。
銀さんはオープン☆EROなのでこういうときにさらっといけるね。

----------キリトリセン----------



【無題SS ~銀時Ver.~】



理由のいらない関係だから。

今朝もコイツはうるさかった。
何とかタワーができた、漫画の新刊が発売した。
今日は一体何の日なのか。
朝のクソ忙しい時間、俺の溜め息でそれらの話を全て流すのが一日の始まりだ。
コイツが何に興味があって、何を欲しがるのか。
一緒に住んでいて、知らないわけがないのに。

今朝の別れから十四時間後。
家に帰ると、コイツは俺の帰りを待ちながらベッドで寝ていた。
スーツ姿のままで口はうっすらと半開きでこの上ないアホ面だ。
「幸せそうだな、コノヤロー。」
ネクタイを緩めながらスーツを脱ぎ捨てる俺にも全く気づかない。
わかってる。
帰りが俺より早いのに、着替えずに寝ているとき。
これは疲れていてしんどくて、甘えたいというサインなのだと。
ベッドに体重を預ければ、スプリングは軋み、身体は深く沈んでいく。

「甘えさせてやるよ、」

コイツの口元に指を這わせた俺は、そのまま唇で唇をなぞる。
朝が来れば、またコイツは俺に話しかけるだろう。
夕飯はどうするか、ドラマの録画準備はしたか、今日は何のゴミの日なのか。
絶え間なく動いて笑うその唇が静かなのは今くらいだ。

コイツは、自分の唇が二十四時間休む隙がないことを今夜も知らない。



Fin

わーもうしません許してください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。