スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここを書いてるときは大抵力尽きていて、愉快なことが思いつかない(series更新のあれこれ)

ずっと書きたかった結末まで、やっと辿り着きました。
骨と花冠、今回が最後の更新となります。
ここから先はいつものように、お話のあとがきを。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
高杉についてあれこれ語るので、ファンの方はご注意を。

高杉の話を書いてみよう、そう思ったのはなぜなのか。
きっかけすら既に思い出せなくなってる自分は一体…。
当初、この話は数ヶ月あれば終わると思っていました。
ええもう壮大な計算違いですよ、本当にすんまっせーん!
何度も言いますが、当館の高杉は決して格好よくはないです。
情けなくて人間味に溢れた、単なる厨二病総督な高杉。
原作だと、どうも高杉が捨て身になっているように見える自分。
死にたがっているわけじゃないけど、生に執着しないというか。
そんな彼が、先生以外の誰かのために動けるのか否か。
高杉の中に眠る何かを目覚めさせたのが巫女なのかもしれません。
(not黒い獣butまだ救えるものもある、みたいな…)
書けば書くほど、高杉は先生命なんだとしみじみ思います。
ある意味PP狡噛を彷彿とさせる執着心に完敗かつ乾杯。
高杉にスポットを当てた分だけ、夢要素が薄まり申し訳ない。
あくまで厨二高杉物語(仮)として楽しんでいただきたく以下略。
彼と巫女の未来は交わるのか、それともこれっきりなのか。
今後のことは全て皆様の妄想にお任せします、所謂丸投げです。
この話は原作の彼を追いましたが、次は別の彼を書いてみたいな。
違った一面を持つ、普通のイケメン高杉とかありがちなモテ杉。
そんな話管理人に書けるのかなんて、かなりフラグ立ってますが。

最後になりましたが、この作品にお付き合いいただいたお客様へ。
なんちゃって高杉物語を少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
約一年見守っていただき、本当にありがとうございました。
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。