スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽物と本物の違いが迷子(紙の月のあれこれ)

遠い日の記憶を掘り起こすのが通常運転な管理人です。
昨年秋に見た映画「紙の月」、ざっくりと感想を載せようかと。
ネタバレ無問題、お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
いいことも悪いことも遠慮なく書くので、いつも通りご注意を。
感想も溜め込んじゃって全然駄目だ、マメな人間になりたいYO!

あらすじやら正統派感想やらは公式とやほーレビューにお任せで。
一言で説明すると、金と不倫と男と女的な大人向け作品です。
実際に起こった事件を基にしたフィクションだとか?(うろ覚え)
平凡な契約社員人妻が、大学生男子とのあはーんに溺れる。
更に些細なきっかけから、勤務先の銀行のお金を横領し始めて…。
彼女はどこに向かっているのか、そもそも向かう先はあるのか。
横領金額が莫大な額になった頃、非日常に終止符が打たれます。
結論から話すと、演出や作りこみ方が綺麗な邦画でした。
まずはいいところと微妙なところを箇条書きにしてみます。

【いいところ】

・要所要所に見られる、無言の時間に関する表現がなかなか秀逸
・仄暗い雰囲気を醸し出した宮沢りえの演技力に完敗かつ乾杯
・クライマックスのためだけに見てもいい位凄みのあるオチ

【微妙なところ】

・クライマックスまでの溜めの時間がかなり長く感じられる
・スクリーンいっぱいのあはーんシーンに若干疲れてしまう…
・バブリーなシーンも視覚的に見ていて重い、そしてしんどい

こうやって書き出してみると、不快だった点は特にないのかも。
レビューを見ると、お金の使い方が酷い!不倫なんて!
見てる側は理解できないという内容のレビューがちらほら。
うーん、そういう評価って個人的にはかなり残念だなと思いつつ。
確かに横領やら不倫やらに縁がない人は多いよ、自分もそうだし。
ただ、共感できるか否かといい映画か否かは別問題じゃない?
共感せずとも、紙の月というタイトルセンスには涎が止まらない。
「一緒に行きますか?」みたいな台詞を言った宮沢氏の演技力。
あのワンシーンを拝めただけでも、この作品を見てよかったよ。
偽物と本物の違いなんて、実は存在しないのかも。
自分が言うと途端に厨二くさくなりますねすんまっせーん!

長くなりましたが、邦画が好きだと叫びたい管理人でした。
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。