スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪なのは両面広告のチラシ(京都のあれこれ前編)

日々のつまらない話を書き溜める場所がなくなるじゃないか。
大河ドラマ「新選組!」OPを聞きながら思いつきで打ってます。
先日、主に紅葉目当ての一人旅で京都に行ってきました。
新選組ゆかりの地も回ったので、その話を書き残しておこうかと。
個人的におすすめスポットもちらほら、前後編でお届けします。
管理人の日常が剥き出しなので、興味がなければ華麗にスルーで。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。

前編(仮)として紹介するのは新選組ゆかりの地のあれこれです。
最初に言っておこう、自分は日本史に疎いので悪しからず。
新選組と真選組は別物だと理解した上での発言になります。
どちらかorどちらも好きなお客様は、笑って見逃してください。

今回訪れたのは、八木家と壬生寺、西本願寺でした。
(高台寺も行きましたが、紅葉目当てなので後編で…)
皆様のおすすめ&思いつきで行った無計画なアホは自分です。
でも、三箇所とも行ってよかった!と思ったので簡単なレポを。

【壬生屯所旧跡 八木家】

四条近くの住宅街っぽい場所にひっそりとあった八木家。
実は壬生寺に行こうとしていた途中で見かけて、お邪魔しました。
抹茶と屯所餅付きの見学料は、正直に言うと若干高めです。
その分好きな人しか来ないから荒らされなくていいのかも。
ガイドさんとほぼ一対一なので、聞きたいことを色々聞けます。
大河の八木家当主の俳優そっくりのガイドさんに驚いたのは秘密。
この日は、たまたま八木家の子孫の方が説明してくれました。
いつもはいらっしゃらないとのこと、品のあるご年配の男性です。
今はもう消えかけた天井の血痕、提灯箱のエピソード。
時は流れ、新選組が反逆者になってしまった明治維新。
新選組関係の書物を殆ど処分してしまったこと。
(お咎めを危惧して…とのことでした)
どれも印象的でしたが、一番衝撃的だったのは土方人気の話。
「時代によって隊士の人気も変わるんですよ」
「少し前までは沖田が圧倒的に人気がありました」
「最近は土方人気が凄いです、特に若い女性から人気があって…」
「彼のようなロマンのある生き方に憧れる人が多いのでしょうね」
大体こんな感じのことをおっしゃっていて、心震えた自分。
確かに、史実の土方さんも魅力的で素敵だと思う。
しかし「最近、特に若い女性」って…某薄い桜とか銀の魂とか?
そういう影響も多少なりとあるんじゃないだろうか。
現に自分も新選組と真選組、どちらも好きでここに来たわけで。
中庭の木の種類とか天井の低さとかじろじろ見て妄想魂に以下略。
いや、きっかけは何にせよ、興味を持つのは悪くないはず…!
内心自分を励ましながら、当主にお礼を言って別れました。
屯所餅は柔らかくておいしかったな。
他のお客様は年配の方が多めでした。
函館からのお客様が、女一人客の自分を土方ファンだと勘違い。
(間違いではないけど本物のファンから怒られそうだ…)
「函館にも来なくちゃね!」と誘われてしまったYO!
五稜郭も行ってみたいな、妄想と現実の狭間でニヤニヤしたい。
今も子孫ネットワークがあるのか、芹沢子孫の話もありました。

【壬生寺】

八木家に長居しすぎて壬生寺はざっと見るというお粗末な結果に。
思ったよりも新しい感じのお寺なんだね。
壬生塚を遠目に拝み、思いを巡らせてみたり。
ここに祀られている隊士もいますが、やっぱり芹沢鴨がアレかな。
個人的に大河のイメージが先行してる自分。
彼の末路を八木家で聞いた直後だったので、妄想が激化したよ。

【西本願寺】

朝五時半から見学可、紅葉混雑真っ只中の京都と思えない程静か。
落ち着いて見て回れるし、建物のスケールも凄い。
新選組の太鼓楼は比較的ひっそりとしてました。
看板の説明が、新選組はワル的な書かれ方で地味に吹いたわ。
当時の京の人から見たら、彼らは異質な余所者かもしれないね。
四百年前からある銀杏は横広がりで、龍が如く(かなり違う)。
新選組の面々も、同じ銀杏を見ていたのかなと想像してしんみり。

かなり長くなってしまったのでこのへんで一回切ろうか。
しかし知れば知るほど深みが出るな京都。
自分のようなにわかファンでも楽しめる、趣と歴史ある地でした。

続きはWebならぬ後編で。
前編以上にどうでもいい展開になる予定ですがどうぞよろしく。
   


   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。