スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵は季節感(拍手文更新のあれこれ)



今回も大変お待たせしてしまいました、拍手文更新です。
煙草屋の彼女と真選組の彼の物語、今までのお話はこちらからどうぞ。
前回拍手文のひじかたんclappingにお引っ越し済。
SPである意味なんてどこにもないけど、土方さんのスーツ姿を妄想できればそれでいい。
管理人の自分勝手な主張が剥き出しになってます。

今回の拍手文は、季節感がアレすぎてすんまっせーん!
梅雨入りしたところに冬の話で申し訳ないです。
まだまだ助走段階なので、生暖かい目で見ていただけると嬉しいです。
推敲中は椎名林檎のポルターガイストを延々と聴き続けるプレイ。
斉藤ネコ氏と作成したアルバム「平成風俗」のほうのポルターガイストです。
ちなみに「KSK」のポスターガイストも好きだったり。
このお話の隠れテーマソングです。

そして、アンケートに答えてくださったお客様にも感謝を。
励ましのお言葉までいただいてしまい、ニヤニヤが止まりません。
コメントをくださった方にはアンケート終了次第、お返事をする予定です。
アンケートもそろそろ締め切ろうかなと思っているところですので、しばしお待ちを。

さて、もう六月なので、長らく更新を止めていたアレとかアレとかを以下略。

続きを読む

スポンサーサイト

人にできて、ジャンだけにできないことなんてことあるもんか(進撃の巨人第八話ネタバレ)



タイトルはドラえもんの名台詞から。
眠気を覚ますために見始めたよ、進撃の巨人第八話。
あっさりとネタバレを打ち込むので、気になるお客様は右下へどうぞ。

それにしてもこの話人気出たな、想像以上だ。
むしろ人気がありすぎて怖い、アニメ終わっちゃったらどうなってしまうのか。
そして、作者の諫山先生がももクロ好きと知ってぷるぷるしてます。
確かサイコパスの作画監督もももクロ好きだったよね…?
ちょっとももクロに興味が湧いちゃうじゃないか。
ももクロ言いすぎてるので、そろそろ引っ込みます。

続きを読む

渡る世間はヲタばかり(WJ微ネタバレ)



すっかり曜日の感覚がなくなっていますが、今夜も書きます微ネタバレ。
今週も台詞がかなり多かったので、ちゃんと読むのは時間がかかりそうだ…。
ネタバレ大丈夫なお客様は右下の小部屋へどうぞ。

映画のあれこれも色々告知されたようだけど、そのへんはまだ何も見てないわ。
ついったで小耳に挟んだ程度です。
自分は何事にも面倒臭がりでいけないね、情報に全然ついていけない。
何かを好きでいるって、真面目じゃないとできないと改めて思う今日この頃です。

続きを読む

美女と野獣に愛を込めて



ついったではぼやいてましたが、こちらでも改めて。
空知先生お誕生日おめでとうございました、過去形ですんまっせーん!
ミツバさん、どうしてあなたの誕生日が今日なんだ。
三月二十八日でもいいんじゃないか。
誕生日おめでとう、土方にあれほど愛されてるミツバさんの女子力が本気で欲しい。

拍手コメントお返事済です、いつもありがとうございます。
ぱちぽちしてくださったお客様にも感謝。
拍手文は、季節感皆無なアレに書き換え予定です。

続きを読む

その一冊で、過去を網羅する(PSYCHO-PASS小説「名前のない怪物」のあれこれ)



ようやく読み終えました、PSYCHO-PASS小説「名前のない怪物」。
実はアニメ沿いの上下巻はまだ全然なんだよね。
アレを執筆する関係上、必要な部分から読むので、上巻も下巻も交互に見る始末。
この「名前のない怪物」は、とにかく佐々山のことを知りたくて読みました。
アニメだととんでもなく軽いイメージの彼がどんなことになってるのか。
ネタバレを気にしない、もうとっくに読んでるしというお客様は右下の小部屋へどうぞ。

しかしPSYCHO-PASS小説はデカいし分厚いし、とにかく持ち歩きに向かない。
もう章ごとに分解して(破って)持ち歩けばいいのかな。
赤本とか参考書もそういうことをして、当時何冊も本のバラバラ死体を作った自分。
いい加減、物を大切にできる大人になりたいです。

続きを読む

放送コードは連呼するためにある(WJネタバレ)



ようやくWJをざざっと読みました…一週間ってあっという間だ。
殺せんせーとワールドトリガーは外せない、ソーマとこち亀も好きだよ。
脱色は一護パパが相変わらずイケメンで困る。
今更だけど雨竜とギノって見た目似てるね、むしろ内面も似てるかも…?
眼鏡ツンデレキャラは自分のごちそうだ。
色々話しましたが、喉の痛みと鼻水がアレなのであっさりいきます。
抜き出し少なくてごめんよ。

ぺたり。



一話完結型、お通ちゃんが神楽とユニットを組むの巻。
最初のページからぶっちぎりで台詞多くてビビってます。
「EDO48にちくびクロZ…今はもう単体(ピン)よりグループ売りの時代だよな」
今週の銀魂の中で自分が一番好きな台詞、出ちゃいました。
ちくびクロZ、このセンスに脱帽したよ空知んたま…!
とうきびウンコホントに出しちゃいましたとかとうきび女とか、雑誌の表紙が神。
「アイドルなんてみんな幻想を着飾った小娘だろ」
銀さんの台詞がいつも以上に辛辣だ…グループ売りの利点を説明する眼鏡もシビアだし。
「要するに47人のブスが必要だ」
「それができないなら一人で48手に挑戦するのもいい」
どっちにしろ自分好みだ、頑張れお通ちゃん!
一方で、鼻をほじりながら友達と街を歩く神楽ちゃん。
「『枕』を売れば誰でもなれるって銀ちゃんが言ってたアルよ」
バブル時は特にそんなイメージだけど、今はどうなんだろうね。
お通ちゃんの鼻クソを全力否定する新八が本物のファンっぽくて可愛い。
神楽に持ちかけられたのは、期間限定ユニット「お前の相棒何人?プロジェクト」だと。
なんかそういう企画本当にありそうだ。
このへんは小ネタが面白いけど、何よりも凄いのが坂田P(プロデューサー)。
スーツで眼鏡なんて自分を殺しにかかってきてるとしか思えない。
坂田P企画、二人のユニット名は「ハナクソダイヤモンZ48」で始動!
B'zとかWANDSとか、どっちも好きだぞコノヤロー。
スーツのアイドルだか嶋大輔だか知らないけど、ツインテールの神楽が可愛い。
別れましょう私から消えましょうあなたからの大黒摩季とか懐かしすぎてフォー!
愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない、小学生の頃よく聞いてたな。
錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こうも好きだ、小松未歩がカバーしてたよね。
最終的にギターKYUBEIとかベースTSUKUYO、ドラムSACCHAN、カスタネットOTAEだと。
ダイヤモンドパフューム、月詠だけ雰囲気違う気が…。
というかこれ、一話完結型じゃないの?
「次号、アイドル街道を進む神楽の体当たり営業が始まる!?」
この次回予告、まさか嘘じゃないよね?



結論。

資料と称して買い物できるのは作家さんの特権だよ、空知んたま。

続きを読む

吸い殻は灰皿へ、マヨラーは買いだめへ(special giftのあれこれ)



味の素もマヨネーズ値上げするらしいよ、土方さん!

お待たせしました、special gift更新です。
少し前に頂いた素敵ギフトに、勝手ながら駄文を添えさせていただきました。
ギフトに合わせて格好いい土方さんを書きたかったのですが、一体どこで転んだのか。
結局できあがったのは、ひたすら悶々としてる彼の話でした。
あと、夢主がうまく書けなくて申し訳ない…!
giftの描き手様をイメージして書いていますが、いつも失敗して以下略。
推敲中は、ONE OK ROCKのJuvenileをかけっぱなし。
このお話の後、刀を構えて斬り込む副長の一曲。

描き手様の作品は、静止画でも動いてるところが素敵に無敵。
ちゃんと目に魂があって、触れれば温かく、呼吸も聞こえて血も巡ってる。
そういう作品を手掛けられていて、こっそり尊敬しちゃうのです。
書き手の自分は、そういう躍動感を言葉にしようと必死なわけで。
書き始めてから二年が経ちますが、まだまだ生きた文章には程遠いわ。
おまけに構成とか読みやすさとかキャラの性格とか、もう修行僧の気持ちだYO!

話は変わりますが、拍手コメントのお返事済です。
高杉と巫女話を読んでくださる貴方様に乾杯。
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛を。
拍手シリーズを一つ増やしたくてうずうずしてます。

続きを読む

ミカサが生きて、変わるものもある(進撃の巨人第七話ネタバレ)



タイトルは「最遊記」の玄奘三蔵から。
「お前が死んでも何も変わらない。 だが、お前が生きて、変わるものもある」
確かこれが元ネタです。
ガルガンディアも追いかけられないまま、今期のアニメはこれ一本です。
進撃の巨人第七話、さらっと微ネタバレ風味のあれこれを打ち込むよ。
もう見たよ、ネタバレ上等!というお客様は右下へどうぞ。

そういえば、進撃の巨人の実写映画化説はどうなったんだろう。
「嫌われ松子の一生」「告白」の中島監督が降板したわけだから相当アレだよね。
このままお蔵入りだとしたら、それはそれでちょっと寂しいかも。
中島組が進撃の巨人をどう動かすか、気になってたからな。
アニメ実写化はあまり好きじゃないけど、スクリーンで立体機動装置を見てみたい…!
要するに自分はリヴァイ兵長よりミカサより、立体機動装置の虜です。

続きを読む

眼鏡のことを嫌いになっても…銀魂のことは嫌いにならないでくださいっ(WJ微ネタバレ)



今日は一日雨だったな、こういう日はベッドの中でゴロゴロしながらWJに限る。
しかし現実はそううまくいかないわけで、もそもそ凸してきました。
まだ銀魂をざっと読んだだけだよ…殺せんせーが遠い。
いつものように微ネタバレを打ち込みます、気になるお客様は右下へどうぞ。

今、ブログの引っ越し先をせっせと作ってます。
引っ越し先には小部屋とかないから、ネタバレをどうするか思案中。
剥き出しだとマズいよね、映画とか他のアニメとかもあるし。
カテゴリ別に分類できるわけでもないしコメント欄もないし、一体どうすればいいのか。
多分、本当に何でもアリな人向けの図鑑になるのかな。
そして昔の自分は一ヶ月に五十件とか日記書いてたんだね…。
移転作業、終わりが見えなくて目から汁が以下略。

続きを読む

両片思いに首ったけ(図書館戦争実写版のあれこれ)



公開してからしばらく経ちますが、さくっと見てきたよ図書館戦争実写版。
いつものように、さくっと感想を残しておきます。
偏見に塗れてるし、いいことばかり書くわけではないのでご注意を。
これから見る方もいらっしゃるかもしれないので、右下に小部屋を準備しました。

探偵はBarにいる2と藁の楯も見たいのですが、某レビューの平均点が微妙で様子見中。
勿論レビューが全てではないけど、星が少ないと多少覚悟が必要だし。
あとは好きなサイトの素敵管理人様の感想もよく見てます。
次に見るのは何だろう、そういえばジブリの新作が七月に出るみたいだったな。
新海誠作品も映画館で見たことがないので、ちょっと気になってます。
奇跡のリンゴも、中村監督作品だし阿部サダヲも菅野美穂も好きだから見ちゃうかも。
そういえばサダヲ繋がりで、夢売るふたりがDVD化されたのにまだ見てないわ。
桐島、部活やめるってよも早く見たいし、欲深いな自分。

そして昨日の話になりますが、拍手コメントお返事させていただきました。
ありがとうございます!
皆様のぱちぽちに支えられて潜水する日々です。

続きを読む

起きるしかあるめェよ



ソファで爆睡してたわ、体が痛い。

何だか物凄く久しぶりに更新した気がする…。
サボってたわけじゃないけどすんまっせーん!
しかもめちゃくちゃ暗い、甘くも何ともない骨と花冠更新です。

話は変わって、ミュシャ展行ってきました!
土曜の夜だけあって、カップルがうじゃうじゃいて辛かった…。
有名な夢想や四季が見れたのと、後期のダークな作品も楽しめて幸せです。
四季は夏が好きだな、会場でやった変なガチャガチャも夏だった。
(ガチャガチャがあるとつい回してしまうとか病的すぎる)
ちなみに、会場で印象に残った言葉は女子二人組の会話。
(ゲーテとシラーの絵を見て)「どっちがゲーテでどっちがシラーなの?」
「しらっとしてるほうがシラーだよ」
その発想はなかった…!(銀魂単行本四十九巻佐々木風味)
あと、男子二人組の会話にもよだれ出ちゃった。
「やっぱり(四季の)秋は食欲の秋なのか…」
「あー、若干ぽっちゃりだよな」
実りの秋ではなく、食欲の秋だと言い切ってしまう辺りにニヤニヤしたわ。
ちなみに、ミュシャ展は今後、新潟や札幌、松山や仙台で開催されるみたいです。
近くにお住まいの方はぜひ、ミュシャのセンスを堪能してください。
昔(といっても比較的最近だけど)の作品なのに、全然古臭く見えないのが凄い。

ももいろ図鑑は、閉鎖するか多少不自由な形でも存続させるか悩み中。
お引っ越しの場合ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

続きを読む

ふやけてもカールはカール(銀魂単行本ネタバレ)



ようやくざっと目を通しました、銀魂単行本四十九巻。
といっても、おまけページ中心です。
右下に小部屋を作っておくので、おまけページの空知んたまが気になる方はどうぞ。

それにしても、最近読んでる漫画が増えすぎて単行本発売ペースについていけない自分。
暗殺教室も一緒に買おうとしたら、最新刊が四巻で驚いてしまった…。
自分は一巻発売当初に購入したきりで、その後すっかり放置してしまってたよ。
あと、久しぶりに荒川アンダーザブリッジも出てたな。
WJ系が銀魂と暗殺教室で収まっているからいいけど、他にも手を出したらやばすぎる。
こんな状態なのに、まだ面白い漫画を探してるくらいだし。
そういえば、ジョジョもエヴァンゲリオンも未読じゃないか。
まだ知らない話がいっぱいあるんだと思うと、オラ、ワクワクすっぞ!
(ドラゴンボールとエリア88も読み直し隊)

続きを読む

自ら一流と名乗り出た時点で大体三流(WJネタバレ)



タイトルを「いい奴と言われる男は大概モテない」と迷ったのは内緒。
ジミーを思い浮かべてしまったなんて知ったら本人涙目だな。
WJはここ数か月が一つの山場なのかな、色んな連載が終わりそうだね。
先週めだかボックスが終わったけど、スケットダンスも山場近いみたいじゃないか。
また新連載ラッシュの時期か…季節の移り変わりを感じずにはいられない。
暗殺教室は烏間先生がツボ過ぎてどうしたらいいかわからず、壁に頭を打ちつけ隊。
こち亀は安定のどうしようもなさにニヤニヤ。
あと、カラーで一番くじとか凸凹本、前夜祭のあれこれが載ってたな。
一番くじのラスワン賞、仔銀のフィギュアはちょっとよだれ出ちゃった。
というわけで、そろそろネタバレします。
書き抜きとか解釈とか下ネタ全開まで、色々適当ですんまっせーん!

ぺたり。



ビルの屋上に佇むマダオ、今週は一話完結型のマダオ祭りです。
「最後位はあの地べたから遠く…あの青空にむかって高く飛ぼう そう思っていた」
そんなマダオの心の声を察して現れたのがサングラスをかけたリーゼント男子。
「よしておけ(中略)命を粗末にするな」
そう言いながら構える彼はどう見てもスナイパーや殺し屋の類。
殺し屋が仕事の片手間、命を粗末にするなとかマダオに言っちゃう話です。
しかし本当に台詞が多すぎる銀魂、落ち着いて読んだら結構時間かかってしまったYO!
折角だから楽に殺してくれと懇願するマダオの頼みを断る殺し屋、一星(イーシン)。
「獲物を殺る時も女を愛する時もただの一発 瞬く間に終える」が一星の流儀らしい。
いいじゃん、覚えやすいしいいキャッチコピーだ。
落下するマダオと標的を一発で仕留める方法を提案する一星。
あくまで一発にこだわるあたり、早漏魂がたぎってるわ。
殺されるためにマダオが向かった先のビルの屋上には別の殺し屋がいるし。
「獲物も女性もカタギには一切手を出さない」という「先走り一龍」(イーロン)。
キノコっぽい髪型で若干神楽ちゃん風味のサングラスっ子。
死のうとしてもうまく死ねないマダオ、殺し屋の片棒を担ぐことになったマダオ。
一星をおびき出せば楽に死ねると思いきや、一星が結構アツい人で失敗したり。
一龍がひっくり返ってたりとか、二人は兄と妹の関係だったとか。
諸事情に振り回されてビルの階段を何度も走るマダオの健気さに涙。
一龍こと一子を人質にされた一星は躊躇いなく敵を狙う。
「一発の弾に全てをこめる事さ」
一子の背後から飛び立つマダオ、一子を抱えてビルからダイブ。
なんかめちゃくちゃ格好いいな、マダオの胸板結構がっしりしてるし。
一星がマダオの服に一発撃ちこみ、ビルの壁に引っかかって生き残った二人。
「やっぱり死ねなかったぞぉぉォォォ」
こだまするのはマダオの叫び。
本当にコイツいい奴だよ、いい奴って大概友達止まりだけど。
「フン 生えてたじゃねーか 翼」
最後は一星の決め台詞で新生マダオの話はおしまい。
来週も一話完結型なのかな?
銀さん不在が何週間か続いてるので、流石にそろそろ恋しくなってきたよ。



結論。

本屋で小学生に王道とか邪道とか切られる、それでこそ銀魂。

続きを読む

羞恥プレイ始めました(水質調査のあれこれ)



冷やし中華も始めたい、玉子多めで!

先日呟いていた二周年云々ですが、ようやく腹をくくりました。
詳細は右下の小部屋に準備しておきます。

全然話が変わるけど、奈良美智さんの絵本に感動してよだれが止まらないんだ。
とんでもなく大きすぎて、誰にも見つけてもらえなかったこいぬ。
白いこいぬが一人の女の子に見つけてもらえた、友達になれたという話。
「どこかでだれかが きみとであうのをまってるよ」
「だいじなのは、さがすきもち!」
この言葉が胸に滲みるマダオです。
同時に定春のことを思い出したのは秘密。(しかし定春のほうがかなり小さい…)
いい加減よだれかけでも装着しようか。
そう思っちゃうくらい、好きなものに恵まれてる今日この頃です。



続きを読む

ごめんよ…まだ僕には帰れるところがあるんだ(進撃の巨人第六話ネタバレ)



タイトルは初代機動戦士ガンダムの最終話より。
ロボノの最終話でも使われたよね。
ちなみに、この台詞には続きがあって「こんなに嬉しいことはない」と続くはず。
間違ってたらすんまっせーん!

今回もちょこちょこ語ります、進撃の巨人第六話。
そういえば、地元のTSUTAYAから単行本進撃の巨人一巻から三巻が品切れだったわ。
アニメ化する前は青年向けかな…と思いながら原作読んでたな。
今はむしろ中高生のほうがファンが多そう、グロも若干ソフトだし。

というわけで、立体機動装置でびゅんびゅんしたいお客様は右下の小部屋へどうぞ。

続きを読む

ハードボイルドと強がりは紙一重(WJ微ネタバレ)



今週も三分間クッキングならぬ一分間リーディングのWJ銀魂。
さらさらっとお茶漬けレベルの微ネタバレを右下に用意しました。
台詞はおろか、内容もぼんやりとしか覚えてないけど大丈夫なのか。
それが通常運転だろうとかツッコミは甘んじて受けますとも、ええ。

そういえば、前夜祭は全国でライブビューイングが決まったらしいね。
皆で盛り上がるのが一番だと思うので、嬉しい限りです。
もし時間が合わなくても、そんなときはエア前夜祭をすればいいんだYO!
自分も昼の部はエア前昼祭りです。
何を言っているのかわからなくなってきたので、ちょっと潜ってくるわ。

続きを読む

ツンデレなんて標準装備(PP企画参加作品について)



やっとこの話が更新できるかと思うとうずうずします。
お待たせするのがお約束になってきました、PP短編更新です。
企画参加作品で、情けないギノさんのお話だよ。
自分が書くとどんな男キャラでも情けなくなるのは避けられない気がしてきた。
特に短編って、格好良さを表現する前に話が完結しちゃう。
監視官宜野座と執行官夢主という設定は個人的に好きです。
ツンデレな宜野座と尽くし愛の夢主のあれこれ。
肝心なところでヘタレなギノと執行官夢主は、なかなか一筋縄ではいかなそう。
しかし時間をかけて築く二人の関係を想像するとニヤニヤが止まらない。
PPは今後連載メインの更新予定なので、短編好きな方には申し訳ない展開です。
やっぱり自分は長編屋さんなのかな。
推敲中はアヴリル・ラヴィーンのInnocenceをよく聞いてました。
ひたひたと冷たいのに、どこか情が感じられる一曲です。

紺野様、この度は素敵な企画に参加させていただきありがとうございました。
今後もよろしくお願いいたします。

続きを読む

占いはチェックしたときに限って最下位(WJネタバレ)



ちなみに今日の自分は11位、上位はかに座、さそり座、やぎ座あたりでした。
変な時間に目が覚めてしまい、眠いんだか眠くないんだかわからずこれを打ってます。
とりあえず寝直す時間はないので、進撃の巨人OPを聞きながら。
今週(というか最早先週)のWJ、がっつり全部読みました。
めだかは連載終了、先生方お疲れ様です。
球磨川氏の学ラン姿をもう拝めないかと思うと寂しいわ。
そして、個人的に今一番続きが気になる暗殺教室。
鏡よ鏡、どうして烏間先生はあんなにも格好いいの?
他人を見る力がある黒髪男子に弱すぎる自分、しかも主人公じゃないと尚良し。
ソーマは段々見せ場が増えてきたね、ワールドトリガーも安定の面白さ。
これ以上他の漫画について語ってると銀魂を語る前に力尽きそうなので先に進みます。

ぺたり。



今回は一話完結型のいい話だよ銀魂。
時期的にアレなので抜き出し少なめ、さらっといきます。
寺子屋に通い出した晴太の弁当話。
タイトルは「母ちゃんの弁当はいつもつめすぎて若干潰れている」です。
もうこのタイトルが全てを表しているので、自分が今更あれこれ言うのも野暮かも。
「オイラは普通の弁当をみんなと一緒に普通に食べたいの」
お重に入った超豪華弁当に悩まされる晴太。
毎日物凄い量の豪華弁当を作る日輪に弁当の在り方を諭す月詠が可愛い。
ここで日輪が、普通の弁当位作れないと銀さんに嫌われるよとか月詠に言ってて…。
公式でそんな感じなのかと地味に妄想。
翌日の晴太の弁当はデコ弁、しかもクナイの形をしたおにぎり。
一つだけハズレが入ってるということで、皆で楽しく食べようとしたらお約束の悲劇。
「あの…晴太くん (口から)血出てるんだけど」
デコ弁を残して帰ると、待ち構えていたのはさっちゃん。
「どこがデコ弁?デス弁じゃないのよコレ」
晴太がさっちゃんのことを「さっさん」呼びなところが可愛い。
さっちゃん→九ちゃん→お妙と毎日弁当たらい回しの刑になる晴太。
両親のシビアな事情とか捕獲レベル8とかお父さんが冷蔵庫とかあれこれします。
そもそも皆「普通の弁当」って食べたことあるんだろうかってメンバーだね。
そんな自分も弁当は自分で作る派だったので、普通の弁当なんて記憶にないかも。
自力でサンドイッチを作るも、神楽に食べられてしまう晴太が気の毒すぎる。
そして、遂に晴太が地雷を踏みに立ち上がる…!
「どうせ花魁なんかやってたから弁当なんて作れないんだろ」
「母ちゃんは普通の母ちゃんじゃないから」
「ホントはオイラの母ちゃんじゃないから 母ちゃんの弁当なんて作れないんだろ」
この台詞が晴太の切り札なんだろうな…絶対に言っちゃいけない言葉。
誰でも「絶対に言っちゃいけない言葉」は言えるけど、そのカードは基本使わない。
(意図的に)相手を傷つけようとして使う、残酷な手札だもの。みつを。
飛び出した晴太が夜の公園で会ったのは、いつも晴太をお昼に誘ういずみちゃん。
いずみちゃんはお母さんがいない、だからお母さんの作る潰れた弁当が食べられない。
晴太が毎日日輪を気遣って豪華弁当を一人で頑張って食べてたことを知ってる彼女。
若いのによくできた女子…ぜひ嫁に来てくれ。
「やっぱり一番おいしいのは お母さんの潰れたお弁当だって」
諭されて走り出す晴太、そして何気にいずみ兄がおいしいところを持ってきます。
伊藤先生に似てるよね、いずみ兄…美男美女姉弟だ。
翌日、超豪華弁当を皆の前で勢いよく食べる晴太。
「母ちゃん いただきまーす!!」
いただきますが言える人が好きな自分、晴太の健気さによだれ。
「オイラの母ちゃんの弁当だ うまいだろ」
そう言って皆にお弁当を分けてあげる、お妙の黒い物体も皆で仲良く以下略。
そんな心温まるいい話でした。
最後の女子五人(日輪、月詠、さっちゃん、九ちゃん、お妙)のコマが好き。

結論。

渡部篤郎が空知んたまの顔としてネット公開されてるってどんなネタなのか。

続きを読む

ウソみたいだろ…死んでるんだぜ、それ(進撃の巨人第五話ネタバレ)



タイトルはタッチから。
南ちゃんとPSYCHO-PASSのドミネーター音声が同じ声優さんらしい。
全然わからなかったよ、プロは凄いな。

未だに厨二病OPを繰り返し見てしまう自分が語る、進撃の巨人第五話ネタバレです。
進撃の巨人は関西が一番放送早いのかな?
一応右下に小部屋を準備するので、気になる方はどうぞ。

最近気づいたけど、これ感想っていうより実況だよね。
どうしようもない独り言を公共の電波に垂れ流しつつ、今夜も生きます。

続きを読む

二年越しの愛と感謝を花束にして



最近更新もせずに遊んでばかりで申し訳ないです。
土下座しすぎてそろそろおでこがすり減りそう。

大したことではないのですが、一応ご挨拶ということで。
当館は本日で開館してから丸二年となります。
当初の予定より更新が大幅に遅れていて、大変申し訳ありません。
去年の今頃も話しましたが、当初は一年で閉鎖予定でした。
なのにこうして今でも存在していられるのは、皆様のおかげです。
いつも潜水してくださる皆様、本当にありがとうございます。
どうか皆様の夢が幸せなものでありますように。
忙しい毎日にくたびれたら、ちょこっと潜って深呼吸。
そのお手伝いができれば幸いです。

今後も当館をよろしくお願いいたします。

…しかし過去の日記を見ると、一番古い日記が二年前の十一日なんだよね。
気にしない気にしない。

続きを読む

賢者に転職できるのは遊び人だけ



この言葉が本当なら、そろそろ賢者になってもおかしくないはずなのに…。

GWも終わり、七月半ばまで祝日がないという呪いに怯えている自分。
せめて思い出だけでも記録しておこうか。
今回のまったり東北珍道中(仮)をあれこれ語ります。
付き合ってもいいよというお客様は、いつものように右下の小部屋からどうぞ。

それにしてもGWって最早休みじゃないよね。
お仕事やバイトの方は勿論、休みだけど休まない。
皆、人混みも恐れずにお出かけしたりしてて活動的じゃないか。
休みを満喫するために頑張ってしまう、そんな残念な国民性を垣間見た気がします。
自分もその一人なんだけどね、つーか休めただけマシだとか以下略。

続きを読む

柏餅の葉っぱを食べるかどうかでいつも悩む(拍手文更新について)



桜餅と違って、葉っぱがちょっと固いからさ。

今回は本当にお待たせしてしまいました、拍手文更新です。
一番謝るべきは土方さんにだよね…ごめんマヨ。
マヨプレイでも夜のフルマラソンでも何でも引き受けるから許してください。
というか、低俗なテンションですんまっせーん!
前回拍手文の宵待ちシガレッタclappingにお引っ越し済。
まだ見てないかも、というお客様はぜひどうぞ。

土方さんの誕生日ということで、昨年の誕生日拍手をこじらせた展開になりました。
続き物じゃないけど、設定はほんのり引き継いでいます。
GWって何それおいしいの?という土方さんに、ちょっとしたご褒美を。
ヘタレな彼になってしまって申し訳ない…!
たまには格好よく書いてあげたいのに、安定のもやもやマヨラーですよ。
でも、土方さんはああいうことで密かに悩んでそうだよね。
口約束したわけでも、恋人宣言したわけでもない。
なのに本当は物凄く大切に思ってました、みたいな。
そんなベタな思いをひた隠しにする彼と、彼の扉を簡単に開け閉めしちゃう夢主が好き。
皆様の理想のエロ方そっちのけで、やりたい放題でもう以下略。
推敲中は椎名林檎の依存症と宇多田ヒカルのGive Me A Reasonをエンドレスリピート。
二曲とも中学生の頃のおやすみソングです。
GWも今日で最後ですが、このお話が皆様の明日からの栄養源になりますように。

改めまして、土方さんよ誕生日おめでとう!
自分は土方さんがいなかったら夢書きになっていたかも怪しいよ。
そういう意味でも特別なんだ、一日遅れでもきっと許してくれると信じてる。
「テメェはいつも計画性がなさすぎんだよ、もっとしっかりしろ」
そんな罵声や煙草の匂い、マヨネーズを絞り出す仕草を想像してはニヤついてるよ。
マヨラーでニコチン中毒、鬼でオタクという癖のある彼に幸あれ。

続きを読む

お願い、一日でいいからミカサより長生きして(進撃の巨人第四話ネタバレ) 



じゃないとミカサは生きられないよ、エレン。
めぞん一刻の全巻一気読みとかどうでしょう。

進撃の巨人って未だにいつ放送してるのかわからないんだけど…日曜深夜だっけ?
それって日付で言うと月曜の夜中ってことなのかな?
よくわからないまま第四話の放送を見てみるよ。
もう第五話まで放送されたらしいけど、一応右下の小部屋に隔離しておきます。

進撃の巨人の前後に放送しているガルガンティアとかも見てみたいよな。
アニメと漫画を消化するためだけのGWを制定してほしいわ。

続きを読む

銀魂で満たされたいpart4(過去アニメネタバレ)



結構前に見た過去アニメのミツバ篇、後半戦スタート。
なんか一気に見る勇気が出なかったんだ…チキンですんまっせーん!
あと、アゲハ蝶をご覧になったお客様にお詫びしなければ。
アニメとあの話は時間軸が色々違ってたね、勉強不足で申し訳ないです。
あの話の八割は勢いでできているので、どうか見逃してやってください。
そして抜き出しがうまくできてなかったらごめんよ。
もう何を話しても最終的には謝罪に結びついてしまうので、さっさと進みます。
というわけで本篇スタート。

ぺたり。



ナースの花ビラビラが妙に生々しいタッチで書かれてるねビデオタイトル。
「あの人たちもそう」
「男同志でいるときが一番楽しそうで、結局女の子の入り込む余地なんてないの」
うぉぉおおお、ふんどし土方が川で皆と遊んでる!
ふんどし…白ふんどしだよ?
彼にもふんどしの時代があったのかとしみじみしてしまいました。
きっと今は黒のボクサーブリーフで、フィット感がどうこう言ってるよアイツ。
「皆私を置いていってしまったわ…振り向きもしないで」
でもここで振り向くようなら土方さんじゃないか。
(この辺は特に個人的な妄想なので不快に思われたらすんまっせーん!)
彼は女々しいけど、虚勢を張るのは得意な気がする。
こういうとき相手のためとか何とか言って格好つけて、後から悶々としてそう。
「こんな歳まで一人で(略)…幸せにならなきゃね」
彼女にとって片思いしてる今までも決して不幸せじゃなかったはず。
だからこそ、この台詞は辛いなぁ。
ミツバの容体が急変して、場面が港に変わったけど、このシーン雨なんだね。
なんかもう本当に穴があったら入るか埋まるかしたいYO!
「土方さん、アンタのいるべき場所はここじゃないでしょう?」
こういうとき意外とちゃんとしてる山崎が地味に好き。
でも実際、土方さんは危篤のミツバを前に気の利いたことをちゃんと言えるのかな。
むしろ「俺も好きだった」とか言ったらいけないんじゃないかとか変なこと考えそう。
憎まれるのなら慣れてるけど、好かれるのには慣れてなさそうだもんね。
土方さんブチ切れてるときの顔が半端ない。
そしてどうしてこの二人、雨なのに傘差してないの?
そういうつまらないツッコミしてないと、土方妄想が止まらなくなってしまう…!
ダメだ自分、相当あのマヨラー視点でこの話を見ちゃってるね。
「俺と交代!」の近藤さん、肉親でもないのに沖田さんやミツバのためにクマを作る男。
なんかそれだけで、彼の器のデカさがわかっちゃうわ。
「流石にモテる男は違うと来た」
「邪魔ですか俺は、土方さんと違って」
このシーンで目がキレてる沖田さんを見て、彼の何かが分かった気がする。
しかし今、うまく言葉にできないという自分のおバカっぷり。
何だろうな…土方さんが気に入らないとかそういう単純な話じゃないのかもしれない。
沖田さんのことはもう少し詰め寄って考えないといけないね。
「オマエを逮捕する、神妙にお縄につけ。」
うわー土方さん、何という色気!
この人は窮地になればなるほど変にセクシーだ。
このへんは最早感想を打ち込むのも忘れて集中して見てます。
近藤さんと沖田さんの台詞も拾いたいけど早すぎて拾えない。
なのでざっくり言わせてもらいます、集中治療室前のやりとりは全部好きだ!
「俺はアンタらとは違うって…随分と俺には手厳しいな、近藤さんは」
「何度でも飛び越えていって、何度でもぶん殴ってやる」
殴られるのも痛いけど、殴るのも痛いんだよ沖田さん。
沖田さんは近藤さんにも土方さんにも愛されてるって自覚はあんまりないのかな?
沖田さんの一人語りのシーン、VS転海屋の土方さんの必死っぷりによだれ。
彼がここまでなりふり構わないのは何のためなのか、そう考えると辛くなる。
ところであんなに銃乱射されて何故無事なんだ土方さん。
君はジャック・バウアーかい?
「わかってたんですよ、俺ァ…でも癪じゃないですか」
「その大事なモンに、アイツも入っちまってんだろ」
出会ったばかりのミツバを始め、色んな人を案じて病院に泊まり込み。
そんな銀さんが愛しくてたまらない。
ごめん、CM開けの土方戦闘シーンはただ呆然と見ちゃいました。
「どけー!真選組のお通りだぁー!」
この山崎が妙に可愛い、全然必死に聞こえない。
「俺ァ知ってんだぞ トシ…オマエがミツバ殿を」
流血土方に唾液腺壊れかけてるのはここにいる変態です。
「外道とは言わねェよ、俺も似たようなモンだ」
ミツバに惚れてる土方さんは、それと同じかそれ以上に沖田さんが大切なんだね。
やばい、普通に見ちゃっててコメントしにくいよこの話。
「俺はただ、惚れた女にゃ幸せになってほしいだけだ…ただ、それだけだ」
ああぁぁぁここの土方さんの顔が綺麗すぎてどうしたらいいのかわからない。
正気の沙汰じゃないよあれ、頭を壁に打ちつけたい。
蔵場当馬の肩を車の上から突き刺す土方さんのしたり顔にも悶えたし。
雨の中佇んで蔵場当馬を待ち構える沖田さんにも惚れちゃいそうだし。
大したこと打ててないのに、感想が尋常じゃなく長くなっちゃうし。
「本当に、強くなった…」
「振り返っちゃ、ダメ…自分で選んだ道でしょう?」
「あなたみたいな、素敵な弟を持てて…あなたは私の、自慢の弟よ」
うーん、沖田さんの唯一の家族がミツバでよかったな。
きっとミツバにとってもそうだったはず。
それしか言えない自分のボキャブラリーのなさよ。
「辛すぎて涙出てきやがった…辛ェ」
このときの土方さんの心情を思うと原稿用紙三枚は軽くいける。
その原稿用紙の内容が、自分の土方夢の原動力だったりします。
EDは誰の映像も出ずに紅葉だけでしっとりしてて安心した。
ここで土方さんの胸板とかマダオのトランクスとか見たら吹いちゃうもんね。



結論。

サイト運営前にアニ銀のミツバ篇を見ていたら、書かない話もあっただろうな。

続きを読む

言葉の海に浮かぶ舟で、今日もまた旅に出る(舟を編むのあれこれ)



去年ほどのペースではありませんが、通い始めました映画館。
今回はずっと気になっていた、邦画の「舟を編む」です。
軽いネタバレを右下に準備するので、気になる方はどうぞ。

藁の楯と探偵はBarにいる2も気になりつつ、今回は洋画のCMが多かったかな。
というか、ぼやぼやしてると銀魂の映画だね。
季節なんて音速高速、あっという間に駆け抜けてくな。

続きを読む

お土産買ってきましたよ、土方さん



「…どら焼きか、俺は甘いモンは苦手だってオマエも知ってるだろ」
「そんなこと言ってもいいんですか?」
「…何だよ」
「長野県上田市名物、マヨどらバーガーです」
「は…?」
「マヨようかんが挟まれた人気の一品ですよ、いらなければいいですけど」
「待て、それは」
「食べます?」
「…食えなくもない」

なんてね、某列車の雑誌にマヨどらバーガーが載ってました。
そのへんで売ってくれたらいいのにな。

敬愛する某サイト様が閉鎖なさり、密かにしょんぼりしています。
展示されていた素敵作品に触発され、妄想や執筆に励んだこともあったよな。
今まで沢山夢見魂を刺激してくださってありがとうございました。
今後もどうか体に気をつけてお過ごしください。

拍手お返事更新済です、ありがとうございます。
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛を。
近日またさりげなく書き換え予定です。



続きを読む

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。