スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なついあつを目指して走れ(ピンポン第一話から第三話のあれこれ)

ここ数日は寝落ちばかりで、なかなかパソコンと向き合えず。
そのせいで感想だの日記だの書きたいネタが溜まってます。
(執筆や推敲は集中力の限界があるので…)
で、真っ先に叫びたかったのがピンポンの感想。
アニメ「ピンポン」の第一話から第三話までをさらっと語ります。
お付き合いいただけるお客様はこのまま下へごゆるりと。
ちなみに今期は蟲師もいいですが、まだ一話しか見てない悲劇。
蟲師は夜中に見たいんだよね、寝落ち改善しなければ。

自分は昔からピンポン(原作漫画)がとんでもなく好きです。
初見は高校生の頃、実写映画を見た後原作を読み頭抱えたレベル。
一言で言えばタイトル通り、高校生が卓球してる話です。
ただ、純粋なスポーツ漫画というより、別のものが見え隠れする。
それぞれどうやって己の青春に決着をつけるかという裏テーマが。
ありがちな設定の主要キャラ、きっちり王道な展開。
それでも毎週見る度に好きだと思ってしまう程度には変態です。
嫉妬や孤独に挫折まで、どろどろした感情を全部盛り込んでる。
そのくせ見終わった後に爽やかさが漂うって凄いじゃないか。
こんなこと語ってたらまた見たくなってきたじゃないか。
松本大洋作品の中毒性は半端ないよ、よくできた大人の童話です。
個人的にはアクマとチャイナの立ち位置が苦しくて以下略。
設定は多少変わってますが、それはそれで楽しみつつ。
ルンバとかガリガリ君シチュー味ネタは息抜き代わりだね。
原作者もアニメ改変に積極的な姿勢を見せているそうで。
連載時は尺が足りなくてカットしたエピソードも入れるそうです。
恒例の書き抜きも大量で、今軽く自分自身に引いてるからね。
全くまとまらないけど、気が済んだので今回はここまで。
最後に書き抜きをざざっと貼っておくよ。
どれもお気に入りの台詞ばかりでよだれ出ちゃう。

「ちゃんと『さん』くれろ ペコさん、そう呼べ」
「別に…どこで打っても変わらないよ」
「努力なんて才能のないヤツがするもんさ」
「なんで笑わねぇの月本は?」
「コンデンスミルク吸ってたら糖尿になるよ」
「とにかく中に入ろう 風の音がジャマだよ」
「負けると泣くの悪いクセだよ 帰ろう、ペコ」
「見えないよ どこにある? ヤツの隙」
「ヒーロー見参 ヒーロー見参 ヒーロー見参」
「ノープログレム、Meは尽くすタイプだっちゃ」
「卓球も英単語覚えるのも、どうせ死ぬまでの暇潰しですから」
「いや、春だしよぉ、盛りついたんじゃねぇの?」
「何かを犠牲にしたり、引きずり下ろしたりしたくないんだ」
「浴衣を着て行うタイプのものとは本質が違います」
「この星の一等賞になりたいの、俺はっ!」
「また夏いあつが来るぜ」
「頂上に立たねば見えない風景がある」
「変わらねぇなおまえは スマイル 甘さが抜けねぇの」
「布団ないでしょ、そこ」
「球が君を追うっ…!」
「僕、先に行くよ ペコ」
「おまえもいつか、あの子の辛さがわかる」
「ハハ、なんか救われた感じだ」
「私はね月本君、君のプレーが嫌いだ」
「暇潰しの卓球、気晴らしの速攻です」
「卓球に人生かけるなんてナンセンス 気味が悪い」
「楽勝ベイビー、任せんしゃい!」
「僕は信じてた、もうずっと長いこと彼が来るのを待っていた」
「才能とは求める人間のみ与えられるのではないのだ」
「嘘だろ、勝つのか?」

とにかく好きだという気持ち悪い感想になったので撤収しようか。
また三話分溜まったら動く予定です、どうぞよろしく。
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。