スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三枚三千円とか、三枚も欲しいものがない



鍵のかかった部屋を見ようとしたのに、ウィンブルドンを見てる。
これ、絶対に朝起きられない。

この前、単行本に興奮しすぎたときに見た映画がよかった。
アヒルと鴨のコインロッカー。
瑛太がいい味出してる。
伊坂作品は根っからの悪人がなかなか出てこないから好き。
悪夢とか見なくて済むし。

昨日、某黄色いレコード屋で洋画DVD三枚三千円コーナーを発見。
こういうのって三枚も欲しい作品が見つからなくない?
昨日も、ブラックスワンとLEONを見つけたけどあと一枚が決まらず見送り。
パルプ・フィクションでも見てみようかな。
相変わらずオペラ座の怪人は定価で売られてたわ。
あとはドラゴン・タトゥーの女が気になる。

そろそろ集中力がなくなってきたから寝てみよう。
朝がまた来る。
皆様に素敵な眠りを。

続きを読む

そごたん!(ネオメロ再始動について)



日記は日付過ぎちゃったね、ごめんよ。
改めまして、沖田さん誕生日おめでとう!
昨日のために、ちまちま準備してきました。
本当は現在公開済のネオメロを全て手直し済の状態で本日を迎えたかったのです。
しかし、あっさりと間に合わず。
そちらは修正次第、こちらでこっそりお知らせします。

ネオメロ再始動。
更新頻度は不明ですが、うまく軌道に乗せられれば突っ走ってくれるはず。
どこまで走れるのか、正直なところ自分でもよくわからない。
でも、迷走も暴走も今に始まったことではないので気長に逝きます。
沖田さんのSっ気が多少軟弱でもいいよ、という心優しいお客様。
お時間があれば彼の旅にお付き合いいただけると嬉しいです。

ちなみにアゲハ蝶は今のところ二章用意済で、それが終わったら続編に凸する予定。
続編はこれから打ち込むのでどの程度長引くかわかりませんが、ゆるーく泳ぐはず。
背泳ぎか平泳ぎくらいで、更新時期はネオメロの様子を窺いながらになるかと。
いい加減にしろよって、自分で一人ツッコミしたい。
ですが、ここまで泳いだからには、もう自分が納得するまでやらせていただきます。
ねちっこいプレイをお見せしてしまい申し訳ない。
長い目で見ていただければ幸いです。

拍手文も蟻のマーチの如く、ちょこちょこ動かしたり。
あと一つ拍手連載を増やしたい。
普通に中編扱いでもいいかなというお話を只今思索中。
同じ中編にしてはSP土方と比べて短くなってしまいそうな気もする…どうしようか。

毎回節操なくてすんまっせーん!
日々精進しますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

ネオメロドラマティック、更新です。

続きを読む

今夜は二回戦希望



あと一つ、更新したいアイツがいる。

こんばんは、珍しい時間に出没してみました。
今夜はしじみの味噌汁なんだ。
疲れた肝臓を労る会、ここに発足。

素敵な企画に参加させていただくことになりました。
音沙汰なし様で、お題がツボすぎてニヤニヤしちゃいます。
背伸びした話でもいいし、情けない話も書きたい。
書いても書いても尽きない夢書き魂は、いつ枯渇するのか。
きっとまだ当分先だな。
下ネタを言っているうちは書き続けると思います。

アゲハ蝶ですが、今回の章はここまでです。
局長の独り言も一応あるのですが、それは忘れられた頃にUPするかも。
実は局長のお話を書くのも密かに好きなんだよね。
次の章は、また頃合いを見つつ公開していく予定です。
のんびりぼんやりですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

アゲハ蝶、更新です。

続きを読む

名場面が多すぎて全然まとまらない(銀魂単行本ネタバレ)



単行本の感想、長くなりそうなのでなるべく短くしよう。
そう決めて、付箋まで貼って見所絞ったんだけど、全然絞りきれない。
はっきり言えば、個人的に今までの中で一番好きかもしれない四十五巻。
どのキャラも激しく格好いいし、見せ場の連続で読みごたえもあるし。
この一冊を精力剤にして、いくつも話が書けそうだよ。
表紙の朧も気合い入れて描かれてる感じだしさ。
髪白いじゃん朧、実は銀さんと兄弟とかいうオチはないの?
細かい感想は過去の日記にて。
面倒くさがりってなかなか治らないね。
今回はざっくり逝きます。

おまけページの半チャーハンの話。
以下、普通のチャーハンは全チャーと呼びます。
ああいう理不尽なことを言われることってあるよね。
半チャーできなくても全チャーならできるとか。
開店したばかりで手が回らないならそう言えばいいのに、全チャーならできるとか。
そういうこと言い出すからややこしくなるんだよコノヤロー。
ラーメンもチャーハンも食べたい、単純におなか減った。
チャゲアスは以前から好きで、「僕はこの瞳で嘘をつく」を今聴いてます。
有名なのは殴りに行っちゃう曲や、僕は死にません!の曲だよね。
喩えがちょっと違うか。
そして「次巻は多分新しい動きがある 裏で話が溜まってる」って何なの空知先生。
どれだけ焦らしプレイなの。
次巻って九月か…遠すぎる。
映画化とか、そういうめでたい話だといいな。
いち夢書きとして、焦らしたいときって前向きな話を隠してるときだと思うから。

本篇に関しては、毎週毎週金魚のフンの如くクソ長い感想を書いていたので省略。
また書いてもいいけど、感想文の域をはみ出して卒論になる。
銀魂からまだ卒業したくないので、どうか許してください。
今回は銀さんが文句なく格好良かったYO!
高杉が思ったより可愛い顔というか、唇が薄かった。
新八も神楽と爺を庇ったりしてるし、本当に捨てページがない。
なので興奮も止まらず、二日間よく眠れないという爆発っぷりの自分。
昨晩あたりからようやく落ち着いてきたけど、怖くてあんまり本篇読み返してない。
長篇って一気読みするとパーンってする。
自分は毎週WJを読んでいて、話の流れを知っていたけど、それでも衝撃的だったわ。
セカンド・インパクトですら半端なかったよ?
単行本派の皆様がどんな衝撃を受けたか気になります。
これがファースト・インパクトだとしたら興奮が止まらないんじゃないかと。
あと、最後の方の数ページは書き下ろしっぽい。
さぶちゃんが縁の下に潜り込み、「え?缶蹴りは?」と呟く姿に悶えた。
これは確か、WJに掲載されてないコマのはず。
うろ覚えだから間違ってたらごめんなさい。
信女もおいしいとこをがんがん持っていってて幸せ。
ますます拍手文の白葬を書く気になってしまう。
どこまでも愛してるぜ見廻組。

最後に、今ぱらぱらっと見た中で個人的に好きな台詞(orシーン)を抜き出してみます。
気になるお客様は単行本を片手に、答え合わせをどうぞ。

「汚ねーケツはよく洗ったか 今夜は眠らせねーよ」
「てめーを天上から地獄に引きずり下ろすための 俺達(この)5本の指がな」
「お前達の声は天には届かぬ その慟哭さえも」
「こんばんわ お廻りさんです」
「しらねーな 男は1だけ覚えときゃ生きていけるんだよ」
「みんなを 護ってあげてくださいね」
「先生に よろしくな」
「お引きとりを ここは侍の国にござる」
「葬式位 参列すらぁ」
「お前を裁くのは この俺だ」

誰の台詞か全てわかったひとは銀魂四十五巻のマスターです。
そんなあなたには、もれなく肩にフェアリーをプレゼント!

続きを読む

明けない夜はない



こんな時間に誰も起きてないと思うけど、もそもそしてる。
眠いから変なことを打ってたらごめんよ。
右下でちょっと寂しいことを呟いちゃった。
気持ち悪くてすんまっせーん!
ようやく休めると思って浮かれてるんだ。

昨日は焼きナスも冷奴も食べたし。
夏のごはんも色々おいしくて好き。
ゴーヤチャンプルーは週二ペースで食べる。
焼きナスと焼きトウモロコシもがつがついただく。
エシャレットやきゅうりに味噌つけて食べると止まらない。
スイカ、桃、梨とか好きすぎて唾液が…。

アゲハ蝶、更新です。



続きを読む

赤と青の違いについて



最近、ネオメロをこちょこちょしながらフルーツキャンディを食べてます。
ドロップだと缶の処理に困るので、セブンイレブンの個包装のやつ。
色んな味があるんだけど、普通のりんごと青りんごの味の違いって何だろう。
青りんごのほうが、ちょっぴり青臭いのかな?
こういう微妙な味の違いを表現するって凄いよ。
作り手さんに脱帽。

今日から三日連続で作品更新したい。
あくまで願望だけど。
今夜はいつものアレを更新予定です。
あと、拍手ぱちぽちしてくださったお客様、ありがとうございます。
俄然踏ん張れるんだなこれが。

では、気合いで乗り切ってきます。
皆様も素敵な一日を。

続きを読む

ジャンプの中心で、下ネタを叫ぶ(WJネタバレ)



それでこそ銀魂。
以下、昨晩深夜に打ち込んだ話です。
下ネタ酷いけど、もうこのまま貼っておく。
修正なしって自分が言うと、それだけでピンクじゃないか。

---------------キリトリセン---------------

なんか単行本をざっと十五分くらいで読んだだけで、まだ興奮してる。
多分このままだと眠れないので、眠くなるまで本誌の感想を打つことにした。
好きな子と初デート前の男子中学生の脳味噌みたいに、今浮かれてるんだよね。
一応大人なんだよね。
今回夜中に打ち込むから、酔っ払いのおっさんもびっくりな下ネタを連呼するはず。
お食事中の方や下ネタ苦手な方はご注意ください。

ぺたり。



最初の2Pは先週のおさらいみたいな感じ。
源外さんが優しく(?)生暖かい雰囲気で流れを教えてくれます。
「あの男からビーム砲が発射されれば、地球は銀河銃に戦争をしかける事になる」
毘夷夢(びいむ)星人のテレビ中継が、今週から読み始めた読者向けなテンション。
一兄は「銀河剣聖」(ギャラクシーソードマスター)として戦ってきた。
もしその立ち位置自体が戦を引き起こすために作り上げられた英雄だとしたら…。
という小難しい話をする源外さんと銀さん。
その一方で、一兄の様子を窺いながらも彼との一時を楽しむ新八。
一兄の思考も機械に乗っ取られていると話す源外さんに、銀さんは問いかける。
「奴の半身を止める方法は」
うわ、ちょっと今阪神とか自動変換されたよ、空気読んでくれパソコン。
死んだ魚の目の問いかけは、淡々としていて直球だ。
大きな波が来る前のアレだ。
「言えよ 新八やお妙にゃ負わせらんねェ仕事なんだろ」
銀さんの問いに、陰で聞き耳を立てるお妙。
そして、屯所では真選組の仕事としてビーム砲を探し出すことが決定される。
「怪しい奴はかたっぱしからしょっぴけ!俺が許す!」
鼻息荒いぜエロ方さん。
「土方さん 怪しい奴って一体どんな?」
「…ビームを出しそうな奴だ」
沖田さんと土方さんのこのやりとりにとんでもなく悶えたひとは挙手!
少なくとも自分はとんでもなく悶え狂った!
土方さんの無鉄砲さですら可愛くてしょーがない。
エロ方さんは股間からビームを以下略。
そこでうろたえちゃう近藤さんの横顔も素敵。
「もっと札束を!セレブシールドの完成を急げェェェ!」
「オイ誰だ!セレブに高木ブーを混ぜた奴はァァ!」
ビーム砲を跳ね返すシールド作りに勤しむ柳生パパ。
柳生家のパパってこんなひとなんだ…知らなかった。
過去の銀魂を読み直す旅に出たい。
九ちゃんも、一兄を疑い始めてるけど今のところは何もできず。
新八と一兄のお風呂シーンも微笑ましいんだけど、「真6弔花」って何?
ぐぐれば出てくると思ったら、WJの復活が出てきてしまった…。
リボーン読んでないからわからなかったわ。
二人のサービスショットを覗くのは、源外さんから特殊な刀を預かった銀さん。
情報撹乱機を仕込んだ刀をブチ込み、一兄の半身を破壊させるのが狙いだそうで。
そうなると勿論、一兄は死体に戻るわけで。
「ビーム砲どころか豆鉄砲しかぶらさがってねーぞ」
そりゃ銀さんは立派な金のマグナムが標準装備だから以下略。
「そんな物騒なものもって 何やってるんですか 銀さん」
覗きをする銀さんにお妙がダイレクトアタック。
「決まってんだろ お前の初恋の男ぶった斬りに来た」
銀さんもストレート一本勝負。
「…ハッキリ言うんですね」
「女にゃ姑息な嘘は通じねェだろ」
銀さんの諦めた笑顔が悲しい。
そういうやりとりの壁一枚向こうでは、新八と一兄がお風呂で下ネタ。
「ほんに立派になったの あっちの方は新坊のままだが」
「アンタに言われたかないよ」
本当の姉弟よりも仲良さげで、会えなかった時間だってすぐ埋まる関係なのに。
一兄がここで1P使って語る内容が辛い。
宇宙に出て得たものは機械の身体と空っぽの器だと。
志村姉弟という守るべき存在を捨てた時点で、本当の強さなど得られるわけがないと。
「もっと早くに帰ってくるべきだったの この侍の国に」
一兄の寂しげな横顔を見ていられない新八も叫ぶ。
銀さんと一緒になら、きっと見つけたいものも見つかる。
だって僕らがそうだったから…なんて、泣かせるな。
新八の銀さんを慕う気持ちは、初期アニメのOPだけじゃないってことだ。
「新坊…おんし 気づいておったがか」
「明日までとは言わない ほんの少しの間だけでもいい その剣を降ろして…銀さん」
志村姉弟も、一兄も、巡り出した運命には気づいてた。
台詞抜き出したいんだけど、長くて抜きにくいのでまとめちゃって申し訳ない。
新八は銀さんと一兄、二人を会わせるのが楽しみだったと話し出す。
僕らの頼れる兄貴分二人が顔合わせたら、どんな会話をするのかなって。
それくらい二人のことが大好きだった。
「なのに…なんで…一兄なんですか」
「あの人を 新ちゃんの兄様でいさせてあげて」
風呂で涙する新八に、涙を堪えながら銀さんに土下座するお妙。
このお妙の土下座が衝撃的だった。
一兄を失ってしまうだろう、そういう辛さは志村姉弟二人共感じてる。
でも、お妙はプラス弟に対して何もしてやれない苦しみもあるだろうな。
たった一人の弟、たった一人の家族に何もしてあげられない。
それは相当しんどいはずだ。
一兄は風呂場で新八に、どうして江戸に戻ってきたのかを語る。
「最後にもう一度 新坊とお妙ちゃんの顔が見たかったからじゃ」
「最後まで迷惑かけてしもうて ホンマ すまそん」
そのタイミングで銀さんが壁を突き破り一兄に攻撃。
「邪魔だ どいてろ」
「立派な侍はこんな時どんな顔をすればいいか ビームサーベ流の教えを忘れたか」
「なァ 尾美一塾頭」
この最後のコマの銀さんの顔が…!
歪んだ笑みが物悲しい。
お約束の「銀さんが一人で背負う系、悪役になっちゃう系」の展開。
わかってたことなのに、その顔を見てしまうと何とも言えない。
こういう残酷なことができてしまう、それが彼の強みであり優しさなんだろうけどさ。
あと、やっぱり銀さんは「女子から見たヒーロー」だよね。
男子が見たら、きっと「俺はここまでできないわ」って話になるよ。
例えが変だけど、タッチの南ちゃんみたいな。
女子から見たら「私はここまでできないし」という感じ。
意味わかんないね、すんまっせーん!



結論。

作者コメントを見て、空知先生宅のエアコンのその後が気になった。

続きを読む

七人の侍~カバディ篇~



昨晩、本屋さんでふらふらしていたときのこと。
カバディの漫画を発見し、物凄く読んでみたい衝動に駆られました。
七人でやるスポーツなんだね、カバディって。

カバーに書かれていた紹介文が、とんでもなくエキセントリックだった。
「カバディとは死をも恐れぬ漢達の遊戯なのだ!」
とか書いてあって…。
山崎ってそんなに激しいスポーツが好きなの?
漫画を前に、本屋さんで一人妄想が飛び交ったわ。

今夜あたりWJ感想を載せたいな、とか考えてます。
いつものアレは明日になっちゃうかも。
まったりですんまっせーん!

それでは一発殴り込んできます。
まさにチャゲアス。

続きを読む

たぎりすぎて眠れない



ので、眠くなるまで作業しよう。
そうしよう。
エロ本よりも興奮して、眠眠打破より眠気が覚めるものはなーんだ?
答えは銀魂単行本の最新刊です。

春琴抄でも読んでれば眠れるかと思ってた。
甘かったよ…春琴抄、文体が読みにくいけど面白い。
数学の教科書を広げれば、多分すぐに眠れる。
手元にないけど。

窓の外は物凄い豪雨と雷です。
朝までに落ち着いてるといいな。

それでは、皆様が素敵な夢を見れますように。

続きを読む

包装紙は破る派です(拍手文更新について)



お昼、というか夕方は醜態晒して申し訳なかったです。
おなかが減ってたんだ、もうクララを食っちまうかってくらい減ってた。
デミグラスソースのハンバーグ定食をがっつり食べて、息を吹き返したよ。
そして仕事帰りにちゃっかり本屋に寄って、銀魂単行本を買って帰宅。
本当は単行本について熱く語りたい。
でも、語り出したら夏休みの読書感想文もびっくりみたいなことになりそう。
なので今日は控えます。
まだ読んでないお客様も多いだろうし。

拍手文の「心臓ふたつを包んで破いて」、更新済です。
今回はもうすぐ誕生日の彼のお話。
詳しいあれこれは右下に準備しておきますので、お時間のある方はぜひ。
前回拍手文のヅラたん!こと「雨粒ほどの甘ささえ」は、clappingにお引っ越し済。
たまには真面目なヅラもいいんじゃないか。
そんな妄想が剥き出しなんだ。

続きを読む

今日は魚ーっ!の日



おはようございます。
もう一回寝直すけど、空が明るくなってきたし鳥も鳴いてるのでご挨拶。
いつも通り、安定の寝落ちです。
眠ると本当に脳が鮮度を取り戻すよ。
これから眠くなるまで、少し頑張ってみます。

再始動に向けて、初期のネオメロをちょこちょこ手直ししてて気づいた。
サイト開設初期はありえない勢いで更新してたけど、あれは字数が少なかったからだね。
今は1Pあたり倍近い量を書いてたりするから仕方ない。
…と、自分に言い聞かせてる。

今日は単行本発売じゃないか。
全国の銀魂単行本派の皆様が、うぉーってなる日じゃないか。
自分は会社終わってから本屋さんかな。
単行本は空知先生のおまけページ?が好きで、買うとまずそこから読んじゃう。
その後、漫画を読み直して…という流れです。
皆様はどんな読み方をなさってますか?
どんな読み方をしても楽しいのが銀魂なので、今日、皆様がフィーバーできますように。

それでは、深いところまで一発潜ってきます。

続きを読む

目が佐々木さん状態



華麗なる寝落ちだ。
今からちょっぴり作業して寝直します。

執筆の関係でアゲハ蝶を読み返してるんだけど、恥ずかしくて消えたくなる。
過去の日記とかもアレだよね。
羞恥プレイを繰り返して、ひとは大人になるのです。

明日というか今日、拍手文を書き換え予定です。
完成まで辿り着けると地味に信じてる。
頼むよ、自分のピンクな脳味噌。

では、皆様が素敵な夢を見れますように。
おやすみなさい。

続きを読む

月曜朝のコンビニの雑誌コーナーは戦場の如く(WJ微ネタバレ)



地味な場所取り争いがね。

次の次くらいに公開予定の拍手文の骨組み作成完了。
あとはどれだけ集中して執筆、推敲できるかが勝負だ。

明日から二週間くらい、朝遅く夜遅かったり。
とっつぁんのスマイル通い並にハードです。
目の前に人参ぶら下げて駆け抜けようか。

朝からしょーもない一部始終を休憩室でお見せしてしまい、すんまっせーん!
微ネタバレの部屋を右下に作りましたので、許してください。

続きを読む

着たい服と似合う服は違う



多分永遠のテーマです。

花柄とか流行りの服が全然似合わない。
ワンピースの可愛らしさが全く活かせない。
つなぎとか、作業着全般はわりと大丈夫。
もんぺも似合う気がする。
被り物は大体問題ない。

銀魂関係のカードとかくじとかもそんな感じ。
土方さんなんてさっぱり出てこない。
一枚だけ、と思って買ってみたウエハースはお約束の銀さん。
銀さんはよく当たるんだよな。
やっぱり下ネタを言ってる限り、土方さんは婿に来てくれないらしい。

アゲハ蝶、更新です。



続きを読む

プロフィール

dealersakana99

Author:dealersakana99
ナマモノ水物さかなです。
流れるままに生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。