スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立つ君に別れのマヨを(WJネタバレ)

二日連続でカフェに来た自分、現実逃避が半端ない。
明日から仕事なんて信じないし、部屋の掃除も終わってないし。
日曜の夜、皆様いかがお過ごしでしょうか?
半沢直樹が終わり、まったりできると思ったのに実際は以下略。
忙しくはないけど、リーガルハイとキルラキルが溜まってるYO!
今週のネタバレも昨日同様ガラケーで手打ちです。
書き抜き少なめになったらすんまっせーん!
いいことばかり書くわけでもないので、くれぐれもご注意を。
お下品なアハーンも書き散らかすから、どうかお気をつけて。

ぺたぺたり。

センターカラーの唐突な高杉は一体どうしたの?
出番待ちきれなくて出てきちゃった(ドヤァ)系なの?
一橋派や見廻組どうこう言ってるから登場フラグかな。
唇薄くて綺麗な顔してるけど、何かこう…アレだよね。
童顔というか、歳を取らなそうな顔してる。
内容は台詞多くて腱鞘炎を懸念しつつ頑張ってみるわ。
十年前、一橋の恨みを恨みを買って粛清されかかってた人達。
彼らを先代夜右衛門がこっそり逃がしていたと。
そして十年後の今、先代と逃がされた人達も池田家に始末された。
「この船で運ばれている死体はみんな そんな連中でさぁ」
「夜右衛門はアンタらを(一橋の)供物にささげたんでさァ」
沖田さんの説明はいいとして、土方さんどこに行ったの?
軽く迷子になりながら、ちゃんと読み返したら気づいたよ。
第四百六十六訓、土方はマヨネーズ航路の彼方に消えました。
これ本気でタイトルだから、彼はマヨネーズ航路に旅立ったから。
死神に斬られる前に作者が斬りに来てるなんておいしい話だ。
うおー、さっぱり報われないな土方さん…その残念さが堪らない。
「変な粉運んでたのは銀ちゃんアル」
「誰がいつそんなもん運んだ」
「闇でさばく粉アルからな」
「お前を闇でさばこうか」
どさくさ紛れの神楽と銀さんの言い合いが可愛いわ。
このへんは台詞が多いので思いっきり省略するよ。
「この下手人 渡すワケにはいかねェ」
ああ、沖田さんの横顔が綺麗すぎて汚したい…っ!(変☆隊!)
「死神よ その者どもを斬り捨てよ」
朝右衛門を揺さぶる相手方の侍達と、朝右衛門の回想が憎い。
「…夜右衛門様 私は…この剣で一体何を護ったのですか」
「私は…私は…こんなもののために あの人を…」
美女の涙は無敵だな、そして土方さんはどこにもいないよ。
「てめーか 今 臭ェ口でしゃべった奴は」
銀さんが木刀を相手方の役人の口に突っ込むプレイ。
いかがわしいことを考えたのは自分だけですかそうですか。
「死神ならここにいるぜ 罪人(ブタ)ども」
このシーンの銀さん、目つきが痺れる…流石ドS!
「楽に死ねると思うなよ」
回想で泣いてた過去朝右衛門とここの銀さんの表情が惜しい。
頼むから単行本で少しだけでも修正をお願いしますエロい人。
「俺の首が今つながってんのは バカな首斬り役人のおかげだ」
「この首をくれてやるのもアイツと同じバカな首斬り役人がいい」
ここでようやく戦闘開始、銀さんは引き続き叫んで吠える。
「親父を死なせちまったのはお前じゃねェ 夜右衛門と俺だ」
この言葉、皆様よく噛み締めながら次号のWJに凸しましょう。
ここテストに出るからね、三回は読み直しておくように!
「その剣を杖にしてでも前に進んでみやがれ!!」
「夜右衛門の首でも俺の首でもいい!!」
「眼前の罪(てき)をその剣で斬り伏せてみやがれ!!」
朝右衛門の本気が炸裂、相手をがんがん倒してラスボスヘ。
朝右衛門VS夜右衛門、向き合ったところで次回に続く。

結論。

担当がまた変わったらしいね空知んたま。
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。