スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギザウザスなのは承知の上で(拍手文更新について)



色々語らせてください。

大変お待たせしました、拍手文更新です。
寝落ちしている間に拍手ボタンが押されていて、軽く冷や汗が…。
ヘタレですみません。
今回は長い上に二本立てなので、お時間のあるときに見ていただけると嬉しいです。

前回拍手文はclappingにお引っ越し済み。
坂本先生の「今宵、君と紡ぐのは」の三話目でした。
まだ三話目なのか…先が長いわ。
坂本先生は、次回は六月頃登場予定です。

さて、今回の拍手文「白葬」は重いです。
見廻組局長と信女の馴れ初めのお話。
二人の視点で書きたくて二ページにしたけど、長くてくどい話かも。
散々待たせたくせに、こんなんですんまっせーん!
潔く謝るので、許してください。

自分の勝手な設定だけど、佐々木が33才、信女18才くらいの気持ちで書きました。
それくらい歳が離れていれば喧嘩も少なく、簡単には恋仲にもならないだろうし。
信女と沖田さんが同い年とかたまらん。
本当は、さぶちゃんと見廻組一番隊隊長(夢主)とかも書いてみたい。
でも、かなりの確率で夢主が全く報われない話になるな。

二人の話を書くきっかけになったのは、実はたった二コマが原因。
一国傾城篇で、信女が「異三郎は生きてる」と呟く小さなコマ。
あれで頭パーンして、過去を捏造しまくった結果がこれです。
自分の妄想力の激しさを垣間見た瞬間でした。
あとは、白葬って完全な造語なので、好きなように読んでやってください。
自分は「びゃくそう」って読んでるけど。

この話を見て、さぶちゃんも悪くないねと思って…もらえないか。
個人的には、続きを書きたいなと思ってます。

次は明日あたり、アゲハ蝶の更新を目論みつつ。
土方さん、一発よろしく頼む。
 

コメントの投稿

非公開コメント

タイトルなし

♪様

こんばんは、はじめまして。
「ももいろ水族館」管理人のさかなです(*´ー`*)

この度はコメントいただき、ありがとうございます。
拙い作品ですが、気に入っていただければ幸いです。

今後もよろしくお願いいたします。

さかな<+))><<

タイトルなし

 読みましたー(*^_^*)
 土方の狂愛みたいなの
 めっちゃ怖かったです。
プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。