スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉を取るなら某クリで(WJネタバレ)



また深夜の地震で寝落ちから目覚め、うとうとしてたらこんな時間に。
皆様、地震は大丈夫でしたか?
閏年じゃなかったら、ちょうど一年。
その話はまた改めて。
思ったより長い感想。
来週のジャンプに向けて、一週間ブランクがあったのでおさらいは念入りに。
…ってことで許してくださいお願いします。
本当に今更ですが、今のうちに謝っておきます。
色々ひどいよ。
すんまっせーん!

ぺたり。



1Pから土方さんと近藤さんが出てきてたぎった。
なぜ近藤さんにまでたぎるのか自分よ。
万事屋御一行を見送るときの近藤さんの目が、やたら穏やかだからかな。
真選組と万事屋って、やっぱり切れない縁なんだろうね。
「こっちについたからには、もう後戻りはできない」
信女、アンタいつからそんなにしゃべるようになったのか…
そして見廻組と真選組は力を合わせちゃったりするのかしら。
するんだろうね。
「邪魔者が消えた所で俺達は狸鍋なり狸の丸焼きなりおいしい所を頂くさ」
このときの土方さんのエロ方っぽい目つきに痺れた。
駄目だよエロ方さん、むやみにそんなセクシーな目つき口つきをしたら…!
こんな台詞回し、普通はすぐに思いつかないと思うんだけど。
そんなこと常に考えてるんですかエロ方さん。
「今ここで処刑してやってもいいんだぜ 下手人さん」
信女と沖田さんのやりとりが物凄く好き。
二人は波長が結構似てる気がする。
斬り方も容赦ないし、思想にも行動にも無駄がない。
あと、この場合沖田さんのほうがちょっとお兄ちゃんちっくな立ち位置だよね。
いいじゃないか総悟おにーちゃん。
「国を盗るつもりじゃなきゃ みんな死ぬ」
「見廻組(しろ)も真選組(くろ)も忘れた方がいい」
信女フィーバーだわ、どうしてこんなに可愛くて強いのか。
そしてこのあたりで信女を横目で見ている沖田さんの視線が何とも言えない。
企んでる?認めてる?
ノブたすに対して同じ血を感じてる?(ラップ風味)
いずれにせよ、この二人の話も書いてみたいとか思ってしまう。
創作意欲ばかり湧かせてムラムラさせて…あはーんだよ空知先生。
「まさかババア一人のために国盗合戦しかける事になるたァね」
「姉上にどやされる」
「心配すんなヨ シスコン」
久々に万事屋らしい仕事、しかも国盗り。
こんな騒動に巻き込まれたことに対して、誰一人銀さんにも月詠にも文句を言わない。
新八、神楽はできた子だ。
「じゃあこれは国盗ならぬ玉盗合戦ですね」
可愛い顔して言うじゃないかそよ姫。
「お前があんな下ネタしこんだの?」
「この年頃の少女はスポンジのように何でも吸収するアル」
このやりとりが国盗前にできる絆って凄い。
小さなコマだけど、新八や月詠が呆れながらも微笑んでて和んだ。
「もう遅ェよ 約束しちまったからな」
「約束じゃ きっと一緒に生きて戻ると」
月詠の乙女な顔にきゅんとしちゃう。
更に、動じないうえに肝の座った表情をしている銀さんにたぎった。
鼻毛抜くのって痛いだろ、絶対にガチで痛い(経験談)。
銀さんの鼻毛が長くて太い。
なんか自分が言うとエロい。
鼻毛を抜く銀さんにすかさずクナイを突き刺す月詠に乾杯。
人数分の髪の毛を指に巻くお互いの手が、何よりも強い命綱になるんだろうな。
「私は見廻組の生き残り 任務を遂行しなきゃいけない」
信女の横顔が凛としていて、この子が佐々木さんと仲良くてよかったと思った。
自分が想像してたよりずっと、見廻組に対する思いみたいなものを持ち合わせてる。
「僕らもう江戸には住めそうにないんですけど」
新八はこんなときでも冷静なツッコミを繰り広げていて、素敵に無敵。
そよ姫の迫真の演技に「恐ろしい子…!」とニヤけたのは自分だけじゃないはず。
信女とそよ姫のやりとりが愛らしい。
子守りノブたすいいじゃないか。
「みんなのビックリした顔面白かったね」
「ねー」
ドS三人娘の笑顔がさらりと黒くていい感じ。
「だから今度は私が爺の力になってあげたいんです。」
そよ姫がいい子すぎてどうしたらいいの。
うちの子になってくれないかしら。
すっ転んだそよ姫が血まみれになりつつ「よろず屋」とか書いてる芸の細かさによだれ。
「傾城 国崩しに参る」
この台詞に至るまでの月詠、神楽、信女が格好良すぎ。
そのへんの男子より全然痺れる。
特に信女は動きが鮮やかで…どことなく沖田さんに似た、変なスマートさがあるよ。
「こちとら あのアバズレどもと毎日戦国時代送ってんのじゃいィィィ!!」
銀さんも新八も、たぎる斬り込み方してくれるなぁ。
新八なんてまだ十代なのに、顔は綺麗だし将来有望すぎる…存在が眼鏡だけど。
銀さん、あわよくば自分と一発、激しい夜の戦国時代を以下略。
「てめーが倒れない限り 誰も倒れやしねェ」
銀さんの台詞が、攘夷戦争時代を彷彿とさせてくれる。
そうやって攘夷4は何度背中を預け合ったんだろうか。
自分のことも仲間のことも、同じくらい信じているからこそできる技。
ああもう完璧に妄想が暴走してるよすみません。
これ書いてるの夜中だから仕方ないよね。
夜中・明け方マジックってことで。
「一本の刀になれ 壁をブチ抜け 将軍のあのふざけた城(おもちゃばこ)ブッ潰すぞ」
「国盗合戦 開始だァァァァァ!!」
よっしゃ、ここから仕切り直しだ。
チーム☆万事屋、魅せてくれ。
この話は、茂々がどの程度話を収めるのかと爺がどんな頑張りを見せるかが気になる。
それから佐々木さんの安否も。
信女があんなに彼を信じてるんだから、土壇場で何かやらかしてくれるって思いたい。



結論。

ベタ塗り損ねようが、月詠がいきなり髪型変えようが、銀魂を愛し続けると誓います。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。