スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十年後も萌えるよ

十年後も逢える、もとい十年後も書けるだったらどうしよう。

いよいよ今年も残り僅かとなりました。
皆様は大晦日の夜、いかがお過ごしでしょうか。
自分は例年通り、紅白を見ながら蕎麦を食べて年越しです。
大掃除も途中で諦めて、絵に描いたようなまったり加減。
少しくらい心残りがあるほうが、きっと自分らしいはず。
そんな都合のよすぎる言い訳もきちんとスタンバってます。

今年も本当にあっという間でした。
当館に関しては、更新頻度が低くて申し訳なかったです。
長編も連載も一体いつ終わるんだとか以下略。
それでも応援の言葉をいただいたり、話を読んでもらえたり。
ここまで辿り着けたのは皆様のおかげです、有難うございます。
感謝の気持ちをサラダ油にして皆様に届けたい…!
来年も生暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

段々発言が気持ち悪くなってきたので、今夜はこのへんで。
どうか皆様が素敵な新年を迎えられますように。
   
スポンサーサイト

展示室を抜けるとそこは雪国だった

※管理人のだらしなくてゆるーい私生活に注意※

青森県立美術館のあおもり犬と弘前のわんこも寒そうだったよ。

PP連載更新済です、年内はこれで最後かな。
あと少しでこの章も終わるのに、そこまで辿り着けなかった…。

話は変わって、先日元バイト仲間と遊んできました。
二人共同じ塾で国語科講師をしていたので、まさに国語科ツアー。
行き先は太宰治の出生地、青森です。
(太宰治は青森市から少し離れた町出身だけど気にしない)
太宰治関連施設を巡ろうとしたら、まさかの休館日連発。
大本命は大間の鮪だったのが太宰治にバレたかって思ったよね。
そして大間の鮪は比較的安価なのにとんでもなくおいしかった…!
夜の飲ま飲まイェーイも白子をつまみに田酒が進んで危ない。
こんにちはコレステロール、さようなら理性。
自分は落ちこぼれ講師だったし、彼女も国語は苦手らしいし。
それでもリアル銀八先生となった彼女と懐かしい話を沢山したよ。
走れメロスの板書案とか、教科書に載ってる話のあれこれとか。
ワークの選択肢オがちんちんなのは一体何だったのかとか。
そして太宰治作品は殆ど未読な自分と彼女。
いや、メロスは何回も読んだけど他はさっぱり…。
もっと色んな本を読めばよかったと、今更ながら後悔してる。
冬休みな皆様は一冊でもいいから何か読んでみるといいよ。
話が逸れましたが、再訪するまでに太宰作品を読めますように。
これきっと再来年も言ってる気がする作文。
   





   

今年もよろしくお願いします

昨日の時点でそう言ってしまった自分は何なのかと。
今年もお世話になりました、来年もよろしくお願いします。
それをまとめて「今年もよろしくお願いします」だと信じたい。
年末に初詣なお誘いも笑えなくなってしまったYO!

拍手コメントと図鑑コメントありがとうございます。
拍手御礼にて両方お返事済です、お二人の気づかいによだれ出る。
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛と感謝を。
拍手文差し替えは年明けにできたらいいななんて、希望か無謀か。
   

地味な感想はタイトルつけるのに一苦労(天地明察のあれこれ)

随分前の話ですが、ちゃっかり見たのでさくっと書いておきます。
「天地明察」、気になるお客様はこのままどうぞ。
あれこれとネタバレも含まれるのでご注意を。

あらすじはいつも通り、やほーなれびゅーにお任せします。
ざっくり言うと、碁打ちの岡田氏が暦を変える大仕事に挑む話。
個人的には長丁場だけど見やすい作品だと思ったかな。
原作の小説が売れているだけあって、安定感のある話でした。
岡田氏はかっこよさと情けなさのバランスが取れてたね。
恋に奥手なのか大胆なのかわからない感じが絶妙。
勿論ウエイトとしては暦作りが大きいところもいい。
ヒロインの宮崎あおいがいじらしくて、もう!
「舟を編む」といい、彼女は文学作品のヒロイン向きなのかも。
引き算の演技が可愛かったり逞しかったりでいい感じ。
暦を調べるために全国行脚したり、検証に時間がかかったり。
そのせいで若干間延びしている気はするけど許容範囲のはず。
脇役陣も豪華だし、訳のわからない主題歌もない。
遊び心や意外性には欠けるけど、期待を裏切らない作品でした。
こういう原作が小説の作品は、TVで見ても面白いところがいいね。
スクリーンで見なきゃ意味ない!って感じではなく、堅実な話だ。
旧作扱いなので、気になる方はTSUTAYAでレンタルを推奨します。
鑑賞する時間帯も、一緒に見る相手もあまり選ばない。
そういう意味でもなかなか優秀な話でした。
それにしても、昔の人の偉業は苦労あってこそだね。
命をかけて暦を変える、そんな根性に危うく惚れかけたわ。
真面目な作品なので感想も普通で申し訳ない。
しかし地味に良作とはまさにこの映画のことですよ奥様。

おねむになってきたので、うとうと浮上!
   

ジャンプと名のつく雑誌の増殖は止まらない(WJネタバレ)

半目になりながら打ち込みますWJネタバレ。
ネタバレ全裸待機なお客様はこのままどうぞ。
台詞少なめでざっくりだけど許してください。
銀魂以外だと相変わらず暗殺教室とワールドトリガーにお熱です。
烏間先生の呆れ顔に悶えてるのは自分だけですかそうですか。
ああいう真面目な黒髪男子に何度たぎれば気が済むんだろう。
ワールドトリガーも鉄板な展開なのに面白くてよだれ出ちゃう。

ぺたり。

前回のあらすじも書かれなくなってしまった逆転篇(仮)。
眼鏡のない新八(中身ゴリラ)がお妙の手を引いて走る走る。
一方で猫人間を運ぶさっちゃんの台詞も中々際どい。
「私の脳の95%は 銀さんのバナナでっ…」
自分の脳だって土方バナナでできてるよ、100%SOかもね!
眼鏡をかけた土方(中身は坂田)がど根性カエルを思わせる。
グラサンをかけた坂田(中身は土方)が無駄にイケメンすぎ。
犯罪を呼びそうな組み合わせで眩暈がするわ。
猫人間を追ってサドンデスな坂田土方の前に現れたのは寡黙山崎。
道案内をしてくれるのかと思いきや、ナチュラルに道端で脱糞。
いや、脱糞とかそういう感じでもないか…とにかく地へ放ってた。
中身は定春ってツイてないねジミー、ついでに色々見てもいい?
というかこの展開、よく編集からGOサイン出たよなと感心。
「俺…やっと…やっと… 再就職先見つけたよ」
定春の中の人はマダオでした、これ本当にありそうな話だ。
「俺は 俺は…定春くんに再就職するんだァ」
定春くんに再就職するにはどこのハローワークに行けばいい?
猫人間が再びお妙を攫って暴走、そこに現れたのは沖田と神楽。
勿論中身はエリザベスとヅラ…かな、間違ってたらごめんよ。
ついでにエリザベスとヅラも現れて、自分の脳内も大混乱。
エリザベスが神楽で、ヅラは沖田で、ああもうめんどくさい…っ!
「誰だァァァァ!!どれが誰で誰がどれだァァ!!」
坂田土方の叫び通りだよ、後は沖田神楽の仲が微笑ましい。
会話はさくさく進むので、単行本で楽しまれて以下略(適当)
見た目ゴリラなさっちゃんが坂田の乳首を弄ぶ構図が美味。
「ぶっちゃけいうと真選組なんて全員ホモだからね」
坂田の爆弾発言で各方面の色んな方が冬を越せるんじゃないかと。
「コイツは見境なく年中ムラムラしてんの」
中身ゴリラな新八に話を合わせる土方(見た目坂田)の可愛さよ。
とにかく猫人間から坂田の半身を取り返そう戦闘開始。
「そうかい じゃあ給料はそっち(万事屋・真選組)もちで」
最後のコマの坂田土方に鼻息をぶっかけたところで次回へ続く。
ようやく魂(コン)ビプレーとか言い出したのは編集者さん…?
こういう言葉遊びが大好きな自分にはたまらないわ。

結論。

ジャンプLIVEなんてあるのか、アシの漫画宣伝な空知んたま。
   

隠していても滲み出るあれこれ

仕事してて聞き取れなかったところがあった。
仕方ないので、不明点を○○や××と伏せ字にして同期に連絡。
返事は質問に対しての答えではなく、
「さかなちゃんが言うと放送禁止用語みたいだね」
だった…うん、確かに。

拍手お返事更新済です、いつもありがとうございます。
ぱちぽちしてくださるお客様にも感謝を。
クリスマスなのにモヤモヤしてる白黒な二人と皆様に幸あれ。
   

股の数が足りない(WJネタバレ)

先週の感想を打つ前に三連休マジックがWJを発売させる悲劇。
毎回そうですが、今回もあっさり抜き出し少なめなネタバレです。
銀魂以外だと、暗殺教室の渚は相当成長したな…地味に悶えたわ。
最近はカルマのわかりやすい顔を見てはよだれ出してます。
ワールドトリガーの迅一人勝ち展開はいつまで続くのか。
あれでまだ二十歳にもなってないってどんな魔法なの…?

ぺたり。

前回のあらすじはほぼ読んでいない、適当に逆転篇(仮)。
猫人間を追う土方坂田が普通に塀の上に飛び乗ってて驚いた。
二人でさえこんな感じなんだから、服部なんて家飛び越えそう。
「お帰りなさい 随分帰りが遅かったわね」
「今日がどこで遊んできたのかしら どざえもんさん」
「「あの化け物を飼ってる 化け物がいたァァァァァァ!!」」
というわけで猫人間は志村家のお妙の元へ。
お妙がどざえもん(仮)を拾ったらしいけど省略します。
このへん台詞が多すぎて指が追いつかないからね。
高倉健と倍賞千恵子なんて渋すぎるよ空知んたま。
猫人間とお妙を引き離すために頑張る坂田と土方が可愛い。
見た目坂田な土方が、坂田とお妙の距離感を探りつつお妙に接近。
「マズった こいつらの距離感がよくわからねェぞ」
鼻水とよだれを垂らしながら坂田を演じる土方に悶えたわ。
副長って色恋に慣れてそうな反面、肝心なことが迷子な気がする。
イケメンは色んな技がなくてもすぐそっちに持ち込めるからか。
「あんな男(やつ)とは別れて 俺とつき合っちゃいなよ」
ここですかさず「突き合っちゃう」と変換するパソコンを壊し隊。
自分が言うとどさくさに紛れて変態みたいなことになる…!
土方って普段からこういうこと言ってたりするのかな。
言ってたとしてもどうせ本命には『不器用ですから』だよきっと。
高倉健なのはどざえもんだけで十分だぞコノヤロー!
当然、見た目土方中身は坂田な彼もここまでされたら黙ってない。
「腐った猫も腐ったゴリラも忘れて」
「この鬼とレッツパーリーナイトしないかい」
来ました壁ドン、イケメンの特権を職権乱用する坂田。
二人の揉めっぷりも話のこじれっぷりも一流だね!
「近藤さんはこの事…しってるんですか」
「ああ これで俺達穴兄弟だなって喜んでくれたよ」
見た目土方な坂田の口から穴兄弟聞けただけで三日は生きられる。
頼むから中井さん、穴兄弟発言してください三百円あげるから。
そんな修羅場に現れた見た目新八と見た目ゴリラ。
猫人間を攫ったのは見た目近藤なさっちゃん、坂田魂目当てです。
お妙を連れて行ったのは見た目眼鏡なゴリラでああもう滅茶苦茶。
この逆転篇(仮)、説明書きにくくて目から汁が出るわ。
グラサンな山崎とか眼鏡な眼鏡とかややこしいまま次回へ続く。

結論。

三十八度なんて真夏日だけで十分だよ、葛根湯飲んで空知んたま。
   

遅すぎた聖夜に完敗(拍手文更新のあれこれ)

過ぎ去りましたクリスマス、皆様いかがお過ごしでしたか。
自分は相変わらずクリスマスらしいことなんてさっぱりです。
ホールのケーキを貪り食う日位の枯れた認識しかしていない。
それでも書いてしまった拍手文、二年後の白黒サンタです。
最早正月用の文章を載せろとか以下略。
今更ですが、お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
黒い獣を飼う彼にあれこれ物申すので、ファンの方はご注意を。
前回拍手文の辰馬はぴばはclappingにお引っ越し済。

今年の白黒サンタは、それぞれ彼に振り回されています。
オーナーの彼とテロリストな彼が同一人物かどうか。
それは皆様の想像にお任せします。
銀さんと土方さんのライバルにしやすいんだよね、高杉って。
彼は何かこう、人の女を寝取るのが好きそうじゃないですか。
本命じゃない誰かをあしらうのは得意そう。
で、本命にはなかなか素直になれなかったりとか。
実際は純情でも、あえて悪ぶった態度をしたりしそう。
高杉の話かって位高杉高杉言い杉なので本題に戻ります。
甘いばかりがクリスマスじゃない、なんて強がりも悪くないよね。
白でも黒でも、サンタが来てくれるだけ有難いじゃないか。
というわけで、今年も生温い白黒サンタのあれこれでした。
推敲中はLOVE PSYCHEDELICOのHappy Xmas(War Is Over)で。
元々ビートルズだっけ、原曲も地味に好きだったり。
何にせよ、皆様素敵なクリスマスを過ごされたかと思います。
もし素敵じゃなかったら、次元を超える準備をして布団にダイブ。
無敵な書き手様や描き手様がいい夢見させてくれるよきっと。

さっぱりまとまらないけどメリクリというわけで、このまま浮上!
   

勇者になれなかった俺はしぶしぶ編集者に転職を決意しました(ジャンフェスの銀魂トーク映像のあれこれ)

すっかり遅くなりましたが、JFのトーク映像についてです。
遠目で映像を見ながら片手で手元を見ずにぱちぽちしてました。
なので、色々間違ってるところはすっ飛ばしてください。
聞き漏らしとかもあるし、ざっくりとなのでお気をつけて。
それでもいいよというお客様はこのままどうぞ。

(以下、出演者の皆様は苗字+氏で呼ばせていただきます)
約三十分のトーク映像は、コタツでまったりなスタート。
チーム☆万事屋と寝転がったゴリラがとんでもなく自然体。
簡単な挨拶から始まって、それぞれが十周年を振り返ります。
自分の演じるキャラに対する第一印象が、力抜けてていい感じ。
杉田氏の「少年じゃない主人公」なんてそのまんまだし。
それ以上に平凡なのが、阪口氏の「普通だ…」って一体。
「あんなにツッコミするのに~」って釘宮氏に激しく同意。
確かにあんなツッコミ全開の眼鏡になるとは思えないか。
(釘宮氏がなんて言ってたか忘れちゃった…ごめんよ)
続いて今年のWJ背表紙は銀魂なんだぜの話から担当登場へ。
五代目?担当の松尾氏に、マスク姿のサンライズP樋口氏。
すかさず円盤買えよ宣伝攻撃を食らい、観客は苦笑い。
ここにいる人は結構な確率で既に買ってるんじゃなかろうか。
四代目担当から引き継いだ映画制作はやってみたら地獄だったと。
最初に前半のネームができたけど、その後三ヶ月音沙汰なしだと。
そんなことを言ってると、別な元担当(名前失念)も登場。
今は少女漫画マーガレット編集者?な彼、他の担当と顔が似てる。
空知んたまの担当は顔で決まってるんじゃないかって位。
眼鏡で何とも言えない髪型で、骨格的に丸顔で…。
(松尾氏は骨格が違うけど、そんなことどうでもいいとか以下略)
少女漫画編集者の彼が語る空知んたまは、とにかく遅いらしい。
遅い、大変、ダメな人間なんだけど筋は通す。
そんな空知んたまはまさに銀さんっぽい、とのこと。
しかし原稿は遅いと原稿の遅さに関する話は無限ループ。
最後に来るアシスタントが編集者なんて、予想通りで生々しい…!
勇者になれなかった俺は担当にに転職を決意したのかそうなのか。
ここでも映画の話がちらほら、戦死する価値のある映画だとか。
印刷会社の人・一倉氏も交えて、gdgdな展開のトークは続く。
一倉氏は見た目草食系というか、割と穏やかな感じだったな。
キャバクラとか風俗とか行かなそうな(失礼)方でした。
一倉氏も言うことは同じで、「ちょっと(早く原稿を)…」と。
ちょっと遅い部類だと気を使って言っちゃった一倉氏の謙虚さよ。
本当はちょっとじゃない、日単位で早くしろと言いたい様子。
墨ベタの塗り残しは印刷所?で編集者が塗るらしい。
まさに最後のアシスタントだね。
一倉氏の「基本マゾなんで全然大丈夫です」発言に吹いた。
(待つわプレイは耐え抜くらしい)
更に初代編集者?の大西氏がさりげなく登場。
つーか編集者顔とか雰囲気似すぎじゃないか…?(二回目)
今更だけど定春抱っこした釘宮氏の可愛さに気づいた自分。
銀魂の十周年は忘れられかけていたという裏話が暴露されました。
どんな流れか忘れたけど、このあたりで生原稿登場。
先週のジャンプのCカラーなので手元にある方は見直してみてね。
第一巻の頃に比べると、空知んたまのタッチも変わったよなぁ…。
北海道から上京前に、旭川の駅前で待ち合わせをした小話発生。
編集者も多忙なお仕事なんだと改めて労いたくなる気分。
映画は頼まれるとやっちゃうが、こんなキツいとは…的なオチで。
ちなみに、大西氏は空知んたまの秘密を隠し持ってるらしい。
ただしここでは言えないレベルだと言って、吐かずにスルー。
そろそろトークも終わりに近づいてきたので、さりげなくまとめ。
十周年突破したし、いけるとこまでダラダラやってほしいと結論。
ステージに呼ばれなかった…としょんぼりな釘宮氏。
映画ヒットしたのにステージじゃないと文句を言う阪口氏。
ステージの器じゃなかったんだよ、と誰かが言ったような。
ちなみに前任の担当本田氏が唯一残したのはタイトルらしいです。
謝り続けて十周年とか、何かそんな雰囲気だっけ。(適当…)
最後に万事屋の三人がちょっとした挨拶を。
元気によろしくバイバイな釘宮氏。
これまたよろしくな挨拶の阪口氏。
杉田氏は二十周年まで何となく祝っていけばいいかなって作文。
来年の連載もどうぞよろしくということで幕が降りました。
全体的にユルーい展開で、でもやっぱり憎めないし愛おしい。
中の人も関係者も見ていてニヤニヤしちゃう、いい作品だね。

独断と偏見塗れで雑なレポになってしまい申し訳ないです。
ここまで付き合ってくださった方に感謝を。
来年も皆様と一緒にニヤニヤし隊です。
   




   

サンタクロースは我が財布(ジャンプフェスタのあれこれ)

※銀魂関係者のトーク映像ネタバレと分けるので悪しからず※

たとえ中身が空に近くても、サンタクロースは君しかいない…!

行ってきましたJF(ジャンプフェスタ)、簡単に感想を残します。
気になるお客様はこのままお付き合いいただけると嬉しいです。
ざっと見ただけなので、記憶違いとか嘘ついてたらごめんよ。
信憑性は皆無だと思って、生暖かく笑って読み流してください。
アンケートにも日記のことがちらほら書かれていて目から汁が。
チラシの裏図鑑で申し訳ないですが、これからもどうぞよろしく。

二日目のお昼位から一時間半程度の参戦という温さで挑んだ自分。
ジャンフェスは初参加でしたがお祭り感があって面白かったです。
グッズは買わない予定だった自分は、展示ブース巡りが目当て。
まずは入口近くの原画コーナー、これは本当に圧巻だった…!
歴代WJの表紙はゆっくり見てたら一日かかりそうだったし。
銀魂に関する展示は色紙と比較的最近のカラー原画。
第42号と第51号あたりのカラー原画がありました。(適当)
見開き全員集合はJ-WORLDでパネルになってたね。
(土方さんの眼が赤くて、服部が左上にいる巻頭カラーです)
カンフー神楽と眼鏡な眼鏡と酔拳坂田のカラーだったかな。
特徴があれば説明しやすいけど、他の二作品は以下略。
続いて、アニプレックスの円盤買ってよブース(仮)。
ここで遂に紅桜篇円盤を購入。
実は紅桜って一回見ただけなんだ、これでやっと堪能できる…!
ランダムのおまけポスター狙いで買い、土方沖田が当たった奇跡。
年末ジャンボ買わなきゃよかった、もう絶対に運使い果たしたわ。
新宿アルタビジョンで円盤発売日に流してた映像も流れてました。
といっても、いつもの万事屋の看板に音声だけのアレですが。
神楽の女の子の日発言が可愛らしいのにエグい。
新八のほむらちゃんは悪くない発言は地味に吹いたわ。
ここで坂田のお面(無料配布)に遭遇、さりげなく貰ってみる。
よく見れば、皆銀魂や他漫画キャラのお面をしてるじゃないか。
(銀魂は坂田、土方、沖田、高杉…他にもう一人位いたかも)
坂田のお面の列はとんでもない長さになってたね。
坂田コスと沖田コス、神楽コスの方も結構いらっしゃったな。
そういえば、マヨ持ちコスの方は見かけなかった気が。
紫色の着物で煙管包帯のコスの方も不在だったような。
奥のほうには間抜け顔の坂田バルーンがのほほんと立ってました。
最後にトーク映像を見てさらっと撤収、さようなら海浜幕張…。
あ、アニプレックス裏のありがとう銀魂コーナーも見たんだった。
CDの視聴や今までのDVDの表紙がずらりと並んでいてニヤニヤ。
皆の応援メッセージがぶらさがったツリーに煩悩を感じる…!
ツリー横に置かれていたクリスマス仕様定春も可愛い。
ちなみに到着した時点で、銀魂グッズは品切れ多数だった模様。
始発組ががっつり駆逐してくれたようです、意外と人気だな銀魂。
あとは小さな男の子が家族で参戦してるところを見てほのぼの。
やっぱり基本は「週間少年ジャンプ」であってほしかったり。

アニメも映画も終わってしまったので、来年以降はどうなるのか。
来年は来年の風が吹くと信じつつ、そろそろ浮上!
   




   

究極的にどうでもいい脳内を曝してみるプレイ

※しょーもない不謹慎発言に注意※

昨夜遅く、PP連載更新済です。
今回の章はまだ続くので、どうぞよろしく。

ドリフターズのビバノン・ロックって替え歌しやすいよね。
塾バイト時代は毎年忘年会で社員さんが歌ってくれました。

ババンババンバンバン、予習しろよー!
ババンババンバンバン、代講出すなよー!
ババンババンバンバン、風邪引くなよー!
ババンババンバンバン、検査に行けよー!

これ、入試直前Ver.で替え歌してもよかった記憶がある。
緊張がケツの穴から抜けていっちゃう感じで。

ババンババンバンバン、早寝しろよー!
ババンババンバンバン、(答案に)名前書けよー!
ババンババンバンバン、見直ししろよー!
ババンババンバンバン、諦めるなよー!
入試だな、アハハン、受かりたい、アハハン♪

最後に、今の自分ならどうなるのか考えてみた。

ババンババンバンバン、食べ過ぎるなよー!
ババンババンバンバン、掃除しろよー!
ババンババンバンバン、推敲しろよー!
ババンババンバンバン、プロット書けよー!

辛いことがあったら、ビバノンロックの替え歌をぜひ。
下ネタVer.もおすすめです。
   

終わりがアレなら全てアレ(WJ微ネタバレ)

空知んたましっかり、今年の終わりがこれって奇跡に近いわ。

ついに(多分)今年最後のWJが発売されました。
さくっといきます微ネタバレ、気になるお客様はどうぞ。
本誌の内容上、汚い話もするから食事中の方は気をつけて。
そしてジャンフェスに参戦された皆様、お疲れ様でした。
自分は気力が残ってたら明日ちょこっと行ってみようかと。
おそらく一瞬で離脱するけど、行けるときが行きどきだよね。
よく考えたら大掃除するチャンスがこの休みしかなくてさ…。
今年も中途半端な状態で年越しを迎えること請け合い。
銀魂以外だと、暗殺教室の烏間先生にファー!ってなった。
ああいう無口な黒髪男子が苦労してる姿が好き。
正月恒例駅伝は若い男子が汗と涙ですったもんだするから大好き。
改めてこう書いてみると、やはり自分はドSだとか以下略。

腐の年末セールに近い逆転篇(仮)、まだまだ続いてるの巻。
誰が誰で何が何だか謎な争いになっててついていけないYO!
坂田だか土方だかのホモ発言もなかなかキてたね。
しかし何よりもドン引きしたのは山崎(中身は定春)だった…。
とうとう公衆の面前で野グソだよ、本気で全てを放たれてたから。
普段マンPだの何だので荒れ狂ってる自分ですらビビる始末。
これよく編集でGOサイン出たよなー、と本気で関心したからね。
正直なところ、山崎がそんな調子だったので他は記憶にない。
猫人間を追いかけていたし、遂にバトルな雰囲気はあったけど。
山崎のアレはさ…うーん、もう何も言わないほうが彼のためか。
しかもそんな自分の痴態を見た山崎が割と普通だったから。
そんなことすんな!とは言ってたけど、絶望してなかったはず。
辱めに慣れてるのか監察、それはそれでおいしいなジミー。

先週の感想もまだなのでこっそり浮上!
   

誰もが誰かのおくられびと(おくりびとのあれこれ)

今月のTSUTAYA無料レンタルクーポンの使い道はこれです。
2008年公開の「おくりびと」、地上波も何度かあったのに今更。
おそらく当時の自分はまだ映画が見れなかったんじゃないかと…。
(おとなしく座ってられない病が重すぎて)
ネタバレを特に気にしないお客様はこのままどうぞ。
下品なことは言いませんが、生々しい発言があるのでご注意を。

「キレイになって、逝ってらっしゃい。」というキャッチコピー。
冒頭の美しい場面と、真剣だからこそ生まれる第三者視点の笑い。
この映画の好き嫌いは、最初の五分で決まるんじゃないかな。
少なくとも自分のツボにはばっちりハマってくれました。
何故映画館で見なかったのか、本気で悔やまれたからね。
せめてDVDを早くレンタルしたかった…!
あらすじはやほーれびゅー&うぃきにおまかせ。
多分皆様の想像通り、納棺師の日常やあれこれの話です。
いいところはさらっと箇条書きにしてみよう。

・いい意味で観客を意識した、丁寧な作りの作品
・宗教的でもなく、暗くもなりすぎない「納棺の儀」
・道徳的だけど説教臭いわけでもなく、やりすぎ感がない

とにかく全体的に上品なのに庶民的なところが凄い。
前半はちょっとした笑いのシーンが多くて、さらっと入り込める。
生と性、死と志のバランスが丁度よくて面白かったよ。
山崎努と笹野高史の演技はありがちなのにじーんと来る。
泣け泣け攻撃は食らわないけど、何かこう、余韻が残るんだ。
本木氏は伊右衛門のイメージが強いけど意外とよかったわ。
特に手の動きとか形が絶妙だった…手フェチなのか自分。
「おまえら、死んだ人間で食ってんだろ」
「この人(納棺師)みたいな仕事して一生償うのか」
「汚らわしい!もっとまともな仕事に就いて!」
こんな感じの蔑む発言に対して否定も肯定もしない潔さによだれ。
(この作品はそういうことを追求したいわけじゃないだろうし)
「(妻が死んでも、メシは)うまいんだよなぁ、困ったことに」
「死ねないなら食うしかない」
(台詞がかなり適当だから、間違ってたら申し訳ない)
こういうことをあっさり言えるあたり、役者魂見せつけてるわ。
プロフェッショナル~仕事の流儀~を見た後みたいな気分です。
最期まで人を人として扱うところを魅せ切ったラストでした。
痛快爽快でもなく大きなハプニングもない、予想通りの展開。
それでもまた見たくなるのは映画人の仕事っぷりのせいなのかな。
カップルや家族で見てもいいお話だと思います。
(若干アハーン描写がありますので、小さい子以外なら)
生きるとは何か?よりも仕事とは何か?的なこの作品。
精神統一したくなったらきっとまた見てしまう気がします。

まとまりませんが、長くなってしまったのでそろそろ浮上!
   

三秒クッキングを君と一緒に

※管理人のしょーもなくてぐだぐだな日常垂れ流しに注意※

マヨネーズをかけるだけで何でも鬼の所業的な食事に以下略。

「ワンダーランド」の管理人・ざなさんにお会いしてきました。
場所は腐女子の聖地池袋、平日夜は無人に近いJ-WORLDです。
今回はJ-WORLD情報より単なるチラ裏日記要素が強いかも。
笑って見逃してくださる優しいお客様はこのままどうぞ。
気持ち悪い発言がばんばん飛び交うので、そのへんは自己責任で。

ざなさんはイメージ通り可愛らしく、しかも謙虚で面白い!
そして何より銀魂と沖田愛が半端ない管理人さんです。
そんなざなさんを前に最初からエンジン全開な自分が酷かった…。
お会いして十分でベジータパネルのベジ股間を掴んでたからね。
エロ方さんのことは変態ちっくな目でしか見てない宣言もしたし。
きっと今頃ドン引きされてるはず、色々アレですんまっせーん!

今回はフードを頑張りました、二人だから半分こできる幸せよ。
沖田のサワーチェリーアイマスク、エリザベスプリン。
自分の中でラスボスだったマヨたこ丼にも果敢に挑戦。
デザート二つは普通においしかったな、見た目も可愛いし。
問題はマヨたこ丼…たこ焼きの下に白米がぎっしり。
ああ、本当に「丼」なんだと頭を抱えたくなるレベル。
付属のマヨネーズをたっぷりかければ、あっという間に犬のエサ。
まずくはないけど重いよね、今目がパンパンマンだからね。
かつおぶしのおかげか、なんちゃってシーチキンマヨネーズ風味。
苺ジャム唐揚げもマヨたこ丼もおいしいなんてざなさん強いYO!
作品の書き方や考え方、プロットの話も凄く参考になりました。
今日からまた、のらりくらり書いていこう!と気合い注入。

そんなざなさんを見ていて、ふと思ったこと。
人は自分の好きキャラに好かれそうな性格に自然となるのかな。
沖田好きにはドMの要素が、土方好きにはド助平の要素が。
沖田は何だかんだでドMっ子の側にいてくれそうだし。
土方はどんな変態女子相手でも、情が芽生えたら見捨てなさそう。
坂田好きは、根が真面目できちんとした性格の人が多い気が。
高杉好きなら一途な恋心が留まることを知らない性格とか。
皆こんなに愛しのアイツ目指してスタンバってるんだ…!
あとは次元の壁を乗り越えるだけだね、頼んだよドラえもん!
   


   

円盤発売記念にしては葬式ムードな話になってゲンドウポーズが止まらない(special gift更新のあれこれ)

いよいよ幕銀円盤解禁、皆様きっとたぎってるわけで。
幕銀見るから夢どころじゃない方も沢山いらっしゃるかと。
自分なんか幕銀の感想すらまだUPしてないし、どんなアホかと。
そんなことを考えながら、空気を微妙に読みつつ更新します。
special giftに土方さんのお話を二ページ分。
今年の夏頃頂いたもの、五年後土方と現在の土方の素敵な二作品。
(イラストなんて呼び方は気が引けてしまう…絵で平気かな?)
「土方十四郎~副長よ永遠なれ篇~」に自分の駄文を貼りました。
「抱いて眠れ」「抱かれて眠れ」、順番としては以下の通り。
五年後土方絵→五年後土方駄文→現在土方絵→現在土方駄文。
時系列が逆なのでわかりにくくてすんまっせーん!
ここからは作品のあれこれです、お付き合いいただける方はぜひ。
思い入れが強いので、恥ずかしいこと連呼するかも。

この作品を描き手様から頂いたときは真夏でした。
幕銀も公開し、デコ方さんに興奮冷めやらぬ変態な自分。
しかし頂いた作品の彼は、凛としていて趣と余裕があって。
勿論イケメンなんだけど、何よりも雰囲気が綺麗だと思いました。
そんな作品に及ばずとも、できるだけ相応しい文を考えよう。
第一印象を大切にしながら色々考えた結果が、今回の駄文です。
(書き上げるときは一気に書いたので、粗も目立ってますが…)
映画のネタバレですが、五年後土方は今と違う立ち位置です。
全然違うわけでもないけど、少なくとも隊服は脱いでいる。
その経緯を副長補佐の彼女や相反する色々と一緒になぞらえたよ。
何かを得たり与えられたとき、何かを手放したり失うとき。
そういう局面に立たされたとき、彼なら何を抱えて生きるのか。
史実土方と銀魂土方は別物と理解した上でつくづく感じるよね。
ちょっと有り得ない位クサいこと言い出しちゃって申し訳ない。
五年後土方と現在土方、二人のとっておきは何なのか。
肝心なことは皆様の妄想力にお任せします。(丸投げが平常運転)
推敲中は椎名林檎のIT WAS YOUをひたすら繰り返す始末。
適当に脳内和訳すると土方を思う女子っぽく聞こえる不思議。
「あなたは忘れられない人 あなただったの」という歌詞。
言ってて恥ずかしくなってきて凍死しそうなのでこれにて撤収!

風祐様、この度は素敵な作品をいただきありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
   

疲労回復には下ネタ一本勝負(銀魂単行本五十二巻のあれこれ)

指先がかじかむ前にささっと打ち込む、単行本五十二巻ネタバレ。
既に内容をご存じの方、ネタバレ無問題な方はこのままどうぞ。
おっさんみたいにしょーもないことを言ったりするからご注意を。
集めている漫画が増えたせいか、きちんと追えない今日この頃。
銀魂とサイコパス、松本大洋先生の作品はぎりぎり買ってる。
しかし暗殺教室とワールドトリガーは完全に出遅れた…!
他にはよしながふみ先生の作品も比較的マメに買ってるかも。
大奥ときのう何食べた?は墓まで持っていきたい作品です。
テルマエ・ロマエと聖☆おにいさんも最新刊まで追いついたわ。

今回も細かいネタバレは毎週語ってるので、おまけページ中心で。
表紙は朝右衛門、空知んたまはこういう女子が本当に好きそうだ。
「さらに本誌で重大発表が…特報公開ィィィ!?」とハジける帯。
皆これで騒いでたのか、ごめん全然気がつかなかったYO!
結局オチはいつものアレでしたが、なんとなくわかってたよね。
細く緩く長く地味に応援するしかない、まさにジミーの気持ち。
最初の空知んたまコメントが、担当坊主発言だった…。
東大出て集英社に入って銀魂の担当、彼の人生波瀾万丈だね。
空知んたまの語りは、主に十周年おめでとうありがとう系。
読者の皆の質問は、一人神がいたような…下ネタの回数か。
かなりの偉業達成お疲れsummer、三ヶ月じゃ夏も終わる。
絵を描くときは目から描く、これって基本だったりするのかな。
ちなみに絵描き魂皆無の自分は、大体輪郭からです。
サイン会で浅野さんも目から描いてたし、業界の常識なのかも。
空知んたまが自作を映画館で見てないというのもわかる気がする。
比べるのもおかしいけど、自分も公開した作品は殆ど見直さない。
後で読んでも結局後悔の念しか湧いてこないからさ。

最後に気に入った台詞をいくつか抜き出して撤収します。

「終わらない夏休みなんて無限地獄と変わらねーんだ」
「それは…自分の胸にきいてみなよ 兄さーん!!!」
「まだヨーグルトになってないアル!!」
「俺と決着つけるまで 死んだりなんか…しやせんよ」
「自分のお葬式位 自分で決めさせてあげてください!!」
「…岩の陰で見えねーが あとは…頼まァ」
「タイホしちゃうぞ(はあと)」
「浴衣でイチャつく悪いカップルはい゛ね゛ーが」
「俺もお好み焼き屋のマヨネーズが切れてないか取締りにいく!」
「だって俺はお祭りデートのヒーロー」
「風情もクソもない事言うのやめてくれません」
「こっちは大人の自由研究が待ってんだよ」
「なんかカブトが違うもんに見える!!」
「打ち首じゃありません 『うっ乳首』です」
「いや マヨネーズ航路(ライン)の入り口が」

改めて見ると、自分は副長と下ネタが好きなんだとよくわかるわ。
土方好きは変態多し、オチもないままこっそり浮上!
   

ごめんね、一途ないいコじゃいられない(WJ微ネタバレ)

日付が変わってしまいましたが、ゆるーくいきます微ネタバレ。
数分で読んだ挙げ句、かなりうろ覚えなので色々とご注意を。
本誌ネタバレ無問題なお客様は、いつも通りこのままどうぞ。
いいことばかり書くわけじゃないので、そのへんも悪しからず。
管理人の妄想がフルスロットルで気持ち悪いから気をつけて。
次の更新が結構真面目な話なので、こっちは不真面目になりそう。
今聞いてるキルラキルEDの再生回数もハジけ気味だし。
この昭和風味なテイストは、何故かクセになってしまうという罠。

相変わらずの逆転篇(仮)、終わりが全く見えないYO!
毎回二次創作の自己新記録を叩き出す空知んたまに完敗かつ乾杯。
猫人間との対決は来週に持ち越されたとかお妙登場とか。
山崎がマダオでマダオがグラサンで、ああこのへん間違ってそう。
それらを全てひっくり返したのは、坂田と土方の告白対決。
お妙に対する距離の取り方が神がかってコンビニでニヤけたから。
猫人間とお妙の関係を断ち切るため?の芝居とはいえ以下略。
坂田の顔した土方が「俺西チャイナよ」…このパソコンもう嫌だ。
「俺にしちゃいなよ」的なサプロポーズは夢書きのガソリンです。
少なくとも自分は重病チャージ二時間キープできる勢い。
(今夜は変換を暴走させよう…ごめんね、いいコじゃいられない)
それに対して倍返しな土方が「鬼とレッツパーリィ」言ってるし。
勿論見た目が土方で中身が坂田だからパーリィナイトなわけで。
自分がお妙だったら遠慮なく二股かけるね、股が裂けてもいい。
(ここでもごめんね、いいコじゃいられないキルラキルED)
しかし一番興奮したのは、そこから発展した勝手な自分の妄想だ。
何この二人、口説き方が軽すぎて女慣れしてそうだけど。
…と見せかけての本命には口ごもる系、肝心なこと言えない男子。
そうであってほしい、そうだとしたら俄然執筆欲が湧く!
とりあえずこのへんで止めとこうか、夜の魔法って怖い。

訳のわからない姿勢で足が痺れたので、もそもそ浮上!
   

感謝の気持ちを文章にしたらきっとこのタイトルくらいややこしいことになる(フリリクとアンケートのお知らせ)

かなり先のことになると思いますが、フライングで失礼します。
このままいくと当館も四十万hitという節目を迎えそうです。
サイト運営を始めて三年近く経ちますが、紆余曲折ありました。
しかし回顧録を話し出すと長くなりそうなので、すぱっと省略。
ここまで来れたのは皆様のおかげです、ありがとうございます。

つきましては、お礼も兼ねてフリリクを募集させていただきます。
アンケートとフリリクが一緒で申し訳ない…。
面倒だったらアンケートだけ、フリリクだけでも構いません。
(アンケートの最後にフリリクスペースがくっついてきます)
アンケートのリンクはしばらく貼りっぱなしにしておく予定です。
お時間のある方、ご協力いただける方は何卒宜しくお願いします。
   

紙の本も読もうよ

一文字違いでかなり違うね槙島先生。
大変お待たせいたしました、PP連載更新です。

サイコパスといえば、年末に原画集の2と3が発売するとか。
すかさず予約した自分の部屋はまさしく本まみれです。
主に漫画、小説、写真集に絵本。
小難しい本はありませんが、どれもお気に入りばかり。
奈良美智作品とか、いつから好きなのかも思い出せないし。
エリック・カールのはらぺこあおむしは、墓まで持っていく勢い。

宝くじが当たったら、欲しい本を買い占める…!
その前に宝くじを買って、部屋を掃除するところから以下略。
   

着流しで全力失踪は地味に辛そう(WJネタバレ)

普通に着ててもずり落ちてくるってレイヤーさんが言ってたよ。
今週こそネタバレを平日中に打ち込みたい…!
そんな目論みを夜な夜な決行する、十三日の金曜日。
いつも通り抜き出し少なめ、さらっと流していきます。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
本編にあまり関係ないこともあれこれ語ってしまうかも。
銀魂以外だと、今なら殺せんせーが絶好調かな。
まだ夏休みなのに盛り上がってしまって、今後がかなり楽しみ。
ソーマを見てるとお腹が減って仕方ない。
ワールドトリガーはそろそろ一気読みして話を整理したいところ。

ぺたり。

表紙のチーム☆万事屋が無駄に格好良くて倒れそう。
「魂鈍らず 重ねて十年」のキャッチコピーに戦慄が走った。
そうか…自分が制服っ子だった頃からもう十年か(遠い目)
今年のWJの背表紙ってずっと銀魂なの?それって凄くない?
ジャンプフェスタに行かれるお客様は自分の分まで楽しんできて。
アームピローの銀さんと土方さんのポーズが面白すぎる。
巻頭カラーは高杉と土方さんの顔色を本気で心配したわ。
源外さんの後ろにいる黒髪女子って誰だっけ?(ザ☆適当)
「いろいろやらかしたけど、おれたちみんな共犯者だから」
そんなキャッチコピーってアリなのか、よりによって十年目に。
カラーの銀魂事件簿を見ると、結構目から鱗とか熱湯飛び出る。
二年目で紅桜篇とか全蔵登場か…紅桜って三年目位だと思ってた。
四年目で動乱篇、五年目で吉原炎上篇、七年目の四天王篇。
八年目のバラガキ篇あたりからは、まだ記憶に新しいかも。
今上げたお話が好きな自分は元々シリアス好きなんだろうね。
ここからようやく本題に入ります、続いてるよ逆転篇(仮)。
猫面人を探して走り回る見た目は坂田、中身は土方な彼。
「まさしく猫のエサだぜ 安い魂だ!!」
「クソッ こんな時に警察の情報網が使えれば…」
このコマの坂田(どっちの名前で呼んだらいいか迷子)が、もう!
イケメンすぎて目眩がするわ。
行く手を阻むのはトチ狂ったノースリーブ☆真選組の皆。
ハイスクール!奇面組がWJ作品と知って地味に驚愕したからね。
「お巡りさんがパトカーに乗っけてつれていってやろうか」
「地獄のランデヴーによォォォォ!!」
この近藤さんも大概だけど、一番酷いのは山崎だよね。
「俺達はもう何者にも縛られねェ!!自由警察になったんだ!!」
モヒカン山崎は正直山崎の原型をどこにも残していない…。
誰だかわからない位消え去ったのに、モヒカンでさえどこか地味。
悪即斬万事屋とノースリーブ真選組のガチンコバトルは一旦休止。
「どちらもその剣 鞘におさめな」
「副長命令だ」「社長命令だ」
このコマ美味しくて白米一合ぺろっと食べられそうだYO!
猫面人のマッドモンスターっぷりが半端ない。
下半身のモザイクは銀さん譲りですかそうですか、デカいですね。
猫面人を取り逃がしても尚、諦めない坂田と土方。
「すまねェ 不甲斐無ェリーダーで」
二人の後ろ姿だけで話が湧いてくるなんて頭おかしいよ自分。
残された万事屋と真選組をトラックで轢きに来たたまと源外さん。
「とり戻してこい お前達のリーダーを お前達の本当の色を」
というわけで次号へ続く、何か最終回フラグみたいな流れだね。
掲載位置が後ろの方だったら誤解されてもおかしくないよ?

結論。

空知んたまのコメントが普通におめでとうありがとうな銀魂。
   

ぼっち主義の君に盲目の愛を(special thanks更新のあれこれ)

最近ちょこちょこ素敵企画に参加させていただいてます。
今回はビートルズの曲に合わせて、ひとりぼっちのあいつの話。
special thanksに企画参加作品を更新しました、坂本の話です。
ここから先はお話のあれこれについて、ちょっとした補足を。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。

ひとりぼっちのあいつというテーマで、ぼっちキャラが主役です。
ビートルズの名曲をタイトルとして書かせていただきました。
テーマと曲名を聞いたとき、咄嗟に高杉or土方だと思ったんだ。
(サイコパスなら狡噛or槙島だろうね…お約束ですよ、ええ)
しかし高杉とか土方がぼっちなのは、自分の中で通常運転すぎる。
山崎がぼっちなのもそのままだな、と悩むこと小一時間。
辰馬って意外とぼっちなんじゃない?と思いついて今に至ります。
慕われていたとしても社長は社長、悶々とすることもきっとある。
彼にしかわからないぼっち感を抱えて生きてるに違いない。
(デリカシーはヘソの緒と一緒に切り落としただろとか以下略)
そういう意味でJOY4は皆ぼっちなんじゃないかと思ったり。
それぞれ仲間や部下がいるけど、てっぺんならではの孤独もある。
彼は寂しくなったら誰のところに行くのか、それが今回の話です。
ちなみにお察しの通り、巫女設定はseriesから多少借りてます。
(しかし不眠巫女とは別人です、紛らわしくて申し訳ない)
スナックに通うJOY4の甘えたな一面が見られるんじゃないかと。
辰馬を格好良く書ききれない、情けない部分も見せちゃう自分。
いつもキャラをヘタレにしてしまってすいまっせーん!
ひとりぼっちなのは、彼と彼女のどちらなのか。
そのあたりの想像は皆様にお任せしてダッシュで逃げるつもり。
推敲中はビートルズのA Hard Day's Nightをひたすらリピート。
あとはLOVE PSYCHEDELICOのMoonlyも結構聞いたかな。
LOVE PSYCHEDELICOは比較的万能で推敲向けの曲が多い気がする。
坂田、土方、沖田、高杉あたりの推敲で出番多め。
淡々としてるのにいいこと言ってたり、聞き流しやすかったり。
ビートルズのほうは、歌詞がそのまま辰馬っぽくてニヤニヤ。
「今日も大変だったけど、君のためなら頑張れる」
超要訳するとこんな感じで、辰馬の甘さとか心の広さが窺えたわ。
(歌詞の訳はあくまで自分の主観なので、ぐーぐる先生推奨です)

辻子様、この度は企画に参加させていただき有難うございます。
今後もよろしくお願いします。
   

サングラスの下にイケメンが隠れてるのは二次元だけ(キルラキル第六話~第十話のあれこれ)

相変わらずなキルラキル、第六話から第十話までの感想です。
お付き合いいただけるお客様はこのままどうぞ。
かなり下品なことを言ってますのでご注意を。
(キルラキル好きで下品が嫌いって方は少ないだろうけど…)

第三話までのテンポと比べて若干ゆっくり目なペースだね。
それでも展開が遅いとか飽きたとか思わない不思議。
多分自分の大好物な下ネタが散りばめられてるせいでしょう。
どんな作品でもそうですが、敵が魅力的って素敵だと再確認。
蟇郡の変態っぷりなんて、気持ち悪さを通り越して気持ちいい。
美木杉先生がサングラスしたまま目つきだけ鋭くなったのは反則。
謎めいたユルい人が急にキレ者ぶるとかよだれが止まらない。
マコのキテレツっぷりが最近目立たないのがちょっと残念。
流子のケツと美乳は世界を救うと信じてる。
そろそろ折り返し地点なわけですが、後半はシリアスって本当?
消化試合みたいな部分もあるけど、何にせよ追いかけようかと。
「あなたを・もっと・知りたくて」はアルバム持ってるわ。
「可愛い女と呼ばないで」も聞いたことある…懐メロは楽しいね。

最後に第六話から第十話で特に好きな台詞を書き抜いてみます。

「すごいよ、早いよ、かっこいいよーっ!!」
「襟の裏のほうもよくかけてくれ、丁寧にな」
「他の感覚が鋭くなりすぎて、猫舌になっちまったんですよ」
「おまえのシステムごと打ち砕いてやるっつってんだよ」
「奴らこそ服を着た豚、力で屈服させるしかない豚共だ!」
「あなたはこの学園の膿を出そうとして纏を利用した?」
「そうだよ!私の人生信号は、いっつも黄色だよ!」
「流石、我が鬼龍院特製のトランポリン、よく跳ねる」
「変態ではない、変身だ!!」
「NO MORE テレビ泥棒!!」
「誰も俺を攻めなくても、俺が俺を攻める!」
「あれじゃまるで、人間鯛焼きだよ!」
「流石満鑑飾 そこにツッこむか」
「そう飛んじゃうの、このデカいのが!」
「皐月ちゃんの手はあたしが握る!ずっとずっとあたしが握る!」

テレビ泥棒ネタにニヤけた…映画泥棒といい盗まれすぎ!
また十五話くらいまで見たら感想上げるので、どうぞよろしく。
   

変態はWJの十八番(WJ微ネタバレ)

ハイスクール!寄面組ってWJ出身なのか、知らなかったわ。
もーういーくつ寝ると、くーりーすーまーすー!
この時期のリアルかぶき町では居場所がない管理人です。
仕事納めとか忘年会とか、何だかんだで慌ただしいよ十二月。
リア充には程遠い自分ですが、今日もWJでちゃっかり息抜き。
いつも通り微ネタバレします、内容薄いけどどうぞよろしく。
不謹慎発言があるから、銀魂の純粋なファンの皆様はご注意を。

今回はおめでとう十周年、銀魂アニバーサリーで巻頭カラー。
しかし表紙はモノクロのチーム☆万事屋だよ、カラーなのに。
いいんだ、本気で格好良かったから…銀さんの目がヤバいから。
真っ白なまま燃え尽きていたーい、というかもう燃え尽きた。
年末のあれこれを目前に燃え尽きちゃ困るんだ、いざ生きめやも。
話が迷子なので、カラーの銀魂特集はネタバレまでお待ちを。
相変わらずの逆転篇(仮)で、見た目銀さんな副長がイケメン。
むしろ普段よりイケメン三割増しじゃない?
謎の黒髪V字前髪より真ん中分けのほうが大人の魅力ダダ漏れ。
真夜中のフルマラソンの一つや二つ、全力で付き合うわ。
頭は猫、身体はマッチョな猫は一体何なのか。
股間がどうなってるのか気にしたのは自分だけですかそうですか。
ハイスクール!奇面組もといノースリーブ!真選組が濃ゆい。
(敢えて奇を鬼にしたら黒い獣も暴れてくれそうで二度美味しい)
悪・即・斬の零距離牙突を打ちまくる彼に似た万事屋とか。
皆ひっくるめてたまがトラックで轢こうとしてたのは気のせい…?
俺達はオマエ達のリーダーじゃないみたいな発言が何かアレだ。
最後の全力疾走中な坂田土方を見てると打ち切りフラグに見える。
いや、巻頭カラーだし十周年だし絶対にそんなことないけど。
そんなことないってわかってるから冗談言えるけど。
とにかく二人で必死になって猫人間?を追いかけて次号へ続く。

今日の感想滅茶苦茶すぎるけど、すっきりしたのでこのまま浮上!
   

聞いてはいけない二十四時(椎名林檎・東京事変篇)

最初に言っておきますが、両方デビュー当初から大好きです。
しかし初期の林檎嬢を聞きすぎると体調を崩すので加減しながら。

椎名林檎さんと東京事変で好きな曲はありますか?
…という俺得な質問をいただいたので、ここからお返事を。
その方は、以下の曲がお好きだと。

<東京事変>
・恐るべき大人達
・私生活
・女の子は誰でも

<椎名林檎嬢>
・あおぞら
・輪廻ハイライト
・丸の内サディスティック

どれも好きですが、女の子と丸の内は自分もよく聞いてます。
面白かったり綺麗だったり格好よかったりなPVも楽しみの一つ。
ここにない曲で個人的に自分が好きなのは、

<東京事変>
・群青日和
・遭難
・母国情緒
・夢のあと
・金魚の箱
・黒猫道
・キラーチューン
・落日

<椎名林檎嬢>
・すべりだい
・シドと白昼夢
・浴室
・月に負け犬
・依存症
・ポルターガイスト
・自由へ道連れ

あたりでしょうか。
本当に好きな曲ばかりで絞れなくて、書きすぎてしまった…。
推敲には斎藤ネコ氏との曲を聞くことが多いかも。
宵待ちシガレッタはネコ氏ポルターガイストが裏テーマ曲です。
余談だけど、名前は林檎嬢のサカナからもらったのもあるよ。
(天野月子引退時の一曲、サカナからもいただきました)

今後の彼女の活躍に期待しつつ、オチもないままひっそり浮上!
   

犬のエサと猫のエサに失礼なレベルのエサ、できました(WJネタバレ)

巷が重大発表とやらで盛り上がる中、平常運転のネタバレです。
今回も抜き出し少なめ、さくっといくのでどうぞよろしく。
銀魂以外だと暗殺教室はカルマがちょっとおいしかった…!
渚の頑張りは見応えあるな、来週が楽しみだよ。
ワールドトリガーとソーマはアニメ化したら面白そう。
ぼんち揚げはコラボできたみたいなので、きっと買います。
俺、ぼんち揚げをぼりぼりしながらアニ銀見るんだ…。

ぺたり。

今週の逆転篇(仮)も台詞が多すぎてとんでもないことに。
そしてやっぱりたまと源外さんが何とかしてくれる流れだと。
牙突を食らい川に落ちた坂田・土方を助けたたま、いい子すぎる。
「こっちが銀の時で そっちが鬼の副長殿ってワケか」
このコマの銀さん、無駄にイケメンに見えるのは自分の気のせい?
二人を引いたトラックの積み荷が全ての原因だと。
卵かけごはんのくだりは下ネタ全開で、空知んたまが本気で心配。
一番ドン引きしてるのは編集長と担当なんだろうけど。
「卵かけごはんならぬ魂かけ誤判しちまったワケだ」
というわけで装置を作動させてできたのがマヨと小豆ごはん。
生ゴミ並のとんでもメニュー、とどめはキ○タマかけご飯。
「俺の俺がァァァァァァァ!!」
「どれが俺のだ これか?これなのか!?」
「ちょっと待て それは俺のだろ」
袋から転移(ワープ)したブツを前に争う二人…これは凄い。
どっちが自分のかわかるってことはまさに以下略。
これを公式と呼べるなら、二次創作なんて何でもアリだYO!
後半は猫のケツに飛んだ俺の半分を探す旅。
見た目は土方、中身は坂田な彼の前に立ちはだかるのはヅラ。
「ヅラじゃない 万事屋三番隊隊長 桂小太郎だ」
「攘夷志士は悪・即・斬 万事屋法度の誓いの元に成敗いたす!」
感化されたのはマダオとかさっちゃんも同じく。
マダオが何気に格好良く見えるって、眼鏡がおかしいのか自分。
喋る猫が現れたとかで、ものの怪を追ってかぶき町住人の大移動。
今週はここまで、俺の俺を見つける戦いは来週へ続く。
銀魂、次回は十周年記念なのにキ○タマとか袋とか。
巻頭カラーのタイミング悪すぎだろう、多少考えてあげないと。
しかしカラーでキ○タマ丼を見たい気もする…こんにちは煩悩。

結論。

ヒップホップをHと略し、ガラケーを懐かしむ空知んたまに愛を。
   

駄目なところを受け入れてこそ愛

唐突ですが、誰かと手を繋ぐときの話です。
ちょっと面白いと思ったので。

<相手の左手を取る場合>
その人の性格や生き方の自信を持った長所の部分が好き

<相手の右手を取る場合>
弱い部分や駄目な部分を愛しく思っているらしい

自分は右手を取ることが多いかもしれないな。
駄目な部分、いいじゃないか。
糖尿でもマヨラーでも男のケツ三年も追いかけ続けてもいいよ。
自分も一緒に犬のエサを…いや、無理かも。

大変お待たせしすぎていてアレですが、PP連載更新です。
   

ポケットティッシュケースはエロ方しかいない現実(J-WORLDのあれこれ)

師走を駆け抜ける勢いの皆様、いかがお過ごしでしょうか。
自分は年末年始も仕事で、サンタクロースも当然不在(白目)。
自分で自分を励ますしかないと思い、行ってきましたJ-WORLD。
あれこれ書き留めるので、お付き合いいただける方はどうぞ。
おそらく何の役にも立たないくだらなさ2000%なのでご注意を。
BGMはようやくレンタルできたキルラキルOPとEDです。
タイトルが薬師丸ひろ子なんて懐かしくて仕方ない。
「あなたを・もっと・知りたくて」だよ?
何なんだこのむず痒くなるネーミングセンスは。

平日夜の池袋で無人に等しいJ-WORLD、経営は大丈夫なのか。
そんな心配をしてしまうほど閑散とした空間で銀魂を叫びました。
基本的には海賊と鳴門、龍玉がメインらしきテーマパーク?です。
諸々は公式ホームページで確認いただければ以下略。
入園料は大人1300円、銀魂メインなら入園料だけで十分遊べます。
夜遅くまで営業しているところだけは何気に大人向けじゃないか。
最終入園21:00で営業は22:00まで、しかし誰もいなかった…!
久しぶりにぼっち参戦が辛くなるほど、とんでもなく孤独でした。
ここから先は分けて説明します、長くなったらごめんよ。
名称とか詳細とか相当いい加減だから悪しからず。

【万事屋スタンプラリー】

これだけ最終受付が18:30という曲者スタンプラリー。
普通のスタンプラリーで、無事終わるとバッジが二個もらえます。
自分は幕銀白夜叉とデコ方さんを迷わずチョイス。
ちなみにラリー自体は普通ですが、最後の犯人確保が正直キツい。
マットの上を全力で走って、前に設置された犯人を捕まえるんだ。
ジムとかにありがちなランニングマシーンの簡易版みたいなやつ。
これが全力疾走しないといけなくて…しかも自分ヒールだったし。
(ちなみにヒールの人は係の人が手伝って走ってくれるようです)
いつも走ってるし大丈夫だと思ったけど、地味に汗かいたからね。
バッジが複数欲しい方は一度で済むよう、券一気買いがおすすめ。
最後にアンケートに答えると的な用紙がもらえます。
抽選で一名に当たるのは小西パネル、本気でどうするんだアレ。

【ジャスタウェイのくじ引き】

なんてことはない、普通のくじ引きです。
下位賞を当てたいのにA賞が当たってしまった悲劇。
大人しくあんぱんの呪われた鏡をもらってきました。

【銀魂展示コーナー(仮)】

映画公開時、某駅地下をジャックした原作複製原画がずらり。
個人的には空知んたま愛用の耳かきが気になりました。
本当にあんな耳かきを使ってるんだろうか、教えて銀八先生!
あと、ああいうところって落書き帳とかあるじゃない?
皆、絵とか上手でいつも軽く嫉妬してしまうYO!
便乗して自分もマダオなメッセージを残してきました。

【銀魂的なフードコート(仮)】

正直に言おう、正式名称忘れちゃってすいまっせーん!
幕銀限定フードと普通の銀魂フードがそれぞれ何種類かあります。
今ならランダムで幕銀ステッカーがもらえるとのこと。
しかし銀魂フードって扱いがかなり酷いよ…目から汁が出そう。
脱色はコンのカレーうどんだとか一護の明太パスタ。
海賊のはっちゃん?のたこ焼きも普通においしそうだった。
それなのに、銀魂ときたら甘党だとかマヨラーだとか。
どこかの誰かさんのせいでマヨたこ丼、マヨの量が鬼畜過ぎる。
たこ焼きにマヨぶっかけただけだろーが!と問い詰めたい。
ジャスタウェイの唐揚げは、底に苺ジャムが隠れてた…。
食べ物で遊んじゃいけないと痛感しました。
自分はジャムを拭き取り無事完食。
沖田と高杉(のケーキ)はお持ち帰り可能らしい。
いかがわしい大人のおねえさんに攫われないよう注意して二人共。
フードコードも無人に近かった…カップルが一組だけ。
女子は神楽のお茶漬け、男子は土方のマヨたこ丼を食べてました。
というわけで、リア充も受け入れるJ-WORLDに乾杯かつ完敗。

トータルで見ると、話のネタとしてはいいかなって感じです。
年末年始でお出かけの際、そのついでとか。
これから冬休みの皆様、池袋に用がある皆様はぜひ。

集英社の回し者と思われる前にこっそり浮上!
   



   

目覚めよ、大人の制服フェチ魂(京都のあれこれ後編)

毎年呟いてる気がするけど、今年も懲りずに打ち込んでみるよ。
京都の紅葉に関するあれこれ、後編は唐突にVer.です。
前編がとてつもない長さになったので、後編はあっさりと。
おすすめスポットだけちょろっと書いておきます。

<紅葉シーズンは特におすすめ>

【高台寺】

夜のライトアップが綺麗、池の水面に映る紅葉はまさに水鏡。

【清水寺】

こちらもライトアップが堪らない、スケールの大きな紅葉です。

【常寂光寺】

嵐山方面のお寺、紅葉の赤の美しさは何時間でも見られそうな位。

<紅葉関係なくおすすめ>

【伏見稲荷の千本鳥居】

二十四時間楽しめて雰囲気抜群の場所、夜は提灯が灯されます。

【フランソア喫茶室】

昭和九年創業のレトロ喫茶、古き良きモダンな建物によだれ。

今回初めて行ったのは、伏見稲荷の千本鳥居とフランソア喫茶室。
夜の千本鳥居は怪しげで、執筆魂を煽るには十分なムードでした。
高杉や銀さん、土方さんとか辰馬あたりが似合いそうな場所だ。
ちなみに外国人が行ってよかった観光名所?で第二位らしい…。
何調べなのか忘れたけど、大々的に幕が張られてたはず。
フランソア喫茶室はL.O.が遅めで行きやすい喫茶店。
店員さんの制服がモダンで品があるのに色っぽくて、もう!
最近流行りのメイド服もいいですが、こういうのも凄く好き。
小豆色?のワンピースで五分袖くらい、生地は厚めに見える制服。
露出度が高いわけでも飾り立てているわけでもないのにね。
ブルーベリーソースのレアチーズケーキとコーヒーは定番の味。
店内はステンドガラスや重厚な家具が目を引く作りです。
フレッシュクリーム入りのコーヒーを飲み、姿勢よく妄想する。
落ち着いていい夜を過ごしたい、また来たいと思えるお店でした。

書き手魂に火をつけるには十分なお休みだったということで。
これを糧に、今夜もまた寝落ちと戦いながらちまちまと頑張るよ。

紅葉のことなんてほぼ何も書いてないけど、まったり浮上!
   





   

「何考えてるの?」と聞かれるときは大抵何も考えてない(special gift更新のあれこれ)

もしくは下品なことを全力で考えてる管理人です。
夏の終わりに頂いた素敵作品を、すっかり独り占めしていました。
special giftに飾らせていただきますのでどうぞよろしく。
物思いに耽っているのか、嫉妬心でも抱いたのか。
色んな見方ができる鋭い眼差しにやられっぱなしです。
自分があれこれ言うより、見ていただいたほうがよろしいかと。
安定の男前な副長です、皆様どうぞよだれかけのご準備を。

ここから先は副長についてのちょっとした妄想をを書きます。
彼は本当に書き手魂と描き手魂をくすぐる存在だと思う。
格好良く勇ましい雰囲気も似合うのに、悲恋や儚い話もイケるし。
優しさと優柔不断は紙一重だって再認識しちゃう甘い性格もいい。
一方で冷徹な判断も下せるし、自分一人で責任も背負い込みがち。
とにかくあらゆる表情が似合う、多芸なイケメンマヨラーです。
描き手様である風祐様は、そんな副長を捉えるのが上手いなぁと。
きっと男気溢れるだけでなく、趣を大切になさってるのですね。
線は嘘をつかないし、色は世界を無限に広げる。
厨二もびっくりな話ですが、最近つくづくそう思います。
あんまり言うと気味悪いと思うので敢えて手短に。
描き手魂が書き手魂に火をつけ、妄想は発達してきたはず。
そんな描き手や書き手の皆様に、改めて感謝の気持ちを伝えたい。
いずれは自分の駄文をこっそりくっつけさせていただく予定です。
こねくり回しますのでお時間をいただきますが、ご容赦ください。

風祐様、この度はありがとうございました。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。
   

疲れてると下ネタ連呼したくなる、この気持ちは何だろう(WJ微ネタバレ)

諸事情でパソコンと向き合えず、携帯で打ち込むよ微ネタバレ。
文字数も内容も少な目ですんまっせーん!
火曜の夜中なので時効だと思いますが、まだの方は気をつけて。
銀魂以外だと殺せんせーがなかなかアレな展開だね。
いい加減単行本を集めないと溜まる一方で以下略。

先週に引き続き、逆転篇(仮)暴走中。
台詞多すぎて流し読みも一苦労。
とりあえずたまと源外さんが頑張って踏ん張ってたよ。
バファリンを携帯してる?土方さんは何なの。
頭痛持ちなのか優しさが足りないのか気になるわ。
銀さんと土方さんのキンタマ丼はどこで買えますか。
ヅラとかマダオとかさっちゃんとか話がどんどんデカくなる。
登場人物が増えすぎて流れもあまり把握できてない自分。
いや、とにかくキンタマだったからさ…キンタマ混ざってた。
下品でごめん、でも本気で今回はとんでもだったから。
空知んたまは一体どうしたのか、迷走したまま次回へ続く。

キンタマのことしか思いつかないので、もそもそ浮上!
   
プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。