スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲシュタルト崩壊五秒前(万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-のあれこれ)

本物と偽物、理想と現実、最近そういうテーマが流行りなのか。
流れで見ちゃいました、万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-です。
ネタバレ含む感想を吐くので、お付き合いいただける方はどうぞ。
いいことばかり書くわけではないので、ファンの方はご注意を。
女子ーズの予告が見られなくて地味に寂しかったYO!
渇き。と私の男(だっけ?)もこっそり気になってたり。

あらすじや正当派感想は公式サイトややほーれびゅーにお任せ。
何でも鑑定できちゃう綾瀬氏が事件に巻き込まれ…という話です。
原作は漫画だけざっくり読んで、おぼろげながら予習済。
結論から言うと、悪くないけど二時間ドラマじゃダメなの?と。
いいところと微妙なところを箇条書きにしてみます。

【いいところ】

・オープニングの事件は期待できる雰囲気
・色恋ネタが薄くて、見終わった後も好感触
・俳優さん達の熱演が想像してたより面白い

【微妙なところ】

・トリックとかミステリー要素に疑問符が…
・よくも悪くも予定調和的展開
・ノーメッセージで大人の事情も見えてこない

漫画を読む限り、この作品の面白さは鑑定方法かと思ってた自分。
記憶力や雑学めいた知識をフル活用し、あらゆる物事を鑑定する。
そんな万能鑑定士Qの店主莉子(主人公)に面白みがあるのかと。
…うん、漫画の内容から勝手にそう思ってたんだよね。
ドラマのTBSだけあって、もしドラマならそこそこ納得する作り。
しかしスクリーンでこの作品が作成された意図が本気で迷子。
映画にするなら、色々突き詰めていかないとまずいだろうよ。
本物のモナリザを見抜いた方法が「なんとなく」ってひどくない?
そして話が進むにつれ種明かしがされるわけですが…。
手品に例えると、タネと仕掛けがあまりにお粗末。
ミステリー初心者の自分位、うまいこと納得させてくれ。
敵が強くないと敵を倒した主人公は強くなれないよ?
この作品も一応ミステリーなら、もう一踏ん張りできたのでは?
開始直後、三色しか発売されてないペンからイベントを鑑定する。
あの場面はなかなか引き込まれる感じだったので、尚更惜しい。
逆に言うとミステリーだと思わなければ楽しめる不思議。
雑に撮られているわけでもないし、恋愛要素が薄いのもいい。
ただ、綾瀬氏主演の映画は脚本に恵まれないと再認識しました。
万能鑑定士の設定が面白いだけに、粗が目立って残念だYO!
伏線も回収せずに終わってるし、ドラマから映画にすれば以下略。
(フランスの何周年がどうこうらしいので、大人の事情か…)
今後地上波で放送されることがあれば、CMを抜いてどうぞ。

言いたい放題話して気が済んだので、まったり撤収します。
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。