スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢でしか逢えない」は二次元フラグ(SHORT PEACEのあれこれ)

最近映画館に通い詰めていたせいで、何回も同じ予告を見てる。
終戦のエンペラーなんて相当前から予告してるし。
あの花~も見過ぎてて、知りもしない原作を知ってる気分。
そんな中、この作品も数回は予告を見たな。
「SHORT PEACE」、軽くですが感想いきます。
ネタバレ大丈夫な方はこのまま下へ、ダメな方は目を閉じて。
どちらだったとしても、ゆ~めで~あいましょ~う。

短めの四作品が連なる、短編作品集。
まずはざっくりとそれぞれの説明を。
ちなみに自分はやほーれびゅー未読で見ました。
クリエイターさんの名前とか、知識もそんなにない…はず。

*オープニングムービー

女の子の着せ替えシーンのテンポの良さに心躍ったよ。

*九十九

ごりごりのにほん昔話テイスト作品です。
旅人が雨を凌ぐために入った祠では、ある神様が以下略。
色使いはとんでもなく綺麗、そしてわかりやすい。

*火要鎮

火消しの彼(元若旦那)と商人の娘のあれこれ。
ありがちな話だけど、とにかく雰囲気は半端ない。
火事場のシーンは、ある種の美しい迫力がありました。

*GAMBO

でっかい白熊?とロリ子供と赤鬼の話。
鉄コン筋クリート監督の作品なのか…確かに雰囲気が若干似てる?
よだれまみれの鬼の生々しさがちょっぴりグロい。

*武器よさらば

四作品の中で唯一、未来の話。
荒廃した東京で武装した五人VS無人兵器の戦いのあれこれ。
ラストの無常観とオチは、やるせないのに気分爽快。

全体的に、映像美は半端ないです。
メッセージ性は強くないけど、時々出てくる富士山が象徴的。
個人的にはGAMBOと武器よさらばが好きかな。
AKIRAについて熱く語っていた小学六年生の頃を思い出したわ。
オチとかメッセージ性を求める人には向いてない作品かも。
火要鎮なんてあっさり終わりすぎて、女子には物足りないような。
設定自体はどっぷり悲恋展開。
なのに、流れが綺麗すぎてそれを殆ど感じさせないんだよね。
武器よさらばの爆破シーンは大画面で見たほうがいい、絶対。
深いことを考えずにさらっと見ると一層楽しめるはず。
女子同士で見るよりは、カップルor男子同士or一人を推奨。
あくまでアニメーションの進化を楽しむ作品っぽい。
そういうのが嫌いでなければ、ぜひ皆様も以下略。
どの時代の日本も面白いことになってるよ。

長々と申し訳ない、おねむなのでそろそろ浮上!
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。