スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はカレーうどんは殆ど関係なかったりする(special thanks更新について)



大変お待たせいたしました、企画参加作品special thanksに一つUPです。
久々の銀魂、ご無沙汰な土方さんで安定の色気ゼロ。
むふふな展開じゃなくてすんまっせーん!
何でもいいからマヨラーを頼むという土方欠乏症のお客様はぜひ。

お話について語ると長くなりますが、せっかくなのであれこれしておきます。
真選組副長土方×見廻組一番隊隊長夢主、この設定が結構好きな自分。
立場的にお互い仲良くなりきれない、けれど意識せずにはいられない。
さぶちゃんに(恋愛感情でなくても、尊敬やら何やらで)好意を持っている夢主。
そんな夢主が気になる土方さんっておいしいじゃないか。
佐々木は気に食わない、そして彼の下で働く夢主はもっと気に入らない。
いつでも愛想よく笑う夢主の本心を暴きたくて堪らないエロ方さん。
そんな展開だったらニヤニヤしちゃうよ。
一方で、佐々木になかなか認められずしんどい思いをする夢主。
剣術の腕前はのぶめに負けるし、色々と劣等感を抱え込んでいる気もする。
土方を倒せば佐々木が一目置いてくれるはず…という下心があったりなかったり。
そんな感じで二人共つまらないことを考えながら悶々と悩んでそうじゃないか。
このモヤッと感がおいしすぎる。
手合せすることでしかお互いを認め合うことができない二人の行く末は如何に。
…とか言ってるとまとまらないので、このへんでやめておきます。
今回の企画テーマが「黒と白」で、もうこれしかないと即決でした。
できれば何らかの形で続きをちょこちょこ書いていきたいと思うネタの一つです。
推敲中は天野月子の龍、ワンオクのケムリをよく聞いてたかな。
ケムリはちょっと青い雰囲気なので、やんちゃな土方さん風味で好きだ。

亜子様、この度は素敵な企画に参加させていただきありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

続きを読む

スポンサーサイト

永久(不)潔番な彼らに拍手を(アニメネタバレ)



タイトルは中島みゆきの永久欠番をこちょこちょしました。
数年前までは某大手出版社の中三国語教科書に載ってました。
今はどうなんだろうな、結構好きな詩だったけど。
いよいよ銀魂延長戦も最終回か…感慨深いような、全く寂しくないような。
原作さえ終わらなければ、きっとまたそのうち帰ってきてくれるよね。
自分はそれまでに過去アニ銀を全部見るんだ…(フラグ的な雰囲気)
本当は週末あたりにまったり見ればいいかと思ってたよ。
でも、皆さんがあまりにも今日見てるので便乗します。
ざざっと見るので抜き出し少なかったら申し訳ない。

ぺたり。



「ゴチになりまーす」
ドックフードって本当においしくないらしいけど、悪い子の皆は真似してないよね?
キャットフードは食べてみたい衝動に駆られるかも。
いくら自分と言えどそこまで人間捨てちゃまずいかと思って食べたことないけど。
「アンタらには人間の尊厳ってものはないのか!!」
ああ、眼鏡のツッコミも一応見納めなのか…寂しくなるね。
手羽先だとかギトギトの眼鏡だとか、本当にそのままな構図で吹いた。
定春と子犬のシーンは台詞がないので普通に見入ってしまうよ。
定春を屯所に連れてきちゃう沖田さんが好きだ。
何だかんだで沖田さんって情が深いというか、いじらしいというか。
一回マスコットキャラ失敗してるって話だけど、これ何巻くらいの話なんだろう?
全然記憶にないとか、どこかの政治家じゃないんだから以下略。
「マスコットじゃねェよ、ゲスコットだよそれ!!」
土方さんのツッコミともしばしお別れか…この隙に動乱篇とバラガキ篇見直したい。
「あえて言うならウチのマスコットは近藤さんだバカヤロー」
このシーンの土方さんが無駄に真顔で面白い。
子犬を抱いた土方さん、鼻の穴がデカくなってエロ方さんになってる…っ!
しかも背景のシャボン玉みたいなのは何なの、少女漫画なの?
なんか今回の土方さんって、ビートたけしばりにバカヤローとかコノヤローが多すぎる。
アウトレイジビヨンドを思い出したわ、レンタル始まったらまた見たいな。
文句言いながら子犬を撫でてる彼はとんでもないツンデレだね。
「ご褒美だ ほら食べな」
一時停止してガン見すると、土方さんの凄まじさがよくわかるわ。
エロ方よ、君は誰よりもマヨラーだ。
さっちゃんの喋り方ってこんなに早口だったっけ?
「私もできることなら銀さんのペットに生まれたかった」
同じこと考えた人はこの指とーまれ!!
「二か月前の缶蹴りからずっとスタンバってました」
最終回でおいしすぎるよヅラ、多分一番いい役回りなんじゃないか。
「先生でよろしくな」
こういうときのヅラって、本当に綺麗な顔してるよね。
ここから先、ぼんやりと見ちゃってます。
銀さんの鼻クソほじほじシーンも普通にニヤニヤしながら見てる。
「我が坂田家は、しんどい時は仲良く分け合いだ エサも苦しみもな」
「ゴチになりまーす」
銀さんの余裕っぷりも見納めなのかと思うと、ちょっぴり切ない。
そんな感じであっさり最終回を見ちゃいました、後は夏の映画だね。
自分がアニ銀を見るようになって、早二年。
この短期間に二回も始まったり終わったりしてるので、免疫がついているっぽい。



結論。

完結篇は裏の裏の斜め上を行くと信じてる、今まで沢山ありがとうアニ銀!

続きを読む

凸凹でヲタ魂に火をつけろ!(WJネタバレ)



今週もざざっと打ち込んでいきます、WJネタバレ。
一応他の漫画も(いつも読んでいるのは)読んだのですが、脱色がお休みだった…。
殺せんせーの単行本を集めてるのはいいものの、既にペースが遅れてるし。
やっぱり週刊誌で連載なさってる先生方は凄いよ、まず体力と気力が半端ない。
前置きはこのへんにします、台詞抜き出し少なかったらごめんよ。
あと、下ネタがひどいので飲食中でしたらお気をつけて。

ぺたり。



前回の女体化の続きで、あらすじがかなり長い。
今数えたら十八行でみっちりだったから普通にスルーするわ。
かぶき町は相変わらず男女逆転パニック状態。
そして今回のタイトル、「美と漫画って両立できると私は思います」が、もう!
絶対無理だよそんなの、漫画なんて特に大変なお仕事じゃないか。
終わりがないというか、締め切りはあるけど連載してたら絶対に無限地獄だし。
「俺達ゃかぶき町に閉じ込められちまったっってワケだ こんな身体で」
このコマの十兵衛が普通にイケメンすぎて困る。
銀子も天パが若干落ち着いて可愛い髪型だし、むしろ真似したい。
神楽と赤・兎馬春、眼鏡に関しては何も言うまい。
ここで性転換を盛大にしてくれたお姉様がTVや街頭ビジョンに登場。
説明が長いの要約すると、脆弱な男達と傲慢な女達を自戒させようとしたらしい。
新たな性で男or女らしく生きてみよ、それがデコボッコ神の教えだと告げる占い師。
どうやら銀子は女らしく、十兵衛は男らしくしないと元に戻れず神の裁きが下るみたい。
「そんな事よりパチ恵 ゲーセンにプリクラでも撮りにいかない」
女子高生銀子可愛いぞー、自分の彼女になってくれ。
しかし今のリアル高校生ってゲーセンにプリクラ撮りに行くのか?
軽く騒動が起きかけた街中で、混乱を鎮めるために十兵衛が構える。
「落ち着けと言ったのが聞こえなかったか 大丈夫ですかお嬢さん お怪我は…」
「危ない所をありがとうござ…」
ここの十兵衛が普通に格好良すぎてよだれまみれな上に、助けた相手がお妙とか…!
変にたぎってきちゃったYO!
貧乳の妬み故、銀子の胸を揉み、十兵衛を格好いいというお妙。
デコボッコ教という国際指名手配されている過激宗教集団云々の説明をする眼鏡。
いつも解説ありがとう、君がいないとついていけないよ。
このへんは本当に台詞多くて大変なので平たく言います、銀子の真顔が素敵に無敵。
「オシッコ どうすんの?」
これさりげなく謎だろうね、しかし遠慮ないな空知んたま。
どさくさに紛れてお妙と女子トイレに行こうとする銀子の下心に惚れた。
「あの よろしかったら私が教えてさしあげましょうか」
ここでフミ子風味の超絶美女登場、ワイシャツからはちきれんばかりの胸が憎い。
美女が銀子を案内した先には超絶野グソが、今ご飯中のお客様がいたらすんまっせーん!
「追っているのは犯人ではなく 妙(愛)ですが」
野グソ美女は何と近藤さん、ちょっと美女過ぎて引く。
「なんでゴリラがこんな宝塚美人になり腐っとんのじゃ!!」
「いだだだだもげる!!乳もげる!!」
お妙さんいいなぁ、皆の乳揉めて…自分も以下略。
そして遂に、かぶき町を救う任務を負った「真」特殊部隊が登場。
「いくわよ~ てめ~ら まん選組出動でーい」
この話し方は何なのか、そしてポニーテールの初期設定じみた沖田さんが可愛すぎる。
しかし沖田さんは元々綺麗な顔をしてるので驚かないよ。
驚いたのは土方さんだ…!
「くれてやれるならくれてやりてェ こんな邪魔な胸(もん)」
凄いどすこいっぷりなの、地獄のミサワどころの騒ぎじゃないYO!
三つ編みでたぷたぷのあご…豊満(どころじゃない)な体つき。
皆様は「土方はマヨネーズ摂取しすぎだからあんなことに…」とおっしゃっていたね。
しかし自分は、「土方…コイツできる!」と変に贔屓きてしまった…。
だって急にあんな体系(しかも女)になったら、自分ならショックで働けないよ?
それなのに土方さんは普通に働いてるし、乳も揉まず邪魔だとか言ってるし。
彼の愛は半端ないに違いない!と鼻息荒くしたものです(遠い目)
普通に考えたら単なるマヨネーズ摂取し過ぎってだけで終わるのにね。
そしてまた次週に続く。
公式がこんなに頑張ってくれちゃうと、ネタバレも書き甲斐があります。



結論。

バレンタインチョコ、空知んたまの元にまだ届いてないとか以下略。

続きを読む

時々、理屈にあわないことするのが刑事なのよ(PP短編更新のあれこれ)



刑事と書いてデカと読む、の巻。
タイトルはドラえもんの名台詞をもじりました。
「時々、理屈にあわないことするのが人間なのよ」だって、奥が深いね。

更新が遅れてしまって申し訳ない、PP短編をUPしました。
今回は征陸さんのお話、しかも二十一話のネタバレ有。
ここまで話した時点で内容は想像つくと思いますが、まさにアレです。
蛇足としか言いようがない作品ですが、好奇心旺盛なお客様はどうぞ。
お話についてのあれこれはネタバレも入るので、一応小部屋を用意しておきます。
(フィナーレイベントで明かされたらしい設定にもちょっと触れます)
そろそろ全国で最終回の放送も終わるはず。
もう少し時間が経ったら、ネタバレ注意喚起は外す予定です。
銀魂や他のアニメ・漫画だと大抵ハマるのが遅く、後追いな自分。
リアルタイムで追いかけてるって意味でもPSYCHO-PASSは緊張感があったな。

あ、PSYCHO-PASSは週末のACEでまた設定資料集を出すらしい。
もし今後、ノイタミナショップ辺りで扱ってくれるならきっと買う。
来月発売のプロファイリング何とか(ファンブック?)も買う。
設定を突き詰めていくのが面白いアニメなんだよね。

続きを読む

きっと今、空知んたまは疲れてる(WJ微ネタバレ)



金魂篇のまんたまOPを見たときもそう思ったわ。

最近、WJで銀魂以外の漫画を読むようになったので、月曜がかなり楽しみ。
殺せんせーとこち亀、めだかにワールドトリガー。
恋するエジソンだっけ?ギャグ漫画、料理人を目指す話(否トリコ)に脱色。
今朝読んだのは銀魂と殺せんせーだけなので、早く落ち着いて読みたいYO!

というわけで、日付も変わりましたがいつものように微ネタバレ。
右下に小部屋を準備したので、もう読まれたお客様やネタバレ好物なお客様はどうぞ。
毎回しょーもない感想ばかり書き散らかして申し訳ない。
義務教育時代に正しい感想文の書き方をもっと勉強しておけばよかったな。

続きを読む

夜桜にビールは凍死フラグ(special thanks更新について)



大変お待たせいたしました、

続きを読む

notリア充、butヲタ獣

※マダオの日常です、くだらないので本気でチラ裏注意※


続いて思い出PART2、101回目の池袋篇です。

三連休の最終日、仕事を終えた自分が向かったのは池袋でした。
某素敵サイトの素敵管理人様とニヤニヤ映画デートの巻。
映画は数日前に事前予約したものの、その日は1000円デー。
当然激混みで、その日の銀魂は最終回まで全て席が完売してたよ。
流石オタの聖地池袋、恐ろしい子…!
仕事上がりにダッシュで現地に向かった自分。
しかしまたしても管理人様をお待たせしてしまった…。
最近デートで自分が先に到着したことなんてないんじゃない?
いい加減にしろ、女子を待たせたらいけないだろうと脳内叱咤。
管理人様は初見、自分は4回目だけどまだ全然飽きない不思議。
しかも4回目にして初めて気づいた事実とかあったけどね。
あの刀の秘密は舞台挨拶後、相当意識して初めてわかったし。
それとも自分が鈍いだけなんだろうか。
見終わった後の、管理人様の嬉しそうな表情が印象的でした。
下ネタの洗礼と感動の嵐を同時に喰らうとああなるよね。
そして、映画館脇の売店には早くもコス衣装見本が並んでる罠。
衣装だけではなく中身も早く売ってくださいメーカーさん。
下半身だけでもいいから頼む…!
そんなことを素敵管理人様の隣で割と本気で祈ってたのは内緒。
萌え魂を消化するべく、観賞後は近くのドリア屋さんに凸です。
管理人様おすすめのお店とあって、石焼きドリアが美味。
おいしいごはんを前に、楽しいおしゃべりが弾みます。
ここでもサイトの話や銀さん、沖田さんの話をしてました。
管理人様とお会いするのは2回目なので、あまり緊張しなかったわ。
あのシーンの沖田さんの表情がいいとか、銀さんイケメンだとか。
語り尽くせない位面白いネタを提供していただきました。
その方の作品を拝見するようになって、まだ日が浅い自分。
でも、丁寧な文章の運びや心情にいつもよだれ出してます。
あと、個人的に皆様の日記を見るのが好きなんだ。
どの管理人様の日記も、人柄が滲み出ててにやけちゃうYO!
その管理人様も後日映画の感想を載せられていました。
たぎり具合にしっかりヤられたわ。
余談ですが、自分は作品と日記のギャップが激しいらしい。
管理人様は褒めてくださりましたが、いつもすんまっせーん!
大抵暗い話を書きながら、脱力系のアホな日記を更新するよね。
このテンションの↑↓にびっくりされるお客様も多いかと。
いつもこんな感じで荒ぶっております、お恥ずかしい。
遅い時間だったので話もそこそこに解散。
しかしぜひまたお会いして、あれこれ語りたいものです。
何より自分の性格を笑って見逃してくれる人って貴重なんだ。

オチもないけど、物凄く楽しかったってことで。
普通の日記にはオチがないと悟ったところで、こっそり浮上!
   

公式がアレだなんてよくある話



昨日のPSYCHO-PASSフィナーレイベントで発表された公式裏設定がツボすぎる。
(又聞きだから間違ってたらごめんよ)
ギノが検定マニアで庭園プランナーの資格を持ってるとか、彼女いない歴は二十年とか。
他のキャラのこともここで語ってもいいかな…。
オラ、うずうずすっぞ!

ブログコメント、お返事済です。
少しでも楽しんでいただければ、自分もつられてニヤニヤします。

続きを読む

まな板の上ではねる、パブロフの魚(アニメネタバレ)



今まさに桜が満開になったリアル江戸。
OPを見ると思わずたぎってしまうね、早くお花見に行きたい。
話の流れ的に長い感想になりそうなので、極力短くまとめられるよう頑張ろう。
じゃないとPCに頭突っ込んで寝ちゃう気がするYO!

ぺたり。



最初のタイトルが読めなかった…酒とガソリンと男と女でいいのかな?
「僕も銀さんも願い下げだっつってんだ コノヤロー!」
眼鏡の頑張りに弱いんだよ自分…特に最近、ガラスの十代に弱い。
尾美一の一撃を喰らいそうになった眼鏡を助ける満身創痍の銀さんによだれ。
一国傾城篇といい、自分はぼろぼろの銀さんが好みらしい。(ドSとか以下略)
「何で…来ちまうかなぁ」
この後の新八の顔つきがいつもとちょっと違って見える、凛々しい眼鏡。
「あとちょっとなんだ…本当だ、」
銀さん自身は尾美一に思い入れもないはずなのに。
頼むから待っててくれなんて、なかなか言えない台詞だよ。
「約束するから…ちくしょう」
この一言がとんでもなく重い、一国傾城篇の後なので尚更重すぎる…!
「アンタまで僕たちの前からいなくならないでよ」
ここの眼鏡の語りに痺れた、とても十六才とは思えない。
「僕等は笑う それがどんな困難な道でも」
もうここまでで五回は一時停止してる…台詞抜き出しはすっ飛ばします。
でも、このへんの新八の台詞と表情は神がかっているね。
最終回ですって言われても納得できちゃうくらい、悟りを開いた顔だわ。
木刀を差し出したときの銀さんの表情がとんでもなく男前で失神しそう。
「一兄を取り戻す たとえどれほどの痛みを抱えることになったとしても」
この調子だと感想が物凄い長文になるので、そろそろ本気で省略しようか。
それでも一言言わせてほしい、新八はいい男だ。
きっと銀さんの背中をずっと見てきたからなんだろうね。
「ほんに…強うなったの 新坊、お妙ちゃん」
このシーンはあっさりしてたけど、そのせいか余計じーんとしてしまった。
穏やかそうに笑っている尾美一の顔が幸せそうなことだけが救いだ。
「ようやく帰ってきたんだ 侍は侍の国に」
近藤さんも今回格好いいし、もうどうにかなってしまい隊!
「ほんに…サンキューベリーハムニダ」
ここに至るまでの尾美一の語りが鳥肌モノだったのは気のせいか。
何だか迫り来るものがあるというか、迫真の演技で胸がぎゅっとなる。
直後の神楽ちゃんの語りも、悲しそうな笑顔も堪らない。
銀魂は、どのキャラもじんわりくる優しさで溢れてるね。
そして、土方さんが隊服のポケットに手を突っ込んで煙草吸ってるだけで泣けた。
もういいよね、今日はきっとそういう日なんだよ。
堺雅人は結婚しちゃうしPSYCHO-PASSは終わったし、土方さんはマヨラーなんだ…っ!
ビーム砲同志がぶつかっているときの尾美一のモノローグに口元の笑み。
本当に迫り来るものがあるな…志村姉弟に大切なことを教えてくれてありがとう尾美一。
雨の中歩いている九ちゃんと近藤さんの組み合わせが結構好きかも。
このへんの後日談はさらっと見てます。
近藤さんの話を合わせるスキルと突っ込みスキルが自分にも欲しいわ。
「それで侍の国を守れるなら」
物凄く明るい雰囲気だけど大丈夫なのか、でも締めっぽくしてたら尾美一が悲しむか。
銀さんの道着姿が爽やか過ぎて動悸、息切れがする。
「そうだろ、尾美一塾頭」
このニヤリ顔を見せてこそ銀さんだね。
「さて 俺達も行くか 新坊 新八」
「私達の大切な仲間は 今日も元気です」
おお、オチがわかってるのに感動しちゃった…!
尾美一篇、アニメになったら一層好きになったな。
皆の見せ場続きでよだれと愛が止まらない。
映画の完結篇は色々言われてるけど、個人的には原作さえ終わらなければ大丈夫かと。
また一人でよりぬきプレイでもしてるうちにアニメ再開、なんて流れに期待しちゃう。



結論。

土方さんに対して、自分はパブロフの犬状態です。

続きを読む

美形は美形、眼鏡は眼鏡(WJネタバレ)



今週も週末に差しかかった今頃、安定のネタバレです。
表紙が白夜叉と銀さんで悶え、六月発売の一番くじが土方さんで発狂。
でも将ちゃんのちびきゅんもいいなぁ、ちびきゅんだけ全部欲しい。
高杉とか目がイッちゃってていい感じだったよ。
巻頭カラーにさりげなく服部がいて吹いたわ、これ描くの時間かかりそうだね。
本編に入る前に他のこともちらっと。
殺せんせーとワールドトリガー、こち亀、めだか、脱色と最近は色々読んでます。
特に脱色の展開はちょっとツボだ。
では、ケツメイシのさくらを三回聞く間に打ち込みます。
すっ飛ばした感じになっちゃったらごめんよ。

ぺたぺたり。



柳生十兵衛~股間に一を足してみた~の回です。
公式なのに女体化しちゃう銀魂に乾杯かつ完敗。
「百合キャラなのか僕っ娘なのかキャラもブレブレで 一体どうしたらいいのか…」
怪しげな占い師に声をかけられ、思わず悩みを打ち明けてしまう九ちゃん。
「一度身も心も男になればいい 私がこの世界を変えてあげましょう」
「我等が宇宙神 デコボッコ様の裁きの鉄槌です」
というわけでかぶき町に空から降り注いだ光。
よろよろと立ちあがった九ちゃん、ショーウィンドーに映ったのは十兵衛。
これがかなりイケメンの独眼竜なんだよ、土方さんと新八を足して二で割った風な。
「そうだ僕ではなくレッツパーリィの人だったんだ」
自分の変化を受け入れられずに己の股間に手を当てる十兵衛。
「九兵衛にしらない棒が一本生えて柳生十兵衛になぅてるぅぅぅぅぅぅううう!!」
混乱して頭をガラスに打ちつける十兵衛を止めたのは、着流し姿のクールビューティ。
銀さんが遂に公式で女体化…空知んたま勇気あるなー。
凄く美人なところがまた憎い、男だろうが女だろうが美形は美形だと。
久しぶりに女子のアレを見て鼻血を出す銀子さんですらキュートだよ。
「今は…十兵衛と呼んでくれ 君は…銀子さんとでも呼べばいいか?」
「いや今はまん…」
これ最後まで言ってみようか銀子ちゃん。
「つまりアレか…今のうちに乳もんどいた方がいいんだな」
真顔でそんなこと言ってる銀子ちゃんの顔が綺麗すぎて死ねる。
神楽ちゃんに至っては片目に傷が刻まれてるロン毛のオッサンになってるし。
神楽ちゃんことオッサンは言ってることが漢になってる。
股にぶら下がってる変なものを自力で取ったって言ってるし。
「父の精母の血棄つるべからざるなり」
この台詞だけでも物凄いのに、定春は赤・兎馬春って馬になってるし。
新八は見た目普通だけど、眼鏡の柄がピンクに変化。
「新八ィィィィ」
「ぐっ…遅かったか…」
「チクショオ なんてこった」
「新八の 新八の柄が…ピンク色にィィィィィィィィ!!」
眼鏡に対する皆の熱い思いが炸裂してて、なかなか見ごたえあるよ。
「この事態は全て 僕が招いた事なのかもしれない」
イケメン標準装備で呟く十兵衛、緊急警報が響くかぶき町。
かぶき町を封鎖せよ!という踊る的な雰囲気で次週へ続く。



結論。

劇場版銀魂完結篇は七月六日公開だと、しかし完結って以下略。

続きを読む

この支配からの、卒業(PSYCHO-PASS第二十二話ネタバレ)



※これを打ち込んでいるのは、先行上映初日の夜(H25.3.16)になります※

タイトルは尾崎豊から、相変わらず感想とは関係ありません。
盗んだバイクで走り出すのも好きです。
はー、終わっちゃったねPSYCHO-PASS…全二十二話、駆け抜けました。
自分は2クール目に入ってから先行上映中毒になってたので一安心。
ちょっと寂しいけど、毎週ノイタミナカフェに行くのは大変だし。
行かなきゃ行かないで気になるしでどうしようもなかったんだよね…。
(取り憑かれてるとか以下略)
右下にネタバレの小部屋を準備しておきます。
ただ、規模としては大部屋になりそう…いつも申し訳ない。
最終回をもう見たよorネタバレばっちこい!なお客様は右下へどうぞ。

今回の先行上映ノイタミナカフェ以外にフジテレビのマルチシアターが使われてました。
後にも先にもないだろうと思い、自分はマルチシアターで鑑賞。
ちょっとした映画館風味で音響もよく、スクリーンも大きくて満足です。
そして朝九時に着いたのに第一回目は満席だったので、第二回目を鑑賞。
お昼に食べたラーメンがおいしかったな、博多ラーメン何気に好きだよ。
(博多で有名らしい、「二男坊」というお店でした)
あの細麺ときくらげの食感がクセになるわ。




続きを読む

Are you ready?(special gift更新について)



素敵なギフトをいただき、いそいそと飾る場所を用意いたしました。
Japonismの風祐さんの土方さんはどうしてこんなに格好いいのだろうか。
今にも動き出して喋ってくれそうな気がする。
「腹くくっとけ」「弱音なんざ吐く暇もねェぞ」って言ってもらいたい。
敵地で先陣切ってガンガン斬り込んでくれ…!
男気に溢れつつ、艶っぽさもあって、うまいこと表現できないのが悔しいよ。
自分の言葉足らずな解説よりも、実際に見ていただいたほうがいいかと。
はー、もう一回拝んでこようかな。

原作は勿論ですが、皆様の妄想は自分の夢見魂を炸裂させてくれます。
素敵サイト様の作品やフォロワーさんの呟き、拍手コメントはごちそうみたいなもの。
そこからむくむくとお話を想像してはニヤニヤして悶える。
こう書くと単なる変態みたいですんまっせーん!
自分もこの水族館で、皆様の夢見魂に一瞬でも火が灯せたらなと思ってます。
我ながら恐れ多い話だってわかってるけど、そう願わずにいられない。

風祐さん、この度は素敵な作品をいただき、ありがとうございました!
今後もよろしくお願いします。

続きを読む

とりあえずケツメイシでも借りてこようか



曲名忘れちゃったけど、桜の曲があったよね。

銀魂と一緒に更新を狙ったけど、普通に無理でした。
そっちは今夜か明日あたりにでも。
PP連載は、次から彼のパートです。
更新に時間かかりすぎて本当に申し訳ないです。

そういえば、いつのまにか桜が咲いてました。
今年はあっという間に咲いちゃって、嬉しくもあり寂しくもあり。
まだ咲かないかなーって、蕾を見守る時間も好きなんだ。

PP連載、更新です。



続きを読む

生温いララバイ



昨日は寝落ちでした、もう申告しなくても察しのいい皆様なら以下略。
春の嵐がいい子守唄だよ。

全然話が変わるけど、コンビニの冷やし中華って具をこぼしたりしない?
プラスチック容器をがばっとひっくり返して具を乗せるとき、いつもひやひやする。
一種類ずつ箸で乗せるなんて繊細なことはしない、ものぐさな自分…。
ちゃんとした(具を箸で並べる余裕のある)大人になりたい。

PP連載、更新です。

続きを読む

1+1が2にならない(WJ微ネタバレ)



月曜朝、WJを読むと仕事だなって思ってしまう。
銀魂は自分のやる気スイッチです。
というわけで、今日もさらっと微ネタバレ。
映画情報とか色々載ってたみたいだけど、詳細は未確認です。
普通のネタバレのときにあれこれ言うかもしれません。

気がついたら今月も残り二週間じゃないか。
年末進行以上に恐ろしい年度末進行の時期なせいか、力尽きてばかりで申し訳ない。
心のカンフル剤は銀魂とPSYCHO-PASSです。
あと、最近ようやくシュタゲを見終わったのでロボノに専念しようかと。
アニメを追っかけていると春夏秋冬あっという間だね。

続きを読む

フレームは飾りじゃない 眼鏡の十代(アニメネタバレ)



今週も週末にアニ銀です、WJと被らないあたりがいいよね。
お楽しみは分けたほうが、一週間駆け抜けられる気がする。
いや、そんなことしなくてもあっという間か…毎日寝落ちしてるくらいだし。
皆様はもうご覧になったはずなので、さらっといきます。
うまく抜き出せなかったら、そして下ネタ酷かったらごめんよ。

ぺたり。



「二人のアニキ」なんてタイトルでフラグビンビンですよ。
九ちゃんと近藤さんの顔のアップが見られただけでもう幸せ。
火種屋のくだり、本誌で読み飛ばしてたんだろうな…覚えてなかったわ。
作り上げられた英雄っていつの時代もいるんだね、しかもよりによって尾美一だと。
尾美一と新八が走り込みしてるときの新八の顔が切ない。
眼鏡はちょっと後ろめたいことがあるとき、顔をきゅっとしつつ歯を見せて笑うよね。
というか、「きゅっとして」って意味わからなくてすんまっせーん!
「俺達はこれから性感波動ビーム砲を追う 怪しいヤツは片っ端からしょっぴけ」
「土方さん 怪しいヤツってどんなヤツですかィ?」
「…ビームを出しそうなヤツだ」
自分はあなたに一生ついていきます土方さん、ついでに股間からビームを以下略。
真選組のおバカっぷりは、いつ見ても堪らない。
セレブに高木ブーとか、放送禁止用語のピー音とか、柳生家も大概だね。
そういえば、新八の家ってレトロなお風呂なんだね…薪でお湯を沸かすみたいな。
しかしそれで煮立ってるばりのお湯に吹いたわ。
デリケートゾーンの話とか、何だかんだ言いながら新八も神楽も楽しそうでしんどい。
オチを知っているだけに、眼鏡は今どんな気持ちなんだろうとか無駄に考えちゃう。
「豆鉄砲しかぶらさがってねーぞ」
下ネタを言いつつ、銀さんの目が物凄くシリアス。
銀さんのビーム砲も欲しいな、頼むから一発よろしくお願いします!
「何してるんですか 銀さん」
「決まってんだろ オマエの初恋の男、ぶった斬りに来た」
お妙と銀さんのこのやりとりに、悶えずにはいられない。
「女には姑息な嘘は通じねーだろ?」
「目、腫れてんぞ 盗み聞きなんてはしたねぇマネするからだ」
ああ、このシーンの銀さんの笑顔が辛すぎる…。
銀さん、土方さんあたりは特にそうだけど、「自分が悪者になる」のに慣れすぎ。
そういうときだけ綺麗に演じるのがうまくてパソコンに頭打ちつけたくなる。
「ほんに立派になったの あっちのほうは新坊のままだが」
この話、所々で下ネタを挟んでくれてよかった…じゃないと深刻すぎるよ。
「一兄には敵わないよ いつまでたっても追いつけない」
新八は本当にいい子だな、本気で我が家の息子にならないか。
尾美一の大切なものの話とか、もう全部書き抜きたいけど省略。
今回の話のお風呂シーン、自分はかなり好きです。
久しぶりの裸の付き合いで漏れた本音、尾美一の少しだけ寂しそうな顔。
しかしこの家の浴室広い…(とか言って新八の涙を誤魔化さないと引っ張られちゃう)
「その剣を降ろして、銀さん」
あのお妙が頭下げるほどのことなんだよ、銀さんだって見てて相当辛いだろうに。
「何で一兄なんですか」
新八の泣き顔が可愛すぎてちょっとびっくりするレベルだわ。
「あの人を 新ちゃんの兄様でいさせてあげて」
お妙の土下座と涙、尾美一の語りに銀さんの襲撃。
ちょっとまだ半分も見てないのにこの感想の長さったら…!
新八の腰の手拭いは何してもめくれないね(気を紛らわせるpart2)
「同じアニキ分でもエライ違いだ」
「俺を見ろ アニキなんて殊勝なツラか」
ここは流石に一時停止して凝視してしまったYO!
久々に銀さんのお話も書きたくなっちゃったよ、悪役を演じ切る銀さんが堪らん。
鼻毛出てるって鏡見なくてもわかるものなの?(気を紛らわせるpart3)
「オイ!そんなところで何やってんだ!」
「目からビーム出たぁぁ!!」
キリがないので、打ち込まず普通に見ようと思った矢先に山崎の活躍とは…!
可愛いなぁ、いつもの彼は警官というよりおまわりさんだね。
「この煙草吸い終わるまでに見つけろ じゃなきゃ切腹だ」
「テメェの大将程じゃねーさ」
駄目だ、深夜だからかもしれないけど土方さんが必要以上に格好よく見えちゃう。
何喋ってもイケメン標準装備で眩暈がしてきた。
「頭下げに来たんだよ 旦那が」
沖田さんもやたら顔綺麗だし毛穴はないし、背伸びしてるし。
この話は全員素敵に無敵ちっくだわ。
「テメェにはそんな大層な称号より アニキ程度がお似合いだぜ」
銀さんのこの表情に夢書き魂が揺さぶられて酷いことになってる…!
引き伸ばしてポスターにして天井に貼っていいかな。
「待っててくれねぇかってよ… あの軽い頭、地べたにこすりつけてたぜ」
銀さんの起死回生の一撃に惚れ惚れしてたら、九ちゃんと近藤さん登場でよだれまみれ。
何で銀魂ってこんなにいい子しかいないのか。
「我等が塾頭 尾美一の半身」「頂戴しに仕った」
この二人も何だかんだで人の上に立つ人だよな、威厳が違う。
「その笑顔が僕等に向いていなくても、彼女の本当の笑顔が取り戻せるならそれでいい」
「そうか…ならば俺も共に笑おう」
最早抜き出しってレベルじゃない、捨てシーンがどこにもない。
「弟分には弟分の矜恃ってモンがあんのさァ」
傾城篇といい今回といい、最近の沖田さんの成長具合には目を見張るものがあるわ。
「一体何のために空っぽの頭下げたと思ってるんだァ!!」
近藤さんのいいところは、他人のために怒ることができるところだね。
「僕も銀さんも願い下げだって言ってんだ コノヤロー!」
おお、(自分のツボに)クリティカルヒット!!
頑張れ新八、眼鏡の十代。



結論。

モザイクを取りたがってるのは実は女子だと思われる。

続きを読む

一体何がホワイトなのか(拍手文更新のあれこれ)



お待たせしました、今更ですが拍手文更新です。
バレンタインに続き、ホワイトデーのお話になります。
コタツと服部と夢主のユルい日常、甘さも何もなくてすんまっせーん!
書けば書くほど甘い話って難しいなと思ってしまう、ヘタレな自分。
長編とかならまだしも、短編で甘いお話が書ける書き手様を本気で尊敬しちゃうよ。
自分が書くと無理矢理感が否めないし、今回はホワイトデーなのに服部何もしてないし。
ここで何度も言ってますが、服部は書いていて結構好きなキャラの一人です。
優秀すぎて使いにくい部分はあるけど、高杉シリーズが終わったら次は彼かなと。
そして、皆様はホワイトデーのお返しはもらえましたか?
自分はもらうどころかあげる羽目に…どーなってんだ。
ここ数年、ホワイトデーもとんでもない盛り上がりを見せ始めていて嬉しい限り。
今日は一体いくつのドラマが全国で生まれたのかな。
皆様にとって、素敵なホワイトデーであります(ました、だな…)ように。

前回拍手文の辰馬先生clappingにお引っ越し済。
辰馬先生は次のお話で完結すると思うと、ちょっと寂しくなったりもする。
個人的に、出会いと別れだと直面時に意識するのは「別れ」なんだよね。
「出会い」は、ずっと後になって振り返ることが多いからさ。
なのでこの時期は別れっぱなしです、終わらないけど道がばーっと開けていく。
道が一瞬でも重なったことに感謝しつつ、またねと手を振る切なさよ。
厨二病ポエムですんまっせーん!

さて、次のお話をちまちま推敲してみようか。

続きを読む

朝がまた来る



タイトルは数時間後の自分に捧げよう。
長いものには巻かれたくなるものです。

というわけで、一人で先行上映も今日が最後。
ここまで来たら、きっちり見届けようじゃないか。

拍手お返事更新済です、遅れてしまい申し訳ない…!
素敵なメッセージにニヤニヤしちゃった。
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛を。
拍手文はちょうど今差し替え中です、今更ながらアレの話を以下略。

続きを読む

男性誌の広告ページは目を見張るものがある(WJネタバレ)



意外と髭の永久脱毛とかもあったりするよ。
ぼんやりしてると週末になってしまう、読んでない本と漫画が溜まっていく。
何とかして一日が三十時間くらいにならないのか。
今週のネタバレもさらっといきます、じゃないと推敲に辿り着けない。
WJは殺せんせーが巻頭カラーだし、人気あるみたいだね。
めだかはあの展開で連載終わらないってどういうことなのか。
ワールドトリガーは地味に好きだけど、打ち切られないか今から心配。

ぺたり。



かぶき町のイメージの悪さを払拭するための会議が、今回のお話の発端です。
四天王は代理まみれのメンバー、アゴ美と勝男…あ、華陀の代理はいないのかな?
皆でお互いを罵りあう構図が台詞多すぎて書き抜けないYO!
「消えた華陀の代わりに興(おこ)った新勢力…(中略)スーパールーキーを」
スーパールーキーこと四天王代理、ニート侍坂田銀時は既に倒された状態で登場。
誰に殴られたかって、それは勿論、かぶき町の女王・志村妙。
キレてるお姉さんは好きですか?というタイトル横のキャッチコピーと笑顔がナイス。
次世代四天王のヤクザ、ニート侍、キャバ嬢、フランスパンで悶々と話し合い。
ご当地キャラを考えようと提案する妙に、かぶき町の名産って何じゃ!とツッこむ勝男。
個人的に、かぶき町なら居酒屋とホストだと思うんだけどどうなんだろう。
夜遊びにかぶき町、というテーマで銀さんが考えたのは「かぶきくん」。
明らかに海老ってる眼力の強い人が描かれてるし。
「どこがゆるキャラやねん!!眼力ハンパなさ過ぎるやろ!!」
「一目であっ夜遊びできるんだなってわかるだろ」
もう少しファンシーにしてみようという流れで生まれたのは「かぶりもん」。
「全く別の広告になっとるやないけ!!」
こういう広告、WJにないかなって思って探したけどなかった…少年誌だからか。
「ズルむけよりかぶってた方がファンシーだろ」
最早銀さんは何を言っても許されるな、普通に聞き流せてしまう。
マトリョーシカとかアゴとか色んな途中経過を超えつつ、お妙のまとめが素晴らしい。
「ということでB'zの稲葉さんにしましょう」
よりによってヒョウ柄ベスト+ホットパンツ時代の稲葉さんとは…っ!
付き合いきれないと離脱する勝男を笑顔で見送るお妙。
「きっと勝男さんも気に入るようなご当地キャラを作ってみせますから」
後日アニキの元に届いたのはぶらっクマという明らかにパクリなご当地キャラグッズ。
そしてお約束の「こちらで○○ックマを無断で販売しているって通報が…」という展開。
「あんのアマあああ」
「これからかぶき町は女王専制の時代に入りますから」
というわけで、お妙が強すぎるという回でした。
自分にしては結構さくっとまとめられたような気がする。



結論。

空知んたまの久しぶりのカラー楽しみにしてるよ。

続きを読む

親父にもぶたれたことないのに!(PSYCHO-PASS第二十一話ネタバレ)



※これを打ちこんでるのは、先行上映初日(H25.3.9)の夜になります※

タイトルはガンダムから、ネタバレと全く関係ないのでご了承ください。
ガンダム知らなくてもこの台詞だけ知ってる!という方もいらっしゃるかと。

PSYCHO-PASS第二十一話を見てきました。
右下にネタバレの小部屋(文字数的には大部屋…)を準備します。
ネタバレ大丈夫な方、もう見たよという方はぜひどうぞ。

いよいよ次回(第二十二話)が最終回。
流石にラストは先行しないと思ってたのに、まさかの先行上映開催決定。
それでいいのかノイタミナ、商売っ気が強すぎないか。
しかもカフェに収まりきらなかったら、フジテレビのシアターも使うと。
最後の先行上映回は祭りになりそうな予感と悪寒が止まらない。
今日ですら、朝九時の時点で待機列二百人とか言われてたのに…!
来週の今頃、自分がどうなっているか想像しただけで泣けてくるわ。

続きを読む

世界はどこかで繋がっている



久しぶりのPP更新です、お待たせしてしまってごめんなさい。
PPの更新方法をしばらく変えようかと思ってます。
一つのお話(数ページ)を一回で丸々更新したいけど、気力的に無理っぽい。
なので、ある程度軌道に乗るまでは1Pずつの更新になりそうです。
奥のほうに置いた作品なのに、ますます面倒なことになってしまって申し訳ない。

そして自分は今、STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート、通称シュタゲ)にハマり中。
来月映画化するらしいので、前もって勉強しておこうと思って見始めたんだ。
これが想像以上にツボでどうしたらいいかわからないんだけどね。
登場人物の一人で、橋田至(はしだいたる、通称ダル)というヲタキャラがいます。
アキバ系ぽっちゃり男子で下ネタ大好き、自称変態紳士の彼。
そんな彼を演じる声優さんと狡噛さんを演じる声優さんが同じだと。
関智一さん…OPの名前見てなきゃ全く気づかなかったよ。
声優さんというか、何の世界でもその道のプロって凄いね。
「あなたのバナナ、ぶにゅぶにゅですってもう一回言って!」
とか、狡噛さん(役の声優さん)が言ってるとは思えない。
「百合展開キタコレー!」
「フェイリスたんは俺の嫁!」
「三次元に夢を抱いていた時代が僕にもありました…」
狡噛さんよ…いや、何も言うまい。

続きを読む

被っちゃイケない(WJ微ネタバレ)



脳がすっかりくさっててすんまっせーん!
月曜の朝に銀魂読むと安心するわ。
唐突に衝撃的な何かが起こったりしないし、落ち着いて見ていられる。
勿論土方さんがアーッ!とか、どうしてくれよう銀さん!とかはあるよ。
けど、基本的にどれも嬉しい悲鳴だから。
土曜のPSYCHO-PASS先行上映で衝撃が走り、日曜のシュタゲ一気見で涙。
今もシュタゲ見ながらこれを打ち込んでるけど、OPだけでしんどい。
じゃあ見るんじゃねーよとか以下略。
最近映画をお休みしてアニメに走ってますが、アニメもいいね。
ああ、プラチナ・データは久々に見たい映画かもしれない。
シュタゲ見終わったら攻殻機動隊をじわじわやっつけていこう、そうしよう。

微ネタバレの小部屋はいつも通り右下に準備しておきます。
今週もうろ覚え全開だけど、気になるお客様はどうぞ。
銀魂以外は暗殺教室と脱色だけざっと読みました。
脱色とか台詞少なくて助かる…勢いで読むのに最適。

続きを読む

そこに「もしも」はないけれど、



二年前の今日、何事もなかったら…と思うのです。
それぞれ普通の一日を過ごしただろうし、自分は銀魂を読まなかったはず。
上手い言葉は相変わらず思いつかない。

どうか今を生きる皆が健やかでありますように。
亡くなった方々が、笑って見ていられる世の中を作れますように。
自分の力が何らかの形で活かせるよう、今日も一日必死に生きます。

続きを読む

あなたのビームはどこから?(アニメネタバレ)



自分は乳首から以下略、いきなり下品ですんまっせーん!
週末にアニ銀、これぞお休みの醍醐味。
皆様はもうご覧になりましたか?
なるべくさらっとしたいんだけど、話がアレなだけに長くなったら申し訳ない。
一時停止も多分しないと思うから、抜き出しできなかったらごめん。
そして頭がうまく働かないせいか下品で以下略。
花粉に負けず、のんびりいきます。

ぺたり。



改めて見ると父上の名前って凄いよな、墓石に「志村剣」だもの。
志村けんって一回死んだとか死なないとか報道が飛び交った過去もあるから尚更。
設定失念とか回収だとか、この時期にそういう話を持ち出すとフラグみたいだ。
「僕はてっきり、もう夜の道場のほうでやっていくのかなと…」
新八は本当に十六才なのか、その歳でこのツッコミスキル半端ないだろ。
カトちゃん振り回す超年下妻…ネタに時の流れを感じてしまうね。
銀さんはこの話で鼻ほじってばっかりだな。
「天堂無心ビームサーベ流に!!」
お妙のこのシーン、効果音が魔女っ娘くさい。
スターウォーズビギナーの自分はよくわからないけど、雰囲気が全然違う…!
この格好してしたいな、マントとか素敵に無敵。
「大きくなったな 新坊」
おお、尾美一いい笑顔だな…それだけに今後のことを憂いてしまうYO!
登場時からいいヤツだともうフラグビンビンだよね。
「尾美兄ー!!」
鼻水出しながら涙浮かべる新八の顔がジブリっぽくて可愛いね。
あ、やばい…普通に見入ってしまった。
「皆で一緒にビームしませんか!?」
ホクロとかシミとかもいいけど、銀さんの下半身からビーム出してくれないかしら。
「要するにお妙ちゃんの股にビ…」
尾美一いいぞー、もっと言ってやれ!
銀さんのビームは宇宙一だ!(低俗すぎて本当にごめん…)
「それビームサーベ流じゃなくてビームア○ルー!!」
このピーッて音を聞くと、ああ銀魂種だねって思うんだよね。
「あのーすみません、ビームサーベ流入門したいんスけど」
ここは流石に一時停止したよ、九ちゃんと近藤さんの顔が神すぎる。
「半分、人間じゃないきの」
アニメにすると尾美一の腕前がかなり凄い感じになってて素敵に無敵。
酔っぱらった坂田塾頭の顔が可愛いわ。
「半分江戸っ子っていうか、半分ロボっ子ー!!」
近藤さんがいないと今回の話回らないね。
そして尾美一が全身脱ぐのかと密かに期待してしまった自分の愚かさよ。
源外さんの声が当たり前だけど違う…そして「機械に生かされてる」か。
「忘れちゃった?兄様との約束」
お妙はこういうところが長女で姉上だなぁ、健気すぎる。
チビ妙とチビ新の泣き顔可愛すぎるだろ…!
「バイト代出してやるから、笑え!!」
この尾美一の声はちょっと違和感を感じるけど、慣れれば平気かな。
「泣きたいときほど笑うのさ」
「それでも笑って奴らと一緒に歩いていくのさ」
子供の頃に尾美一と出会えた二人は幸せ者だな。
そして姉上の話を聞いてすごすごと立ち去る近藤さんと九ちゃんが可愛すぎる。
ああぁぁぁああ土方さん!!
土方さんが喋るだけでよだれぶぁーって出てくる…もうダメだ。
性感(まさに神変換)波動何とか、って土方さんが言っただけで悶え死にそう。
あ、ここで次週へ続く。
ちょこっと出てきただけなのに土方さんに持ってかれすぎだろ自分。



結論。

映画は一体いつ公開なんだ、バターを画面に塗りたくり隊!

続きを読む

春物ほど着こなしが難しい季節はない



前回更新から間が空いてしまってすんまっせーん!
骨と花冠、更新です。
全然話が進まないのはきっと気のせいだ、そうに違いない…!
高杉の口調は未だに迷子です。

最近暖かい日が続いているので春物を着ようと思い、愕然。
春物って全然持ってない、多分他の季節の三分の一くらいしかないYO!
春物が似合わない顔なのでアレだけど、買い物に行きたいな。
たまにはパステルカラーとかさ…(遠い目)

続きを読む

真夜中の背徳



冷たくて甘い口づけに心震える。
どうして禁じられた行為はこんなにも癖になるんだろう。
抑制すればするほど、我慢できなくなる衝動。
最後まで全部喰らい尽くしてみせよう、それもきっと一つの愛の形だから。

というわけで夜中なのにアイス食べちゃったYO!
厨二病ポエムまで書いてしまって申し訳ない。

一昨日の話になりますが、拍手コメントありがとうございます。
返信済ですので、どうぞよろしくお願いします。
ぱちぽちしてくださったお客様にも愛を。
自分と辰馬の二人がもれなくにやにやしちゃいます。

続きを読む

あなたは死なないわ。…私が守るもの(PSYCHO-PASS第二十話ネタバレ)



タイトルは言わずもがな、新世紀エヴァンゲリオンから。
エヴァをよく知らない自分でも知っている名台詞です。
相変わらずタイトルと本文には何の関係もありませんのでご理解ください。

これを打ち込んでいるのは、先行上映の日(H25.3.2)になります。
リアルタイムで見られるかわからないので、もう打ち込んでおこうかと。
PSYCHO-PASS第二十話ネタバレは右下に小部屋を準備しました。
ネタバレしても気にしない、もう見たよというお客様はぜひどうぞ。
見てないのでネタバレはちょっと…というお客様はこっそり逃げてください。

最近立ち見が当たり前になってしまった先行上映会。
今回は上映会終了後におやつを食べてきました。
ロボノのおやつで、フラウのプリンアラモードとタネガシアクセルインパクト。
こう書くとさっぱりですが、要するにさつまいもプリンとマンゴージュースです。
ランダムについてくるコースターは女子二人。
自分は個人的にフラウ(ツインテールの子)溺愛なので幸せでした。
さつまいもプリンが普通においしくて、バケツで食べたくなってしまった…。
おいしいものは世界を救うね。



続きを読む

ゴリラはマキダイがお好き(WJネタバレ)



これを打ち込んでいるのは寝起き(しかも早朝)です。
なので、うっかり寝言言ったらすんまっせーん!
改めてWJをじっくり読んだら、そのままWJに顔突っ込んで寝てたわ。
最近毎週そんな感じ、多分何かの病気なんじゃないかと思ってる。
きっと二次元に飛び込んでしまいたい病かな。
今回もさくっといくので、物足りなかったらごめんよ。
台詞は多すぎるのであんまり抜き出しできないかも。

ぺたり。



表紙だけでたぎり狂いそうになったのは自分だけですかそうですか。
土方さんとさぶちゃんの睨み合い、さぶちゃんはあんまり表情ないけど。
並んでみるとさぶちゃんのほうがちょっと身長高めな気がする。
土方さんは177cmだっけ?さぶちゃんは180cmくらいなのかな?
白衣といいさぶちゃんの裾の長さといい、「白くて長いもの」が好きな自分。
はっ、表紙だけでまたこんなに喋ってる…!
今回はあらゆる警察組織の重役幹・部を集めた特別講習会の話です。
堅苦しい説明になるけど、とっつぁんがそう説明してるのをそのまま使ってみたよ。
「オジさんが言いたいのは(中略)原点「現場」の事を忘れるなという事だ」
とっつぁんの語りが最初から長いけど、言ってることはかなりマトモ。
講習中に煙草吸いながらぼやく土方さん、土方さんにツッこむ近藤さん。
よだれ垂らしながら爆睡している沖田さん。
ここまででも自分にとってはごちそうなのに、さぶちゃんまで…っ!
それにしても今回、どの台詞も長くて抜き出しにくいな。
エリートを連呼するさぶちゃんがバラガキだのバカガキだの言ってて可愛い。
居眠りまがいの早弁をしているのぶたすはもっと可愛い。
「流石はのぶめさん 講習のためにエネルギー補給ですか やはりエリートは違…」
この人はなんでこんなにのぶめに対して盲目的なんだ。
恋愛ならぬ変愛を感じちゃうじゃないか。
がたがた言い合う土方さんとさぶちゃんが愛しすぎてもう死ねる。
「美しすぎるマキダイが何でしたっけ」
「お前やっぱ携帯ゲームやってただけだろーが!!」
このへんのやりとりは全部書き抜きたいんだけど、字数的に無理。
単行本派、アニメ派の皆様にも今週だけはWJ読んでもらいたいくらいだよ。
そして土方さんとさぶちゃんのやりとりをあっさりと邪魔するとっつぁん。
「やかましーぞてめーら 3秒以内に廊下に立たねェとドタマブチ抜く 1…」
「2と3はァァァァ!?」
このあたりでとっつぁんの器のでかさを感じます。
この後、シミュレーション対決みたいな話に。
「てめーらも警察ならケンカのケリは捜査でつけろ」
というわけで火花を散らす土方さんVSさぶちゃん。
事件は桃太郎ベースというか桃太郎をぐちゃぐちゃにした系。
今からお風呂なので、説明から逃げちゃってすんまっせーん!
コナンもびっくりな台詞数に、ひたすら常識人な近藤さん。
推理を暴走させる土方さんやさぶちゃんに萌えすぎて卒倒しそう。
「桃から誕生したばかりの桃太郎が何故あんなにデカいんですか!!」
この台詞を真顔で言っちゃうさぶちゃんも、その発言に衝撃を受ける土方さんも好きだ。
「猿は…金使えねェ」
ドヤ顔でめちゃくちゃな推理をする沖田さん。
それに対してショックを受けるさぶちゃんも何なんだもう。
おまえら全員まとめてかかってこい、おねーさんが愛してあげよう!(変☆態)
「それは違う その中に犯人はいない めんど臭いから」
ここも相当はしょってるけど、要するにのぶめが可愛いってことです。
今回は何回可愛いだの愛してるだの連呼すれば終わるのか。
「きび団子を食べた猿の糞ですよ」
「俺は正しかったんだ マヨネーズ万歳」
「じゃあ猿アンド飛鳥のジーさんバーさんでいいわよ」
上から順にさぶちゃん、土方さん、のぶめの台詞なんだけどもう…っ!
この後も色々あるんだけど省略、だって空が明るくなってきたから。
死体の口に手を突っ込み、きび団子の袋を引きずり出す土方さんがイケメン。
「よっぽど生きたかったんだろう 死んでいった奴等の分まで」
「…トシ」
「…土方さん その甘っちょろい妄想がアナタの見た現実だとでも」
「そうだ 誰が何をいおうがこいつが この現場で見た俺の信じる真じ…」
「ブッブー ハーイ不正解 ざんね~ん 惜しい所まで行ったんだけどな」
「正解の犯人は脳腫瘍です」
近藤さん→さぶちゃん→土方さん→とっつぁんのリレーが最強。
散々話を泳がせておいて、とっつぁんのまとめ方が神すぎる。
ここで次週へ、なんか今回は一話完結型っぽいね。
微ネタバレで適当なこと言ってごめんよ。
しかしこの台詞の多さと真選組・見廻組のあれこれは早くアニメにしてほしい。
土方さんとさぶちゃん、真面目な二人のおバカなやりとりはかなり楽しめるはず。



結論。

「O(オー)」を「オジャン」と読ませる空知んたま、ぜひ担当さんとごはんを。

続きを読む

花粉症だけじゃないと信じたい(アンケート企画更新について)



春と言えば花粉症って感じだよね、毎年「去年の○倍です!」とか意味わからないYO!

お待たせしました、special thanks更新です。
今回は200000hit企画アンケートで第二位だった沖田さんで。
今回のテーマは、前回の土方さんと同じく「春よ来い」です。
春三部作、今の沖田さんと少し前の沖田さんのあれこれということで。
甘さも格好よさも皆無ですが、等身大の彼を感じていただければ幸いです。
ちなみに春三部作の夢主は、初期設定の名前が一緒ですが別人なのであしからず。

自分は沖田さんのドSな部分をうまく書けないので、沖田ファンの皆様に切腹しないと。
彼の弱いところばかり書いてしまってよくないね。
そして、春の葉書って何であんなに可愛いんだろうか。
まだ寒い日が続いてるけど、春の葉書を見ると冬服を脱ぎ捨てたくなるよ。
一枚の葉書を出すって手間もお金もかかる分、もらったほうは嬉しいんじゃないかな。
少なくとも自分は嬉しくなっちゃうわ。
あと、新生活が始まって(もしくはこれからだったりで)、疲れてる人も多いよね?
そんな皆様向けの話にしてみました。
主旨がわからんとかいつもと一緒だろと思われたお客様には土下座です。
ワンパターンですんまっせーん!
推敲中はMr.Childrenの「ひびき」を聞いてました。
この歌を聞くと、優しい話を書きたくなります。
Mr.Childrenの青っぽい歌は、沖田さんによく似合う。

ドSでもかっこよくもない、幼さの残る沖田さん。
これからいい男になってくれという願いを込めて、春よ来い!

続きを読む

エリートのエリートによるエリートのための予備校



浪人時代、自分は予備校に通っていました。
いわゆる三大予備校とかじゃないところで、比較的小規模な某予備校。
大学合格後しばらく経ったある日、その予備校は消えました。
生徒も多くないし、不景気で潰れたのかもしれないと勝手に思い込むこと数年。
先日、少し離れたビルの四階に移転したことを知ったわ。
懐かしむ間もなく、その立地条件に愕然とする自分。
だってビルの一階はアニメイトで、二階はらしんばん、三階はゲーマーズだよ?
隣のビルはアニメイト別館とメロンブックスだし。
オタク養成予備校に変貌を遂げたんじゃないかとか以下略。

PP連載、更新です。
ようやく第一話がおしまい、先は長い。

続きを読む

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。