スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気で勉強したいときはカバーを外す(サイコフェスのあれこれpart2)

大変お待たせしました、サイコフェスのあれこれpart2です。
こちらは主に朗読劇について勝手に語らせていただこうかと…。
いいことも微妙なことも遠慮なくがんがん書きます。
何があっても大丈夫というお客様はこのままどうぞ。

サイコフェスで披露された朗読劇は三作品でした。
縢、六合塚、唐之杜が分析室でちょっとした雑談を。
ギノと征陸さんが見せた休憩中の一場面。
狡噛と常守がそれぞれの視点で見据えた槙島の最期。
声優さんの生声は初めてでしたが、どれもよだれ出ました。
以下、フェスパンフを参考に気になるところを箇条書きします。

【六合塚が振り返る、1期の最初の頃】

一言で表すと、縢と六合塚と唐之杜の井戸端トーク。
話題は猟犬狡噛と新人監視官の常守についてです。
狡噛に対して、縢はかなりフランクな思いを抱いてるよう。
(勿論「壁は感じる」とか何とか表現してるけどね)
縢にとっての「コウちゃん」は、やっぱり家族でもあるのかな。
「コウちゃん、もっと心を開いてくれればって思うんだけどね」
彼のこの台詞が可愛くて寂しげで、小説とは多少違う印象で。
(スピンオフ縢はもう少しシャープなイメージでした)
六合塚は常守を「ちょっと昔の狡噛に似てる」って評価したり。
「放っておけない感じも」するらしいよ、流石百合気質だ。

【ギノが振り返る、彼自身が監視官になったばかりの頃】

一言で表すと、ギノと征陸の親子愛なエピソード。
この朗読は、最初と最後のギノの語りで犯罪係数急上昇。
「だいたい俺の人生は、失ってからようやくその価値に気づく」
自嘲気味な彼の言葉はずしりと重いのに、何故か苦しくない。
それは「親父の言ったことは不思議と記憶に残っている」から。
新人監視官のギノが配属されたのは、征陸とは違う一係。
(当時の征陸は狡噛が属した三係の執行官です)
調子はどうだと問われ、「あんたと同じ三係かと思ってた」だと。
何だこの素っ気なさ、妙なツンデレ加減…眼鏡が爆発しそう。
ところで征陸さんは何通りにも取れるおいしいネタを振ったね。
「お前が楽しそうな顔をするのは狡噛の話をするときだけ」って!
普通に読み取るもよし、薄い本センサー発動するもよしの万能薬。
征陸の年の功発言に「あ…?えっ、なに?亀の甲?」と返すギノ。
この子意外と脳みそふにゃふにゃ…征陸の前だから緩んでる?
何にせよ可愛いので問題ない、小さく親父呼びするのも堪らない。

【常守、槙島、狡噛の思いが交錯する麦畑】

これは一言で表しにくい…自分の表現力不足で申し訳ない。
槙島の「(朱を)殺せない?いや、殺すべきじゃない…」が深い。
「(ノナタワーでは)殺そうと思えば僕を殺せた」か…。
逆に常守は「槙島を殺そうと思えば殺せた」と言っているし。
それぞれのモノローグなのに、対話っぽい展開でした。
「殺意とは結局、個人的なものなのだ」
「僕の殺意は、僕のものだ」
前者が常守、後者が槙島で紙一重のやりとりが静かに続く。
この朗読を聞いていて、初めて槙島の本質に気づく自分。
やっつけにくい精神論と皮肉と、他にも色々持ってるね槙島。
『人間は不完全な死体だ』って台詞を思い出してみたりとか。
(ググったら寺山修司だそうで、読みたい本がまた増えたよ)
そして狡噛の台詞がいちいち槙島ありきで頭抱えるレベル。
「俺はお前に自分の欲望や暴力性を引きずり出されたんだろう…」
「教えてくれよ、槙島。お前を殺したあと、俺は…」
直後に鳴り響いた銃声、これは正直反則だって位ツボでした。
これだけで色んな解釈と色んな作品が生まれてしまいそうな勢い。

深見さん脚本とのことでしたが、個人的には好きな話ばかりです。
パンフは会場限定販売らしいけど値段のせいか在庫が残った様子。
後日どこかで通販されるのではと勝手に予想しています。
機会がありましたら、ぜひ皆様に読んでいただきたい話です。
パンフについてきたおまけCDは、関さんと野島さんのトーク。
他の声優さん達にサイコパスについてアンケートした結果を発表。
ギノの眼鏡とギノがモテない説がお約束だったり。

二期のアニメも先行で一、二話を続けて見ました。
二話はフェス当日の昼に完成したとか…いのちをだいじに中の人。
感想を我慢できないので少し話すと、多分皆様の予想通りです。
楽しみにしている方は面白く、かつ楽しめると思います。
心配なさっている方は、心配していることが現実になるかも。
何にせよ、皆様のその目で確かめられるのが一番だと信じてます。

最後に声優さん達の挨拶を聞き、フェス終了。
ドミネーターの展示やコミッサ太郎・花子はアニメそのまま。
終了後はパネルが二期メンバーに変えられていた…だと?
どういうことだ狡噛!!見逃したじゃないか!!
帰りの電車内にサイコパス検定の勉強してる青年がいたよ…。
凄く真面目に本読んでて、何読んでるか気になったよね。
本の表紙を見たらカバーなしのプロファイリングだったからね。

というわけで、長くなりましたがこれにてあれこれも終わりです。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!
   




   
スポンサーサイト

山田くーん、薄い本三冊持ってきてー!(WJ微ネタバレ)

笑点って面白いのに笑えない、翌日月曜とか涙目だよ。
そろそろももいろ懺悔室に改名しようかと本気で悩む今日この頃。
今年も残すところあと二ヶ月、皆様いかがお過ごしでしょうか。
月曜と言えば秋刀魚ばりに脂ののってるWJ、微ネタバレ。
ざっくり書き留めておきますので、気になるお客様はどうぞ。
いいことも悪いことも遠慮なく話しちゃうのでご注意を。
色々うろ覚えなので、間違ってること言ってたらすんまっせーん!
銀魂以外だと殺せんせーとソーマが安定の面白さかな。
最近はニセコイもちらちら読んでます、楽君はできた男子だ。
自分もこれくらいちゃんとした男子の話を書いてみたい…っ!

いつから始まったのかもうろ覚えな将軍暗殺篇(仮)、最高潮。
いや、まだまだ山場が控えてそうですが、今回は動きが半端ない。
特に近藤さんは一体何なの、彼の格好良さ2000%LOVE!!
神楽を助けて頭から血を流しながら決め台詞を投下。
「頑丈なのはてめーらの専売特許じゃねぇよ」だっけ?
そりゃ土方も沖田もゴリについていくわけだよ、勇ましすぎる。
坂田、土方もかなり頑張ってますが、近藤さんが激しすぎて辛い。
最早只のゴリラじゃない…飼育員さんこっちです!!
寝不足なせいか何を言っているのかさっぱりわからないYO!
そういえば坂田・土方はまた共同プレイみたいなことしてたね。
土方を坂田が庇ったような、背中合わせで戦ったような。
自分が薄い本の書き手なら勢いでコピー本出せる程度に以下略。
モブ夜兎?にかなり手こずってるけど、この流れ本当に大丈夫…?
最後は将ちゃんが一矢報いて終わってますが混戦終わる気配なし。
なのに次回はクライマックスCカラーだか何とかで祭りだと。
そしてこれは余談中の余談ですが、WJが電子書籍化ってマジか。
(よくわかってないので嘘ついてたらごめんよ)
電子書籍にしたら、今よりWJを読む読者様は増えるんだろうか。
自分は邪魔だとか文句言いながらも、紙のWJを愛してる。
WJの回し読みとか、共学なら青春ストライクじゃないですか。
女子校はもっとひどいものを回し読みしていたのでアレですが。

槙島先生がやってきそうな話なので、今日はここでドロンします。
   

いっそ紅茶に浸されたい(浅野恭司さんの原画展のあれこれ)

去年同様、今年も行ってきました浅野恭司さんの原画展。
どんな作品が展示されているか、去年とは何がどの位違うのか。
自分が覚えている範囲でちまちまとあれこれ書き残しておきます。
興味があるお客様はお付き合いいただけると嬉しいです。

まず、今年は二会場に分かれての展示となりました。
サイコパス(一部例外有)展示は前回会場となった街角美術館で。
進撃の巨人、鬼灯の冷徹、水曜どうでしょうの展示は歴史博物館。
美術館と博物館は徒歩約十分程度離れているでしょうか…。
途中にお休み処「坂長」があり、物販も行っております。

サイコパスの展示は、二期を控えているせいか去年よりやや多め。
狡噛、常守、槙島のパネル展示(撮影可)もあります。
(フィギュアの元となった絵をパネル化したようです)
原画の数は数え忘れちゃった、使えなくて申し訳ない…っ!
天野先生っぽさが強い初期設定原画に、皆が腕を組んだ原画。
あとは新編集版の追加カットがかなり飾られていました。
個人的にはショタギノのアップとフラグ縢の原画によだれ。
縢は寝起きというか、ぼんやりした目があどけないよね。
狡噛にビビってんのか?みたいに話しかけられる縢がいいです。
小さいけど佐々山もいたし、雑賀教授の原画もあってニヤニヤ。
なんとなくですが、狡噛、槙島、常守、縢が多めだったような。
奥の部屋にはフィギュアや桃香ちゃん(市のキャラ)がずらり。
サイコパス二期のキービジュアルや進撃作品も少しありました。
こちらでは槙島先生のポストカード並に大きなしおりが貰えます。
紅茶を手にする彼がとんでもなく美人で、頭抱えるレベルだよ。
無料展示が成り立つのもスタッフさんがボランティアだからかと。
(基本的に普段から無料で入れる場所ではありますが…)
ざっとなら十分、じっくり見ると三十分位はかかるかな。

歴史博物館は進撃の巨人、鬼灯の冷血、水曜どうでしょうの展示。
この会場で撮影可能なのは、市のマスコットキャラ二人のみ。
しかも男の子のほうはできたてのキャラなせいか、名前忘れた…。
去年は進撃推しでエレンのパネル展示だったね、時代は変わった。
進撃はジャンが多かったような…考えすぎだと言ってくれ。
鬼灯の冷徹、シロさんだっけ?OPのワンコが可愛い。
水曜~はトークイベントもあるので昨年より原画多めです。
ここで貰えるのは紅茶兵長しおり、スマートな雰囲気が堪らない。

お休み処の坂長はレジが一つなので、初日は長蛇の列でした。
浅野さんのサイン会も倍率は二十倍で、かなり賑やか。
ちなみにここの横のレストラン、結構使いやすいかと思います。
少し離れるとラテアートが可愛いカフェもあるよ、休憩にどうぞ。

それにしても原画って見飽きない、線だけでも動き出しそう。
色や台詞がつく前なのに、キャラらしさができあがってる。
決して交通の便がいいところではないですが、お近くの方はぜひ。

そして周辺の商店街は紅茶とマドレーヌを売ればいいと思うよ。
   







   

そこは一体、何をする場所なのか

昨夜の話ですが、PP連載更新済です。
今月は更新もせずに遊んでばかりで申し訳ない…っ!

先日、酒豪の知人に誘われ、仙台に行ってきました。
お目当てはオクトーバーフェスト、ビール祭りだよ。
ちなみにオクトーバーフェストは全国各地で開催されます。
今年開催分は終わってるかもだけど、来年は皆様もぜひ。
関東でもがんがん開催されているオクトーバーフェスト。
じゃあ何故わざわざ仙台に行ったかって?
勿論、そこにおいしいごはんが沢山あるからです。
アイスバインとスペアリブをビールで昼間から流し込む快楽。
(フェスト会場に緑が多いのもポイント高い!)
休憩と称してホテル近くのアニメイトを覗いてもいい。
夜は生魚をがっつり共食い、秋刀魚がおいしい季節だよ。
大人ぶってバーでしっぽりラム酒を頂き、〆はラーメン。
街並みも綺麗で人混みもほどほどで、住みたい場所の一つです。

…と、ここまで真面目に書き散らかしましたが。
瑞巌寺で羅漢の間をおとこの間と勘違いしたのは内緒。
「昔の男の人もホモォとか色々大変だったんだね…」
こんなコメントをしみじみしてしまった自分は相当末期です。
   




   

犯罪係数を上げたいなら海辺がおすすめ(サイコフェスのあれこれpart1)

行ってきました横浜パシフィコ、サイコフェスのあれこれ前編。
先行上映の話は伏せますが、それ以外は一切包み隠しません。
いいことも悪いことも書くので、何でも大丈夫なお客様はどうぞ。
うろ覚えな部分も多いので間違ったことを話してたら申し訳ない。

花金の19時から始まった、海沿いでの2時間の宴。
お台場も横浜も京都の鴨川も、何故あんなにカップルが多いのか。
海沿いor川沿いで等間隔に座る彼らを危うく執行しかけました。
入り口に飾られた花で特に可愛かったのはギノと縢の分。
縢だけピンクでキュートさ全開。

さて、大雑把な概要をざっくり箇条書きにしてみます。

・EGOISTのライブ(無印のED×2、2のEDで合計3曲)
・声優さん達の挨拶と無印キャラによる朗読劇
・凛として時雨の無印OP、2のOP
・サイコパス2の第1話、2話の先行上映
・声優さん達による〆の挨拶

120分で大体こんな感じでした。
個人的にはもう少し声優さん達のトークがあると嬉しかったかも。
(自分はアニメイベントに疎いので、平均がわかりませんが…)
先行上映を50分近く見てるって、イベントなのにちょっと残念。
折角声優さん達が目の前にいるんだから、もっとこう以下略。

凛として時雨とEGOISTですが、やっぱり迫力がありました!
特に会場の皆さんに話しかけるEGOISTが可愛くて萌えたわ。
思い入れの問題もありますが、自分は名前の無い怪物が好き。
欲を言えば、歌詞人間な自分は新曲の歌詞出してほしかった…。
何言ってるか聞き取れない程度には若くないのです(白目)

声優さんのトークと朗読劇、これは文句なくよかったよ!
関さん、石田さん、櫻井さんは場数を踏んでるのか慣れた感じ。
特に印象に残ってるのは関さんで、遠慮のなさに惚れたよね。
(ここから先、声優さんの話言葉がうろ覚えなのでご注意を)
櫻井「狡噛と槙島は仲悪いですね」
関「お互いのことがわかる分、逆に(仲悪い)ですかね」
櫻井「皮肉なもんですね」
関「まぁ仲良い話は薄い本でやっていただいて」的な話とか。
大道具さんが舞台に落としたヤスリまでネタにする関さんよ。
花澤さんも可愛くて、常守役よりふわふわしてたな。
後は櫻井さん、この人の声ってなんとなく生向きな雰囲気…?
勿論声優さんとしても素敵ですが、朗読劇が堪らなかったです。

ここまで引っ張ってアレですが、朗読劇は長くなるので後編で。
PPファンのお客様は後編もお付き合いいただけると嬉しいです。
   





   

母性本能はくすぐられるために存在する(WJ微ネタバレ)

ざっくりとですがWJ微ネタバレを書き留めておきます。
図鑑で語りたい話が沢山あって、でもPCの前にはいられなくて。
複雑な腐女子心をさらけ出すので、どうぞよろしく。

どこが山場なのかわからない程度には山場続きな将軍暗殺篇。
どんな犠牲を払ってでも進むしかないと将軍を諭す坂田強し。
やっぱりくぐった修羅場の数が違うよな…坂田逞しいよ坂田。
服部とさっちゃんの絡みは友達以上恋人未満でゴチになります。
こういう例えがたい関係を見ると白米かっこみたくなるわ。
そして坂田や将軍の窮地に乗り込む近藤と土方は一体何なの。
皆格好よくて涙目、V字前髪よ永遠なれ。
強いて言えば今回の話が隊服じゃないことだけが残念かも。
隊服で今週のラスト二ページ飾られてたら間違いなく死んでたわ。
高杉はなかなかバトってくれません、出し惜しみの厨二に乾杯。

眠気MAXなのでそろそろ撤収します、皆様もよい夜を。
   

罵られる準備はできている(サイコパス2予告のあれこれ)

サイコパス2の予告が公開されてから落ち着かない自分。
1分30秒を舐めるようにガン見して思ったことをちらほら。
新キャラ等ネタバレ?を含むのでご注意を。
キャストや大人の事情も間違ってたら申し訳ない。
いいことばかり書くわけじゃないから気をつけてください。

まず、OPEDが時雨とEGOISTで涎が止まらない。
監視官ギノは格好つけてるし、白衣雑賀に至っては致死レベル。
硝子の十代からおっさん(失礼!)好きな自分の鼻息がヤバい。
ビジュアルだけなら黒髪くるくる男子もおいしいな。
予告を見る限り、チーム☆執行官の動きが何だかよさげ。

しかし不安要素もちらほら…一番はダントツで脚本。
ぶっちーと深見さんの名前が消えててしょんぼり。
深見さん不在だと引用祭りがないじゃないか。
(槙島不在の時点で祭りの可能性は低いですが…)
製作会社はタツノコプロ、大人の事情でアレっぽい。
監督も塩谷さんにバトンタッチしてて、塩谷監督大丈夫?
入院だか手術だかってツイートを見かけた気がしたけど。
櫻井ボイスが槙島以外から聞こえるとか、賛否両論だろうね。

始まる前から頭抱えても仕方ないので、今はただ全裸待機。
いい作品を作ってくれるはずだと信じるしかないYO!
そして何だかんだ言いながら予告ばかり見ている自分も相当末期。
「悔しいのに感じちゃう…ビクンビクン!」みたいな。
(感じちゃうを見ちゃうに変換するとぴったりですね奥様)

ファンにできることは、ただ待つのみだと再確認した自分でした。
   

ドヤァという言葉が一番似合う彼へ下心を込めて(拍手文更新のあれこれ)

最近図鑑の更新もままならず、大変申し訳ないです。
転倒したりもしましたが、自分は元気です(ジブリ風味)
先日こっそり拍手文を差し替えました。
とんでもなく暗い話ですが、お付き合いいただけると嬉しいです。
勿論いいことばかり書くわけじゃないのでご注意を。

今回は一ヶ月以上遅れのすぎたん!後編でした。
自ら幸せになりたがらなそうな高杉の過去です。
きっかけはリアルかぶき町で見た、ホストのおにーさん達。
女物の浴衣を着て、女性に声をかける姿が印象的でさ。
高杉はどういう気持ちで女物の着物を着てるんだろうね。
先生の死を誰より受け止めて、誰より受け入れられない厨二。
青臭い頃の彼は、それでもまだ幸せになろうとしてたのかな…と。
勝手な妄想が救いようのない話に変身しましたすんまっせーん!
高杉は扱いが難しいのに、書きたくなるエピソードが多くて困る。
彼の着物エピソードはいくつか考えてあったりします。
今後別のお話で忘れた頃に書くつもりなので、そのときも以下略。

まだまだ不潔な魂に溢れてるので、これからもどうぞよろしく。
   

銀魂とファンの関係を激写してみた(WJ微ネタバレ)

世間は三連休ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
自分は西のほうで、地味にまったり遊んでます。
画像は某パワースポットで発見した銀魂とファンの構図だよ。
今週のWJは自分にとってまさにこんな感じでした。
ガラケーから打ち込むWJ微ネタバレ、短くて申し訳ない。
内容うろ覚えだから間違ってたら笑って読み飛ばしてください。
仕方ないな付き合ってやるよという男前なお客様はぜひどうぞ。

終わりが見えない将軍暗殺篇(仮)、ぶっ飛ばします。
阿伏兎のターンとか万事屋云々は次回に持ち越すっぽい。
今は服部と将軍の過去、窮地な服部でムラムラして爆発寸前。
将ちゃんと服部の背負うものって、何というか似てるね。
二人とも器がデカくて、本誌破りたくなる勢い。
個人的に、服部は坂田に近い気がするんだよな。
汚れ仕事は一人で引き受けるし、最後は情で動いちゃうし。
土方もそうなんだけど、属性が犬だからさ…(意味不明)
坂田、服部は猫属性だからか、一人で死にたがるイメージかも。
ちなみに犬属性だと飼い主の隣で死んでしまう雰囲気。
(勿論銀魂なので死ネタはなさそうですが)
服部の窮地を助けたのは、クールで一途なさっちゃん。
次回は彼女の活躍?が見れるかと思うとよだれ出ちゃう。

風呂敷たたみ出した空知んたまの肩を揉んであげたいです。
   



   

最後の一行だけは読んでもらいたい話

※管理人のゆるーい日常と下ネタとホモォにご注意を※

先週金曜は某サイト管理人様のけいちゃん(仮)とデートでした。
居酒屋で焼き鳥食べてハイボール飲んで、向かった先はカラオケ。
そのときのしょーもない話をもそもそ書き留めておきます。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。

池袋のカラオケ館に入ったものの、普段殆どカラオケしない二人。
店員さんに「DAMとJOYSOUNDどちらにします?」と聞かれて沈黙。
オタクということを隠し、無言のまま視線だけで会話したからね。
「え…さかなちゃん、銀魂映像が入ってるのはどっちだっけ?」
「多分JOYSOUNDじゃない?(←適当だし間違ってる)」
で、JOYSOUNDの部屋に入ったら当然のように映像nothing…oh!
「今から部屋変えてもらえるかな?DAMの部屋に…」
「電話して聞いてみよう!」ということでフロントに電話。
店員さんに謝りながらDAMの部屋に通してもらうも、映像出ず。
「最新のDAMにしてくれって言わないとダメなんじゃない?」
「そうか…最新のDAMって言わなきゃいけないのか(学☆習!)」
ここでまたフロントに謝りの電話をし、最新のDAMの部屋へ移動。
どうやら銀魂映像はLIVE DAMだと大体対応しているようです。
(これも今ググった情報なのでもし間違ってたらごめんよ)
それにしてもけいちゃんも自分もフロントへの謝り方がな…。
腰の低さはお互い職業病だよね!と言い合うレベルでした。
気を取り直して銀魂の曲をばんばん入れ、発狂する自分。
ジレンマの辰馬祭りもおいしいし、曇天の副長もおいしい。
しかし一番盛り上がったのは、ダントツでDOESの修羅でした。
高杉のドヤ顔が神がかっててどうしたらいいかわからないYO!
「僕の修羅が騒ぐ」とか何の隠語?下半身も映してくれ映像。
しかもこのタイミングで高杉ドヤァ、涙なしで見られない…!
僕の修羅を聞くためだけに三回も映像を垂れ流しにする始末。
二人共「高杉は俺の嫁!」って訳でもないのに…勢いって恐い。
あとはタイバニOPのミッシングリングでも号泣してたよね。
歌の途中で唐突に「僕のチャーハンんんん!!」とか叫んでたし。
僕の○○って何故こんなに隠語臭いの、チャーハンすら以下略。
虎徹さんはつくづくにいい男だよ…そりゃバーナビーも惚れるわ。
ホモォ抜きでも面白いですが、前科持ちの自分は始終悶えました。
おっさんの夢が詰まったタイバニ、本当に堪らないです。
妻と子供が美人&可愛くて、美形の後輩や仲間から慕われて。
なおかつ悪と戦う皆のヒーロー!ってとんでもない気がする。
そういえばサイコパス映像も初めて見たよ、ギノ少なくない?
他には幽白とかデュラとか…アニソン以外は金爆くらいかな。
歌うというより、誰がどれくらい格好いいかを語る夜でした。

まとめると、アニソンなら最新のDAMがおすすめという話です。
   

敷居が浅いとか軽いとか一通り言ってみた

正解は「高い」です、酔ってることにしてくれた彼女の優しさよ。

最初にご連絡を、昨夜ですがPP連載更新済です。

虐殺器官、ようやく読み終わりました…面白かった!
なかなかのグロでしたが、自分は普通に許容範囲。
やはり言葉だと想像力任せな部分が多いからかもしれないね。
個人的にはディックより読みやすかったよ槙島先生。
SFって最近読み始めたジャンルなので色々新鮮です。
少しの恋愛と残酷描写と虚無感はSFにおける鉄板なのかな。
あとは引用、非日常の中の日常を演出するエッセンスっぽい。
サイコパスが好きでグロ耐性があればおすすめしたい作品です。

次はおまけでギノが付いてきたハーモニーを読む予定。



   

人は極限まで追いつめられると煩悩剥き出しになる(WJ微ネタバレ)

昨日は唐突にドロンしてすんまっせーん!
夜道で縁石に乗り上げ、自転車ごと車道に転倒。
死ぬほど痛いのに自分の足が向かった先はコンビニって最早病気。
だってWJ読んでなかったし…何考えてたんだろう昨夜の自分。
というわけで、WJ微ネタバレをざっくりとイきますよ。

迫り来る厨二を止める気満々な坂田、これはしんどい展開だな。
しかし高杉を何らかの形で救えるのは坂田しかいないはず。
他にも将軍とモメたり将軍がイケメンだったり将軍が皮剥けたり。
最後のは完全に自分の独りよがりな妄想です。
色々種明かしされてたけど、とりあえず阿伏兎がロックオン。
ごめん意味わからないね、彼が将軍み~っけ!してました。

ああ、ちょっと肘痛くなってきたから安静にする。
皆様も夜道と縁石とWJにはくれぐれも気をつけてね。
   

たまには日曜の夜らしく(PP短編更新のあれこれ)

久しぶりにやらかしたPP短編、勢いで爆発しそう。
一応R18なので、何でもアリな大人のお客様はどうぞ。
こういうのは好みがあると思うので、くれぐれもご注意を。
ここから先はお話についてのあれこれを、いつもより簡潔に。
お時間のある方はお付き合いいただけると嬉しいです。
また、いいことばかり話すわけではないのでご了承ください。
(話の都合上、今回は文学作品の引用を含んでおります)

まず最初に、このお話はPP連載とは一切関係ありません。
本好きだったり名前変換の初期設定がそのままですが無関係。
(お好きなように読んでいただくのが一番ですが、念のため)
この作品以外も、PP短編は連載と全くリンクしてないけどね。
連載はあくまで連載の中で動いていくので悪しからず…。
太宰治の火の鳥は名台詞が多く、厨二でもりもりおいしいよ。
未完作品ですが、ラストの台詞を読むと書き手魂がたぎります。
ラストの台詞が気になった方はぐーぐる先生に聞いてみよう。
自分は文学に疎いので、解釈とか間違えてたら申し訳ない。
雰囲気でなんとなく読み飛ばしてくれるとありがたい…!
推敲中聞いてたのは丸の内サディスティック(EXPO Ver.)です。
元祖のほうが好きですが、こっちのほうが個人的に推敲向きかな。
あとは何も言うまい…これに懲りないでくださると以下略。

サイコパスももうすぐ二期か、書籍だけでも散財係数高いわ。
   

狂うは一時の恥、狂わぬは一生の恥(銀魂単行本五十四巻のあれこれ)

厨二病も多分一生の恥だと…ごめんなさい総督。
ちなみにタイトルは某大学の文化祭か何かのキャッチコピーです。
最近ちらほら耳にする、最新巻買ってないですという声。
確かに発売日や店頭に平積みされている間に買わないと忘れそう。
購入後、書き抜き用の付箋まで貼った自分も放置してたしね。
というわけで銀魂単行本五十四巻のあれこれですよ。
時効だと思いますが、ネタバレOKなお客様はこのままどうぞ。
基本はおまけページについて語るはずだと思います。
いいことばかり書くとは限らないので、そのへんはご注意を。

表紙は辰馬です、この人は本当に立ちポーズが似合うわ。
時計の針が早く回るってそれはそれで悲しいよ空知んたま。
仕事中、時計の針が早く回り始めたらとんでもなく嬉しいけどさ。
今度念力でも飛ばしてみようか、成功したら報告します。
お肉がミディアムレアとか半ナマとか、ああ…肉食べたい。
前巻で坂田土方入れ替わりのとき、口座は名義変更してたと…?
何だかそれって薄い本ができそうな小ネタですね奥様。
ジブリの中では魔女宅が一番好きらしいよ空知んたま。
個人的に魔女宅好きな男性ってそこそこ女子力高そうな気が。
内容をざっくり話すと、陸奥の過去篇と勲の過去篇で大爆発。
(詳細はWJネタバレで、手抜きするんじゃないとか以下略)
過去篇ないなら捏造したいくらい、どのキャラも好きです銀魂。
サイコパスもだけど、過去ネタあってこその今だなと思うので。
そういう意味で、自分は隙間産業的に夢小説を書いてるのかもね。
結果、恋愛要素が薄くなったり夢小説じゃなくなったり(遠い目)

最後にいつもの台詞書き抜きバトルをしていきます。
皆様のお好きな台詞があったら、こっそりニヤニヤしてください。

「誰の鬼兵隊(へいたい)がレゴブロックだ」
「俺はボンボンじゃないコロコロ派だ!!」
「尖って硬いのがエエならわしの石棒で串刺しにしたろか!!」
「うまかったと伝えておいてくれ」
「仲間の価値も解らんクズにくれてやるもんなんぞ何もねえ」
「お帰り願えますかお客さん」
「今度はわしの番ぜよ よォく見とれ これが宇宙商人の商ぜよ」
「金剛石 仲間という石(ほうせき)じゃ」
「待てと言うちょるんが解らんか 釣りがまだぜよお客さん」
「あん時 宝石(いしころ)ば拾うたんはわしぜよ」
「そうさ わしらは快賊ぜよ」
「快援隊 出航じゃ!!」
「どうだった?お前Sだった?Mだった?」
「ほぉ~ 宇宙には恐い生物がいるもんだねェ」
「そう これはパトロール 俺は断じてストーカーじゃない」
「潜入捜査と言ってくれ 潜入捜査だなアレ」
「それ大根じゃなくて別のもん抜いてんだろ!!」
「オメーはまだ大根離れできてねーのか!!」
「俺達は盗賊団にだって何にだってなる覚悟はできてる」
「猿公だよ」
「手錠なら もう…とっくにかけてるよ」
「お通ちゃんのおっぱいをもみ続ける権利を得たんだぞ」
「てめェは電池じゃなくてチ○コでも握ってろ あん!?」
「万華(ピー)鏡天通眼!! ピーを入れる」
「た~まきんさん!!た~まきんさん!!」

高杉の当て字病は攘夷時代からか…まさに過去があっての今だね。
   

今年の十五夜がいつだったか思い出せない

すすき飾ってお団子食べて、のっぺい汁を食べるのです。
どうして十五夜にのっぺい汁なのかは謎。
代々引き継がれるものの大半は謎だと割り切ってます。

PP連載、狡噛視点スタートしました。
リンクは「鱗」です、わかりにくくて申し訳ない。
彼が彼であるための行為って何なんだろうね。
ちなみに自分は、おいしいごはんをたらふく食べることです。
   

二人はどこで着替えたのかと問いたい(WJネタバレ)

本誌読まれたお客様は、タイトルに心当たりがあるはず。
一時期より随分追いつきましたWJネタバレ、多分これが先週分。
書き抜き少なめ、ざっくりいきますのでどうぞよろしく。
銀魂以外だとソーマのお題のアレがどうしても食べたい悲劇。
自分で作るとお店の味にならないんだよね、ものぐさだから?
塩とごま油をかけるだけとか、自分のレシピは料理以前のレベル。
さっと茹でたオクラを縦に切って、塩とごま油で味をつける。
これ、地味においしいよ…って話が脱線しすぎたYO!

将軍暗殺篇(仮)、チーム☆万事屋VS忍者大勢で大混戦。
さっちゃんも土方も近藤も、それぞれ大勢をざくざく倒してます。
「忍びの里そのものが将軍の敵に回ってしまったかのよう」
これほどの数の忍を動かせるのは…とさっちゃんが真面目してる。
忍に囲まれた土方と近藤の背中あわせもといケツ合わせはGJ!
ちょっとへっぴり腰気味な後ろ姿さえ可愛くて悶えてしまうわ。
伊賀を取り仕切る三大上忍、藤林か百地か服部が黒幕だと。
場面は変わって沖田と服部と夜兎です(平松愛理の名曲風味)
将軍の生首を見た沖田の冷静さが、とても十八才と思えない。
「服部(ウチ)はとっくに江戸派(シティーは)で通ってんだ」
この台詞に限らず、阿伏兎と服部のやりとりが渋くて素敵。
「結局何一つ護れなかった奴がぬかすじゃねェか」
沖田よ…笑いながら服部を責めるとか、服部が口答えしないとか。
もう誰の肩を持てばいいのか分からない、全員まとめて愛し隊。
とりあえず神威と沖田の戦いも持ち越された様子。
「地球には弔い合戦ってもんがある事 覚えときな 悪党」
「ああ 覚えとくよ おまわりさん」
神威は会う奴会う奴全員に再戦を誓う気なのかコノヤロー。
再び戻って坂田達VS伊賀忍、話は半年前に遡ると。
忍の里を襲った夜兎により里は壊滅、夜兎に従うようになったと。
このへんのくだりは長いので、単行本でゆっくりと以下略。
神楽が藤林に踏まれかけた瞬間の坂田の顔がマジだった…。
神楽愛されてるな、と思ったのも束の間で藤林の足は切断。
「折角の指示悪いんだが 俺達ゃてめェの命令きく義理はねェよ」
とっ、トシぃぃぃ!!土方がイケメンでけしからんもっとやれ!!
土方ファンの皆様は覚悟して、土方アップが美形で死ねます。
「違いねェ 俺達をアゴで使えるのは天下で一人だけだ」
ゴリラも格好いいよゴリラ、明日誕生日だっけおめでとう!
忍の一人が前に出て藤林に刀を向ける、そのしなやかさ∞。
「将軍の名の下に命令をくだす 賊を討て」
将軍生きてたよォォォォォォォォォォォォォォォォォで次回へ。

結論。

空知んたまの愛犬チャッピーが、天国で楽しくやってますように。
   

監視官はきっと表紙にならない(「監視官 常守朱」第五巻のあれこれ)

アニメの感想も溜め込んでますが、先にこっちから攻めます。
「監視官 常守朱」第五巻のあれこれ、気になるお客様はどうぞ。
そういえばこの単行本にハイキュー!の広告が挟まれてたな。
話の舞台は宮城なのか、だからアニメイト仙台があんなに以下略。

今回の表紙は征陸さん、カラー綴じ絵はなんとなくデュラ風味。
縢が真ん中に描かれてて、本編とは程遠い彼の姿が垣間見えます。
内容はアニメと目立った違いはますます少なくなっているかも。
強いて言えば、槙島を殴る朱ちゃんの感情が追加されたかな?
追加というか、アニメでは特に台詞がなかった気がしたんだけど。
(うろ覚えだから間違っていたら申し訳ないです…)
「人殺しは絶対に正義じゃない」って言葉にしちゃうと微妙だね。
何と言うか、一気にくどくなってしまったような。
あとは縢のお別れシーン…縢が尊く描かれすぎてて、もう!
彼に対しては小説も両方読んだので、思うところは色々あります。
どんなキャラにも個々のエピソードが見えないところで存在する。
それを想像したり勝手に補ってしまう余地は、まだ残されてる。
だから自分は彼の結末に関してあまりショックを受けないのかも。
いや、悲しいとか可哀想とか、そんな生半可なものじゃないよね。
全体的に作家さんがアニメを上手くトレースし慣れてきたのかな。
違和感は徐々に減ってるし、創作する際も参考にしやすいし。
このままだと勢いで最終巻まで購入しそうです。

味気ない感想で申し訳ない、他のPP感想も順次用意します。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
   

内股で走るのは女子の特権(WJ微ネタバレ)

日付変わっちゃったけどWJ微ネタバレも載せておくよ。
いつも通りお付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
黒バスはお疲れ様でした、五年半って連載期間がちょっと意外。
人気もあったし、七年くらい連載してると勝手に思ってたわ。
殺せんせーはV字前髪がファー!!してます、ファー!!

今回は将軍暗殺篇のちょっとした種明かしでした。
将ちゃんの命を救うため、服部は自ら大罪人になったと。
一言でまとめるとそういうオチですが、さっちゃんがさ…。
真相を聞いて内股で服部のところ?に駆け出してたからね。
自分もいい加減服部の短編を完結させようと思います。
阿伏兎と服部の会話がしょーもない下ネタで自分の大好物。
台詞がかなり多くて説明回でしたが、ラストにはあの人が。
将ちゃんの生存を嗅ぎつけた厨二が忍の里へ接近中だとか。
ここで坂田VS高杉になるのかな、もう引き返せないよこれ。
そういう感じで来週に続きます、まだまだ先は遠い…。
とはいえ、確実に風呂敷まとめにかかってるよ空知んたま。
これで終わらなかったら「エンディング思いつかない」だ。
ほぼ日刊イトイ新聞、またチェックしてみようかな。

かなり短いですがWJネタバレが控えてるのでお許しを。
   

夜露死苦って当て字が一瞬思い出せなかった(WJネタバレ)

珍しく立て続けに打ち込んでいるので、そろそろくじける五秒前。
華麗に捌いて見せましょう、お盆前に発売したWJネタバレ。
書き抜き少なめで言いたい放題、単行本派のお客様はご注意を。
銀魂以外だとこち亀の配置係ネタがタイムリーで面白かったわ。
模倣犯を防ぐための演出、何事にも見せ方があるってことだよね。
そして付録のおまけシール、「名場面・珍場面ステッカー」が神。
WJの各キャラの名場面や珍場面をシールにしたらしい代物です。
銀さんが「俺の女に手ェ出すな」って言ってるシールだけどさ…。
これ、一体いつどういう場面でこのシール使うわけ?
彼女の浮気相手の家まで行って、ドアにでも貼っておけばいい?
少なくとも健全な少年向きのシールとは思えないよ中の人。

まだまだ続く将軍暗殺篇(仮)、遂にドS対決です。
「やれやれ 土方さんの勘が当たっちまった」
この一言で既に頭パーンしてしまった自分はイカれてるわ。
(ここからはしばらく管理人の妄想が暴走してます、ご注意を)
土方が沖田に「オマエはそよ姫の護衛だ」とか言ったんでしょ?
「多分そっちも怪しいはずだ」とか何とか言いながらさ…。
で、沖田が「人使いが荒いですぜ、土方さん」とか返すんだよ?
文句言いながらも、修羅場覚悟で土方の指示通り護衛するんだよ?
いくら沖田が強かろうと、土方は多少なりと心配してそう。
ミツバの唯一の家族だし、昔からの腐れ縁もあるだろうし。
いつだったか、土方と沖田が鎖に繋がれたギャグ回があったよね。
二人の絆は半端ないと、あの回から密かに決めつけてる自分。
とにかくそこの見えないやりとりを誰か話にしてください。
誰もしないなら自給自足するレベルで脳内炎上寸前ファー!
そよ姫の護衛をしていた沖田がファンを殺しにかかってます。
もうね、沖田強いとしか言いようがない…言葉にならない。
「姫様 そんな顔で見ないでくだせェよ 一応俺味方ですから」
殺気だった横顔が、普段の沖田とかけ離れてて堪らないわ。
「オイ どこのチンピラシータだてめェ」
「そんな顔で見ないでよ アンタの仲間さ」
というわけで沖田VS神威、の前に別場面でちらっと厨二。
「だろうな まるで豆腐を切るようだ」
格好つけてるけど喩えが可愛いな高杉、君の口から豆腐とは。
「余興」と書いて「オマケ」と読むのか、流石高杉。
「地獄」で「ところ」読みとか、高杉辞典でも作れるんじゃない?
またまた場面は変わって、銃弾を真っ二つにしちゃう沖田。
神威と沖田の台詞も鳥肌物ですが、ここはやっぱりアレだよ。
沖田の「地球のおまわりなめんな」はアニメにしてほしかった…!
その直後から約5Pは台詞なしの激しい戦闘シーンです。
神威と沖田の戦い方ってかなり似てるのかもしれないね。
掌に刺さったクナイを抜かず、そのまま神威に殴りかかる沖田。
ダメだ…これちゃんと話として書きたい、格好いい沖田読みたい。
そしてこんなときでもG嫌と爺やを呼ぶそよ姫の肝の座り具合よ。
流石の沖田も満身創痍、夜兎十人に囲まれて絶体絶命。
そんな戦いを止めたのは、将軍の首を手にした服部の声。
ざっくりとですが、こんな感じで次回に続きます。

結論。

クーラーから雑巾の匂いって、早く掃除しようよ空知んたま。
   
プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。