スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暦に逆らってこそ平常運転(series更新のあれこれ)

地味に時間がかかりましたが、久々の更新です。
結末まであと一歩の骨と花冠、お付き合いいただければ幸いです。
ここであれこれ語るのも野暮な展開ですが、裏話を少しだけ。
チラリズムがお好きなお客様はこのままどうぞ。
高杉ファンのお客様はくれぐれもご注意を。

今回は久々に動きのあった回でした、しかも多分山場。
なので高杉の厨二が進行しててすんまっせーん!
個人的には、佐々木と高杉の関係が好きだったり。
あんまり話さなそうなのに、お互いどこか察してるというか。
高級料亭が似合いそうなボンボン共め!刺身分けてください!
原作を見る限り、高杉はもう色々と諦めてるよね。
それでもまだ、何かに縋るだけの感情があったら…なんて。
これ以上話すと厨二が止まらないので止めておきます。
推敲中は鬼束ちひろ中心に、動きがある部分だけサクラミツツキ。
次回で決着がつくので、なるべく早く公開するよう精進します。

今年の桜は去年よりも早く咲き始めてて、お花見が難しくて涙目。
   
スポンサーサイト

二股してみて初めて気づく愛もある

※管理人のどうでもいい日常に注意※

ここに書くほどのことでもないですが、iPhoneを買いました。
今までのガラケーも引き続き使うので、所謂二台持ちです。
LINEとついった、iPhoneカバーを使いたい欲求に負けた…!
多分アレだね、自分はピアスとかも買ったらいけないんだよ。
ピアスを買ってからピアス穴を作るタイプに違いない。

そんなわけで買ったばかりのiPhone、案の定全く使いこなせず。
「すぐに慣れるよー」って皆さん励ましてくれるけどさ…。
使い慣れたガラケーに八割位の仕事をお願いしてます。
特にサイト関係はとてもじゃないけど、ガラケーしか無理。
閉鎖するなら、ガラケーを解約したときだろうと痛感したわ。
でもこれでガラケーを修理に出しやすくなったので一安心。

ところで、iPhone手続き中に電話番号の希望を聞かれました。
店員さん曰く、下4桁は無料で好きな数字にできるらしい。
勿論既に使われていないことが前提でね。
「好きな数字があったら教えてください」
と言われ、咄嗟に思いついたのが0505だとか終わってる自分。
今思えば、1046でもよかったかもしれない。(とーしろー)
そんな痛いことを考えるマダオになってしまいました。
   


   

鼻水が出ても風邪か花粉症か区別がつかない

週末月末年度末、慌ただしくなってきました増税前。
増税前に何を買うか、ようやく決めました。
使い捨てのコンタクトは一年分位買っておこう。
後は春アウターかな、スプリングコートとかレザーとか。
掃除と称して服をばんばん捨ててたせいで、着るものがない。
流石に葉っぱ三枚で生活はできないし…。
他にも本とか漫画とか、あまり高額ではないですが一応。
皆様は何を買われましたか?
銀魂全巻、サイコパス円盤は揃えましたか?

拍手コメントお返事済です、いつもありがとうございます!
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛と下心を。
もう四月とか信じたくないよ沖田さん。
   

オリジナルアニメの劇場版が本編に負けない映画たらんことを(東のエデン劇場版 II Paradise Lostのあれこれ)

前回の感想がアホみたいに長くなってしまったので反省してます。
しかし懲りてはいないんだ、これぞオタクの恐いところだ。
東のエデン劇場版 II Paradise Lost、今日もちまちま語ろうか。
なるべく手短にまとめられるよう、ほんのり努力してみます。
ネタバレ可でお時間のあるお客様は、このままどうぞ。
いいことばかり書くわけではないので、くれぐれもご注意を。
東のエデン関係は大体見終えたので、次はエヴァに本気出したい。
とはいっても所詮にわかファン、円盤を借りる位ですが…。

あらすじと真面目な感想は公式とやほーれびゅーにお任せしよう。
一言で説明するならゲームの結末と滝沢朗のその後について。
基本的にはTV版や劇場版前編の答え合わせがメインです。
結論から言うと、やっぱりコケたか…という感じでした。
まずはいつも通り、いいところと微妙なところを箇条書きで。

【いいところ】

・エンドロールの後のちょっとしたシーンが全て

【微妙なところ】

・セレソンゲームの唐突な結末と有耶無耶なセレソンの存在
・本編とあまり関係ない滝沢の過去のあれこれ
・風呂敷は畳みきれず、設定も活かせず、監督は変わらず

どうしよう、最初は褒めたいのに何も思いつかないYO!
あ、エデンの仲間達はそれぞれ本人達らしく動いていました。
作画は前編と変わりないクオリティだったので特にツッコまず。
個人的に、滝沢がどんなアクションを起こすのか注目してました。
百億円を使い、日本を良くするにはどうすればいいか。
条件が色々とあるとはいえ、おそらく一番核になってる部分。
しかしその答えは出ないまま、突然終わったセレソンゲーム。
それどころか、何でこの人がセレソンに選ばれたの?ってのも。
和菓子差し入れの老婦人はセレソンに選んだ意味はあるの?
(Wikiを見る限り理由は一応あるようですが、うーん…)
何らかの形で日本を変えそうな人をセレソンにするんじゃないの?
(自分の勝手な思い違いだったら申し訳ない、読み飛ばしてね)
アニメの最終回で、滝沢は指鉄砲でミサイルを落としてました。
スクリーンを使う以上、それ位のアクションはあると思ってたよ。
なのに何故、大胆な見せ場を作らなかったのか…。
不足していた駒を提示する、言葉で答えを説明するの繰り返し。
それはそれでいいけど、別に映画にしなくてもよくない?
この内容なら深夜アニメとかラジオとかでも問題ない気が以下略。
アニメから継続して神山監督でも、完全に見せ場が迷子。
結局滝沢は何のために存在したのか、わかるようでわからない。
勝手に補足できるとしても、もうちょっと動きが欲しかったな。
あと、後編は印象に残るシーンがとにかく少ない。
シリアスなシーンも笑えるシーンも名台詞も迷台詞も、殆どない。
エンドロールの後の彼と彼のやりとりに微かな希望があっただけ。
この希望が唯一の救いでもあったわけですが…。
アニメ版と劇場版、全部合わせてたった11日間の物語。
12人目のサポーターもとい12日目はあるのか否か。
誰か上手い脚本家さんが続編を書いてくれたりしないかな。
人任せにするんじゃないと叩かれること覚悟でそう思いました。
最後に改めて、noblesse oblige.(ノブレス・オブリージュ)
今後も神山監督が業界を盛り上げる救世主たらんことを。

そこそこまとまった気がするので、ささっと浮上!
   

子供の頃、何して遊んでたのか記憶喪失(WJ微ネタバレ)

多分ごろごろしてただけっぽい、後は教育テレビが友達でした。
携帯から打ち込む微ネタバレ、今日もうろ覚えのまま頑張ります。
最近二ヶ月間限定でヨガを習い始めた自分。
ヨガってアレだね、終わった後頭がぼーっとする。
(慢性的にぼーっとしてるとかそういうツッコミは以下略)
リラックス効果があるらしいけど、そんなに緩まなくていいのに。
ストレスを感じないと動いた気にならないじゃないか。
…とか言ってると副長みたいじゃないか。
微ネタバレ、お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。

今週は一話完結型のメガネ回、道場のその後的なエピソード。
マカダミアナッツを未だに引きずる門下生達。
いや、薄汚いおっさん達と言うべきなんだろうか。
秘伝だか奥義だかが、思いっきりコマンドだったわ。
今までゲームを殆どやらなかった自分にとって、未知の指さばき。
メガネの汗と涙とレンズとチェリーみたいな展開でした。
(明らかに自分好みな嘘が一つ混じってます)
詳しい話はネタバレに持ち越します、毎回慌ただしくてごめんよ。
いい加減、推敲進めないと春が終わってしまう…!

今日も今日とて適当な感想ですが、まったり浮上!
   

芋とスタバと女と女

※管理人のどうでもいいぐだぐだプライベートに注意※

先日、「kiss bail」管理人のドア様とお会いしてきました。
そのときのあれこれを徒然なるままに書き留めます。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
管理人の下心が剥き出しなので、その点は悪しからず。

初めてお会いする素敵サイトの素敵管理人様、ドアさん。
(気になるお客様はリンクからこっそりどうぞ)
新幹線改札前で待ち合わせなのに、在来線改札前に行った自分。
最初からやっちまった感が漂う中、ホルモンを囲みオフ会開始。
ドアさんはガチで可愛かった…外見は勿論、声は犯罪を呼ぶね。
無駄に高まる胸の鼓動、今日の勝負パンツ何色だっけ?
そんないかがわしい自分にも優しいドアさん。
ポテトをむしゃむしゃ貪る姿もキュートで、もう!
酔いも回らないうちから、サイトのあれこれを語ってくれました。
春になるとムラムラした話を書きたくなるよね、とか。
昔の話を読むと盗んだバイクで走りたくなる、みたいな。
ハッピーなお話がお好きなドアさんは、笑顔が印象的でした。
普段暗い喋り方をしてしまう自分としては羨ましい限り。
二次会のスタバへ行く途中、ケーキ屋のエクレアを凝視する自分。
何か言う前から「それはダメですよ」と牽制してくれるドアさん。
このとき密かに運命を感じたなんて、恐れ多くて死ねる勢いだよ。
ドアさんの言葉で特に印象に残ったのが、以下の二つです。
「自分で書いた短編の中で、特に好きな話は何ですか?」
「さかなさんが書くと、両思いになれなさそう…」
特に好きな話は一番好きなキャラと同じ位頭抱える系かも。
ドアさんには初期のある短編が好きと言ってもらえましたが…。
うーん…それぞれ思い入れはあるけど、お気に入りか(遠い目)
これは次回お会いするときまで宿題にしておこう。
自分が書くと両思いになれない、ああ確かに!と頷きました。
バッドエンド主義ではないですが、後ろめたい話が多いよね。
多分、うまくいくまでの過程をちまちま書くのが好きなのかも。
夢要素が薄いお話も愛してるので、夢小説サイトとしては以下略。
その他にも性癖だの下ネタだのてんこ盛りな夜でした。
ドアさん、お付き合いいただきありがとうございました!

それにしても語るとわかる、自分の傾向あれこれ。
迷子になりかけたときの道標にちょうどいい流れでした。
オチもないけど、書きつくしたのでもそっと浮上!
   


   

風呂上がりの腹筋チラリズム

一番くじの土方さんを見て、ふと思ったこと。
土方さんはヴィダルサスーン派なのか…そうなのか。
ラックス派であってほしいと一瞬でも考えた自分は以下略。
ツイッターではメリット派という説が流れてたね。
沖田さんがヴィダルサスーンで近藤さんが石鹸だっけ?
自分は美容室の業務用シャンプーとコンディショナーで。
無香料のほうが香水と喧嘩しない気がする。

一番くじも引いたので、詳細はまた後日。
一昨日と今日の拍手コメントお返事済です。
いつもお気遣いとネタをいただき、ありがとうございます!
ぱちぽちしてくださったお客様にも感謝。
もれなく焼き肉臭い気分が味わえます。
   


   

副長は意外とサボり魔説が浮上(J-WORLDのあれこれpart2)

※思いつきでやりたい放題な管理人の日常に注意※

当分行くことはないだろうと思っていたJ-WORLDに、再び凸。
銀魂コーナーがリニューアルするとか言われたからさ…(白目)
ホワイトデーの夜、最終入館時刻五分前位に到着した自分。
一人でささっとミニゲームをこなし、一時間で退館という素早さ。
そのときのレポを、うろ覚えながら軽く残しておきます。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。

【真選組捕物帳 ~テーマパークでキャッホーな仲間たち~】

一回五百円というとんでもな値段設定の体感型?ゲーム。
足元見過ぎだろと思いつつ、他のアトラクションは更に以下略。
J-WORLDの中に仕掛けられた四つのイベントをこなします。
最後にスタート地点へ戻ってくると、あるオチがお出迎え。
真選組の隊士になりきって働く、という話でした。
四つのイベントのうち、二つが意外と難しかった…。
というか設置場所がアレで説明が聞こえなかったYO!(言い訳)
ぼーっとしてたらいつのまにか始まってたイベントもあったし。
あと、前回と同じくヒールだと辛いイベントもあります。
しかも今回は係の人も不在、恥を忍んで自力で頑張ったよね。
最後のオチは腕をかなり使うので、複数名で挑むべきかと。
景品はハニー近藤さんの股間ステッカーでした。
何回か通うと全身分集まるそうで、世知辛い商売だ…っ!
クリア率50%の自分は副長レベルの働きっぷりと讃えられたよ。
副長ってもしやあんまり働いてないの?仕事できない男なの?
そんな疑問を残しつつ、無事にキャッホー終了しました。

あとはミニゲームとかフードとかありましたが、大体スルー。
(そもそもフードは夜九時がラストオーダーで手遅れ…)
ジャスタウェイのくじは一回引いたところ、A賞が当たったわ。
しかし真選組Ver.の柄は既に品切れ、万事屋Ver.の水筒です。
これどうしよう、いちご牛乳でも入れておけばいいのかな。
相変わらず誰かと行ったほうが楽しい気がするJ-WORLDです。
春休みや連休などお出かけするお客様は、機会があればぜひ。

関係者かって言われそうな気がするので、こそこそ浮上!
   





   

ホワイトでもブラックでもドSはドS(拍手文更新のあれこれ)

お待たせしました、こっそりと沖田さんの拍手文更新です。
ホワイトデーどころかブラックデーになったのは見て見ぬふりで。
ここから先は例の如く、ぐだぐだなお話のあれこれです。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
BGMは残酷な天使のテーゼ、エヴァの続きが見たくて仕方ない。
まだ円盤三枚分位しか見てないんだよ…しかし面白いわエヴァ。
流石、サッポロポテトが主食の庵野監督(関係ない)。
そういえば庵野夫妻のエッセイ漫画がアニメ化って本当?
監督不行届、原作の漫画は結構面白いのでおすすめです。
エヴァは登場人物が意外と周りに気を使ってたりしてて可愛い。
シンジ君は絵に描いたチェリーボーイで冷やかし甲斐があるし。

今回のお話は、一応バレンタインとリンクした話になります。
(バレンタインのお話を読んでなくても読めますが、念のため)
続きというよりはスピンオフ的な展開かもしれません。
書いた本人が扱いに困っている位なので、あまり気にせず以下略。
強気な沖田さんもいいけど、たまにはこういうのもアリかな…と。
若いうちの色恋沙汰なんて、勢いと悪あがきの産物だよきっと。
後で気づいて悔しい思いをして、それでも諦めきれなくて。
恋に終わりがあるように、失恋にも終わりがあれば楽になるのに。
そんなクサい思いつきが、何とか形になりました。
これから土方VS沖田の地味なバトルがあるかないかは謎のまま。
しかし勃発した場合、真っ先に被害を被るのは山崎で間違いない。
来年こそ甘いホワイトデーのお話を書けるよう、精進します。
あと、竹刀ダコは剣道下手な人にできやすいとか。
(ソースが不確かなので間違ってたらごめんよ)
もし事実なら沖田さんすんまっせーん!
遂行中は宇多田ヒカルの曲、Lettersを繰り返し聞いてました。
沖田さん×宇多田は鉄板なので、推敲には不自由しない不思議。

あんまり書くと墓穴を掘りそうなので、今日はここまで。
次の作品も早く公開できるよう、ちまちまと準備しようか。
   

野球用語に「夜の」をつけると下ネタになる(WJ微ネタバレ)

ついったでそんな呟きが回ってきて、俄然たぎった。
夜のホームラン王、夜の三振空振り、夜の内野安打…。
ちょっとした下ネタをキャラ別に書きたくなったなんて以下略。

微ネタバレなのに火曜へ持ち越してすんまっせーん!
浴槽でるろ剣の再放送と月曜から夜ふかし見てたら眠気が…。
(月曜~はマツコ・デラックスのトーク番組です、多分)
お風呂出てコンタクトはずして髪乾かして即効寝たよね。
化粧水とかつけない、そもそも夜は毎晩何もつけてなかったわ。
クリームでも塗ったほうが…しかし夜くらい皮膚呼吸したいし。
そんなわけで何も覚えてないなりに微ネタバレ、ゆるーく開始。

先週に引き続き、なんちゃって時かけ後編です。
最近銀魂のCカラー多くない?春だから?何かのフラグ?
不吉な予感しかしないのは気のせいってことにしておこう。
内容は殆ど何も覚えてないけど、土方さんと沖田さんがいた。
(嘘ついてたら申し訳ない…)
土方さんは体の一部を銀さんに壊されてたような。
片腕が機械仕掛けになってましたよ、ええ。
どうせなら股間に巨大ドリルでも装着させてくれ。
色々ありましたが、確か夢オチっぽい終わり方でした。
それにしてもCカラーの白夜叉若かったな。
白夜叉時代っていかにも青臭くておいしいよ。
情けない恋と格好悪い愛、有り余る欲でムラムラすればいい。

どう頑張ってもここまでしか思い出せないので、こっそり浮上!
   

時はかけるものではなく、遡って色々と止めるもの(WJネタバレ)

※日曜のお昼頃打ち込んでました※

もっとリアルに目を向けろとか、しっかり勉強しろとか(白目)。

早売りのWJが出回る中、空気を読まずにWJネタバレします。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
これからバレエの発表会に顔を出すので、書き殴りになりそう。
書き抜き少なかったり、嘘ついてたらごめんよ。
ムッツリだったり下品だったりするので、そのへんもご注意を。
銀魂以外だと暗殺教室とワールドトリガーは鉄板です。
ワールドトリガーの王道な巻頭カラーは綺麗だったな。
こち亀の雪ネタは、雪国生まれじゃなくてもあるあるだね。

ぺたり。

先月と今月の家賃が腎臓な銀魂、お登勢さんの四コマで開始。
神楽と新八、銀さんだけが無事という状態でお約束のアレです。
「人だけじゃないある 動物も物もみんな…動かないアル」
「止まっちまった…って事?人でも…物でもなく 時間が…」
そんな展開羨まし過ぎるだろ、神様頼むから時間を止めてくれ。
読みたい本と漫画を全部一気読みして話を書く時間だけでも…!
できれば年単位で止めてください300円あげるからァァ!!
酔っ払い銀さんが宇宙人に託された三千世界時計。
それを銀さんが壊しちゃったので、あらゆる時間が止まってると。
森さんの広告じゃないんだからそんな設定止めてよ空知んたま。
この隙に副長の股間を揉みに走らないでどうする…時は満ちた!
「お通ちゃんのおっぱいをもみ続ける権利を得たんだぞ」
「どんな活路見出してんだァァァ!!三時間位にしときます」
「よし じゃあ俺は結野アナのケツのア…」
「油売ってねーでさっさとガラ空きになった銀行強盗してこい」
このやりとりに安心しちゃう、我がホーム☆万事屋よ。
源外さんに書き置きを残し、時間を動かして時計を直してもらう。
いい感じの作戦だけど、案の定なかなかうまくいかないわけで。
話の流れ上、一瞬スーツ坂田がドヤ顔で出てくるよごちそうさま。
ある世界線では源外さんが死に、ある世界線ではマダオが死ぬ。
おっとこれは時かけもしくはシュタゲっぽい…?
(世界線なんて言葉は出てこないし全然深刻そうじゃないけど)
「あっちを生かせばこっちを生かせずか クソ…何か方法が…」
「みんなを救う方法が必ずあるはずだ!!」
銀さんが岡部(シュタゲ主人公)に見えたところで次回へ続く。

結論。

次回作も主人公を甘党にしてチョコを狙うらしいよ空知んたま。
   

原作が薄い本で薄い本が原作で(銀魂単行本五十三巻のあれこれ)

そろそろ時効かと思われるのですが、皆様どうでしょうか。
銀魂単行本五十三巻ネタバレ、おまけページ中心に語ります。
既に読まれた方とネタバレカモン!な方はこのままどうぞ。
色々と遠慮ないので、そのへんもよろしくお願いします。
暗殺教室とワールドトリガーも単行本を集めたい。
しかしそんなことしたら、絶対に部屋が終わってしまう…!
現在進行形の週刊誌連載はそれが怖いんだよ。
いくら好きでも、途中で脱落する予感と悪寒が止まらない。

年中気が緩んでる空知んたまの挨拶で、ゆるーくスタート。
どうでもいいけど、新刊のご案内が神だったね。
「大正浪漫 鬼さんやめてえぇっ!」一巻発売とか、これラノベ?
磯兵衛がじゃんぱら(新刊のご案内)を捨ててたし。
肝心の内容は、死神篇と坂田土方入れ替わり篇です。
要するに二次創作ヒャッハー!なあれこれが盛り沢山。
今回はとにかく土方祭りだと思うのは自分だけですかそうですか。
おまけページは新しい担当さんの話とか諸々でした。
そして質問コーナーには、自分もずっと知りたかったことが…!
万事屋と志村家と屯所の距離、これは本当に知りたかったYO!
歩いて二十分程度、ありがとう空知んたま!
必ず二次創作でおいしく使わせていただきます。
スクーターはスナックお登勢の裏路地ってのも役立ちそう。
それにしても距離を質問した読者のPNもなかなか…。
「銀さんのウンコ」って直接的すぎてむしろ潔いわ。
レンズが「新」でフレームが「八」、これ何気に名言だよ。

最後に毎回恒例になりつつある台詞書き抜きに凸します。
今回はかなり多いので覚悟しなければ…(遠い目)

「死神ならここにいるぜ 罪人(ブタ)ども」
「私を救ってくれた人達の首を地に落としたりしない」
「届きゃしねェ もうどこにも」
「ゆくぞ マヨネーズ航路(ライン)はそこだァァ!!」
「敵(アイツ)か味方(オレ)かわかりゃしねーぜ」
「って乳首また斬られてんだろーがァァァ!!」
「まだ8時30分 おねむの時間だろーが!!」
「もう8時30分54秒 戦いは既に始まってんだろーが!!」
「局中法度を忘れた奴をとがめる奴は士道不覚悟で切腹!!」
「早く町内中にしらせなァァ!!隕石が降ってくるよ!!」
「トシぃぃ何やってんだ!!早く攘夷志士血祭りにいこうぜ!!」
「志村新八 万事屋法度に従い 悪・即・斬!! 遂行いたす!!」
「トシさんに手ェ出したらただじゃ済まねーぜ旦那」
「少しでもその刀動かしてみろ トシ・即・斬アル」
「男性(アナタたち)自身を抽出したキ○タマかけご飯です」
「あんな男(やつ)とは別れて 俺とつき合っちゃいなよ」
「この鬼とレッツパーリーナイトしないかい」
「銀さんはもっと尻の軽い女が好みだから」
「土方さんは前髪V字の女しかうけつけねーから」
「これで俺達穴兄弟だなって喜んでくれたよ」
「私の脳の95%は銀さんのバナナでっ…」
「わん(後始末お願いします)」
「ぶっちゃけていうと真選組なんて全員ホモだからね」
「そうかい じゃあ給料は万事屋/真選組(そっち)もちで」
「そしておかえり 僕らのリーダぁぁぁぁぁぁ!!」

途中から薄い本を書き抜いてる錯覚に陥ったけど、まったり浮上!
   

次元を越えたいと頭抱えるのは、腐女子とオタクの青春のデフォルト(東のエデン劇場版 I The King of Edenのあれこれ)

地味にハマっていた東のエデン、遂に劇場版まで辿り着きました。
劇場版 I The King of Edenと II Paradise Lostの感想。
一応前後編なので、あれこれも半分ずつ分けていきます。
(まとめたら多分とんでもなく長くなっちゃいそうだし…)
ネタバレ全開なので、お付き合いいただけるお客様はどうぞ。
いいことばかり書くとは限らないので、くれぐれもご注意を。
むしろかなりキツいことも書いてしまうと思います。
ファンの方や劇場版最高だった!というお客様も気をつけて。
図鑑でアニメか漫画か映画の話しかしてない自分。
物凄い本数の映画を見てるんじゃないかとか誤解されたりも…。
いやいや、映画もアニメも漫画も実際は全然見てないYO!
最近見るようになっただけで、過去作品とかさっぱりだもの。
ナウシカとか紅の豚とか、未だに見たことないからね。
(ナウシカは漫画読んだら圧倒された記憶が…)
食わず嫌いは勿体ないと思い、大人になってようやくデビュー。
若い頃見ておけば、もう少し物の見方も変わったかもしれません。
ちなみに普段は、映画とかアニメとか漫画の話なんて皆無。
大概しょーもない下ネタばかり話して、一人爆発してます。

あらすじや真面目な感想は公式サイトとやほーれびゅーにお任せ。
一言で言うとアニメの後日談、最終話から半年後…という話です。
やほーれびゅーの評価だけはチェックしてから鑑賞しました。
結論は、「うん…まぁ、前編だし」という微妙なテンション。
まずはよかったところと気になったところを箇条書きで。

【よかったところ】

・掴みはなかなかいい感じでスタート
・TV版で明かされなかった設定のあれこれが多少わかる
・各キャラの個性がそのまま活かされてる

【もうちょっと…なところ】

・主題歌は一体何なのか、大人の事情と言ってください監督
・作画がアニメより雑な気が…気のせいだと思いたい
・映画でやる意味があったストーリーかどうか

とにかく前編なので、謎は謎のまま後編に持ち越す流れです。
最初の数分間はこれから始まる物語に期待させられる雰囲気。
(TV版の第一話で全裸の主人公、ほどの衝撃はないものの…)
チーム☆エデンがセレソンゲームの詳細を話し合ってたのは親切。
特にセレソン図、あれ見なかったら誰がいるのかすら不明だし。
黒羽はおいしいところを全てかっさらったな、好きなキャラだ。
咲(ヒロイン)がちゃんと成長してるところも微笑ましいし。
しかし何よりもツボだったのが、パンツのニート論。
(パンツというあだ名の三枚目天才プログラマー)
「邪念ん中でもんどり打つことこそ、ニートなる者(モン)の青春のデフォルト!」
この台詞を筆頭に、事ある事にニート節を炸裂させるニクい奴。
ニートを腐女子orオタクに変えると他人事じゃない台詞だ…!
邪心のちに妄想爆発が青春のデフォルトだもの。みつを。
(ちなみに自分は上の台詞のシーンだけ五回位見ました)
パンツの声優さんは関智一さんっぽいね。
関さんの担当するキャラは自分好みなキャラが多いな。
(シュタゲのダル、サイコパスの狡噛、エヴァの関西弁男子等)
一方で頭を抱えたのは主題歌と作画、ストーリー諸々でしょうか。
好みの問題とはいえ、主題歌はもう少しダークな感じでも以下略。
エンドロールの曲だけ明るければいいんじゃないかな。
(最初に流れた曲とエンドロールの曲は同じか否か忘れてる…)
作画が雑っていうのは、スクリーンだと一層残念なところ。
自分はレンタルですが、映画館で見るクオリティでお願いしたい。
制作進行に追われているであろうアニメのほうが綺麗だったよ…。
ストーリーは後編に向けての壮大な伏線と捉えれば我慢できる。
ただし、これは後編で風呂敷たためなかったら辛いね(遠い目)。
相変わらずプリキュア(セレソン)が全員出てこない悲劇。
後は主役が何を考えてるのかよくわからないんだよな。
主役記憶喪失設定なら、ゲームとかでもよくない?
そのほうがきちんと理解してから話進められるし。
(ゲームのほうがシナリオ作りが難しそうだけど)
後編の出来次第で前編の評価も変わってくるかと。
アニメと同じく神山監督だし、監督を信じたい…っ!
神山監督は設定の作り方が上手いし、目の付け所もいいと思う。
しかし欲を言えば脚本が苦手なんじゃないだろうか。
百億円のセレソンゲーム、二万人のニート。
この国の空気とアガリを決め込んだオッサンに戦いを挑む。
こういう設定をうまく使い切ってくれるよう祈りつつ。
ニート考察からニート愛はよくわかったけどね。

何はともあれ後編に一縷の望みをかけながら、もそっと浮上!
   

動物の手と足の概念が迷子(special thanks更新のあれこれ)

※長編連載に関するネタバレ有、ご注意を※

犬とか四本足って言ったりするよね。
そうなると犬は手って言わないのかな…?

ここに書くのも恥ずかしい位、久しぶりの更新となりました。
お待たせしてしまい、というか待ってくださってる…よね?
日本語もめちゃくちゃですが、こっそりとフリリク更新です。
毎回アレですが、リンクはspecial thanksのsに以下略。
ここから下はネタバレ含む、作品のあれこれにになります。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。

今回はアゲハ蝶の副長と副長補佐の番外編的なお話です。
この二人のお話のリクエストをいただいたのは、実は初めて。
そのせいか、とんでもなく緊張した上に時間がかかってしまい…。
フリリクはスピードが命なのに、いつも申し訳ないです。
アゲハ蝶は季節感のあるお話なので、今回も冬モロ出しだよ。
もうすぐ春なのに冬全開で、何故か季節に乗り遅れる始末。
この冬の自分は結構雪塗れでしたが、皆様はいかがでしたか?
雪うさぎは作らずとも、ネオアーム(中略)砲は作ったよね。
アレは粉雪だと固まりにくくで、本当に作りにくかったYO!
失敗作のち○こもとい大砲が、家の前の駐車場に並ぶ悲劇。
それにしても、アゲハ蝶の二人はじれったくてもどかしい。
ほんの少し距離があって、お互いにどこか遠慮してて。
それでも一緒に…ああもうあとがき書いてる自分が爆発しそう。
やたらクサくて、進みも悪くてすんまっせーん!
いつか公開するであろう続編も、きっとこんな感じです。
そのときまでお付き合いいただけると嬉しいです。
推敲中は鬼束ちひろのKing of Solitudeでまったり。
この曲は寝落ちが酷くて大変でした…(遠い目)
余談だけど、アゲハ蝶本編は推敲中の曲がかなり固定されてたな。
転海屋云々の辺りはMr.ChildrenのHANABIばかり。
話が進むと、LOVE PSYCHEDELICOのneverlandもよく聞いたし。
クライマックス直前は鬼束ちひろの私とワルツを、がエンドレス。
エピローグはYUIのTomorrow's wayのお世話になりました。
沖田さんとの絡みは同じくYUIのLIFEやfeel my soulで。
ダークな曲と可愛い曲を交互に聞いてました。
改めて、アゲハ蝶は自分にとって特別な話かも…と思います。
沢山のお客様の目に留まったようだし。
何より、あの二人はずっと書きたくなる仲なんだよな。

沙羅様、この度はリクエストいただき有難うございました。
アゲハ蝶がお気に入りとのお言葉、嬉しかったです!
今後もよろしくお願いします。
   

砂糖の日でも平常運転(WJ微ネタバレ)

こんな日は銀さんのお話とか読みたくなるね。
いや、本当は年中無休で読みたいんだよ?
次元を一つ間違えて生まれてしまった苦しみが以下略。
今日もゆるーく微ネタバレ、お付き合いいただける方はどうぞ。
いつもならパソコンで打ち込みますが、珍しく携帯から。

最近流行りの世界線ネタがついに銀魂にも…(仮)の巻。
世界線がというより、時間を止めてたから時かけ風味?
時をかける銀さんとチーム☆万事屋のお話です。
誰も死なずに元の世界線に戻るには、とか多分そんな展開。
台詞が多くて全然読み切れてない、しかもうろ覚え。
なのに作者コメント欄のことはしっかり覚えてる始末。
バレンタインありがとう、次作も甘党主人公にします的な。
世間はもうすぐホワイトデーだもんね…(白目)

世界線越え過ぎて台詞とか忘れてるので、今日はここまで。
ちゃんとしたネタバレを早く打てるよう精進します。
   

お色直しは一瞬で(WJネタバレ)

気がついたら日付が変わっていたという、本当にあった恐い話。
ネタバレも更新もままならなくてすんまっせーん!
パソコンの機嫌は直ったようなので、まずは恒例WJネタバレ。
あることないこと色々言いますのでご注意を。
書き抜き少なめなので内容薄くて申し訳ない。
BGMは爆風スランプのシングルベスト、妙にテンション上がるわ。
銀魂以外だと、こち亀で何気に笑ったりしてました。
大阪から鹿児島まで新幹線って、結構な距離あるよね?
地名を聞くと旅に出たくなってしまう病気に悩まされてます。
暗殺教室は烏間先生が逞しすぎて鼻息荒くなったYO!
あんなスペック、最早人間じゃないだろう。

ぺたり。

先週に引き続き、勲の過去と猿公篇(仮)の後編です。
チビ勲はとにかく可愛くて純粋で、ああもう爆発したい。
神社を手に入れるため、子供達を人質にする悪人っぽい連中。
禁じられた盗みで、仲間と神社の権利書?を連中から奪い返す勲。
その代償として燃えてしまった神社…ってちょっと待って。
このパソコン、平気で「萌えてしまった」とか変換してるし。
勲に神社が焼かれた真実は知らされず、先生は猿公に。
他にも色々言いたいのですが、単行本にお任せします。
とにかくアレだよ、近藤と土方の阿吽の呼吸が神がかってて辛い。
(今回の展開はなんとなく呼び捨てしたくなってしまう…)
土方の横顔がやたら綺麗なのは犯罪だと思えるレベル。
過去を、事実を知ってしまった近藤と土方の葛藤が美味しすぎる。
「このままじゃ…なるめぇ 終わりにしなきゃなるめェよ」
「最期くらい安寧にいかせてやっても…」
「奴と約束を交わした…アンタがそれを言うのか」
「…トシ…俺は…俺は…」
相当省略してるけど、このへんのやりとりから近藤に嫉妬したわ。
土方にここまで慕われているって何なの、ゴリラなの?
そんなとき、高利貸しの連中が落とし前をつけようと猿公捕獲。
一連の状況を把握した土方は現場に向かうためパトカーへ。
あ、よく見たらさりげなく着替えてるのか。
近藤は袴姿で全力疾走してるんだけど、これって行き先は屯所?
次の登場シーンは格好いいけどいつのまにか隊服じゃないか。
「近藤さん 警察か泥棒の弟子か どちらでも好きに選べばいい」
「アンタがゆくなら俺は…」
「俺達は盗賊団にだって何にだってなる覚悟はできてる」
え、これ何のプロポーズですか土方コノヤロー!
チビ勲が神社に通うのを止めた代わりに呟いた言葉が、もう!
「強くなりてェ 何もかもみんな護れるくらい 強く」
ちょっと何のデジャブ?ポニ方と言ってること一緒かよ!
近藤と土方の出会いを捏造して書きたい気持ちが先走ってる。
現場に駆け付けた近藤のキメ顔が半端なくて心震える。
「猿公だよ」だよ、たった一言で全部持っていく威力だ。
全員しょっ引いてる最中に近藤と土方が無言のアイコンタクト。
男の友情だか何だか知らないけど、見せつけられちゃったね。
息絶え絶えの先生を捕まえる近藤、弟子が勲だと知っていた先生。
二人の最期のやりとりは単行本でじっくりとどうぞ(手抜き)。
それにしても、このやりとりすら盗み見てる土方は以下略。
後日談としてバナナを神社にお供えするゴリラの姿が。
というわけで、勲の過去と猿公篇(仮)完結です。
一番言いたいのは、近藤土方の繋がりは何なのかということです。
一体どんな出会いをしてどれだけ一緒にいればああなれるのか。
本気出して考えてみたけどわからないのでふて寝しようか。

結論。

ウチの職場より週間連載のほうが楽ってどういうこと空知んたま。
   

テンションがおかしいときは大抵目が開いてない

※緩い日常と無知なあれこれです、笑って流してください※

ふと思いついて、日帰りで杜の都まで行ってきました。
目的は勿論、おいしいごはんを食べるためです。
お会いしたい方もいらっしゃったのですが、それは叶わず。
というか、行くって決めたの数日前だからね。
いくら何でも無茶ぶり過ぎる…次はもっと計画的に行動します。

伊達政宗が眠っているらしい瑞鳳殿、ここが唯一観光した場所。
ベンチの数からすると、新緑の季節は混みそうな雰囲気です。
現存する当時のものが、お洒落で凝ってました。
1cm×2cmくらいの装飾品なのに細かく猪が彫られてるとか。
紅皿?の模様が唐草模様だか何だか、ちゃんと細工されてたり。
そして、当日参拝?した人の名前を書く名簿が置かれていました。
平日かつ春休みなせいか、二十代の関西在住組もちらほら。
全体的に若い年代の方が多かったです。
レッツパーリィも多少なりと影響してそうだね。
(次元を混同しているわけではないので悪しからず)

後は某有名店のおでん、こちらも初めてですがおいしかった…!
いいだことわらびとにら玉が好きです。
ロールキャベツにはんぺん、さんまのつみれもおいしかったな。
油麩丼の味付けも、素朴でありがちなんだけどクセになる。
お気に入りのお店が増えてニヤニヤしちゃったYO!

完全に弾丸ツアーでしたが、いい気分転換になりました。
外に出ると、改めて自分の家が恋しくなるしね。
しょーもないあれこれが溢れる汚い部屋でも有難く感じる不思議。
色んなところを見てから、最後に軽い気持ちで戻ってこれる。
皆様にとって、このサイトもそういう位置づけでありたいです。

最後が気持ち悪い展開なのは、眠いからだと信じつつ浮上!
   






   

ゴリラがバナナを食べているところって、実は見たことがない(WJ微ネタバレ)

月曜夜は微ネタバレ、最早ライフワークになってます。
ざっくり暴露しますので、お付き合いいただける方はどうぞ。
うろ覚えなので嘘ついてたらすんまっせーん!
銀魂以外は殺せんせーしか読んでないけど、鼻血出そうでした。
流石暗殺教室、自分を殺すツボを心得ていらっしゃる…(遠い目)
最近新連載ラッシュで時代の流れに置いていかれる寸前だYO!

ゴリラのあれこれ篇、さくっと後半スタートの巻。
今回で決着がついてましたが、もう本当に近藤さんが素敵に無敵。
この話で近藤さんの魅力を再確認してしまったよ…。
他人のためにあんな顔で泣ける大人の男って、もう!
しかもそれについていく系のトシがいじらしすぎて失禁寸前。
失神じゃなくて失禁する勢いでした、横顔綺麗だしね。
煙草咥えているだけで絵になるなんて、どうしたらいいのか。
近藤さんのためなら真選組は盗賊団になってもいいとかさ。
とにかく近藤さんと土方さんの仲に心震えっぱなしでした。
土方さんの忠誠心ってどこから生まれてくるんだろう。
これはこの二人の出会いを書くしかないんじゃないか。
久しぶりに夢主不在の夢小説を書きたくてムラムラしてます。
ところで、今回の話で妄想を膨らませるにあたって気になる点が。
チビ勲って武州で暮らしてたのかと思ったけど違うのかな?
あの神社は江戸にあるんだよね、チビ勲はなんちゃって江戸っ子?
江戸から武州に道場ごと引っ越したとか…?
でも父親(らしき道場主)とは不仲っぽいよな、うーん謎だ。

細かい話は後できちんとネタバレします、寒いのでもそっと浮上!
   

変な形じゃなくても考え込んでしまうのは山芋とズッキーニ(WJネタバレ)

茄子と胡瓜はありがちなのでスルーしてみた。
すっかり週末恒例となったWJネタバレ、今日もゆるーくいきます。
復習も兼ねて、お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
手元にWJはありますが、何か嘘ついてたらごめんよ。
BGMは爆風スランプのRunner、旅人よ、さよなら文明の三曲で。
今回の銀魂は彼が主役なので、もう爆風スランプしかないと。
「おなら・おなら・おなら・さよおなら文明」とか彼なら歌うね。
バックコーラス?が何故か「ウホッ!」とか言ってるし。
「もしもこの世にパンツがなかったら」なんてシュールだよな。
パンツがなかったら、好きなあの子にどうやって会いに行こう。
きっと素直に会いに行けるし(フリチンのほうが)わかり合える。
こんな歌詞を歌いこなせるのはサンプラザ中野しかいない。
(替え歌ではなく、本当にそういう歌詞なので悪しからず)
銀魂以外だと、ワールドトリガーが休載でちょっとしょんぼり。
インフルエンザな葦原先生、ゆっくり休養なさってください。
こち亀の「どこのテレビも同じだな」には目から汁が…。
タモリ倶楽部かアニメかニュースしか見たい番組がないって一体。
後はプロフェッショナルか、世界ふしぎ発見!位かな?
べるぜバブは五年間の連載お疲れ様でした、古市って沖田似だね。
暗殺教室は三角巾姿のカルマが可愛くてニヤニヤしちゃったわ。

ぺたり。

最近の銀魂って、センターCがやけに多くない?
しかも今回の神楽ちゃん、私服姿が新鮮でいいんだけどさ…。
「そういう日も、アル」ってキャッチコピーはアレじゃない?
ルナルナというか女の子の日みたいなアンニュイさがあるような。
裏には一番くじの情報か、フィギュア全部集めたくなるわ。
松陽先生とチビ攘夷ズは揃えないとって気持ちになる。
しかし置き場はない、ちびきゅんすら飾る場所がない…(遠い目)
「バカヤロー テメーみたいなロクデナシは勘当だ!!」
「こんなオンボロ道場の二代目継がなくていいなら清々すらぁ」
「盗人の方が向いてるだろうよ 勲!!」
というわけで過去回想からスタートした本篇、主役はゴリラ。
志村家にてパトロールと称したストーカー行為中にうたた寝。
お疲れなんだね近藤さん、何だかんだで局長って忙しそうだよな。
「そう これはパトロール 俺は断じてストーカーじゃない」
屋根に登るゴリラの身のこなしを賞賛したのは、大泥棒猿吉小僧。
さるきちじゃなくて、えてきちと読むらしいね(無知)。
土方さんが追いかけている盗人、猿吉小僧。
悪徳高利貸から盗んだ金品をバナナに変え、江戸にばらまく人物。
端的に書いたつもりでも、何か卑猥な要素を感じるのは気のせい?
そんな土方さんを誤魔化しながら盗人の修行を続けるゴリラ。
「警察が泥棒の弟子にされたなんて誰にも言えねェ」
「ストーカーでしたなんて それも恥ずかしくて言えねェェ!!」
苦悩する野ゴリラと猿吉小僧の前に現れたのは真選組。
猿吉小僧を捕まえるためにモメる数ページが最高でした…!
書き抜くと長くなるので、ぜひ単行本で確かめてください。
それにしても土方さんって本当に不憫で美味しい役どころだよね。
仲間も何もかも捨てて逃げ出すゴリラの珍プレイ好プレイに拍手。
あと一ヶ月の命な猿吉、末期の願いは神社にバナナを供えること。
律儀な局長はお供えに神社まで行くわけだけど、副長が以下略。
とりあえず来世は土方さんのマフラー?に生まれ変わりたい。
「潜入捜査と言ってくれ 潜入捜査だなアレ」
本当は滅茶苦茶長いこの台詞、土方さんの瞳孔が半端ないYO!
頭に包帯巻いてる着流し土方、妙に色っぽくてムラムラします。
このへんで諸々種明かし、要約すると神社に縁があったチビ勲。
変な形の大根を抜いて興奮してたチビ勲の面倒を見た神社の宮司。
彼こそが猿吉小僧じゃないかという流れで次回へ続く。

結論。

雪に憎しみしか覚えない、それが大人への第一歩だよ空知んたま。
   

去勢の意味がわからなくても、お母さんには聞かないように(拍手文更新のあれこれ)

あっという間に今年も二ヶ月が過ぎてしまいました。
三月初の更新は拍手文、真選組副長と煙草屋の話でスタート。
季節感をぶち壊す宵待ちシガレッタ、ようやく八話目です。
一応続き物で、第七話まではclappingに眠らせてあります。
前回拍手文のバレンタイン小話もclappingにお引っ越し済。
読み返したい、まだ見てないなんてときはぜひどうぞ。
ここから先はお話のネタバレを含むあれこれです。
お時間のあるお客様はお付き合いいただけるとよだれ出ます。

このお話は、内容的に一月末位の更新を目指していた自分。
ある意味予定通り、地味誕とバレンタインの後で以下略。
相変わらずじれったい大人二人と猫一匹がもそもそしてます。
やっぱり副長と黒猫って構図がどうしても好きなんだ…っ!
タイトルを決めたとき、一発で去勢と変換されて妙に納得。
うん、自分の携帯なら迷わず去勢を出すと信じていたよ。
副長がやや自虐的でテンション低くてすんまっせーん!
自分が書くと、どう転んでも副長が悶々と悩んでて気の毒。
あと、副長はあんまり色んなことを言わないんじゃないかと。
今回も「普段と変わらない副長」で在り続けようとしたし。
彼が素直になった日には、きっと大雪騒ぎになるんじゃない?
そして余談中の余談ですが、皆様は正月をどう過ごされましたか?
自分は毎年祖母のところでばたばたの年末年始です。
なので、寝正月に対して物凄い憧れを抱いてたり。
コタツとかで蜜柑食べながらお茶飲んで漫画読む、みたいな。
副長はじっとしていられないし、職業柄多忙だろうけどね。
現在進行形のお話なので、語れることが少なくて申し訳ない。
第九話もそのうち更新すると思うので、どうぞよろしく。

豆餅食べて眠くなってきたので、まったり浮上!
   
プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。