スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花より潔く、星より尊く

※チラシの裏が足りません、というか我が家は新聞取ってません※

真面目なタイトルにしちゃった…つーかこれ作品で使いそう。
今更何を言い出すんだ的な空気ですが、あえてツッコみます。
ひじかたん!である五月五日、皆様は何をなさってましたか?
自分は土方愛をこじらせていました、海を越えて墓参りですよ。
というわけで、旅☆函館のあれこれをさくっと打ち込みます。
史実と創作を一緒にしているつもりはないですが、一応ご注意を。
史実に疎い管理人、間違ったことを言ってたら華麗にスルーで。
その他、不快だなと思われたらすぐに目を閉じてください。

GWは桜の青森だ、太宰治だ元祖厨二病だ!と浮かれてた自分。
今回はチケットの手配を人任せにしていました。
で、旅立つ前に聞いたら、やっぱり函館にしたって…え?
そこからはかなり機敏に動いた記憶があります。
読みかけの太宰治を放置して、慌てて司馬遼太郎を買ったからね。
燃えよ剣、結局読みかけのまま旅立ったというやっつけっぷり。
しかも旧暦の5月5日は土方歳三氏の誕生日らしいじゃないか。
偶然とはいえ涎出たし体張ったネタだよ、ヲタこじらせてます。
函館はいいところだったな、ごはんがおいしくて夜景が綺麗。
二泊三日で函館なので、土方歳三ゆかりの地は大体訪れました。
彼はあの地で何を思ったのか、最期に呟いた言葉は何だったのか。
そう考えると、歴女でなくても色々と考えるところがありました。
…とか言いながらずっと食べてばっかりだったよ!マダオだし!
五稜郭で六花亭のアイス食べるとか、何という冒涜なのか。
ちなみに五稜郭のお堀?塀?は、結構な高さがありました。
あれを攻略するのは地味に骨が折れそうだ、昔の人は凄いな。
色んな方の魂が眠るとされる碧血碑(へきけつひ…言いにくい)。
戊辰戦争や函館戦争で犠牲になった旧幕府軍戦死者慰霊碑らしい。
比較的山奥にある碑ですが、落ち着いたところでよかったです。
近くの丘から函館の街並みや海が見えて、人もいなくて穏やかで。
忠義を貫き死んだ者の血は、三年経てば地中で宝石の碧玉と化す。
そんな伝説にちなんだ、厳かな雰囲気漂う碧血碑(Wiki抜粋)。
手を合わせると、何だか背筋がしゃんとしました。
ごはんは肉も魚も甘味もおいしくて、ばっちり肥えたよ(白目)。
安価でおいしかったのはジンギスカンと塩ラーメンとアイス。
塩ラーメンは毎日飲んだ後に〆で食べてた…そりゃ太るわ。
海産物ばかりじゃないんだぜ!って一面にニヤニヤしたよね。
今回はピンポイントで桜の五稜郭目当てでしたが、夜景は冬かな。
大間の鮪も時期じゃなかったし、これは再戦するしかないのか。
共食いしたさに、回遊魚へ転職しそうです。

うまくまとまらないけど、もし興味があったらぜひ函館へ。
観光協会の回し者と思われそうなので、このへんで逃走します。
   








   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。