スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然なるままに色相、黒く濁りて(サイコパス新編集版第一話と第二話のあれこれ)

遅れて始まるサイコパス新編集版と自分のしょーもない感想祭り。
追加カット等を中心に、二週分位見たらあれこれ語ります。
ネタバレになるので、新編集版を見ていないお客様はご注意を。
二話続けてみると満足感が違うね、その分疲労感も半端ないけど。
夢小説まとめ読み派のお客様の気持ちが若干わかる気がします。
しかしこれ、新旧見比べないとわからない部分も多くない?
TVで新・PCで旧を同時に流したくなる衝動と戦ってます。
仕事も勉強もこんな綿密にしたことないのに恐るべしサイコパス。

【一話目(旧一話・二話)のあれこれ】

まずは旧一話目の感想をちょこっと。
話の最初に付け加えられたのは、槙島の一人語り。
「君達は何を見ている?僕は君達を見ている」
「信じられないかもしれないが、僕は君達のことが好きだ」
「愛の反対は憎悪ではなく無関心だ」
なんてね、の槙島の表情が綺麗で普通に見とれてしまったよ。
少しデュラの臨也っぽいけど、こっちのほうがシリアス全開。
細かいカットが色々変わっている気がしましたが詳細は確認せず。
後は嫁コレで使われているカットも結構出てきてるね。
個人的にはドミネーターで打たれる前の狡噛の口元が好きです。
「そいつで俺を撃て」の横顔は何度見ても見飽きないレベル。
改めて見直すと、一話の縢って彼の魅力全開じゃないか。
結構重要と思われるEDが二話くっつくことによりなくなったのか。

次に旧二話目の感想をもっさりと。
話の最初に付け加えられたのは、狡噛さんの一人語り。
手とドミネーターのアップが出てたけど、あれって3Gか何か?
一瞬ゲーム画面でも見てるのかって位違和感。
「重要なのは最大多数の最大幸福であり、全人口の幸福ではない」
「完全な社会は完全な社会を諦めることによって成立する」
最初のはベンサムの功利主義か狡噛さん、政治学とか法哲学とか。
(このへん詳しくないので間違ってたら笑ってスルー希望)
縢と朱ちゃんが食事しているカットの上から撮り?なコマ。
あれは初めて見たような、そうじゃないような…。
改めて感じたのは、狡噛さんの考えてることって何なんだろうと。
わかっているけど、執念の凄まじさに圧倒されるというか。

【二話目(旧三話・四話)のあれこれ】

続いては旧三話目の感想をちまちまと。
最初に追加されたのは緑カットソー姿の槙島とグソン。
旧三話のドローン暴走を引き起こしたフロッピーを片手に。
今回の事件に対する彼の狙いと、彼を見るグソンの目がいい。
「結果がわからないからやるんだよ」の一言が重いよ槙島。
グソンの品定めをするような目が個人的に好きだったりします。
槙島は相変わらず綺麗に描かれてるな、うっとりしちゃう。
それにしても槙島は何かにつけて「似ている」って言ってない?
オリジナルを愛するからこそ、そのあたりには敏感なんだろうか。
冒頭の狡噛が煙草を手でもみ消すシーンって何度見ても好き。
しかし本当は鎖骨かどこかに押しつけて消す予定だったとか。
それじゃあまりに自虐的か、って話になり差し替えられたとか。
うろ覚えだけどプロファイリングか何かに書いてあった気が…。
(間違っていたら申し訳ないです、読み飛ばしてください)
旧三話ってサイコパスの世界観がよくまとまってておいしいね。
結構派手な動きもあるし、これこそ先行上映向きだと思う。
「人の生き死ににまつわる真相なんだ」
「それを暴こうと思ったら、こっちも命がけになるのは当然だ」
これ、何というか佐々山っぽいよなぁ…うーん。
PP連載もそうですが、誰もが誰かの影を追ってるのが辛い。
六合塚の狡噛呼び、縢の「おおいっ、コウちゃん!」呼びが好き。
この二つが可愛くて仕方ない自分、最早親心です。

まだまだ続きます、旧四話についてざっくりと。
今回は冒頭に朱ちゃんの狡噛に対する独白が追加されてました。
健全なサイコパスとか云々が私達の強さか…朱ちゃんらしい。
「もう、私達の人生は交錯してしまった」
こう思ってしまう真面目で逃げない彼女も初々しくてにやけるわ。
絵を描く征陸さんと朱ちゃんの場面のBGM、推敲でよく使います。
二人語りのターンに似合う、サントラでお気に入りの一曲。
「だね、殺されるほうが消えるより簡単」って縢よ…。
結末を知っていると、台詞一つでも叫びたくなる不思議。
女子をはべらせているグソンの過去を思うと心震える。
ホモォだってことは普通の小説で書かれてたよね?
最近出たSFマガジンのグソン話が結構アレだったからさ。
エログロ云々以前に、グソンも色々大変だったんだなと。
その「大変」な状態を乗り越えて女子をはべらかせてるわけで。
それにしても嫁コレのカットがどの場面かってわかりやすいね。
あとは旧四話のミキサーからEDって流れがとんでもなくツボだ。
OPとEDに入るのが上手いと、余韻でムラムラできて幸せ。

あまりためになる感想ではありませんが、今日はここまで。
お付き合いいただき、ありがとうございました!
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。