スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッこんではいけない夏~その漢字はそんな読み方しない~(WJネタバレ)

今週はWJお休み、ということはネタバレ追いつくかも…?
そんな淡い期待を抱く、宿題は八月末が勝負な管理人です。
厳密に言えば日付変わって九月一日の朝までやってたよね。
同じ苦しみを味わうなら七月中に片付ければいいのに(遠い目)
胸熱な展開ですが、書き抜き少なめで語れるよう心がけます。
ネタバレなんて時効だろ!というお客様はこのままどうぞ。
いいことばかり書くとは限らないので、ファンの方はご注意を。
銀魂以外だとソーマもおいしい展開で鳥肌立ったりしてる。
今度のお題のメニューは自分の好物でもあるのでよだれが…っ!

始まったばかりの将軍暗殺篇(仮)、ガシガシ進んでいます。
ぶっ飛ばされた一橋喜々が運ばれるのを眺める高杉と神威。
神威って段々顔が若返っているというか、可愛くなってない?
「最後の一手を差し誤れば(中略)あの坊(ぼん)はしらねェ」
高杉のこの台詞、個人的にはツッコミどころ満載で堪らない。
あの坊って、君もいい加減ガチ坊だと…おっと誰か来たようだ。
喜々が被害者扱いされれば、高杉にとっては色々好都合だと。
「将軍(おうて)をとるのも国(ごばん)ひっくり返すのも自由だ」
高杉の台詞は当て字だらけで打ち込みにくいYO!
「国」と書いて「碁盤」と読むとか格好つけるのも程々に以下略。
「ふふん 武力100の駒の出番だね」
対する神威の台詞は至ってシンプル、このへんは性格の問題か。
今回の扉絵?は桜の木の下で格好つけてる坂田と高杉。
いや、凄く綺麗なんだけど高杉が出るといじらずにはいられない。
ちなみに自分の中でキング・オブ・いじり隊は土方ですよ勿論。
将軍護送作戦は所謂三点攻めです(ちょっと違う?)
本物は空路で京へ、影武者は陸路と海路でわっしょいどんぶらこ。
自分の説明は相当☆適当だけど、とっつぁんに免じて許して。
「ただの将ちゃんの悪友としてこの戦に臨もう」
いい顔してるじゃないか松平、決め台詞も感動的だし流石年の功。
陸路の影武者が坂田だとか、土方が相変わらずだとかは省略。
こういうときの坂田土方の関係性っておいしいね、薄い本的にも。
ちなみに山崎やその他の隊士は城で将軍を護衛してる最中だよ。
山崎も今回の極秘任務は知らなさそうな雰囲気だ…監察なのに。
空路の本物将軍を護衛してるのは、最強の忍・摩利支天服部全蔵。
彼の名前を聞いただけで興奮する自分は何の病院に行けばいい?
「アンタに受けた恩だけは忘れちゃいねェよ」
この台詞が伏線かな、将軍と服部の過去話を捏造したい。
最後の2Pは服部を凝視しすぎて目が痛かった…何あれ辛い。
「将軍の務めとは その身を賭しても民と国を護る事だと」
「ああ 全蔵 あとの事は頼む」
二人のやりとりの直後、全蔵がかっさばいたのは将軍の首。
もうね、終わりの始まりが物凄い勢いで走り出しちゃった感じ。
富士急ハイランドのジェットコースターもびっくりな展開だ。
ちなみに富士急ハイランド行ったことない自分の戯れ言です。

結論。

汗をかくとかかかないじゃなく、デブは万病の元だよ空知んたま。
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。