スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生萌ありゃ腐もあるさ(WJネタバレ)



今回の感想は、いつもと違う意味でひどいです。
雰囲気ブチ壊し、やる気あるのか腐ってるなコノヤローとか言われそう。
今週のジャンプに感動されたお客様は要注意。
きっとあまりのKYっぷりに引いちゃうから。
改めて言っておくけど、自分は腐った魚だよ。
何があっても大丈夫な方はどうぞ。

ぺたっ。



最初の1Pでもう駄目、銀さんの「…はっ!」みたいな顔に弱い自分。
寛政の大獄について語ると、長い感想がますます長くなるのでどうしようか悩む。
うーん、少し触れるとすれば、ちょっと意外だと思った。
結構きちんとした戦争だったんだね攘夷戦争。
何巻か忘れたしうろ覚えなので、以下の文章間違ってたらごめんなさい。
空知先生がどこかのおまけページで言ってなかったっけ?
「銀さんたちが攘夷戦争をしてたのは軽いノリで」みたいなことを。
それを鵜呑みにしていたので、今回の展開は多少予想外かも。
朧を擁護しちゃアレだろうけどさ、朧も主人である定々に仕えてるだけなんだよね。
「最後の攘夷志士(もののふ)と呼ばれた この者達」
あぁぁチーム☆松陽の坂田・高杉・桂!
この三人見るだけでたぎるわ、皆目つきが若々しいし。
あと、この頃高杉はまだ包帯してないんだね。
顔つきも、腹の中で黒い獣を飼っているようには見えないし。
結構しんどい目にあってああなったんだろうけど、傷つきやすいひとなんだろうな…。
「吉田松陽 その師を取り戻さんと剣をとった弟子達です」
このときの仔銀(子供銀さん)が想像してたよりも大きかった。
十二才くらいとか?
でも、白夜叉時代は十八才くらいに見える。
松陽先生が捕まってすぐに、仔銀たちは戦い始めたのだろうか。
それとも少し時間が経ってからなのか。
どちらでもいいんだけど、松陽先生の偉大さを改めて感じた。
自己中(に見えかねない)の坂田・高杉・桂が一緒に戦って奪還云々する人物って!
松陽先生の行いが世の中的にどうなのかは別にして、それだけ人格者だったわけで。
あの三人に好かれるとか恩を感じられているって、そういうことなのかと。
高杉・桂も孤児なんだっけ?
そのへんすっ飛ばして読んでるから謎だけど、仔銀が拾われて恩を感じるのはわかる。
でも高杉・桂が孤児じゃなかったとしたら、尚更凄い話だな。
どんなに世話になっていたとして、ただの先生のために命賭けて戦うとか半端ない。
「銀時…ぬしも師を…」
そうなんですよツッキー!
だから妙にリンクするところがあるんですよツッキーと銀さんは。
二人とも、やっぱりとんでもなく情が深い。
それだけの経緯があったとしても、ここまで義理人情に溢れないよ普通。
なんか変なところでしんみりしてしまった。
「はて 私も覚えておりませぬ」
朧、そんなこと言いながら松陽先生について色々語ってるし、十分覚えてるくせに。
銀さんの顔が大変なことになってる。
毒が回ろうが怪我しようが、魂一つで歯を食いしばる。
流石銀魂、貴方の魂は根性が違う。
「お前達の声は天には届かぬ その慟哭さえも」
このシーンを左ページ上部に持ってくるか空知先生…!
左ページ上部って一番魅せたいコマを持ってくる所だよね、違ったっけ?
こんなこと言ってますが、本当にここは辛いところです。
でも、個人的にあんまり悲しくはなかった。
むしろ予想してたよりも穏やかな構図な気がしたし。
自分の勝手な妄想だけど、仔銀の目の前で松陽先生は殺されてたのかなぁと思ってて。
その亡骸を抱くことも葬ることもできなかったんじゃないかとか。
だから、あんな形でも三人の所に帰って来れてよかったと思ってしまった。
たとえあんな姿でも、松陽先生が三人の所にいるのを見てほっとしたよ。
仔銀が攘夷戦争という弔い合戦をしてるのかと思ってたから、違うとわかって安心した。
始まりは、恩師を助け出すための戦いだったんだね。
「てめーらだけはァァァ!!」
このときの銀さんの顔、続いて目が朦朧としている銀さんが欲しいです。
どんなに変態だとか鬼だとか言われても構わない、くたっとした銀さんが欲しい。
空気読まなくて悪いんだけど、神楽ちゃんの傘って何なの?
あと、新八が爺さんを背負いながら敵を蹴っ飛ばしているのに感動した。
やればできる子じゃないか眼鏡よ。
「頼む 動いてくれ!!」
銀さんは動くよ、まだ動ける。
周りに大切なものが沢山あるじゃないか。
今動けるなら、松陽先生の教えも末路も無駄じゃない。
気合いだ、踏ん張れ!
そして、一番たぎったのは最後の1Pだって言ったら怒られますよね。
でもたぎりすぎてヤバかったよ。
朝からケツの穴緩んだもの。
「すいませ~ん 夜遅くにこんなところで何やってるのかな」
「悪いけど免許証見せてもらえる」
「こんばんわ お廻りさんです」
あぁぁぁああああ、もう狂うって卒倒するって!
白黒お廻りさん来たー!
待ってたよ、こっそりスタンバってました!
このコマの沖田さん、バズーカ似合ってるなぁ。
近藤さんが警察手帳?を手にしてて、何故か水戸黄門を思い出した。
助さんが沖田さんで、角さんが土方さんね。
佐々木さん…「異三郎復活!!」とか小さく書かれてるしさ。
信女よかったね、佐々木さんを無心に信じてたノブたすが報われてじーんとした。
ついにこのパソコン、「のぶめ」で「信女」を一発変換するようになったぜ母さん。
佐々木さんは一体いつ復活するんだとじりじり待っていたので、この登場が嬉しくて。
数時間前まで人工呼吸器つけてたと思われる佐々木さんがピンピン動いてるよ。
彼は彼の正義のために動くんだろうね。
最後の1Pを見て、さぶちゃんの話を本気で書くぞと心を新たに誓いました。
次の次の次の拍手文あたりで。(遠い…)
書いてすぐにお見せできるレベルじゃないので、なかなか波に乗れずごめんなさい。



結論。

ウンコ漏らした空知先生の肛門が心配です。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。