スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のWJはテコ入れどころの騒ぎじゃない(WJネタバレ)



アニメ終了によるファン離れを予測して、本誌がこんなにたぎった話なのかな。
一国傾城篇、DVD化してくれないかしら。
どんなキャラクターのファンにとってもおいしい話だと思うんだけど。
あ、山崎以外ね。
今回は過去最長だと信じて疑わない、この感想。
長ければいいってもんじゃないと分かってる。
分かってるけど、たぎらずにはいられない。
ヤりたい放題ヤらせていただきます!

ぺたぺた。



佐々木さん、やっぱり無理してたんだね。
病院に逆戻り、それでもいつもと変わらない半目と携帯のいじりっぷり。
あれって誰にメールしてるんだろう…?
相手は部下かな?
信女は携帯持ってなさそうな感じがするし。
もし信女に携帯を持たせたら、すぐに壊してしまいそう。
2P目に書いてある流れが今回の表向き(世間向き?)なまとめなんだろうな。
定々は投獄、茂々は辞職、一橋派への政権の動き。
一橋派って、今までの単行本で詳しくどうこう言われていたことはないよね?
このへんまで突っ込んじゃうと後で複線回収するのが大変だろうな。
「いえいえ 壁に耳あり障子に目あり 肩にフェアリーと言うでしょ」
典型的にどーしようもない役人、根津の肩に真っ黒なフェアリーが!
近藤さんと土方さん、あなたたちは漆黒の羽根ですか。
したり顔に花をしょっていて、ニヤリとした口元がエグい。
「本当にアナタ達は見かけによらずフェアリーのような心の方達だ」
さぶちゃん余裕だな、近藤さんより年齢も少し上なんだろうか。
「葬式位参列すらぁ」
はい、ここの土方さんが片目が影になっていて見えません。
そのせいだか何だか知らないけど、物凄く恰好いい。
青臭くて変に若くて…あーもう何なの、ここで本日一回目の萌え発生。
「今さら利用された事に気づいて私を斬りに来たとでも?」
さぶちゃん、今回携帯しか見てないんだけど相手は誰なんだ?
「今真選組と取り込み中 ギザウザス」とか打ってるのかな?
「悪政を正せるのであれば喜んで利用もされるさ」
「殿を利用したとあれば黙っているわけにはいかん」
うーん、近藤さんの局長節が光っている。
土方さんはこういうとき、どうしても言葉足らずというか…。
「参列すらぁ」(決め台詞に決めポーズ)になるもんね。
存在からフェロモンがダダ漏れだから仕方ないのか。
「幾らエリートでも予想できませんよ」
「つくづく不可解な男だ 坂田銀時」
このへんのさぶちゃんの台詞、本当は全部抜き出したいんだけど大変なので省略。
いっぱい考えてるな、その脳味噌少し分けておくれさぶちゃん。
ここで万事屋で新八や神楽に囲まれ満身創痍で寝てる銀さんが描かれてるけど…。
その顔が、何とも言えない絶妙な表情。
それこそ「ギザウザス」な顔してるけど、どことなく幸せそうだ。
「飽き性のあの娘が 任務のためとはいえ」
「この一件異常な固執を見せたのもあの男の悪い影響でなければいいのですが」
「ねェ のぶめさん」
病室の外でその声を聞いてる信女が可愛すぎてもう死ねる。
久しぶりにここまで女キャラを好きになったな。
そしてノブたすをそこまで理解している佐々木さんが素敵に無敵。
♪メールを打ちましょう、ルルール呼ーんでみましょう、佐々木さーん!♪
銀魂総選挙、もう一回やってほしい。
やらなくてもいいから、見廻組の二人のフィギュアが欲しい。
「私が付き合ったのは もっと馬鹿げた大法螺(おおぼら)です」
「烏(からす)の死骸が消えました」
うわーうわー、さぶちゃんおいしい台詞持っていきすぎだから!
天導衆の会議が某脱色漫画の会議シーンを彷彿とさせました。
脱色漫画も読んだり読まなかったりまちまちなのでうろ覚えだけど。
夢書きのネタを両手に抱えた朧が生きてた、よかった!
このひとはおいしいキャラだと個人的に思っているので、しばらく頑張ってほしいわ。
「中央に近づく存在 それこそが真なる敵」
おお朧、全部分かってるっぽい話し方をしちゃって…。
そんなに煽らないでおくれ。
妄想のキャパシティも夢書き魂も既にMAX、メーター振り切ってるんだからさ。
牢で裁きを待つ定々に、天導衆の迎えが…と思いきや。
「誰にも…天にも!!私を裁く事などできはしな…い?」
「誰にもお前は裁かせねェ お前を裁くのは、この俺だ」
うわぁぁぁあああ高杉来た-!!
本日二回目の萌です、もえもえ。
物凄い形相で定々をざっくり。
「世界の首ひっさげて 地獄(そっち)へいくからよォ」
「先生によろしくな」
もう、高杉って何でこう決め台詞しか言わないの!
たまにしか登場しないのに、出てきたらエロスな存在感全開だし。
おかげで日常会話のノリが全く分からず、夢を書きにくいんだよコノヤロー。
あと、個人的に感じたことで悪意はないけど、高杉ファンのお客様に言いにくい話が…。
右下の「続きを読む」に隠しておくので、何があっても大丈夫なお客様はどうぞ。
気分を悪くされたらごめんなさい、本当に高杉好きなら見ないほうがいいです。
高杉ファンの方から見たら、今回は純粋に祭りだろうね。
ついに出てきてくれたか!主役は遅れてやってくるものだし!とたぎること間違いなし。
近藤さんと土方さんが牢に駆けつけたときには、既に定々は事切れていて…という展開。
このときの近藤さんと土方さんの顔、小さいコマなんだけど壮絶。
この二人は基本的に受け身というか、幕府とか周囲に振り回されっぱなしだよな。
真選組という組織自体そんな感じ。
とっつぁんがいなかったら、敵ももっと多そうだし。
「真なる敵はその鬼ども 松陽の弟子達だ」
朧、ばっちり分かってるじゃないか。
敵が誰なのかも、夢書き魂がどうやったらたぎるかも。
「一足遅かったわね 朧…」
「骸 いや、今は今井信女と言ったか」
信女の首の後ろに、天導衆の入れ墨?がくっきりと。
「かつては天導衆(てん)に仕え 幼くして奈落三羽に数えられたお前が」
信女さんのスキルに脱帽。
本日三回目の萌え、もえもえもえ!
そんなおいしい過去を隠していただなんて、捏造魂が燃えさかっております。
拍手文の枠からはみ出るんじゃないかという勢い。
もう書く、絶対さぶちゃんと信女のあの話は爆走させます。
「松陽の弟子(高杉)と手を組み 天導衆に刃を向けるか」
このコマの高杉…顔が怖い。
朧の脳内高杉ってこういう表情なのか。
「異三郎はあの高杉(おとこ)の大法螺(おおほら)につき合うと言った」
「なら私もつき合うだけ」
そんなことをさらっと無表情で言ってしまう信女が可愛すぎて…!
貴女どうしてそこまでさぶちゃんに懐いてるわけ?
妄想であれこれ捏造しまくっちゃうよ?
つーか冒頭でさぶちゃんが打ってたメール。
あれが高杉宛だったら面白いのに…と不覚にも妄想してしまった。
「黒いフェアリー真選組来訪、ギザウザス」
「俺ァただ壊すだけだ、この腐ったスマホをな…」
言いたい放題でぶっ飛んださぶちゃんのメール。
スマホのタッチパネルの反応の悪さに怒り、携帯を壊す高杉。
何だか愉快な構図じゃないか。
「そうか ならば次会う時はどちらかの羽根が散る事になろう」
朧VS骸ですかそうですか。
そんなの実現した日には自分が真っ先にたぎって散るわ。
「似ていたか あの弟子達(ふたり)は 松陽に…」
「似てない でも 同じだった 二人とも悲しい目をしてた」
信女は彼女の年齢からしたら、観察眼とかは他の人より持っているだろうな。
今回結構頑張って大人っぽく見せてたしね。
街中ですれ違う包帯ぐるぐる銀さんに、笠で顔を隠した高杉。
次にすれ違うときはいつになるのだろうか。
そのとき、どういうやり取りをするんだろうね。



結論。

結局爺と鈴蘭と山崎がどうなったのか、未だに気にしてたり。
改めまして、ようこそ高杉の部屋へ。
今から書くのはあくまで自分の感想です。
どうかお気を悪くなされないよう…。
真剣に高杉を愛するお客様は、Uターンをお願いします。

「世界の首ひっさげて 地獄(そっち)へいくからよォ」
「先生によろしくな」
上の二つの台詞は、自分にとって「松陽先生は地獄にいる」ことを連想させる。
色んなひと(天導衆とか、幕府とか)を殺すだけ殺したら高杉自身も死んじゃうのかな。
なんとなくだけど、そう思ってしまった。
死にたくて死ぬのか、死んでもいい覚悟で挑む結果死んじゃうのかわからない。
そして現実的に考えたら絶対生き続けるんだろうけどさ。
銀魂って皆そんなにばたばた死なないし、高杉に生きてほしい願望もある。
でも、自分は今まで高杉ってもっと違う性格だと思ってた。
そのせいか、ちょっとショックが大きかったりする。
某ノート漫画の「俺は新世界の神になる!」的な思想なのかと…ごめんよ高杉。
生きるか死ぬかの弔い合戦、高杉がそこまでしちゃう原動力が本気で謎。
いや、色々あるんだとは思う。
けれど、少なくとも単行本を一回流し読みしただけの自分には想像がつかない。
それくらいしんどい過去だったのか、彼の核が揺らぐだけの何かがまだ隠されてるのか。
たった3P位で色々考えてしまった。

つーか高杉についてこんなに語ったの初めてだわ。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
それでは浮上!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。