スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気で勉強したいときはカバーを外す(サイコフェスのあれこれpart2)

大変お待たせしました、サイコフェスのあれこれpart2です。
こちらは主に朗読劇について勝手に語らせていただこうかと…。
いいことも微妙なことも遠慮なくがんがん書きます。
何があっても大丈夫というお客様はこのままどうぞ。

サイコフェスで披露された朗読劇は三作品でした。
縢、六合塚、唐之杜が分析室でちょっとした雑談を。
ギノと征陸さんが見せた休憩中の一場面。
狡噛と常守がそれぞれの視点で見据えた槙島の最期。
声優さんの生声は初めてでしたが、どれもよだれ出ました。
以下、フェスパンフを参考に気になるところを箇条書きします。

【六合塚が振り返る、1期の最初の頃】

一言で表すと、縢と六合塚と唐之杜の井戸端トーク。
話題は猟犬狡噛と新人監視官の常守についてです。
狡噛に対して、縢はかなりフランクな思いを抱いてるよう。
(勿論「壁は感じる」とか何とか表現してるけどね)
縢にとっての「コウちゃん」は、やっぱり家族でもあるのかな。
「コウちゃん、もっと心を開いてくれればって思うんだけどね」
彼のこの台詞が可愛くて寂しげで、小説とは多少違う印象で。
(スピンオフ縢はもう少しシャープなイメージでした)
六合塚は常守を「ちょっと昔の狡噛に似てる」って評価したり。
「放っておけない感じも」するらしいよ、流石百合気質だ。

【ギノが振り返る、彼自身が監視官になったばかりの頃】

一言で表すと、ギノと征陸の親子愛なエピソード。
この朗読は、最初と最後のギノの語りで犯罪係数急上昇。
「だいたい俺の人生は、失ってからようやくその価値に気づく」
自嘲気味な彼の言葉はずしりと重いのに、何故か苦しくない。
それは「親父の言ったことは不思議と記憶に残っている」から。
新人監視官のギノが配属されたのは、征陸とは違う一係。
(当時の征陸は狡噛が属した三係の執行官です)
調子はどうだと問われ、「あんたと同じ三係かと思ってた」だと。
何だこの素っ気なさ、妙なツンデレ加減…眼鏡が爆発しそう。
ところで征陸さんは何通りにも取れるおいしいネタを振ったね。
「お前が楽しそうな顔をするのは狡噛の話をするときだけ」って!
普通に読み取るもよし、薄い本センサー発動するもよしの万能薬。
征陸の年の功発言に「あ…?えっ、なに?亀の甲?」と返すギノ。
この子意外と脳みそふにゃふにゃ…征陸の前だから緩んでる?
何にせよ可愛いので問題ない、小さく親父呼びするのも堪らない。

【常守、槙島、狡噛の思いが交錯する麦畑】

これは一言で表しにくい…自分の表現力不足で申し訳ない。
槙島の「(朱を)殺せない?いや、殺すべきじゃない…」が深い。
「(ノナタワーでは)殺そうと思えば僕を殺せた」か…。
逆に常守は「槙島を殺そうと思えば殺せた」と言っているし。
それぞれのモノローグなのに、対話っぽい展開でした。
「殺意とは結局、個人的なものなのだ」
「僕の殺意は、僕のものだ」
前者が常守、後者が槙島で紙一重のやりとりが静かに続く。
この朗読を聞いていて、初めて槙島の本質に気づく自分。
やっつけにくい精神論と皮肉と、他にも色々持ってるね槙島。
『人間は不完全な死体だ』って台詞を思い出してみたりとか。
(ググったら寺山修司だそうで、読みたい本がまた増えたよ)
そして狡噛の台詞がいちいち槙島ありきで頭抱えるレベル。
「俺はお前に自分の欲望や暴力性を引きずり出されたんだろう…」
「教えてくれよ、槙島。お前を殺したあと、俺は…」
直後に鳴り響いた銃声、これは正直反則だって位ツボでした。
これだけで色んな解釈と色んな作品が生まれてしまいそうな勢い。

深見さん脚本とのことでしたが、個人的には好きな話ばかりです。
パンフは会場限定販売らしいけど値段のせいか在庫が残った様子。
後日どこかで通販されるのではと勝手に予想しています。
機会がありましたら、ぜひ皆様に読んでいただきたい話です。
パンフについてきたおまけCDは、関さんと野島さんのトーク。
他の声優さん達にサイコパスについてアンケートした結果を発表。
ギノの眼鏡とギノがモテない説がお約束だったり。

二期のアニメも先行で一、二話を続けて見ました。
二話はフェス当日の昼に完成したとか…いのちをだいじに中の人。
感想を我慢できないので少し話すと、多分皆様の予想通りです。
楽しみにしている方は面白く、かつ楽しめると思います。
心配なさっている方は、心配していることが現実になるかも。
何にせよ、皆様のその目で確かめられるのが一番だと信じてます。

最後に声優さん達の挨拶を聞き、フェス終了。
ドミネーターの展示やコミッサ太郎・花子はアニメそのまま。
終了後はパネルが二期メンバーに変えられていた…だと?
どういうことだ狡噛!!見逃したじゃないか!!
帰りの電車内にサイコパス検定の勉強してる青年がいたよ…。
凄く真面目に本読んでて、何読んでるか気になったよね。
本の表紙を見たらカバーなしのプロファイリングだったからね。

というわけで、長くなりましたがこれにてあれこれも終わりです。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!
   




   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。