スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作者コメント欄のネタが固定されて助かった作者もきっといる(WJネタバレ)

今月も折り返し地点を過ぎ、部屋の汚さに震えている管理人です。
先週のWJネタバレ、待ってましたなお客様はこのままどうぞ。
台詞多いのに書き抜き少なめですが、単行本のお楽しみで。
NARUTOが遂に終わったと…岸本先生、今までお疲れ様でした。
自分は時々読んでいた派で、最終話の展開にビビってます。
誰と誰があんな仲にとか、誰かのアレがあんなことにとか。
そういえば次の次の単行本、58巻は限定版にDVDが付くらしいね。
もう一度だけ、ってやたら強調されてて素直に喜べなくてさ…。
逆に終わる直前大放出?とか変に勘ぐっちゃってよくないYO!
銀魂以外だとソーマの秋刀魚や暗殺教室のつけ麺がおいしそう。
食の秋、皆様は何かおいしいものを食べたりしてますか?
こち亀の農業ロボではないけど、アニメと農業コラボはあるよね。
あとは謎の食品コラボが結構多くて、オタが狙われてると以下略。

先週に続きチビ攘夷ズと松陽先生の過去話、丁寧に描かれてます。
過去ネタは空知んたま描く気ないよねと言ってた自分を殴りたい。
しかし過去を暴かれると、二次創作の仕事がなくなってしまう…。
(勿論原作できちんと過去話やってくれたほうが嬉しいですが)
強いて言えば、松陽先生の若い頃のエピソードを書いてみたい。
松陽先生も最初からあんな人格者だった訳じゃないでしょ?
いや、最初から菩薩でもいいですが…それじゃ勿体ないかなって。
ゲンコツの破壊力半端ないし、何かあって今の彼になったような。
で、現在に戻って戦い抜く坂田と高杉…坂田の手に刀貫通してる。
「ドドォォン」とか「ゴファァァ」とか効果音しか書き抜けない。
こんなこと書いてると自分のアホさ加減がバレるので飛ばします。
3P位、お互いに一歩も引かない戦いでファー!してて泣きそう。
再び過去回想へ、松下村塾に道場破りしに行った高杉VS坂田。
そして二人を盗み見るヅラ…この頃から障子裏ポジションか。
結果、高杉が負けたようで松陽先生と二人であれこれ語ってます。
心に響くやりとりですが、全コマ名台詞ってネタバレしにくい。
とりあえず印象に残ったところをいくつか挙げておこうか。
「生き残るために強くならざるを得なかった子です」
チビ坂田をそういう目で見ている松陽先生って、一体何者?
悟りの開き方が、どうも経験者は語る!っぽい雰囲気というか…。
「あれもアンタが拾ったのか」と松陽先生に尋ねる高杉。
「私が拾ったのか私が拾われたのか 今じゃよく解りません」
ああ、松陽先生のこの言葉は凄く好き…拾ったのか拾われたのか。
救ったのか救われたのか、みたいな表現が大好物な管理人です。
(ジャンルや生別問わず、そういう関係のキャラに悶えてしまう)
「悩んで迷って 君は君の思う侍になればいい」
こんなことツッコミたくないけど、あえて言おう。
松陽先生と語り合える語彙力といい、チビ攘夷ズのスペック高杉。
勘当寸前の高杉にこっそりおにぎりを差し入れるヅラとかさ。
しかもツナマヨ、ヅラがツナ缶開けてマヨネーズで和えたんだよ?
「俺が弱い事は解った 俺より強い奴が山程いるのは解った」
「ならせめて あいつらより強い侍になりてェ」
高杉の原点はここなんだろうね、だから坂田にこだわるのか。
毎日道場破りを頑張った結果、ようやく坂田から一勝する高杉。
松下村塾メンバーに慕われて照れる顔がキュート杉て、もう!
「俺の無敗神話(しょじょまく)ブチ破られてんの!!」
坂田の当て字がなかなか際どい、どこでそんな言葉を覚えたの?
「もう敵も味方もないさ さっみんなでおにぎり握ろう」
「(ヅラを見た坂田が)敵味方以前にお前誰よ!!」
ヅラのボケは生まれつきかもしれないと再確認。
そこにはチビ高杉の笑顔が…とんでもないエンジェルっぷり。
現在に戻って「…強ぇな やっぱりお前は 銀時」で〆る高杉。
倒れゆく坂田を眺める彼の横顔が、何というか優しげで堪らない。
坂田をバッサリ斬って優しげもクソもないとか言わないお約束。

結論。

今週のコメントは全作家さん岸本先生ありがとうだってばよ!
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。