スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜はよし坊の大好きな豚のソース焼きよ!

ごめん、よし坊かどうかもわからないようろ覚え。
タイガーマスクを見てたら、そういう台詞がありました。
豚のソース焼きって初めて聞いた…どんな食べ物なんだろう。
ソース味の何かであれば関西のイメージかも。

明日卒業式を迎えられる皆様、ご卒業おめでとうございます。
キルラキルじゃないけど、折角の制服です。
最後の一日までばっちり着こなしてあげてください。
大人の皆様は、増税前のあれこれを頑張って切り抜けましょう…!
唐突にシビアな話だけど気にしない、更新は多分明日。
またまた夜のお話なのでUPする時間帯がアレだとアレかな。
アレアレ詐欺みたいになってしまいそうなので、ドロンします。
   
スポンサーサイト

要点だけまとめても、三分の一も伝わらない(東のエデンのあれこれ)

未だ興奮冷めやらぬテンションですが、萌えは熱いうちに打つ。
東のエデン、アニメ版の全十一話の感想やあれこれです。
思いっきりネタバレを含むので、今後観る予定の方はご注意を。
いいことばかり書くとも限らないので、そのへんも悪しからず。
頭の中で整理し切れてないので、言ってることが支離滅裂です。
BGMは東のエデンEDです、サントラもどっぷり聞いてる始末。
基本テンポの速い曲じゃないと眠気防止にならないので丁度いい。

原作・監督は神山健治氏、キャラクター原案は羽海野チカ先生。
アニメーション制作はProduction I.Gと三拍子揃った当作品。
ノイタミナ初のオリジナルストーリーアニメらしいね。
正直なところ、ノイタミナ枠はツボか否かがかなり分かれる自分。
この話は人に勧められてみたけど、激しく急所を突かれました。
(以下数行はWikiから一部抜粋)
記憶喪失の青年と謎の携帯電話を巡るサスペンス・アクション。
世界観は『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの前時代(らしい)。
…なんて紹介だとちょっぴり仰々しい雰囲気になるかな。
結論から言うと、諸々アレだけど見てよかった作品でした。
まずはいいところと微妙なところを半々位挙げてみます。

【いいところ】

・細かい設定、ドライなのに残酷すぎない世界観
・多分皆が多少なりと感じている物事の見方が満載
・見やすい作画と勢いで鑑賞できるスピード感

【微妙なところ】

・重要人物や鍵になる出来事の謎が謎のまま
・ラストは綺麗とはいえ、不完全燃焼感が否めない
・映画のハードルが上がってしまうような流れ

力が入っていたのは、ノブレス携帯やセレソンゲームの設定。
ドミネーターよりも人間味があるノブレス携帯は本気で欲しい。
謎の携帯の電子マネー百億円を使って、この国を救えるか。
(ただしライバルがいたり条件が色々あったりします)
国を救うと言っても敵を倒すとかではないところが面白かったわ。
人の数だけ正義も理想も存在するとしみじみ。
話し出すと長くなるので、後は公式とWikiに丸投げします。
ある意味Fate/Zeroちっくとはいえ、人が死なないところも好き。
(別に死んでもいいんだけど、死なないほうが万人向けかと)
粗っぽい部分もあったけど、話の展開でカバーしてる気がします。
個人的には44マグナムだのジョニーだの股間ネタによだれ∞。
羽海野チカ先生原案のキャラも、話を重くしすぎなくていいね。
微妙なところは、あらゆるあれこれが謎のまま話が終わったこと。
ガイドブックとか読まないと、きっと全然追いつかない(白目)。
プリキュアが十人いるはずなのに五人しか出てこない的結末。
残り五人は顔も名前もわからないままの最終回みたいな話でした。
Wikiを見る限り、映画か小説辺りで補完はできるみたいだけど。
全十一話をちゃんと見ても、Wikiの三分の一も伝わらない。
純情な感想が空回りしてる気分です。
どんでん返しがなかったのも賛否両論の原因になりそうな予感。
EDの紙細工の流れをそのままなぞっただけになってる…。
EDはもう少し遠回しなものでもよかったかもしれません。
(あの紙細工アニメーション自体は素敵に無敵でしたが)
アニメだけで終わらせる気なんて、初めからなかったんだよね?
人気が出たから映画も作っておこうか、じゃないよね?
最初から映画ありきのアニメだとしたら、アニメは壮大な釣りか。
しかし自分は魚類なせいか、ええもうばっちり釣られましたよ。
映画はきっとアレなんだろうけど、最後まで見ちゃいますよ。
テレビだけで完結させるには1クールだと尺が足りない。
しかし2クールだとクオリティが持たないのかな…と一人妄想中。
何にせよ映画を見届けるまでが遠足ですが、アニメは好きです。
共感できたりできなかったり、全体のバランスが自分好みだから。
ああ、やっぱりまとまらない…原稿用紙が足りないよ先生。
このへんで止めますが、もし気になった方がいらっしゃるなら。
二話位で好き嫌い判断可なので、ジョニーの先っちょだけでも。

長くなりましたが、指がかじかんできたのでもそもそ浮上!
   

おとことこどもをいつもさりげなく間違えてしまう罠(おおかみこどもの雨と雪のあれこれ)

少し前にTSUTAYAでレンタルしたまま、すっかり忘れてました。
おおかみこどもの雨と雪、ネタバレ含む感想です。
見たことあるお客様、ネタバレ可なお客様はこのままどうぞ。
いいことばかり書くわけじゃないのでくれぐれもご注意を。

あらすじや正当派感想はやほーれびゅーにお任せします。
要するに、花とおおかみおとこの間に生まれた雨と雪のお話です。
花、雨、雪の三人家族で過ごした十二年間位のあれこれ満載。
細田守監督作品は「サマーウォーズ」で惚れ込んでしまった自分。
今回の作品は、予告の段階だと何とも言えない感じだったね。
「映画館で見たほうがいい話だよな…」と悩みつつ結局スルー。
今頃になって見たけど、やはり映画館で見るべき話だったわ。
TVで見るなら、録画してCMなしで集中して見たほうがいいね。
いつも通りいいところと微妙なところを書き出してみます。

【いいところ】

・最初のほうの背景画と中盤の見せ場が半端なく綺麗…!
・子育てのリアリティに驚き、からの感動(あるあるネタ多し)
・全体的にまとまっていて、客層を選ばない(人に勧めやすい)

【微妙なところ】

・そういう作画なのか乱れただけかわからない場面がいくつか…
・名台詞が少ないので、勢いだけでは見られない
・腐った心の人間が見るとツッコまずにはいられない設定

微妙な点も一応挙げてみたけど、どれも作品の質は下げません。
なので、基本的には褒め言葉ばかりになってしまう話です。
作画、特に背景は田舎好き?な細田監督の奮闘に目から汁が出る。
大学のシーンとか、最初戸惑うレベルで凝ってました。
雪の中を駆け抜けるシーンもスクリーンで見たら気持ち良さそう。
花の子育て奮闘記は見てるほうが辛くなる位細かくて生々しい。
ああいう経験をなさったお母様方が見たら、多分泣いちゃうな。
見ていて暗い気持ちにならないし、見終わった後も疲れ過ぎない。
なのに絶妙な余韻が残る、ある意味正当派な映画でした。
気になったところは書くのも躊躇われるほど、微々たる話です。
自分の物の見方がいかに厨二で腐ってるか露呈しちゃうだけだし。
感じたことに変わりないので、こっそり書き留めておくけどね。
気分を害されそうなので、この先は笑って流してください。
おおかみおとこと花は、何故おおかみモードで○○○してるの?
それで子供できちゃうのか…ふーん、そうなのか(意味深)
前半は会話なしでストーリーが進むシーンもちらほら。
ちゃんと画面を見て、「いつの間に?」な展開に注意すべき。
サマーウォーズのときは決め台詞がツボだった自分。
(「しまっていこう」「よろしくお願いしまーす!」とか)
今回はそういう台詞がなかったので、後で思い出して遊べない…。
しかし、普通に見てたらどれも全く問題ないです。
ごちゃごちゃ言いましたが、家族やカップルで楽しめる作品。
気になる方はぜひ、おやつ片手に見てみてください。

長くなってしまったので、このへんでまったり浮上!
   

オチのないちょっとしたあれこれ

明け方にPP連載を更新しました、File.4はここで終了。
しかしこのペースだと本当に最後まで辿り着けるのか以下略。

少し前に変な形の野菜がどうこう言ったので、画像を載せます。
バレンタインにもらった可愛いチョコも。
茄子は焼き茄子と麻婆茄子とラザニアが好き。
この茄子は焼き茄子になった記憶があります。
チョコはピンクなブラックサンダー。
シュールな感じが可愛くてお気に入りだったり。

相変わらず画像の大半が食べ物でわさわさしてるよこの携帯。
   




   

知らなくても生きていける大半のことは知っておいたほうがいい

こういうことを言っていいのか微妙ですが、ふと思ったので。
タイトルセンスがない自分、実はランキングの紹介文も悩みの種。
説明的になりすぎないのにきちんと説明できている。
あっさりなのに心惹かれて、思わず読んでみたくなる。
そういう一文って意外と思いつかなかったり。
短ければ短いほど、センスや価値観が剥き出しになっちゃうし。
あとはジャンル不問のランキングのジャンル紹介単語が難しい。
今まで銀魂はag、サイコパスはPPかと勝手に思ってた自分。
銀魂ってss(シルバーソウル)と表記されることもあるのか。
ssって何?ショートショート?…と勝手に思ってた無知さよ。
某バスケがkrk、某テニスがtns、某忍者がnrtはまだわかる。
しかしこれが漢字表記になると、最早迷子寸前だよね。
復活とか鰤とかWJ系は比較的頷けても、それ以外が未知の世界。
原作のタイトル知ってても思いつかなかったりするし。
首って何?魔神とは一体…?酒も魔法もさっぱり謎だYO!
そんな夢小説の不思議を叫んでみたかっただけです。

拍手コメントお返事更新済です、ニヤニヤが止まらない…っ!
優しいお言葉に悶えながら、今日もまた妄想します。
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛と感謝を。
次の拍手文が冬の話なので今月中に何とか…ならないか。
   

変な形の野菜は何となく食べにくい(WJ微ネタバレ)

希望と絶望の月曜日、勿論希望はWJでファイナルアンサー。
平常運転微ネタバレ、お付き合いいただけるお客様は下へどうぞ。
BGMはUNISON SQUARE GARDENのharmonized finaleです。
感想はあんなにボロボロだったのに、曲は愛して止まないよ。
「いつか必ず終わるから」とかいうキャッチコピーが、もう!
せめてラーメンを作ってから終わりにしてほしかったよな。
銀魂以外だと、ワールドトリガーがまさかの休載。
作者急病?だっけ、一番後ろの目次ページ右下に記載があったね。

ここに来てどうした銀魂、勲の過去篇だなんて…!
チビ勲が可愛すぎて頭抱えてまま動けなかったわ。
小さな頃から悪ガキと呼ばれた過去のあれこれが描かれてました。
しかし物凄い台詞量だったので、ネタバレのときに頑張ります。
寺子屋に通ってた勲、当時はギザギザハートの盗人だったと。
そして今、盗人に見込まれて技を仕込まれるの巻。
野ゴリラの活躍とトシの絡みはもう何なのか、夫婦みたいだ。
土方さんはおいしいところ全部持ってく狡い男…っ!
かつての恩師が今は鼠小僧紛いの盗人だと、勲と再会だと。
大根を引っこ抜いてムラムラしてたチビ勲を抱き締めたい。
何だか支離滅裂な感想になってしまいましたが、来週に続く。
それにしても最近二次創作の出る幕がないというか、本誌が熱い。
原作追いかけてれば全部補完できそうだよな。

ジムで走ってる間に記憶を失ったので、今日はこのへんで。
ゴリラだのバナナだのに鼻息が荒くなるマダオがお送りしました。
   

男の涙は蜜の味(劇場版TIGER&BUNNY The Rigingのあれこれ)

ようやく気持ちの整理がついてきたので、感想をぶちまけます。
劇場版TIGER&BUNNY The Riging、ネタバレ大丈夫な方はどうぞ。
いいことばかり書くわけじゃないので、ファンの方はご注意を。
(かなり辛口なので感想を見ないほうがいいレベルです)
びーえるちっくな発言も多少あるので苦手な方は気をつけて。
何を言われても気にしない鋼の心をお持ちの方向けです。
そういえば、予告で心惹かれた作品が一つもなくて呆然としたわ。
るろ剣の予告もあったけど、斎藤一役が未だに納得できない自分。
もうちょっとダークヒーローっぽい俳優さんはいなかったのか…。
毎年この時期は洋画ラッシュで、映画館から遠ざかるんだよね。
そろそろ自分も洋画デビューすべきなんだろうか。

あらすじや正当派な感想はやほーれびゅーと公式サイトに丸投げ。
さらっと説明すると、TV版ヒーロー達のその後のお話です。
(ちなみに自分はThe Beginningは見ず、TV版のみ見てます)
結論から言うと、自分がもしファンなら色んな意味で泣くね。
予想通りの話を積み上げていくのはタイバニならでは。
まずはいつも通りいいところと微妙なところを書き出してみます。

【いいところ】

・女性陣が可愛かった(ブルーローズとドラゴンキッドが神)
・主題歌/挿入歌が話と合っていた(タイバニの王道です)
・バディの動きがよかった(CGにお金かかってるね…)

【微妙なところ】

・作画が全体的にアレだった(特に男性キャラ)
・ストーリーはもう少しあれこれできたような…
・各キャラがキャラ崩壊してる(特に主役二人)

微妙なところはキリがないので、このへんにしておきます。
見なきゃよかったとは思わないけど、全体的に辛いわ(遠い目)。
劇場版シュタゲと並ぶ位、地味にショックを受けました。
アニメ映画なら、作画は最低限頑張ってほしかった…。
幕銀スタッフを投入してまで踏ん張ったんじゃないの?
幕銀後半の作画が一部モニョったのはそのせいかと思ってたのに。
虎徹さんとバニーですら顔面崩壊してるって一体。
作画がちゃんとしてるのはジブリと新海誠監督作品位なのかな。
(予算の関係もあるとはいえ、TV版より劣化したら流石に…)
ストーリーは女神の影の正体がわからずじまいじゃない?
(これは自分がわかってないだけだったら申し訳ない)
敵三人もショボくて、ヒーロー達しっかり!と叫びたくなったよ。
ファイヤーエンブレムの苦悩はあんなに尺取らなくても以下略。
ただでなくても上映時間短めな作品なんだからさ。
ライアンも気の毒な役だった…まさに当て馬以外の何でもない。
何より辛かったのがキャラ崩壊、虎徹さんから笑顔が消えてた。
消火器シーンの笑顔しか印象に残らないのは悲しすぎる。
バニーとの決別もあれじゃ痴話喧嘩でよくない?
他のキャラの個性も今一つ引き立てられず…。
感想がここまでネガティブになるとは思わなかったYO!
個人的見解だけど、多分監督交代が響いたんだろうな。
前監督のセンスや愛情がなくなるとこうなるのかという感じです。
よくも悪くも全然ホモホモしくなかったし。
僕のチャーハンレベルの何かを期待した自分が間違ってました。
一番面白かったのは、隣の隣に座ってた男性(一人客)の反応。
途中からずっと号泣してたのが気になって仕方なかったわ。
男性ファンが増えたようなイメージはあるかも。
ホモホモしさが薄まったせいか、CGの気合いのせいか。
あとはウロボロス?やルナに関するところはほぼノータッチ。
これは二期に引っ張るつもりなんだろうか。
前監督が帰ってこないとどうしようもないけどさ…。

いいことが殆ど書けなくてすんまっせーん!
公開時期を延期した?位だし、自分が期待しすぎたのだろうか。
これが結末なら、TV版で終わらせたほうが引き際がよかったよ。
しかし皆絶賛してるので、自分の目がおかしいだけかも。
あくまで一個人の感想なので悪しからず。
やっぱり監督は大切だと痛感した作品でした。

長々とごめんよ、気を取り直してさくっと浮上!
   

たこ焼きにたこが入っていなかったときの衝撃ははかり知れず(WJネタバレ)

やってきました週末休み、お約束のWJネタバレ。
本誌を既に読まれたお客様、ネタバレ可なお客様は下へどうぞ。
来週のネタバレが大変そうなので、今回は温存したい。
というわけで書き抜き少なめ、いつも以上にざっくりです。
本誌は一応手元にあるけど、嘘ついたりしたらごめんよ。
銀魂以外だと殺せんせーが安定の面白さだったな、皆格好いいわ。
ワールドトリガーはそろそろぼんち揚げ発売だっけ?
HACHIは時々読んでたんだけどな…西先生の話は地味に好き。
BGMは東のエデンEDばかり、神山監督作品が気になって仕方ない。

ぺたり。

ぷらり宇宙散歩第五十回サムライの星、作者は火星仁さんです。
ダーツの旅で選ばれた星は地球、地球の頂点に立つのはEXILEね。
「彼等が主に食べるのは女優やモデルだけだ」
「へェー 恐そうに見えてやさしい生物なんですね」
「いや やらしい生物だね」
担当N氏と仁さんのやりとりは通常運転。
ちなみにこのエッセイ絵が銀魂だって、最初全然わからなくてさ。
あまりに銀魂見つからなくて、目次から探したからね(遠い目)。
B'zとWANDSは確かに見た目が似てる雰囲気を醸し出してるかも。
ZARDとWANDSが一緒に歌ってる曲とか昔好きだったな。
地球にもその昔はサムライがいたとか、絶滅してしまったとか。
サムライが絶滅した原因が就職氷河期か、それ侍に限らないYO!
二人が取材することになったのは、サムライのウンコの化石。
汚い棒きれ(木刀)と汚い棒きれ(股間)を持つ銀髪天パです。
昼は二足歩行のちどり足、夜はゲロ吐く四足歩行って上手いな。
SMネタとか諸々ありますが台詞多いので書き出すのくじけた…。
N氏がブリーフの三角木馬でドMっていうのはよくわかったわ。
足を食べられまくってる仁さんの明日は如何に、たこなのに。
なんか凄くどうでもいい洒落とか言い出してる自分、頭の病気だ。
「銀さん 今週銀魂1ページらしいですよ」
新八が言うと、それですら全然普通な気がしてくる不思議。
「ほぉ~ 宇宙には恐い生物がいるもんだねェ」
この銀さん、死んだ魚の目なのにセクシーってどういうこと…!

結論。

柔道部の匂いってことは仕事場が青春臭いのか空知んたま。
   

休日前の夜更かしは何気に贅沢

だと思う、好きなことしてまったりして…。
とか何とか言いながらジムで考え事しつつ走ってました。

元々さほどアニメは見ないので、声優さんに疎い自分。
漫画は割と読むけど、アニメは座ってられなくて…(色々病気)。
大概間違えますが、稀に声だけで中の人がわかったりすることも。
「あの役とこの役、きっと同じ声優さんだ…!」的なアレ。
最近だとエヴァのゲンドウと銀魂のマダオかな。
の二人は多分、中の人一緒だよね?
(きちんと調べたわけじゃないので間違ってたら申し訳ない)
後は黒バスの黄瀬君とロボノの海翔、東のエデンの滝沢。
この声優さん(木村良平さん)の声は、飄々としてて特徴的。
あんまり暑苦しくない声というか、比較的淡々としてるというか。
そして相変わらず関智一さんの声は全く見抜けない…。
エヴァの鈴原トウジ(関西弁のクラスメイト)も関さんでしょ?
RAVEのハル(主役)にエリア88のミッキー、のだめの千秋。
シュタゲの橋田とFate/Zeroのアーチャー、PPの狡噛慎也。
全員中の人が同じとは思えないんだけど、特にシュタゲとか。
ああ、こんな話をしてるとエリア88の一気読みとかしたくなる。
漫画と下ネタとごはんのことしか考えてないマダオです。

拍手コメントお返事、更新済です。
お気遣いと優しいお言葉ありがとうございます!
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛と感謝を。
もう少ししたら拍手文も差し替えますね、せめて寒いうちに。
   

空気が読める大人になりたい

大変お待たせいたしました、PP連載更新済です。
気長に付き合ってくださるお客様にこっそり感謝を。

行きつけのカフェのおにーさん(店員さん)はワンピ推し。
というわけで描いてもらいましたラテアート、エースです。
キャラは誰でもいいとお願いしたらエースって凄いよなぁ。
チョッパーとかは他のお客さんに描いてるの見たことあるけど。

もうちょっと妄想したら帰って活動しよう。
毎回オチも何もないチラ裏日記ばかりで以下略。
   


   

一見さん大歓迎なサイト管理人が見た、一見さんお断りの粋な世界(舞妓Haaaan!!!のあれこれ)

一回来ていただけただけでも相当有難い話じゃないか。
少し前にレンタルで見ました、舞妓Haaaan!!!の感想です。
内容をご存じだったり、ネタバレOKなお客様はこのままどうぞ。
いいことばかり書くわけではないのでご注意を。
見てから時間も経っているので、色々うろ覚えです。
間違ったこと言ってたり嘘ついてたらごめんよ。
それにしても映画の予告っていいわ、見たい作品が沢山見つかる。
陰日向に咲くとかすっかり忘れてたよ、今度借りてこようか。
BGMはキルラキルOPとエヴァOPと東のエデンOPを行ったり来たり。
今更エヴァを見始めたんだけど、名台詞が多すぎて痺れる。
綾波レイのツンデレって個人的にかなりツボだ…!
これくらいツンの割合が多めのほうが、自分は好きです。

クドカンのオリジナル脚本が織り成す、ハイテンションな当作品。
内容はやほーれびゅーやウィキにお任せしちゃおうか。
簡単に説明すると、舞妓大好きなサラリーマンのあれこれです。
憧れの舞妓さんとお茶屋遊びをしたい、野球拳をしたい。
そのために色んな無茶苦茶をこなしていく主人公の奮闘記。
結論から言うと、良くも悪くもクドカン作品でした。
いいところと悪いところを対比できない程度は記憶喪失な自分。
とりあえず、一番好きなのはショートホープなどの下ネタシーン。
説明しよう!ショートホープとは煙草の種類である!
他の煙草に比べて、その名の通り短めである!(どうでもいい)
堤真一のチ○毛に火をつける柴咲コウの根性が素敵。
他は終始クドカンのテンションで流れていきました。
所々ミュージカル要素が出るのは予想外だったかな。
ラストもそこそこ綺麗にまとまってるし、暗い気分にならない。
そこそこ下ネタに耐性ある人となら軽い気持ちで見られる。
(複雑な話じゃないって、誰かと見る場合ポイント高くない?)
ただ、阿部サダヲのテンションが高すぎる気も…。
おかげで見せ場なのかさえわからないシーンもちらほら。
多分演劇のテンションで脚本を書くとああなるんだろうな。
間延び感が強いので、もう少し短くまとめてもいい話かも。
クドカンは長い脚本向きじゃないのかもしれません。
スピードが段々息切れに変わっているのが否めないもんね。
俳優さん達の演技はそれぞれベストだったと思います。

カールとかスコーンを食い散らかしながら、まったり浮上!
   

ただただ下品なだけの水曜日

※しょーもない下ネタと低クオリティ即興会話文に注意※

最初に言っておきます、拍手お返事更新済です。
体調まで気遣ってもらえて、よだれ出ちゃう…!
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛と感謝を。
甘ったるいバレンタインですがどうぞよろしく。
あと、図鑑の画像が見られないお客様はいらっしゃいますか?
もしいらっしゃいましたら、教えていただけると有り難いです。

きのこの山から、春らしい味が新発売となりました。
その名も「きのこの山いちご練乳仕立て」。
この見た目を可愛らしいと捉えるか、卑猥だと悦ぶか。
自分は勿論後者でした、ごちそうさまです。

今回は甘党天パと幼なじみの彼女の話をどうぞ。

「はいお土産、銀時はこういうの好きそうじゃない?」
「何だよこれ、きのこの山?いちご練乳?やたらアレだけど」
「うん、上はピンクで下は黒くて硬い…かなりいいよね」
「銀さんはこんなに小さくねェぞコノヤロー」
「食感がよくない?滑らかなチョコとビスケットのサクサク感が」
「紛らわしい言い方するんじゃねェェ!!」
「でも昔の銀時はこうだったじゃない?…あ、やだ溶けてきた」
「つーか昔の俺とか何?もしかしてガキの頃風呂覗いた?」
「先っぽ(のチョコ部分)がどろどろしてる…」
「オマエ絶対わざとだろ、狙ってるだろ」
「狙ってるのはメーカーでしょ。ほら鼻の穴開けて、あーん」
「…今夜は練乳まみれにしてやるよ覚悟しろ」

管理人の頭が終わりかけてるので、今日はここまでにしようか。
   


   

Everyday、賢者モード(拍手文更新のあれこれ)

管理人のユルさをご存知のお客様はきっと感づかれていたはず。
過去を蒸し返す拍手文、聖戦ネタでこっそりと更新しました。
ここから先は毎回恒例のあとがきちっくなあれこれになります。
お時間のある、心の広いお客様はこのままどうぞ。
あくまでフィクションなので、何卒よろしくお願いします。
前回拍手文の保育士山崎はclappingにお引越し済。
エプロン姿の彼をまだ見てないというお客様はそちらもどうぞ。

バレンタインの話は、色んな素敵サイト様で拝見しました。
どれもよだれが止まらないお話ばかりで心震える自分…。
当日になっても思いつかないなら書かなくてもいいんじゃないか。
そう思っていましたが、大雪とフィギュアスケートで開眼。
数十年に一度の大雪と、四年に一度のスポーツの祭典。
これはもう乗っかるしかないでしょうと急遽神輿を担ぎました。
14日過ぎたからこそ書けるバレンタインの話があってもいいよね。
(単なる言い訳に過ぎないとか、それは重々以下略)
なのでやたら甘ったるいし、ツッコみどころの多い話に…。
フィギュアスケートの技名とか、自分の無知がバレる展開に。
カヲル君似の某選手は、話の流れ上トリになってもらったし。
タイトルは何のひねりもなく、皆様ご存知の通り直球で。
フィギュアスケートのリンク脇にある小さいスペース。
競技終了後の選手とコーチが結果発表を待つ場所。
それがキスアンドクライだそうです。(ウィキより抜粋)
結果によって抱きしめあったり、涙を流したりする。
だからこんな名前らしい、何という乙女心…!
金メダル云々と色恋の緊張感は比べ物にならないだろうけど。
それでもやっぱり、本気な分だけ思うところがあるんだろうな。
ちなみにSP設定ですが、過去のSP作品とは全く関係ないです。
単にスーツ土方を見たかったから…うん、ごめんなさい(土下座)
推敲中は宇多田ヒカルのkiss&cryばっかり、お約束です。

最近シビアなお話が多かったので聖戦位と思ったけどアレだね。
やりすぎだと思いつつ、よろよろ浮上!
   

先週のカラーページに学ラン新八がいたことを今突然思い出した(WJ微ネタバレ)

映画までの時間に打ち込む微ネタバレ、今回もさくっといきます。
すでにWJを読まれたお客様はこのままどうぞ。
他の作品はまだ殺せんせー位しか読めてなくて涙目。
実は今朝、年に一回あるかないかの大寝坊をやらかしたので。
起きた時間が電車に乗る時間って末期的だったYO!
三分で身支度して飛び出した自分の性別を疑いたくなったわ。

というわけで、WJを読んだとは言えない位内容はうろ覚え。
一話完結型で、絵がちみキャラっぽかった…ギャグ回かな(適当)
最後の1Pの銀さんの横顔は犯罪を呼ぶ勢いで格好よかったけど。
凄い数のキャラが出てきて、エッセイ風だとか何とか。
ダメだ、ちゃんと読んでネタバレで出直したほうがいい絶対。
きのこを抱えたキャラが誰だったかすら思い出せない。
結構いかがわしい構図でニヤニヤしたのに…っ!
そういえば話と無関係ですが、新連載?に銀子ちゃんがいたね。
銀子って文字を見るだけでムラムラしたのは自分だけですか。

さて、そろそろ時間なので史上最高に適当な微ネタバレは〆ます。
我ながらいい加減だと思うので、ぜひ皆様本誌で確かめて以下略。
   

聖戦と個室とカップルシートはリア充専用三種の神器

※管理人の緩い日常と呟きと妄想に注意※

今回の雑談は長いので、お知らせを先にします。
拍手コメントお返事更新済です、いつもありがとうございます!
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛と感謝を。
エプロン山崎は話題作りのためにプリキュア見てると信じてる。

先日、いそいそと都内某所でしっぽりなデートをしてきました。
お相手は、Twitter等でお世話になってる上市さん。
居酒屋の個室カップルシートで話したあれこれを載せておきます。
何のジャンルも大丈夫、好き嫌いがないお客様はこのままどうぞ。
自分の相当気持ち悪い妄想が唐突に飛び出るのでご注意を。
BGMはUNISON SQUARE GARDENのharmonized finaleで。
タイバニの話は何もしてないのに、空気読まないチョイスです。

台風だの大雪だの、オフ会を悪天候で迎えるのも慣れてきた自分。
お忙しい上市さんをお待たせする失態を犯しながらも居酒屋へ。
窓席だからか異様に寒かったよ…上市さんごめんなさい(土下座)
外の吹雪を眺めながら、二人共ノンアルコールで最初から全開。
一年半ぶりくらいにお会いしたのかな、大江戸温泉以来です。
話し&聞き上手な上市さんのおかげで、遠慮なく下心大爆発。
基本的には銀魂のあれこれを熱く語らせていただきました。
坂本は勿論、佐々木に近藤、あんぱんに至るまで云々。
印象に残ったのは、寸止め展開の話でしょうか。
これを如何に色っぽく描く(書く)かという語り合いが神でした。
きっと読み手様からしたら愉快な話ではないよね…。
自分が読み手なら、○○○ついてんのかと叫んでると思うし。
けど、書き手側としてはこれが大好物なんだ…!

坂本の天パを夢主が耳にかけてあげる

意味ありげなのに何事も起こらない

とか、

佐々木の片眼鏡を夢主が外してあげる

いい雰囲気でも特別発展しない

とか、

近藤のバナナを剥いてあげる…

あれ、唐突に下品になってしまったYO!

(読み手様に丸投げしてるだけとか、お約束なツッコミは以下略)
とにかくそういう話って悶えるよね、と握り拳で語ってみたり。
そんな自分の暴走を、生暖かい目で見守ってくれた上市さん。
後は眠れない夜に各キャラが何をしているのかとかね。
さぶちゃんはちまちまと顔文字作ってそうですがどうでしょう。
土方、山崎、佐々木あたりは割り切って別のことをする予感。
坂田、沖田、近藤は頑張って眠ろうとするタイプだったり。
他にも最近このアニメ見てますとか、リアルがどうこうとか。
楽しい一時を過ごさせていただきました、ありがとうございます!

それにしても、自分はどうして何でも長編にしてしまうのか…。
話を短く、尚且つ面白くまとめる能力ってどこで買えますか。
佐々木と近藤好きな方はハッピーエンド主義が多くないですか。
少なくともこの二人相手で死ネタは書ける気がしない不思議。
好きなキャラには願望だとか自分の性格が反映するってやつかな。
マヨネーズをすするのは避けなければと思う今日この頃です。
   

ボンボヤージュの本来の意味が迷子(WJネタバレ)

毎週末の荒れ狂った天気は一体何なのか、ソチは暖かそうなのに。
本気で首を傾げる今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
週末ヒロインになれずとも、週末ネタバレはこなしたい。
まったりいきますWJネタバレ、今週のおさらいにどうぞ。
銀魂以外だと、ワールドトリガーの空閑が唐突に格好良い。
ソーマの一色先輩と恵ちゃんの関係もじんわりと好き。
殺せんせーは相変わらず先が読めるようで読めないわ。
この三作品+こち亀が最近の定番です。
鰤は流れから取り残されてしまったYO!
今年は集英社に何個くらいチョコが届いたのか、地味に知りたい。

ぺたり。

多分今週で決着がついた辰馬の過去篇、過去ターンからスタート。
見知らぬオババやとっつぁん等、カウント早いキャラ強し。
過去ターンで辰馬と陸奥の共同作業か、気持ちいい戦いっぷりだ。
銀さんは陸奥が夜兎と把握した瞬間発狂してるけど大丈夫か。
宇宙海賊のお姫様は夜兎、うーんスペック高すぎる。
「ウチのヒロインの立場はァァ!?」
ゲロインのことを心配する銀さんは最早お父さんかと。
銀さんと辰馬を猫の子のように掴んで飛び道具代わりにする陸奥。
「待てと言うちょつんが解らんか 釣りがまだぜよお客さん」
これはアレだな、クールビューティー陸奥の一人勝ちじゃないか。
「覚えときィ わしゃあの坂本(バカ)に拾われたんじゃなか」
「あん時 宝石(いしころ)ば拾うたんはわしぜよ」
最強な陸奥、結局最後まで顔が謎だったモザイク敵を撃破。
「宝石ば~」のコマの若き日の辰馬、いい顔してるよなぁ。
元奴隷な快援隊メンバーに祝宴やら何やらと慕われている陸奥。
「艦長の無事を祝ってくれるヤツは誰もおらんがかァァ!!」
「無事じゃないもの 艦長顔面ボンボヤージュしちゃってるもの」
モザイクな辰馬と銀さんのやりとりが可愛くてニヤニヤしちゃう。
「間違っても女のためにやったなんてお前は言わねーだろうから」
「間違っても女のためにやったなんてお前も言わんからの」
ああもう何なの、この二人の阿吽の呼吸が腐れ縁すぎて…!
辰馬と銀さんって二人共情が熱くていいよね、根っこが似てる。
「そうさ わしらは快賊ぜよ」
このページを切り抜いて枕元に貼っておけば、夢で会えそう。
後日銀さんのところにはバッグ一杯のたくあんが到着。
たくあんを齧る銀さんの横顔が、複雑な心境っぽくて絶妙。
横顔一コマで短編書けるとか一瞬でも思った自分はきっと病気だ。

結論。

空知んたまのお姉様、出産おめでとう!キラキラネームは以下略。
   

「今から帰るお」と打ち忘れたことに今更気付いてゲンドウポーズ(special thanks更新のあれこれ)

松岡修造氏の不在は偶然か否か、冬が本気出してるね。
各地で○○年ぶりの大雪やら何やら、せわしない金曜日だわ。
ホワイトバレンタイン、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
風邪など引いてませんか、足元は大丈夫ですか?
両足を棺桶に突っ込んだ状態の自分はまだまだ元気です。
どさくさに紛れて更新までしちゃいました。
フリリクで、special thanksのsに準備しております。
この先はお話のあれこれです、お付き合いいただける方はどうぞ。
管理人の偏見まみれなのでご注意を。

今回は初めてさぶちゃんのお話を書かせていただきました。
(拍手文のさぶちゃんは、夢というよりCP小説かな…と)
エリートさぶちゃんは、相思相愛になったら尽くしてくれるはず。
しかし片想いでもさりげなく優しくしてくれるんじゃない?
平静を装って嫉妬したり悩んだり、色々悶々としてそう。
そういう意味で、土方さんは彼にとっていいライバルっぽい。
鬼と怪物の板挟みな夢主は、さぞ苦労するだろうな。
話がずれてしまいましたが、相変わらず焦れったいです。
好きなんて言わないし、触れもしない大人なさぶちゃん。
でも、そういう外に出せない感情って実はアレだったりするよね。
夢主の行動パターンを知っているさぶちゃん、恐ろしい子…!
結局格好いい彼にならず、全力で土下座待機です。
あと、煙草についてあまりいいこと言えなくて申し訳ない。
あくまでフィクションなので読み飛ばしていただければ幸いです。
推敲中はAvril LavigneのGive You What You Likeでまったり。
彼には鬼束ちひろが似合うと思いつつ、洋楽もイケるかも。

上市様、この度はリクエストいただきありがとうございました。
今後もよろしくお願いいたします。
   

教えてる側が教わっていたなんてよくある話(ブタがいた教室のあれこれ)

年明け早々、TSUTAYA通いが激しくなってる自分。
今回はずっと気になっていた「ブタがいた教室」を見ました。
毎回恒例、ざざっと感想を書き留めておきます。
既にご覧になった方、ネタバレ大丈夫な方はこのままどうぞ。
話の展開上、残酷(?)な発言もするので悪しからず。
本作で感動なさったお客様にはあまりオススメしない感想です。
余談だけど、レンタルDVDを見る前の予告がとにかく長かった…。
アニメDVDは他作品の予告って本編の後なのに、どうした邦画。
自分が知らないだけで、何か決まりごとがあるんだろうね。

あらすじや真面目な感想はやほーれびゅーにお任せします。
簡単に説明すると、実話を元にして作られた遠慮ない話です。
新米教師の星先生が小六生徒を誘い、ブタを飼おうという展開。
一年後にはそのブタを皆で食べようぜ!という流れのはずが…。
と、内容はこんな感じで当然勃発する食べる食べない論争。
結論から書くと、あまり人には勧めたくない映画です。
そして自分のツボでもなかった…シリアス好きなのにね。
よかった点と微妙な点を箇条書きにしてみます。

【よかった点】

・生徒の演技がいい意味で生々しい
・星先生(妻夫木氏)の新米っぷりが妙に本物くさい
・周囲の大人が繰り出すあるあるネタに頷いてしまう

【微妙な点】

・脚本、この一点がもう…(ゲンドウポーズ)

平たく言うと、名前までつけて皆で可愛がったブタは殺されます。
ラストは食肉センター?の人が来て皆がブタに別れを告げて…。
こうなることはなんとなくわかってたので、まだいい。
(ここから下は明らかに自分の主観です、ご注意を)
肝心の皆で豚肉を食べるシーンがどこにもなかったんだよ…!
え、Pちゃん(ブタの名前)を食べるシーンないの?
あれだけ論争勃発させておいて食べないの?
ブタを食べるシーンがどんな仕上がりなのか期待してたのに…。
こんなこと言うと地も涙もないとか言われそうだけど。
しかし食べると決めたら最後までやり遂げてほしかった…。
じゃないと、この映画って何だったの?で終わっちゃうYO!
これが食育なのかどうか、素人の自分には正直よくわからない。
でも、作品としてはきちんと結末まで見せてほしかったな。
星先生は一体何がしたかったのか…最後まで謎でした。
子供たちの多数決でブタのdead or aliveを決めるって何だかな。
最後の一票は星先生だったのが唯一の救いです。

色々言いましたが、グロシーンは全くありません。
ブタは可愛く、子供たちも等身大。
妻夫木氏はこういう普通な役には向いてないのかも。
普通すぎて影が薄くなりがちな気がする。
悪人、マジック・アワーあたりの濃い役どころを推奨したい。
興味がある方は、レンタルで一人鑑賞がよろしいかと。

言いたいことは言えたので、寒さに震えつつまったり浮上!
   

真面目なことを言ったので明日の天気が心配だったりする(PP短編更新のあれこれ)

素敵な企画に参加作品を提出させていただきました。
PP短編、今回は珍しく(?)ギノと執行官夢主のお話です。
ここから先はお話のあとがき的なあれこれです。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
管理人の気持ち悪い偏見大爆発なので、その点はご注意を。

今回のテーマは、ある意味王道な「さようなら」でした。
選ばせていただいたタイトルは、ほぼ一目惚れです。
「さようなら」という言葉に対し、あまり悲観的にならない自分。
別れを告げるって、色んな意味で感慨深い気がするんだよね。
そしてタイトルを頭の中でぐるぐるさせること三ヶ月。
幻想もとい妄想が似合うキャラ、ギノに頑張ってもらいました。
PPは何を考えているか不明なキャラが多い中、彼は単純だなと。
善悪の物差しも、彼なりの道徳論も、ある意味明確でブレがない。
だからこそ何か少しでも引っかかってしまうと、真面目に悩む。
悩んで迷った末に迎えたエンディングとプロローグが当作品です。
平たく言うと、ギノが悶々としてただけじゃないかとか以下略。
勿論、格好よかったり甘かったりな彼も書いてあげたい。
しかし自分が執筆すると、どうしても葛藤メインになる悲劇。
何を言っているかわからなくなってきたので、話を変えます。
推敲中のBGMは鬼束ちひろのBRIGHTEN USで。
比較的最近のアルバム「LAS VEGAS」収録のアカペラです。
和訳すると宗教的なニュアンスが強くなるのかな…?
ギノの話を書くときは、必ずと言っていいほど登場する鬼束曲。
論理的だったり正義ぶったりするくせに、本当は臆病で仕方ない。
そんな彼向きな曲がごろごろしてて、推敲が進みやすいよ。
Angelinaとeveryhomeもちょこちょこ聞いてたかな。

紺野様、この度は企画に参加させていただき有難うございました。
今後もよろしくお願いします。
   

コラボすれば何でもいいわけじゃない(WJネタバレ)

一週遅れでとろとろと走っています、WJネタバレ。
先週の復習をしたいお客様はこのままどうぞ。
他の漫画はワールドトリガーの男子祭りによだれ出そう。
若い男の子がごちゃごちゃしてる話は基本好物です。
そういう意味で黒バスとかも相性いいんだろうな。
これは見たらハマりそうっていう作品は、実は避けて通ってる。
逃げ腰の性格をそろそろ何とかしたいYO!
BGMはまだまだ懲りずにキルラキル二期OP、再生回数半端ないわ。

ぺたり。

銀魂本篇前のJC(ジャンプコミックス)告知が酷い。
いや、普通に磯部磯兵衛と銀魂のコラボなんだけど。
酷いというか、違和感がなさ過ぎて普通に読み飛ばしたからね。
内容は前回に引き続き、辰馬の過去篇(仮)です。
脱出用船?の鍵を辰馬に渡す若かりし日の陸奥がとにかく美人。
これで十四才とか何なんだ宇宙、スケールが違う…!
で、現在のターンは銀さんと陸奥が辰馬奪還のため奮闘中。
二人共強いので、ツッこむところも特に見当たらず。(適☆当)
今回辰馬を人質に取ったのは、かつては陸奥の船にいた天人。
現代の陸奥が軽くピンチと見せかけたところで再び過去パート。
ごめん、この話滅茶苦茶感想書きにくいってことに今気づいた。
訳わからなくなるけど、言いたいことだけ言うことにします。
過去辰馬がぼこぼこになって陸奥の前に引っぱり出されるシーン。
特に8P上部のコマ、辰馬がメラメラな彼に見えるのは気のせい?
逃げなかった辰馬の台詞がいちいち男前で辛い。
書き手としては、辰馬が「お前」を「おまん」読みしてて納得。
そっか、やっぱりおまんとも言うのか…メモっておこう。
(既出ネタなら申し訳ない、自分が見逃してただけってことで)
捕まった現代辰馬と対面した、血塗れの気絶中陸奥。
辰馬が敵に頭突きしたあたりから、自分は正気の沙汰じゃない。
「仲間の価値も解らんクズに くれてやるもんなんぞ何もねえ」
「お帰り願えますか お客さん」
あああぁぁああ、キレた辰馬ってこういう顔するのか…!
普段へらへらしてるキャラがブチ切れてるって物凄くおいしい。
「石ころにも使い道はある 宝石にはマネできん輝き方がある」
「もうお前は立派な商人(あきんど)ぜよ」
「今度はわしの番ぜよ よォく見とれ これが宇宙商人の商ぜよ」
さっきまで怒ってたかと思えば今度は満面の笑みなんて罪な男…。
奴隷は辰馬の仲間となり、形勢逆転した過去。
陸奥に「仲間という石(宝石)じゃ」なんて口説いてて、もう!
現代も陸奥は無傷(血は返り血)で顔に縦線入る銀さん。
「お前っ まさか…夜兎かァァァァァ!?」
というわけで今週に続いてます、あっさりとですが復習終了!

結論。

コピー機の予備ではなくコピー機のコピーですか空知んたま。
   

ネタバレになりそうなエピソードは何一つ覚えてない(WJ微ネタバレ)

今日は午前様になりそうなので、出先からささっと打ち込みます。
WJ微ネタバレ、いつも通りゆるーくいくよ。
まだざっと目を通しただけなので、色々間違ってたらごめん。
ネタバレ待ってましたなお客様はこのままどうぞ。
他の作品は殆ど読めてませんが、不覚にもソーマにうるっとした。
ああいうベタな展開に弱いなんて、歳取ったな…。(白目)

今週で一区切りつくらしい、辰馬の過去篇。
陸奥のスペックが神がかっていて、うっかりしてると惚れる勢い。
NOグラサンな辰馬は今週も無駄にイケメン、どうしてくれよう。
辰馬のエピソードって二次創作しにくいね…完成しすぎてて。
初登場のときから銀さんとの関係がきちっとできてたし。
この話も、陸奥とのあれこれがかなりちゃんとしてる。
余計な妄想が入り込みにくい(しかし自分は諦めない…!)ね。
海賊ならぬ快賊だと言い切る辰馬の姿勢の良さよ。
そして陸奥も辰馬を弾代わりにするとか逞しいわ。
とにかく綺麗にまとまってます、再び空に旅立つ辰馬に幸あれ。
細かい諸々は後日、平常心のときにWJを握り締めながら改めて。

どうにも眠いので、このへんで仮眠でも取ろうかな。
皆様の夜にさりげなく乾杯!
   

皆様の期待にぼっちで答えた二十五時

お約束のアレを、昨夜一人で夜な夜な作成してました。
誰もいない駐車場、降り続く雪と一面の銀世界。
ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲。
正式名称こんなに長いのか、すっかり忘れてたわ。
不審者扱いされなかったことだけが唯一の救いです。

毎日乗っている電車も、昨夜は何時間も運転見合わせだったとか。
車両ホテルとか、終電より始発のほうが早いとか。
まさに「ぜんぶ雪のせいだ。」ってやつですねJR広告よ。
駅員山崎が徹夜で頑張ってたかと思うと胸熱です。

図鑑コメントお返事更新済です、遅くなってしまい申し訳ない。
丁寧だなんて言われたらよだれ出ちゃうじゃないか。
いつもお気遣いいただき、ありがとうございます。
図鑑に拍手をくださるお客様にも愛と感謝を。
変態な図鑑も見ていただけるなんて、管理人の職権濫用だね。
   


   

地味な彼のことなので地味に祝ってもセーフだと信じてる(拍手文更新のあれこれ)

キング・オブ・今更臭が半端ない拍手文更新です。
大声で言える内容と日付じゃないから、小声で話すよ。
ここから先はあれこれです、お付き合いいただける方はどうぞ。
それにしてもここ数日、キルラキル二期OP見過ぎてやばい。
美木杉のアハーンな下半身とか何度見ても見飽きないし。
こういう日記関係打ち込むときにはかどる、アゲ画像です。

ざきたん!に間に合わないと最初からわかっていたんだ。
それでも見切り発車したのは、エプロン山崎を見たかったから。
今回は保育士山崎と新人保育士の彼女のお話です。
最初に謝っておこう、実態と色々違うだろうけど許してください。
皆様ご存じの通り、あくまで妄想なので以下略。
(いや、万一本職のお客様がいらっしゃったらと思うと…)
歳を取れば取るほど、誕生日を適当に流しがちな自分。
だから所謂「誕生日!」な祝われ方は、何だか甘酸っぱかったり。
嬉し恥ずかしな気持ちをなかなか素直に表せない気がする。
ちなみに、園長はお登勢さんだと面白いかなと。
子供達はJOY4とか真選組メンバーで振り回されればいい。
ヅラの日本の夜明けごっこに付き合わされる退先生。
晋助君が事ある事に諸々壊すので、尻拭いが通常運転な退先生。
十四郎君はマヨネーズが標準装備で、総悟君は雌豚ごっこが得意。
こんな個性的な園児達と毎日生活してたら、そりゃ疲れるわ。
妙先生達からの山崎へのプレゼントは、きっと新人ちゃんかな。
気を利かせて二人きりにしてあげたり…なんて裏話がありそう。
山崎は色んな職種が似合う、監察の鑑です。
監察のハローワーク(仮)、書いたら何通りでもいけそうだ。
推敲中はスピッツの魔法のコトバばかり聞いてました。
少しくたびれた、優しい雰囲気のお話によく合う一曲です。

改めまして、遅くなったけど山崎誕生日おめでとう!
地味にあんぱん狂いな彼が生まれた日に愛とスパーキングを。
   

ダースはビターがお好き

明日、関東は二十年に一度の大雪になると騒がれている花金の夜。
皆様はいかがお過ごしでしょうか、冬に負けていませんか?
寒いからと布団に入る→寝落ち→早朝にパソコン起動。
負のスパイラルから一向に抜け出せない管理人です。
昨日か一昨日か、さりげなく400000hitしてました。
これも皆様のおかげです、本当にありがとうございます。
今後もまったりとあれこれしますので、どうぞよろしく。

ソチの開会式がどうこうとか諸々ありますが、とにかく週末。
自分は大雪の中、地味に法事です…無駄に試練だ。
明日受験とか就活の皆様、どうかお気をつけて。
この時期になると受験時に毎日ダースを食べてたことを思い出す。
後は無糖ブラック缶コーヒーとエスカップ。
銀さんと土方さんが混ざったような食生活でした。

拍手コメントお返事、更新済です。
嬉しいお言葉ありがとうございます、ユンケル並に効きました!
ぱちぽちしてくださったお客様にもお礼を。
次の更新は拍手文差し替えになるかと思います。
   

恋と戦争は手段を選ばず(special thanks更新のあれこれ)

地味な彼のことはさておき、リクエスト更新しました。
リンクはspecial thanksのsになります、わかりにくくて以下略。
今回は一番隊隊長と幼馴染み女中さんのお話です。
ここから先はお話のあれこれになります。
お時間のある方、お付き合いいただける方は下までどうぞ。

一番隊隊長に対して素直になれない幼馴染みの女中さん。
そんな彼女の心情を察しつつ、悪戯心全開になる沖田さん。
青臭い二人のやりとりが蜜の味に変わるのは、もう少し先のこと。
今はまだ、素直になれない同志でぐるぐるしていてほしいかも。
多分ちょっと背伸びしているくらいが一番どきどきするんだよね。
…と、相当前から枯れ果てている自分が妄想してみました。
結構細かい指定だったので、イメージと違ったら申し訳ない…。
管理人の力不足なので、どうか笑って許してください。
それにしても沖田さんは色んな魅力があって面白い。
子供と大人の間を行ったり来たりできるお年頃特有の魅力満載。
個人的には、大人ぶってみるけどまだまだな沖田さんが好きかな。
自分が書くとドS要素が薄くなってしまうのが辛いところだけど。
推敲中は宇多田ヒカルのFlavor Of Lifeをエンドレス。
愛してるなんてとても言えない、でも大切で仕方ない。
そんなニュアンスが作品に反映するよう、こっそり神頼みしつつ。

ひな様、この度はリクエストをいただき有難うございました。
今後もよろしくお願いいたします。
   

ネタバレと関係ない妄想が八割を占める微ネタバレまがいの何か(WJ微ネタバレ)

※唐突な下ネタとかCP発言に注意※

鬼の副長が外(自主規制)な夜、皆様いかがお過ごしでしょうか。
何でもかんでも「俺の」「大人の」をつけると怪しい匂い。
「俺の節分」「大人の節分」…うーん、無駄にいかがわしいね。
いつも通り微ネタバレをささっと打ち込んでおきます。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
内容がアレなだけにとんでもなく鼻息荒くて申し訳ない。
BGMはキルラキル新OP、サビの映像が好きすぎて爆発しそう。
「運命の糸を断ち切ったその先に」
「運命の糸手繰り寄せたその先に」
この歌詞だけでキルラキル臭ぷんぷんなところが堪らない。
ああいう勢いある動きを見ると、作り手さんの魂を感じるわ。
美木杉の乳首と股間があれば元気になれるマダオです。

まだまだ続くよ、辰馬の過去篇~シリアスVer.~です。
内容はあんまり覚えてないんだけど、とにかくアレだ。
辰馬奪還のために頑張る陸奥と銀さん、陸奥は夜兎だったと。
陸奥が夜兎っていうのは想像できたのに、ノーマークだった…。
伏線ばんばんあったのに気付けなかったのがショックな自分。
色白なのも笠必須なのも強いのも苗字がないのも、きっと伏線。
それなのにさっぱり疑ってなかった…いや、いいよ陸奥。
夜兎だろうと何だろうと君のツンデレに嘘はない。
フルボッコな辰馬、サングラスがないと若干エースっぽいね。
ちゃんと微ネタバレしたいけど、妄想しか思いつかないYO!
どうして辰馬がサングラスをするようになったのか。
(これ、もし公式で何か決まってたらごめんなさい…!)
陸奥と同じ明るさで世界を見るためだったらどうしよう。
厨二っぽいけど、そういうの普通にありえそうだ。
で、陸奥には「目元が見えないほうが商いには~」とか言い訳。
意味のわからないこと言って格好つけて誤魔化しちゃったりして。
というか、誰か本気で辰馬夢連載立ち上げようよ!
社長辰馬×真選組隊士夢主とか、遠距離っぽくていいじゃない。
副長と夢主の関係を流す反面、少しモヤモヤしちゃう辰馬とか。
陸奥に軽く嫉妬しつつ、それを隠し通そうとする夢主とか。
お互い本心を見せない故の微妙なすったもんだがあったりして。
ああもうそういう辰馬話はどこで売っていますか。
どこにもなければ本気で自給自足したい、それくらい辰馬がツボ。
誰得かって言われたら迷わず俺得って断言できるYO!

全然まとまらないけど、ネタバレで補足するので許してください。
   

タイトルが思いつかない程度にはどうでもいい話題

大変お待たせいたしました、PP連載更新です。

壊れたりなくしたりしたら買い換えようと目論んでる携帯。
いつも二年単位で必ず破損or紛失するのに、今回はまだ平気。
むしろ普通に三年目突入しそうな予感がする。
しかし立ちはだかるスマホの壁…新しいものって何か怖い。
仕事柄ipadは少し使ってるけど、ipadですらゲンドウポーズ。
機械音痴な自分が悪いのですが、いまいち使いこなせない。
タッチペンがないと変なところ押しちゃうし。
反応がなくて連打したり、操作用語もわからなかったり。
コピペとか一体どうするんだろうか。
サイト運営だと、タグとかどうやって貼り付けるの…?
かといって覚える気もあまりない、限りなくやる気/Zeroだ。
買い換えるとしたらiPhoneの黒がいいよな。
奈良美智さんのiPhoneケースも持ってるし。
同時に、お話も携帯と書くかスマホと書くかで迷ったり。
スマホユーザーが多いから、スマホって表記しようかなとか。
沖田さんなんかはさらっとスマホって言ってそうだ。

何を言ってるのかわからなくなってきたので撤収します。
   

素寒貧という漢字を初めて見た駄目な国語科の戯言(WJネタバレ)

すかんぴん、貧しくて何も持っていないことだって。
週末のお約束になりつつあるWJネタバレ、さくっといきます。
できるだけ短くまとめたいけど、内容がアレなだけに以下略。
ネタバレOKなお客様はいつも通りこのままどうぞ。
銀魂以外だと、カレー対決が続いているソーマによだれ。
先週のSOY発言といい、小ネタが何気に面白い。
殺せんせーとワールドトリガーは安定のツボっぷり。
こち亀も地味によかったわ、ああいうお店って結構あるよね。
あと、GEM坂田フィギュア紅桜Ver.の話が迷子。
WJを読めば詳細とか書いてあるかと思ったのに…。
一番くじの情報と総選挙位しか見当たらず。
自分の探し方が適当すぎるから見つからないんだろうか。
BGMはジャッジ!の影響でサカナクションのアイデンティティ。
この曲、よく聞いてたら山崎っぽくて心震える。
山崎もあんパンとかミントンとか色々あるのに目立たない。
♪ど~して~ まだ見えない自分らしさってやつに 朝は来るのか♪
そういうことで悶々と悩んでそうな監察も好きだよ。

ぺたり。

「さァ、投票の時間ですぜ」で始まったCカラー、銀魂総選挙。
本篇とは何も関係なく、唐突に表紙キャラを決める選挙。
今こそ皆の力でマイナーキャラに投票を…!
これって銀さんと選挙で1位になったキャラの2ショットでしょ?
もし銀さんが1位になったらどうする気なの?
「応募券付きCDとか売ったりしないんで気軽に参加してくれよ!」
銀さん、予想通り言いたい放題言ってくれるじゃないか。
船上のゲロリスト捕縛で始まる、辰馬の過去篇。
「…決めたぜよ この船 坂本辰馬が買ったぜよ!!」
若かりし頃の簀巻き辰馬、やることは今と変わらず大胆そのもの。
きたろう袋とかキンタロウ袋とか、下ネタも欠かさないのは流石。
奴隷と商売をするつもりはないと突っぱねる陸奥も可愛い。
「奴隷ごと この船を買うと」
このコマの辰馬が自分好みすぎて気が狂いそう…っ!(手遅れ)
先週から辰馬の話ばかり浮かんでは消え、消えては浮かび。
何なのもう、もしかしてこれって…変?とかぶつぶつ呟く始末。
「あの男は海賊なんぞよりよっぽどタチの悪いサギ師じゃ」
今の陸奥の言葉って妙な重みがあるね、信頼関係が強いというか。
そこに現れた戦艦千鳥、辰馬を人質に快援隊の船を要求。
辰馬を心配するどころか大砲を撃ち込んでしまう陸奥が強すぎる。
「役立たずの艦長を消すチャンスぜよ 撃てェェェェェ!!」
とか言いながら、相手の船に一人泳いで潜り込もうとしたり。
銀さんも連れて行かれる羽目になったけど、ここで疑問が。
「ちょっと待っ…俺泳げなっ…」
え?何それもしかして銀さんカナヅチなの?
今までがんがん泳いだり逃げ出したりしてなかったっけ?
ここから先はずっと辰馬の過去話なんだけど、ちょっとヤバい。
何がヤバいって書き抜きの量がおかしくなりそうで辛い。
そういえば、顔出しできないゲロ艦長?は陸奥に惚れてたのか。
敢えて一つだけ書き抜くとしたら、石棒しかないね。
「んだとババアコノヤロー」
「尖って硬いのがエエならわしの石棒で串刺しにしたろか!!」
「見とれよババア」
この台詞全部辰馬だけど、本当に石棒出そうとしている辺りが神。
熟女でもイケるクチな辰馬に完敗かつ乾杯。
辰馬と出会った時点で陸奥は14才なのか…射程距離広いな辰馬。
陸奥の父が亡くなり、奴隷船を乗っ取ろうとするゲロモブ。
自分がピンチとわかっていて、奴隷や辰馬を逃がそうとする陸奥。
ここで次週へ続くと、まだまだ辰馬祭りだと。
それにしても商いをしてるときの辰馬はいい顔してるな。
ああいうふうに他人を笑顔にするって、なかなか難しいもんね。

結論。

空知んたまのアシスタントを卒業した伊達さん頑張れ。
   
プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。