スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺、この戦いが終わったら結婚するんだ…(進撃の巨人第十八話ネタバレ)

タイトルがフラグになりきれてないじゃないか。

今週の進撃の巨人は、これで二回目。
初見だと見ることに夢中で感想どころじゃなくてさ。
しかもぼんやり見てるせいか見逃してる部分も多いし。
というわけでざざっといきます、進撃の巨人第十八話ネタバレ。
原作ネタもちょこちょこ入ってくるのでご注意を。
書き抜きとか雑なので、色々間違えてたらごめんよ。
そういえば、漫画の最新話を読んだけど凄い展開だったね。
ようやくEDの意味がわかった…というかEDが話を暗喩しすぎだ。
これから毎月別冊マガジン読みたくなってきた。
土方さんは別冊までは読んでないだろうな。

タイトルは巨大樹の森、最初はジャンとアルミンとライナーの話。
ジャンの馬が戻ってこないとかで、必死に馬を呼ぶジャン。
指笛?で呼んでるところ、ジャンのよだれ量が半端ない。
「折角三人で視線をくぐったのに、随分な仕打ちじゃねぇか…!」
助かったのに馬が帰ってこないとか、気の毒な奴だなジャン。
誰を置き去りにするか、そんな話になったところでクリスタ登場。
この状況で馬を二頭連れてくるって、クリスタは逞しいな。
そしてジャンはつくづく運が強いわ。
「でもよかった…皆最悪なことにならなくて…本当によかった」
笑顔でそっと涙を拭くとか、クリスタ可愛い。
それを見た男子三人のリアクションも青くて素敵。
「神様…!(アルミン心の声)」
「女神…!(ジャン心の声)」
「結婚したい…!(ライナー心の声)」
このシーン、三人が真顔過ぎて何度見ても笑ってしまう。
作戦続行するも、女型の巨人の強さは圧倒的だね。
運動能力が他の巨人とは明らかに違う。
兵士を捕まえて体育着の袋ばりに振り回す女型、とにかく強い。
一行が辿り着いたのは巨大樹の森。
真ん中を通る組と回り込む組に分かれる作戦。
ここでもアルミンとジャンの噛み合わなさが地味に面白い。
「観光名所で俺ら新兵の歓迎式でもやるつもりか?」
「いや…それはないと思うよ」
アルミンの真面目さは、最早天然記念物レベルだ。
エルヴィン団長の意図がわからないとざわめく皆。
それぞれの混乱がよく描かれてるね。
結局森の入口で木に登るジャン達。
森に巨人を入れないよう指示されて、その場に待機。
「女型の巨人はエレンを追っている」
「そして団長もそのことを知っている」
「そう仮定する…そこから考える」
頭の回転が滅茶苦茶速いよアルミン。
この状況で冷静になれるなんて賢い子…っ!
リヴァイ兵長に現状を問い質すエレンも素直だな。
「考えろ おまえのその大したことない頭でな…」
「死にたくなきゃ 必死に頭回せ」
自分が新兵だから状況がわからないだけ。
簡単に答えを教えてもらえないのも、自力で学ぶ必要があるから。
そういうふうに前向きに捉えられるエレンは純粋だ。
実際は周りの先輩も現状なんてわかってないのにね。
「おまえら剣を抜け それが姿を現すとしたら一瞬だ」
「走れっ!」
姿を現した女型の巨人の無敵さにしばし呆然。
兵長から指示もなく、ただ逃げ続けるリヴァイ班の必死さが本物。
「おまえら、耳を塞げ」
これでリヴァイ兵長が空に向けて発砲したところで次回へ。
EDが見れば見るほど、今後の人間関係そのままで辛い。
何でこんなに続きが気になるのか、本気で不思議だわ。

今回の迷シーンはライナーの「結婚したい」に決定。
そんなことを考えつつ、ひっそり浮上!
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。